※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

81 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/13(土) 22:11:50.51 ID:tfMCLUJMO
曲ネタで作ってみようかしら

梓「Colors of the hearts」


梓「軽音部に入ってみたはいいけど…」

梓「全然やる気も感じられないし…新歓ライブのはなんだったのかな…」ガチャ

唯「あっ、あずにゃんだ!よく来たねぇ~はいつけてつけて!」

梓「やめてください…そんなのつけたくないです!」イヤイヤ

律「逃がすかぁ!へへへ、どっちに逃げても猫耳地獄だぜ!」ジリジリ

唯「あずにゃん…観念しな~!」ジリジリ

梓「え?え?ああーーっ!!」ガバァ!

唯「装着完了~!さぁあずにゃん、一緒にケーキ食べよ♪」

澪「おいみんな、いい加減に…」

梓「」プチン

梓「あ…ああ…うああああああーーーーー!」ダッ!バタン!

澪「梓!?…ほらみろ、やりすぎるから帰っちゃったじゃないか!」

唯「ごめん、そんなつもりはぁ…」シクシク
84 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/13(土) 22:23:44.24 ID:tfMCLUJMO
♪♪♪♪梓の家♪♪♪♪
梓「…しまった…なんであんな…」

梓「…もう学校行きたくない」パチッ


唯(翌日を越えた別の日。あずにゃんはあの日から学校に来ないようになりました)


律「最近梓こないなぁ…」

唯「学校も休んでるみたいだよ…憂が言ってた」

紬「それ本当?…せっかく新しく入った新入部員なのに…」

澪「とりあえず梓の家に行って話し合おう。それがいいかも」

律「住所はさわちゃんに聞いてみるか…」ガタ
86 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/13(土) 22:32:03.16 ID:tfMCLUJMO
♪♪♪♪職員室♪♪♪♪

さわ子「ああ、梓ちゃんね…あの子、もう何やっても駄目みたいよ。電話にも出なかったそうだし」

澪「そんな…!じゃあ自宅訪問をすればいいじゃないですか!」

さわ子「前に一度行った先生がいるんだけど、やっぱり追い返されちゃったらしくて…家族の人でもどうにもならないそうなの」

律「私たちが…あんなふざけたから…?」

唯「スキンシップのつもりだったのに、こんなことになるなんて…」シクシク

♪♪♪♪梓の家♪♪♪♪
ピンポーン
梓「また、学校の先生か…来なくていいのに」ボソ

梓「…なんだか、いろんな物を失っていってる気がするなぁ…そのために生きてるみたい」
89 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/13(土) 22:44:33.16 ID:tfMCLUJMO
梓「もう駄目…孤独で押しつぶされちゃいそう…」ギュウ
ガタッ
梓「(ビクッ)…ギターか…」ハァ


梓(その夜)


梓「今日ももう終わりか…何曜日だっけ?」
ドンドン
梓「…誰?」

梓パパ「梓、そのままでいいから聞いてくれ」

梓パパ「…小さいとき、私が言った言葉覚えてるか?」

梓(願い続ける思いはいつか色づく…だっけ)

梓パパ「何がお前をそこまで追いつめたかは聞かない。でもな、それは必然なんだ」

梓パパ「そういう必然の中から、夢は傷ついたりして膨らんでいくんだ」

梓パパ「梓の夢はギタリストだったろ?諦めないという気持ちがあれば夢は叶う、どんな未来だって描ける!…私からの話はこれだけだ、頑張れよ」スタスタ

梓「お父さん…」ジッ
92 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/13(土) 22:56:13.57 ID:tfMCLUJMO
梓「でも、駄目なんだよ」

梓「この手で掴んだものさえ、全部すり抜けていくんだ…」シクシク

梓「…そういえば明日は予約していたUVERworldのライブか…気分は晴れないけど行くか」


梓(翌日)

TAKUYA∞「どうも、UVERworldです!」
観客「ワァーーー!」
TAKUYA∞「今日はライブに来ていただいてありがとうございます!まずは『Colors of the hearts』聴いてください!」
デーーッデレーーーン
デンデレッデンデデンデデッ
あの日僕の心は 音もなく崩れ去った
壊れて叫んでも

梓「あ…(この曲、今の私と同じだ)」
ワーワー
光が強くなれば 闇も深くなると
気づいたとしても恐れることはないよ

梓「…何やってたんだろ、私。もっとしっかりしなきゃ」グッ
ワーワー
もう瞳を 開いて 見つめられるから
98 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/13(土) 23:09:21.29 ID:tfMCLUJMO
唯(翌日!)


律「梓が来なくなってもう三週目か…」

唯「このまま来なくなっちゃうのかな…ひっく…」グスグス

梓「…おはようございまーす」ガチャッ

澪「!梓!?よかった、来る気になったのか!」

律「あれから反省して、ずっと練習してたんだぞ!」

唯「うん!ちょっと聴いていってよ!」

紬「うん!さぁ、梓ちゃんのためにがんばろう!」
テレレレレッ テンテン!デデレダダンピロリロ

梓(先輩達…本当に頑張ってたんだなぁ…)

梓(次は逃げ出さない。何があっても頑張ろう)グッ

梓「(目標は…武道館ライブだ!)先輩!私も混ぜてください!」ガシッ タタタッ



ギュォォォォオ…ン