※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/05/31() 01:40:08.77 ID:mMhI/arV0

律「そろそろ動かなくなっちゃったな」

紬「まだ息はあるみたいですね」

唯「澪ちゃん、頑張り屋さんだねー!」

律「とはいえ、そろそろ死ぬんじゃないか?」

紬「死体の処理方法を考えておきましょうか」

律「そうだなー」

唯「ねぇねぇ、山にハイキングしに行こうよ!ついでに埋めれば一石二鳥だよ!」

紬「それはいいですねあ、でも、死体を担いで山には登りたくないですね」

律「そうだよー、その辺の川に投げとけば良いよ」

唯「うーん、確かにじゃあ、川に捨てた後に山に行こうよ!」

紬「では、私が別荘を用意しますね

律「さすがむぎだなー!」


-
掃除用具入れの中-

澪「(うもうやだぁ早くここから出して!)」