※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

898 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/16(火) 23:08:31.52 ID:4V+9SkY20
「寿命計測 オリキャラ男×唯」


―――


ザワザワ…ザワザワ…

唯「うわ~、やっぱり人多いね~」

男「そりゃ、イベントがイベントだからなぁ。……ってほら、唯のことだから、手ぇつないどかないと迷子になんだろ」キュッ

唯「えへへ……//」キュッ

男「(やべ、可愛い……)ほ、ほら、もうすぐ始まるみたいだぞ? はやく列にならぼうぜ//」

唯「うんっ!」


―――
899 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/16(火) 23:10:21.28 ID:4V+9SkY20
―――


司会者「えー、本日は会場にお越しいただきまして、誠にありがとうございます」

司会者「では、さっそく当社の開発した『寿命計測機』の一般公開を行いたいと思いますので、整理券をお持ちの方は各ブースにお並びください」

司会者「各々の診断結果は、本人以外には非公開としますので、安心してご利用ください」


―――
900 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/16(火) 23:11:58.76 ID:4V+9SkY20
―――


男「まさか、本当に俺たちも『寿命計測』出来るなんて思わなかったよなぁ」

男「ほんと、科学もどこまで進めば気が済むんだか」

唯「そだね~」ニコニコ

男「そういや聞いてなかったけど、どうやって整理券を手に入れたんだ?」

唯「へ?」キョトン

男「だって、あれ、確かすごく高いんだろ? なんでも聞くところによると、政治家でもなかなか手に入れにくいとか」

唯「え、ええっと……//」

唯「実はその、ムギちゃんにダメモトで頼んでみたら……その次の日にハイ、って……」ポリポリ

男「え、なにそのブルジョワジー」


―――
901 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/16(火) 23:13:35.72 ID:4V+9SkY20
―――


テクテク…テクテク…

唯「(……ふぅ。でも、いざ寿命を計るとなると、やっぱり心配だな……)」ドキドキ

唯「(私の寿命も気にかかるけど、それよりも男くんの寿命が気になる……)」

唯「(もし、私よりも寿命が短かったりしたらどうしよう……)」

唯「ううん、それどころじゃなくて、もし、もしも、後一年とか二年の命だったとしたら……)」

唯「……」グスッ


―――
910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/16(火) 23:31:14.46 ID:4V+9SkY20

―――


唯「(こ、こんなこと考えたら駄目だよね! 男くん、いつも元気だし、それにもしそうだとしても……)」

唯「(あ、愛の力で運命を乗り越えるてやるぞー! みたいな……!)」

唯「//」ボフッ

男「ん……。何してんだ、唯? 調子でも悪いのか?」ジー

唯「な、ななな何にもないよ! ど、どどうしてそう思ったの!?」アセアセ

男「いや、何もないのならいいけど。(お前どう贔屓目に見ても怪しすぎだろ)」ジト


―――
912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/16(火) 23:33:22.93 ID:4V+9SkY20
―――


係員「では、寿命計測を始めます」

唯「はぁーい」

係員「まずは血液検査、それから遺伝子計測と全脳計測を行うといった順番で、寿命の計測を行います。少々長くなるかもしれませんが、お手洗いなどは、もう済ませていただきましたか?」

男「唯?」

唯「うん」コクリ

男「二人とも大丈夫です」

係員「では、さっそく始めさせていただきます。まずは血液を採取するため、注射の方を……」

唯「(ちゅ、注射……!)」ビクッ


―――
951 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 07:24:10.67 ID:FMnfi3gi0
―――


30分後

唯「ふ~……。注射怖かったよぉ……」グスン

男「ははは、ほんっと唯は、なんだか赤ちゃんみたいだよなー」

唯「え?」

男「いや、なんつーか、さっきの注射の時も含めて、普段の唯を見てるとそう思ってさ。小っちゃい子見てるみたい」プクク

唯「むむむ……それどーいう意味……?」プンプン

男「言葉どおりの意味」ニヤッ

唯「うぅ、なんか傷ついたー……! 男くんひどぉーい!」ガーン

男「ははは、軽い冗談だって。唯、本気にしすぎ」ナデナデ

唯「ぅ~……//」プシュー

男「(あはは、照れてる。うつむいて顔が赤いの隠してるところとか、ほんと可愛いな……)」チラッ


―――
952 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 07:25:15.51 ID:FMnfi3gi0
―――


男「(……あ。そういや)」

男「なあ唯、まだ時間あるみたいだけど、どうする?」

唯「あ、ほんとだ。後30分くらいあるねー」

男「んじゃ、計測の結果が出るまで向こうの喫茶店で時間つぶそうぜ」

唯「了解!」キラリン


―――
953 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 07:26:00.63 ID:FMnfi3gi0
―――


カランカラン

男「唯……。お前、さすがに食いすぎ」

唯「だって、おなか減ってたもん……。腹が減っては戦が出来ぬ!」ズン

男「誰と戦してるっていうんだよ、ほれ」デコピン

唯「あぅっ! ちょ、ちょっと今の痛い……」キュウ

男「4050円もおごらせた罰だ」

唯「もぉ~……!」

男「もぉじゃありません」

唯「はいー……」


―――
954 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 07:27:07.75 ID:FMnfi3gi0
―――


唯「(でも……本当に、男くんとこうして話してると楽しいなぁ)」

唯「(男くんとは、ギターショップで偶然出会って、それからアドレスを交換して、次第に仲良くなっていって……)」

唯「(いつの間にか付き合ってた……//)」

唯「(まだ手をつないだだけで、キスもまだだけど……)」

唯「(それでもいつか壁を乗り越えて)」

唯「(……ホワーン……)」

唯「(……ウフーン……アハーン)」


―――
955 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 07:28:46.96 ID:FMnfi3gi0
―――


唯「(…………)」

唯「(はっ! いつの間にか脱線を……)」

唯「(と、ともかく!!)」

唯「(いつまでも、いつまで、こうして一緒にいたいな……)」

唯「(男くん……)」キュン


―――
956 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 07:29:26.74 ID:FMnfi3gi0
―――

5分後

係員「お待たせいたしました。計測の結果が出ました」

唯「おぉ~! 待ってましたー!」ニパー

男「それで、結果はどうだったんですか?」

係員「今からお伝えします」

係員「ちなみに、プライバシーの保護のため、個別に口頭で数値をお教えすることになっています。というのも、紙媒体や電子媒体を使用しないのは、履歴が残るからです」

係員「では、まずは平沢唯さんからこちらへどうぞ」

唯「わぁ……私からかー……。緊張するなぁ……!」ドキドキ

男「唯ならきっと大丈夫だって」

唯「えへへ// ありがと~」テレッ


―――
957 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 07:30:08.31 ID:FMnfi3gi0
―――


10分後

唯「ありがとうございました~!」

男「で、どうだった……?」ドキドキ

唯「うーん。普通かなぁ」

唯「死ぬのは76歳と2か月と49日で、後60年くらいはまだまだ生きられるって」ニコッ

男「へえ、よかったな。後60年は大丈夫なんだ」

唯「うん」


―――
55 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 19:49:13.34 ID:vQE9q1FC0
―――


男「えっとさ、その、俺……もし唯の寿命が30歳までだったらとか考えて、心配してたんだからな? やっぱずっと一緒にいたいし」ポリポリ

唯「あ、ありがとー//」

男「あ……でも、俺の寿命が短ければ、一緒にいられる時間も少なくなるのか」ガーン

唯「ぅ……で、でも男くんも大丈夫だって! きっと!」

唯「係員の人に聞いたけど、寿命が極端に短い人は滅多にいないんだって。……だから、男くんも絶対大丈夫だよ!」ズバッ

男「そうか……」

男「そうだな。……そうだといいな」ニッ

唯「うん、大丈夫大丈夫! 私もこうやってずっと祈ってるから!」ナムアミダブツナムアミダブツ

男「いや、それはさすがに恥ずかしいからやめてくれ」


―――
59 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 19:55:48.39 ID:vQE9q1FC0
―――


ガラッ

係員「では、男さんこちらへどうぞ」

男「は、はい……」

男「(やっぱ緊張するなぁ……)」

男「(なんせ、この機械一つで、俺のこれからの寿命が分かっちまうんだからなぁ」

男「(俺の寿命って、どうなんだろ)」

男「(今考えてみれば……普段からポテチとかワサビーとか食いまくってたし。猫背だし。バイトで寝不足気味だし)」

男「(それに、最近俺ちょっと体調崩し気味だったし……)」

男「(ううむ、ちょっと心配だ……)」ドキドキ


―――
62 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 20:01:40.65 ID:vQE9q1FC0
―――


男「(でも、唯もああ言ってたんだよな)」

男「(まあ、唯がああ言うなら……大丈夫だろう。うん、考えすぎると逆によくない!)」キリッ

男「(クールになれ俺!)」

係員「では、男さんの寿命ですが……」


―――
63 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 20:03:10.68 ID:vQE9q1FC0
―――


係員「ええと、少々申し上げにくいのですが……」

男「え?」

係員「あらかじめ言わせていただきます」

係員「寿命計測の説明欄にも書いていました通り、寿命を知るということは、ご自分でそのことに責任を持つということなのです」

係員「ですから、覚悟して聞いていただきたいと思います」

男「は、はい」


―――
65 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 20:10:34.83 ID:vQE9q1FC0
―――


男「(…………)」

男「(いきなり、なに言いだしてるんだ……? 少々申し上げにくい? まさか、まさか……)」ゴクッ

男「(いや、そんなはずはない)」

男「(これは、ただ単に、この人の前置きみたいなもんだよな)」

男「(くそ、案ずるな俺)」

男「(大丈夫だ大丈夫だ大丈夫だ……!)」

係員「男さんの寿命は」

男「……」ゴクリ

―――
66 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 20:14:25.35 ID:vQE9q1FC0
―――



係員「後一週間です」



男「    」

男「    」

男「    」

男「…………」

男「…………(い……今……なんて……言った……?)」

男「…………(い、い……っ、いっしゅ……うかん……?)」

男「ええと、い、い今の、俺の聞き間違いですよね!? そうですよね!?」


―――
67 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 20:15:31.62 ID:vQE9q1FC0
―――


係員「いいえ、残念ながら違います」

係員「最新の遺伝子科学とDNA解析から導き出された結果」

係員「あなたの寿命は、16歳と7か月と23日――つまり今から約一週間後であることが判明しました」

男「…………」

男「…………」

男「……う、嘘だよ……な?」

男「嘘だ……嘘だろ……?」カタカタ


―――
68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/17(水) 20:19:46.01 ID:vQE9q1FC0
―――


男「はは、はははは……今は21世紀だぜ? じゅ、16歳と7カ月って……いくらなんでもそんなわけねえだろ!」ガッ

係員「お、落ち着いてください! 結果は結果ですから!」アセアセ

男「嘘だ……嘘だ……んなもの信じられるかよ! 信じられるわけがねえだろが!」

男「だいたい、何が悪いってんだよ! 俺は今までずっと健康だったんだぞ!?」

係員「表面上はそうでしたが……どうもあなたには、先天的な遺伝子異常があるようなのです」


―――
70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/17(水) 20:23:49.30 ID:vQE9q1FC0


―――

係員「それは国内でも極めてまれな例だ」

係員「一定程度の細胞成長にかんする情報はあるのですが、それがある段階を超えた時点で存在しない」

係員「つまり、16歳と7カ月と23日より先の分の情報が、あなたには欠落しているのです」

男「…………」ゴクリ

係員「ですから……誠に言いにくいことですが、16歳と7カ月と23日より先からは、遺伝子によって細胞の成長がまったく制御されなくなる」

係員「つまり――細胞が暴走し、後はわかりますね」

男「…………」

男「…………嘘だ……。嘘……だよな……?」

男「……くそっ! うっ……! ううっ……」ガクガク


―――
76 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 20:33:14.18 ID:vQE9q1FC0
―――


ガラリ

男「…………」

唯「あ、どうだった? 男くん」ニコニコ

男「(正直、話はまだ飲み込めていない。信じきれていない)」

男「(いや、信じたくもない……! くそっ!)」

男「(でも、仮にそうだとして。唯にはこのことをどう話そうか……)」

男「(一応、万が一のことを考えて、本当のことを話すべきなのか? なにもかも、言ってしまった方がいいのか?」


―――

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/17(水) 20:39:32.98 ID:vQE9q1FC0
―――


男「(…………)」

男「(いや……駄目だ)」

男「(そんなことを面と向かって言っても、唯は信じてくれないだろうし、なにより俺は、唯を悲しませたくない)」

男「(俺が死んだら……唯は誰が守ればいいんだよ)」

男「(だからいつか、終わりが来るとしても……)」

男「(俺は、笑顔のままの唯を見ていたい)」

男「(……最後まで)」


―――
78 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 20:43:23.76 ID:vQE9q1FC0
―――


男「んっと、俺も普通だったかな。なんか、75歳ぐらいだってさ。唯より一年短い」

唯「えーっ!? じゃ、じゃあ、私より先に死んじゃうの?」

唯「そんなのいやだよぉ……」グスン

男「(…………!)」

男「(…………)」

男「……大丈夫だって。一年くらい、どうってことなるさ」ニコッ

唯「そうかな~?」グスン

男「ああ……」


―――
82 :無名 ◆d3ybGZknKU :2009/06/17(水) 20:50:16.65 ID:vQE9q1FC0

―――


唯「男くんが言うなら、そうだよね!」

唯「じゃあ、約束。ぜーったいに、私より先に死なないでね!」ニコニコ

男「あ……ああ……」


―――