※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



149 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/12(金) 07:13:57.06 ID:K3gKQYMqO

憂「澪さ…ううん澪ちゃん、あーん」みお「あ…あーん////」


唯「さぁ澪ちゃん、私の家だよ!今は家族同然なんだしもっとだらけちゃっていいから!」ダラ~ン

みお「え…でも…」

唯「まぁまぁ気にしないで!ほらほら」ポンポン

みお「うーん、じゃあお言葉に甘えて」ダラ~ン

みお(…こたつ気持ちいい)ポワー

憂「澪さんいらっしゃい、災難でしたね」トントントン

みお「まったくだよもう…」

唯「うーん、ちょっと暑くなって来ちゃった…憂~アイス~」

憂「ご飯食べてからだよ?」

唯「や~だ~ア~イ~ス~」バンバン

みお「まぁちょっとは我慢しようよ、なっ」
151 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/12(金) 07:25:52.52 ID:K3gKQYMqO
唯「え~?じゃあ食べてからにするか…」ベタァ~

憂「まったくお姉ちゃんたら…あ、机の上片づけてね?鍋持って行くから」グツグツ

唯「あ、はーい!…そういえば今日は鍋だったんだね!」ワクワク

憂「今日は寒いからキムチ鍋だよ、はいっ」ゴトン

唯「うわ~いい匂い!早くご飯とお皿とお箸持ってきて!」

みお「おいおい…それくらい自分でやった方が…」

憂「ううん、私こういうの大好きだし…澪さん、ご飯はこれくらいでいーい?」ヨソリヨソリ

みお「あ、何か悪いね…うん、いいよ!箸は自分で取ってくるよ」スクッ スタスタ

憂「そう?それなら食器棚にしまってあるよ~…はい、お姉ちゃんのも」ヨソリヨソリ

唯「私のもお願いできる?」

みお「お前は自分で取ってこいッ」
153 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/12(金) 07:35:53.86 ID:K3gKQYMqO
唯「ふぅ~しかたないか…よいしょっと」ノソノソ ムクゥ

憂「気をつけてね~お姉ちゃん」ヨソリヨソリ

唯「大丈夫だよぉ~…えーっと、私のと憂の…よしっ」グッ

唯「お?澪ちゃん何してんの?」

みお(食器棚が高くて手が届かない)「うっ…くっ…」プルプル

唯「無理しちゃ駄目だよ~私がとってあげるから…えーと、この引き出しか」スウッ ジャラッ

唯「はい、澪ちゃんお箸」

みお「ありがとう…って、はじめからやってくれよ」

唯「え~?いつも憂に任せてるんだもん…それよりはやく行こう!ご飯さめちゃう!」テッテッテ

みお「あ、うん。お腹もすいたしな」テクテク
202 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/12(金) 17:29:43.06 ID:K3gKQYMqO

唯「はぁ~お肉お肉~!おいしいよぅ」モッキュモッキュ

みお「あっ唯、私にもちょうだい」

唯「欲しい?(チャポ、スッ)はい、澪ちゃんあーん」

みお「いやいや、自分で食べさせてくれよ」

憂「うーん、でもお姉ちゃんの気持ちわかるかも。澪さん見てると何かいじわるしたくなっちゃうんだよね?」

唯「うんうん!さすが私の妹、わかってるな~…ってことで、あーん♪」

みお「え~…ヤダ」

唯「それじゃあお肉全部食べちゃうよ?いいの?」パクパク

みお「そ、それは…もっとヤダッ!じゃあ自分で取るもん!」ヒョイ スカ

唯「ふっふっふ、残念でした~」

みお「お肉…お肉食べたいのに…」ウルウル

憂「澪さん泣かないでください、私のあげますから」

みお「ほんと?ちょうだいちょうだい!」

憂「いいですよ。…はい、上げた♪」ヒョイッ
203 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/12(金) 17:40:33.68 ID:K3gKQYMqO
唯「おお~、やるねぇ憂」

みお「う…ふぇっ…」ポロポロ

憂「あちゃー、やりすぎちゃったか。ほら、澪さん泣きやんで」ポンポン

みお「ひっく、だって唯達がイジワルするからぁ…触るなぁ…うっ…」ポロポロ

憂「ごめんなさい、次はほんとにお肉あげますから!ほらあーん」

みお「うっく…あ、あーん」パクッ

憂「ほらほら泣いちゃ駄目ですよ~澪さ…ううん澪ちゃんあーん」

みお「…」スタスタ ポフッ

唯「あれ?澪ちゃん憂に懐いた?」

みお「…罰として、私のイスになって貰うからな!…ひっく」

憂「それくらいいいですよ~、ほーら澪ちゃんあーん♪」

みお「…あ、あーん////」モキュモキュ

唯「あー!何かずるい!ほら澪ちゃんあーん♪」

みお「…プイッ」

唯「ガーン!!…澪ちゃんが反抗期に…」
204 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/12(金) 17:51:10.25 ID:K3gKQYMqO
♪♪♪♪♪♪♪♪♪
唯「はぁ~食べた食べた…ねぇ澪ちゃん、一緒にお風呂入ろうよー」

みお「ヤダ!憂と入る!」プイッ

唯「わがままばかり言ってると怒っちゃうぞー!がおー!」ガバァ

みお「キャァァァ!憂助けてぇ!」ダキッ

憂「駄目だよお姉ちゃん…今日は我慢して、明日一緒に入ればいいじゃない」

唯「うっうっ…澪ちゃん、澪ちゃん…」

憂「じゃあいってくるね、お姉ちゃん」

みお「じゃあなー唯」

唯「うん…明日は入ろうね」

みお「どーしよっかなー」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

その後私は唯と一緒に寝ることになった
布団も取られて寒いし、明日も憂ちゃんとお風呂に入ろう
そう思うみおであった