THROWING


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スローイングは、ダーツをボードに向かって投げる一連の動作の事であり、ダーツを投げる上で最も重要な部分である。

理想的なスローイングは、ダーツがボードの狙った場所に当たるまでの軌道をイメージし、そのラインをトレースするように腕を振る。そしてこのラインにダーツが乗っている間に、ダーツをリリースすればダーツは狙った場所に飛んでいく。

初心者の場合、ダーツを投げる際に肘の動きだけで投げている。これでは矢を飛ばすために腕を強く振らなければならず、ぶれやすい。また肘の動きだけではラインを点でしか捕らえられず、リリースポイントは狭くなり、グルーピングすることが難しい。これに対し上級者は、肩、肘、手首を効率よく使い、少ない力で無理なく矢を飛ばすことができる。また、それらを効果的に可動することで、ラインを線で捕らえることができ、リリースポイントは広くなり、多少ずれても矢は狙ったところに飛ぶ。

基本的なスローイング
体に対して、腕をほぼ直角に曲げ、ダーツを目の高さ位に構え、ダーツを押し出すようにして投げる。この際ダーツを的に置きに行くようなイメージで投げると良い。ダーツを投げ終えたあとのフォロースルーも重要で、投げ終わったあとに狙った場所に向かって腕が伸びているようにする。