データ処理入門Ⅱ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<授業名>
データ処理入門Ⅱ(データ処理Ⅰかデータ処理Ⅱのどちらか必修。両方取ることもできる)

<担当教員>
平野廣和…人によって好き嫌いが分かれる先生。遅刻や不真面目な態度に対しては厳しいです。

<出席>
重要。毎回取ります。遅刻厳禁。出席率が70%を切ると試験を受けても単位が取れません。

<評価方法>
出席、授業中の課題提出、最終授業での筆記試験と打ち込み試験。持ち込みは不可

<授業内容>
大学生活において基本的なパソコンのスキルを身につけます。
具体的にはオフィスソフトのエクセルを中心に、とにかく操作します。
はじめのうちは基本的な関数を使えるようになることが目標。授業の終盤ではVBA(エクセルなどで使えるプログラム)を扱います。

<授業を受けた感想>
1.とにかく毎回、演習・演習・演習…なので、休む暇もなく作業をし続けます。
わからなくなったら質問をすれば教えてもらえますが、わからないままついていこうとすると授業の終わりには何もわからなくなることも…。
ぶっちゃけ私はわからないながらも試験を受けてCを頂きました。出席・提出物100%が効いたのかな?

2.パソコンに慣れていないうちから色々難しい課題をやらされて混乱しました。