※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

65 :31:2009/07/06(月) 01:12:37.65 ID:h6sfHceLO
―中野家―

ジリリリリリリ…

いわ夫「…ん。うーん。」ガッ

リリ…

いわ夫「んー。オヤスミ…。」

ガチャッ

梓「ちょっといわ夫!いつまで寝てんの!!」ガバッ

いわ夫「うっ…、布団とるなよ姉ちゃん…。」

梓「受験生に夏休みなんてないんだから、今日も塾でしょ!」

いわ夫「わかったよ…。起こしてくれてサンキュー…。」


いわ夫>梓のいとつ下の弟設定で

94 :31:2009/07/06(月) 01:32:41.02 ID:h6sfHceLO
いわ夫「行ってきまーす。」

梓「いってきまーす。」
いわ夫「あれ、姉ちゃんどっか行くの?」

梓「うん、クラスの友達と遊びにね。」

いわ夫「じゃ、途中まで送ってあげよっか?」

梓「またそんなこと言って、いつから姉にそんなクチきくようになったのやら。」


夏の日差しと蝉の声を受け、並んで歩く二人。

110 :31:2009/07/06(月) 01:50:20.14 ID:h6sfHceLO
もう読まれなくてもヤケで投下するぜ!


(こんにちは。平沢憂です。今日は梓ちゃんとお出かけです。)

憂「ふぅ…、あつーい。梓ちゃんまだかなぁ。」

梓「あっ、いた!おーい!」

憂「あっ、梓ちゃん。」

梓「ごめーん遅れちゃったー。」

憂「もう遅いよー。」

いわ夫と目が合う憂

130 :31:2009/07/06(月) 02:09:29.31 ID:h6sfHceLO
憂「あの…、こちらの方は?」

梓「あっ紹介するね。ひとつ下の弟のいわ夫。」

いわ夫「はじめまして!中野いわ夫です!いつも姉がいつもお世話になってます。」

憂「はじめまして、平沢憂です。こちらこそ、梓ちゃんにはお世話になってます。」

いわ夫「じゃあ、塾があるのでオレはここで。」

梓「うん、気をつけてね。」



梓「じゃあ行こっか。」

憂「うん、それにしても弟さん梓ちゃんに似てたねー。」

梓「そうかな~?どこが?」

憂「う~ん。鼻とか特に!」

梓「そ、そうかな~。(鼻あったっけ…?)」

135 :31:2009/07/06(月) 02:28:01.08 ID:h6sfHceLO
いつもの入力ミスが…。一旦寝ます!(`・ω・´)


―数日後―

憂「お姉ちゃーんアイス買いにいくねー。」

唯「あいすー…よろしく~。」パタパタ


憂「お姉ちゃんかわいかったな~。」

いわ夫「あっ!憂さん、こんにちは!」

憂「えっ?あっ、いわ夫君!ここ、こんにちは!」///

いわ夫(改めて見るとかわいい人だな…。)
憂(ひとりごと言ってたの聞こえてたかな?)///

172 :31:2009/07/06(月) 06:22:21.11 ID:h6sfHceLO
復活投下

憂「いわ夫君、今日も塾で勉強?」

いわ夫「あ、いえ今日は図書館で勉強してました。憂さんはお出かけですか?」

憂「ちょっとスーパーに買い物に。こう暑いと冷たいもの欲しくなっちゃって。」ニコッ

いわ夫(かっ、カワイイ…!)ドキッ

憂「ん?いわ夫君?」

いわ夫「はいっ、あ、そ、その…。い、一緒に、いい、行ってもいい…ですか?おなか…空いてて何か買いたいな~なんて…。」ドキドキ

憂「うん、いいよー。じゃ、行こっか?」

いわ夫「は、ハイっ!」

175 :31:2009/07/06(月) 07:04:19.64 ID:h6sfHceLO
一緒に歩く憂といわ夫

憂(こうして見ると、梓ちゃんの弟だけあって整った顔立ちしてるなぁ…。けっこう、かっこいい…かも。)

いわ夫「憂さん?なんか顔についてます?」

憂「えっ、ううん、やっぱり梓ちゃんと似てるなーって。」

いわ夫「そうですかー?例えば?」

憂「鼻とかソックリだよー。」

いわ夫「はぁ…。(はじめて言われた。)」

176 :31:2009/07/06(月) 07:20:01.95 ID:h6sfHceLO
お店を出る憂といわ夫

憂「じゃあ、帰ろっか。」

いわ夫「ハイ。」


憂「そういえば、いわ夫君はどこの高校めざしてるの?」

いわ夫「〇〇高校です。でも、まだ全然届かなくて…。」

憂「大丈夫だよー。今だってちゃんと勉強しているし、このまま続けていけば絶対合格できるよ!」

いわ夫「憂さん…、そうですよね!オレ、頑張ります!」

178 :31:2009/07/06(月) 07:38:22.67 ID:h6sfHceLO
いわ夫(あの角の所で憂さんと別れる…。もうちょっとだけ喋っていたいなー。どうにか…。)

憂「あ、ここでお別れだね。それじゃあ…いわ夫君、勉強頑張ってね!」

いわ夫(どうしよう…。よし、一か八かー。)

いわ夫「あ、あの、憂さん!」

憂「えっ、な、なに?」
いわ夫「もし、良かったらその…。良かったらオ、オレ…。」

憂(ええっ!?コレっても、もしかして、こ、告…。)

179 :31:2009/07/06(月) 07:52:04.53 ID:h6sfHceLO
いわ夫「オレに、もし良かったら…、オレに勉強教えて下さい!!」

憂(こくは…って、べ、勉強ー!?)ドキドキドキドキ

いわ夫(うわ…黙ってる、やっば無理かなぁ…。)

いわ夫「あっ、ごめんなさい…。やっぱ無理ですよね。」

憂「えっ、いや、ちょっと急でびっくりして…。いいよ!私でお役に立てるかどうかわからないけど。」

いわ夫「ほ、ホントですか!ありがとうございます!お願いします!」

182 :31:2009/07/06(月) 08:09:32.62 ID:h6sfHceLO
いわ夫「それじゃあ、また今度!」


憂と別れて家路につくいわ夫の足は軽かった。憂にまた会える嬉しさがそうさせた。
この時すでにいわ夫は、姉とはちがうタイプの1つ年上の憂に心惹かれていた。包み込むような優しさに、何より彼女の笑顔に…。


いわ夫「ただいまー。」

梓「おかえりー…。いわ夫。」

いわ夫「ん、なにー?姉ちゃん。」

梓「顔…、にやけすぎ。」

いわ夫「そう?」ニヤニヤ

梓(なんかあったな。)

196 :31:2009/07/06(月) 12:14:05.24 ID:h6sfHceLO
復帰!あるだけ投下


―平沢家―

憂「お姉ちゃんただいまー。」

唯「お~か~え~り~。ういーあいすー。」

―数時間後―

…トントントントン

唯「う~い~、もういっこアイス食べていい?」

憂「ご飯食べてから!もうすぐ出来るから、お姉ちゃんそこ片付けてて。」

唯「ほーい。」じー

憂「~♪」トントントントン

唯「うい。」

憂「なに?」

唯「なんかいつもより、楽しそうだね。さては…恋。とか?」

憂「そそ、そんな!何もないよー!エヘヘ」トントントントントントントントン

唯(あやしい…。ていうか刻みすぎ…。)

197 :31:2009/07/06(月) 12:18:12.25 ID:h6sfHceLO
―その夜―

憂(はぁー…。なんだか眠れないなぁ…。)


目を閉じると、トクン,トクンという心臓の音を感じる。と同時に昼間の光景を思いだす。
思えば、異性とああいうふうに並んで歩いたのは久しぶりだ。
最後は確かお父さんと買い物に行った時ぐらいかなぁ…。


チュンチュンチュン...

憂「ふわぁー…、んっ、ふぅー…。」

憂(あんまり眠れなかったなぁ。)

憂「あっ、朝ご飯用意しなきゃ!」

201 :31:2009/07/06(月) 12:24:27.60 ID:h6sfHceLO
―週末@図書館―

憂「うーん。この問題はまずxに…。」

いわ夫「えーっと、代入して整理して…。あっ、できた!」


じー

唯「あの2人けっこういい感じですな。あずにゃん隊員。」

梓「何やってんすか唯先輩…。めずらしく図書館行くなんて言うからついてきたら。」

202 :31:2009/07/06(月) 12:30:42.54 ID:h6sfHceLO
唯「だって、あずにゃんの弟とはいえ、憂が男の子と2人っきりなんて気になって気になって…。」

梓(姉妹揃って…。)

唯「あずにゃんは気にならないの?」

梓「私は…、部活の練習もしたいし、憂が勉強みてくれるなら安心だし…、なんとも思わないです。」

唯「あずにゃん…。」

唯「ホントに?」ちゅー

梓「なんでキスしようとするんですかーっ!!」


憂「あれ?今梓ちゃんの声が…。気のせいか。あっここは…。」

204 :31:2009/07/06(月) 12:39:22.47 ID:h6sfHceLO
その後、憂といわ夫は毎週末に互いの家や図書館で勉強するように…。

―音楽室―

唯「澪ちゃーん、最近憂が遊んでくれないー。」

澪「だからって私に抱きつくな…。」

紬(まぁ唯ちゃん…)

澪「梓の弟君の勉強みてるならしょうがないだろ。」

唯「あずにゃーん!わたしと遊んでよ~。」ギュッ

梓「うっ、き、今日だけですよ…。」

律(ははん。)キラン

205 :31:2009/07/06(月) 12:45:53.82 ID:h6sfHceLO
律「梓ちゅわ~ん、弟君も憂ちゃんもかまってくれないから、さみしいのかにゃ~?」

梓「はっ!ち、違いますっ!私はただ唯先輩とギターの練習をしたいと思っただけだもん!!」

律「ほーぅ。」

唯「あずにゃ~ん、さみしいならわたしがチュ~。」

梓「だからどうしてそうなるんですかーっ!」

澪(おまえら、練習しろ。)

207 :31:2009/07/06(月) 12:59:09.74 ID:h6sfHceLO
―――
―――――
―――――――

唯「あずにゃん…。」

梓「唯センパイ…特別…ですよ?」

ちly

―――――――
―――――
―――

紬(唯ちゃん、梓ちゃん…。)ウットリ

澪「おーい。ムギー、かえってこーい。」


和「講堂の使用申請書まだ?」

さわこ「澪ちゃん次は巫女さんコスチュームよっ!」

澪「…。」

209 :31:2009/07/06(月) 13:07:14.10 ID:h6sfHceLO
―ある冬の日中野家―

いわ夫「ふぅー。終わったーっ!」

憂「いわ夫君すごーい!全問正解だよ~!」

いわ夫「憂さんが教えてくれたおかげです!」

憂「そんなことないよ。いわ夫君頑張ってたからだよ!」


2人の顔に笑みがこぼれる。成績は右肩上がり、志望校も見えてきた。
いわ夫はこの頃“もし受かったら…憂さんに…。”と、思春期の男子らしい淡い思いを抱いていた。

いわ夫(なーんて…、ムリだよなぁ…。)

211 :31:2009/07/06(月) 13:14:48.76 ID:h6sfHceLO
憂(成績も伸びてるし、成長してるんだよねぇいわ夫君。背もまた大きくなってるし、それに…。)

(それに、考え事してる横顔もすっかり大人っぽくなってきたなぁ…。)

チラッ

いわ夫「!」
憂「!」

トクン.

目が合う二人…。心音のビートが速くなる…。

いわ夫「…。」ドキドキドキドキ
憂「…。」ドキドキドキドキ


ゆっくりと、二人の顔が近づく。自分の思考回路が胸の高鳴りに掻き消され、互いに言葉は発せられなかった。

214 :31:2009/07/06(月) 13:19:54.77 ID:h6sfHceLO

そっと、二人の唇が触れ合う…。

唇が離れ、見つめ合う。急に恥ずかしさが込み上げる。
頬も耳も、真っ赤になっているのを感じる。相手も…お互いさまらしい。

いわ夫「う、憂さん!オ、オレっ!」


すっ、と憂が掌を見せるようにいわ夫を制する。



憂「“合格”してから…、ねっ?」


いわ夫「ーっ!は、ハイっ!頑張ります!」



そして、ついに高校入試をむかえる…。

215 :31:2009/07/06(月) 13:22:26.42 ID:h6sfHceLO
試験官「では、試験開始!」

いわ夫「わかる!これ憂さんとやったやつだ!62秒でけりをつける!」
カリカリカリカリ…

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

試験官「はい、そこまで!解答用紙を回収します!」

いわ夫「終わったー…。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


そして、合格発表当日。

218 :31:2009/07/06(月) 13:27:46.29 ID:h6sfHceLO
梓「はぁー…、大丈夫かなぁ…。」

いわ夫「なんで姉ちゃんがそんなに緊張してんだよ!そんなにガチガチだといつもよりちっこく見えるぞ。」

梓「うるさい!もし落ちたらどうすんのよ!もう…。」


掲示板には、もう結果が張り出されている。
泣いてる人、友人達と笑いあってる人。自分は…。

いわ夫「えーっと、2412-1503-Kは…。」

梓「いわ夫!どう?あった?」


梓(えっ、反応がない…。)

219 :31:2009/07/06(月) 13:32:50.45 ID:h6sfHceLO
梓「ちょっと!いわ夫!いわ

いわ夫「った…。あったよ姉ちゃん…。受かった…。」

梓「ほんとにっ!?見せて、えーっと…あった!これでしょ!?」

梓「あれ?いわ夫?」キョロキョロ

いわ夫「腰、ぬけた…。」

梓「ぷっ、なにしてんのまったく…。」

いわ夫「姉ちゃん…。オレ、よ゙がかっだぁ…。」グスッ

梓「もう…。コレで涙拭いて、帰るよ!お母さん達に報告しなきゃ。」

いわ夫「ゔん。ありがと。」グスッ


ちょっと電池切れそうなんで、少々お待ちを(`・ω・´)

229 :31:2009/07/06(月) 14:22:16.99 ID:h6sfHceLO
そろそろ行くよ~。




発表の日、中野家では合格を祝うパーティーが開かれ、両親やそのバンド仲間の演奏もあり、賑やかに夜は更けていった…。


翌日、いわ夫は中学校へ赴き、改めて恩師達への報告を済ませた。


いわ夫「ふぅーっ、先生泣かしちゃったな~。」

いわ夫「あっ、そうだ。ケータイ…。」



TO:憂さん
件名:受かりました!
本文:ちゃんと報告したいので、△△公園に18時に来て下さい!


いわ夫「送信っと…。」

いわ夫「今日…。」

233 :31:2009/07/06(月) 14:35:32.81 ID:h6sfHceLO
夕方まで数時間…。一度家に帰るけれど、落ち着かない。
友人達からの祝いのメールも頭入ってこない。

いてもたってもいられず、着替えて家をでる…。

どこともなくただ歩いていると…

いわ夫「ここ憂さんと初めて会った所だ…。」

あの頃はただの姉の友人のひとりだった。
けれど今は、もっと大切な、特別な存在…。


いわ夫「あっ、ここの角で…。」

あの日踏み出した一歩が、今日に繋がってる…。あの日から彼女はずっと自分を見守って、支えてくれた…。

いわ夫「行こう。」

235 :31:2009/07/06(月) 14:55:28.27 ID:h6sfHceLO
公園に着いたのは、約束の一時間前。思いの外、時間がある。

いわ夫「早く来すぎたかなぁ。まだ一時間もあるや。」


ベンチに座り、考える。これまでの事、自分の気持ち、なんて伝えようか…。
何より、彼女のこと。

こんな時にかぎって、考えはうまくまとまらない。

いわ夫「あーっ、ダメだ。えーっと、オレは憂さんのことが、す、すきで…。あーっ!」

ふと、時計を見る。17時50分。約束の10前。

236 :31:2009/07/06(月) 15:01:12.97 ID:h6sfHceLO
いわ夫「ふぅー。」

深いため息をつき、顔を上げると…。


いわ夫「あっ、憂さん…。」

憂「ごめんねー。待ってた…みたいだね。」ニコッ

すぐに立ち上がる。約束の10分前に来るなんて彼女らしい。
そして、ついその笑顔に見とれてしまう…。

憂「あっ、合格おめでとうございます!」ペコッ

いわ夫「は、はい。おかげさまで、ありがとうございます!」ペコッペコッ

憂「ふっ、ふふふふふふ。」
いわ夫「ハハ、ハハハ…。」

自然と笑みがこぼれる。少し緊張が解けた気がした。

憂「じゃあ、座ろっか?」

238 :31:2009/07/06(月) 15:07:23.98 ID:h6sfHceLO

二人でベンチに腰掛ける。肩がくっつき、彼女の体温まで伝わってくる。

先ほどまでの緊張がまた高まってきたのか、心臓の鼓動が大きくなってるのを感じる。

沈黙を破ったのは、彼女だった。


憂「いわ夫君。受験お疲れ様。ほんとに頑張ったね!」

いわ夫「あっ、いや、憂さんのおかげです!勉強も親切に教えていただいたし、憂さんの支えがなかったら…。」


彼女の顔を見つめる。今までと何も変わらず、自分は見つめてくれている。

伝えよう。

239 :31:2009/07/06(月) 15:10:02.69 ID:h6sfHceLO
ドクンドクンドクン…
鼓動が早くなる

いわ夫「憂さん!」

憂「はい…。」

いわ夫「オレが今まで頑張ってこれたのは、家族の支えもあるけど、でも憂さんのおかげです!辛い時に憂さんが支えてくれたから…、側で笑ってくれたから…、だから頑張ろうって思えたんです!」

いわ夫「オレ、年下で頼りないし、憂さんとは釣り合ってないけど…。けど…。」

言葉が詰まる…。大事なところで、伝えたい事が…。

242 :31:2009/07/06(月) 15:22:10.94 ID:h6sfHceLO
憂「いわ夫君。」

彼女をみると、笑っていた…。いつものように。まただ。肩の力が和らぐ。

いわ夫「オレ、まだ憂さんに釣り合うような奴じゃないけど…。精一杯、頑張るから…。」

いわ夫「好きです。これからもずっと、ずっと側にいて下さい!」


少しの間の後、彼女を見る。彼女は、真顔でこっちを見ていた。

いわ夫(だめ?だった…?)

そう思った矢先、彼女はふっと笑った。


憂「はい。わたしで良ければ、喜んで!」

243 :31:2009/07/06(月) 15:24:23.52 ID:h6sfHceLO
一瞬、状況が飲み込めなかった。


憂「いわ夫君?」

彼女の声で我に帰る。すると、視界がぼやけてしまった。

いわ夫「よろしく…お願いします。かな、必ず、しあわせに゙…。」グスッ

憂「もう、泣かないで。」

彼女の指が涙を拭う。

いわ夫「はい゙、すいません…。」

244 :31:2009/07/06(月) 15:29:36.71 ID:h6sfHceLO
また、二人の視線が重なる…。

いつかの冬の日の照れくささが込み上げる。

いつのまにか、公園ではしゃいでいた子ども達はいなくなっていた。


ブランコが、すべり台が、オレンジの光に照らされてる。



夕陽が名残惜しそうに、水平線の彼方に沈んで行く。



重なるふたつの、影を残して…。




おしまい


エロなしでゴメンね(´;ω;`)
ヘタな上に投下遅くてすいません。でも読んでいただいた方には感謝です!失礼しました(`・ω・´)