※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 16:39:30.21 ID:NVELq8EdO
さわ子「暑いんだったら水着になればいいじゃない!」
澪「は?」
律「また新しい衣装かよ~」
さわ子「今回のは大胆過激よ~。やっぱ恥じらいがある子に着せるのが萌えなのよM.O.E.!」

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 17:01:52.36 ID:NVELq8EdO
律「何が萌えだよ。まあ餌食になるのは澪だけだし、せいぜい頑張れやー」
澪「みっみすてるなー!」
さ「うっふっふ。安心なさい。今日のターゲットは律っちゃんだから」
律「へーよかったな澪…ってあたし?」
さ「そうよー。澪ちゃんほどしゃないけど常識的な律っちゃんにきゃっきゃうふふ…」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 17:09:26.81 ID:NVELq8EdO
律「おいおい…しかも水着って言ってもなんだそのやたら露出度高いやつは!」
さ「さ、それじゃまずは着替えさせてあげるわぁ~。まあぶっちゃけ今回のメインはこっちなんだけど」
律「じょ、冗談じゃない!」
さ「逃げても無駄よ律っちゃん!」
律「げっ!梓…ってなぜに猫耳メイド!」
梓「逃げちゃダメですー先輩も萌え萌えキュンですー」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 17:19:27.41 ID:NVELq8EdO
律「調教って…」
さ「大人のお遊びよ。」
澪「律!なんかヤバい!かなりヤバい!私たちのもう何もかもがヤバい!」
みおまで こんらんしている!
律「せっ洗脳をなんとか解いてやれば…」
さ「そんなの無駄りんこよ」
律「そんなことないぜ…」

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 17:32:55.82 ID:NVELq8EdO
律「梓…そんなことする梓は大嫌いだ!私は…私はいつもの恥じらう梓が好きなんだよ!」
梓「はっ、澪先輩…あれ?律先輩?」
あずさはしょうきにもどった!
さ「バカな!?声マネだと…」
律「お姉ちゃん、お姉ちゃんは私よりも先生が好きなの…?私はお姉ちゃんが大好きだよ。」
唯「うにゃ…憂?アイスは~あれ?」
ゆいもしょうきにもどった!
さ「対象者に最も衝撃を与える人物を真似て洗脳を解くなんて…」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 17:41:28.48 ID:NVELq8EdO
律「とうとう壊れたか?」
澪「まあ…もともと壊れかけていた気もするが…」
さ「うふふうひゃひゃぁ~…ふう…笑いすぎたわ。だって私をねじ伏せた如きで勝負に勝った気でいるんだもの。私は前座にすぎないわ。さあ黒幕の登場よ!」
紬「はあはあ」
つむぎはこうこつとしている!

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 17:45:28.54 ID:NVELq8EdO
澪「なっ!?ムギ!」
紬「みんな可愛いわぁ~。私にとっての理想郷よぉ~うふふ。」
律「ムギ!正気になれ!」
紬「私は正気よ~。みんなのやり取りを見ているだけで…はあはあ」
さ「さあボス!私たちの理想郷を説いてやってください!」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 17:53:35.05 ID:NVELq8EdO
紬「可愛いは正義、女の子は女の子と。これこそ世の理なのよ」
律「こっこれがムギの本性…」
梓「まっまずいですよ!?なんか先生とは比べものにならないオーラを感じますー!」
紬「律攻めの澪受け…澪攻めの梓受け…平沢姉妹丼…止まらないわ…とめどないわ…このリビドー」
唯「しまい丼?なにそれおいしいの?」
澪「これ以上話をこじらせないでくれ…」
紬「おいしいわよぉ…禁断の果実ね~」

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 17:59:04.51 ID:NVELq8EdO
律「くっ…ムギの百合暴走を止めなくては…」
梓「でもどうやってですか!?」
唯「ゆりぼうそー?それもおいし…
澪「頼むから黙っててくれ」

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 18:06:25.70 ID:NVELq8EdO
さ「無駄無駄無駄。さあボス、ボスのジャスティスで好きな組み合わせを」
紬「そうねー、やっぱり律っちゃんと澪ちゃんよねー。そういう時は、どっちが攻めになるのかしら?」
澪「なっなにも思いつかない…」
律「これまでなのか…」

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 18:10:11.68 ID:NVELq8EdO
憂「おねーちゃーん!」
唯「あっ、憂~~。」
梓「憂!この状況でこなくても…」
律「ムギがよけいに目を輝かしているし…」
紬「憂ちゃん梓ちゃんもそそるわね…」

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 18:13:10.54 ID:NVELq8EdO
憂「助けにきたよー!梓ちゃんももう大丈夫だから!」
梓「助けにってどうやって…?」
憂「簡単なことだよ!」

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 18:16:58.23 ID:NVELq8EdO
澪「ホントか!?」
律「なら頼む!あの2人からをどうにかしてくれ!」
憂「はい!」

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 18:22:27.49 ID:NVELq8EdO
憂「律さん、こないだ弟さんとお買い物してましたよね!」
律「は?ああ確かに」
紬「?」

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 18:28:43.48 ID:NVELq8EdO
憂「澪さんは、カッコいい男性と楽器屋さんにいましたっけ」
澪「あっあれは中学の友達だけど…」
紬「憂ちゃん、何がいいたいのかしら?」
憂「現実はこんなものですよ。私も彼氏いますし」
皆「なっなんですとー!?」

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 18:37:32.46 ID:NVELq8EdO
憂「妄想夢想フィクションを現実に求めても、残るものは虚しさだけだと思いませんか?」
紬「それは…でも私は」
憂「そこでこちらです!」
紬「何かしら?…『けいけん!完全澪攻律受…紡がれる百合の華』…!!」
憂「今度コミケで出す同人を特別に持ってきました。御覧ください!」
紬「ぶはっ!!!りっ律っちゃんが澪ちゃんに…ドラムスティックや澪ちゃんの艶やかな髪で…かはぁ!」
憂「うふふ、部員全員で梓ちゃんを…なんてのも出す予定ですよ。」
紬「かくかく…はあはあ…」

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 18:45:07.55 ID:NVELq8EdO
憂「わかりましたか?本当の真理は二次にあるんです!どこかに潜む偽りに怯える三次元より、はじめから虚構とわかっている二次元を愛でることが世の理なんです!」
紬「がーん。…もっもう我慢できない!続きは!?この続きを早く!」
憂「気に入っていただけましたか?こちらで販売しているので当日はよろしくお願いしますね。」
紬「ここね!今すぐ斎藤に準備を命じなくちゃ!…斎藤!?あのカードを用意して!そうよダイナースの!!え!?コミケは現金のみ!ああもうそれならフィンランドの口座から全額おろしてきなさい!」

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 18:48:39.24 ID:NVELq8EdO
律「なんか…」
澪「助かったけど…」
梓「憂…」
唯「ねーねー私が出るお話はないのー?」

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 18:53:13.95 ID:NVELq8EdO
さ「まっまだよ!まだ終わってなーい!」
律「あんたまだいたのかよ」

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 19:00:50.74 ID:NVELq8EdO
憂「先生」
さ「何よ憂ちゃん!アダルティな私は並の同人じゃ反応しないわよ!」
憂「彼氏さんはできましたか?」

ピシィィッ!


全世界が、停止した。

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 19:09:58.24 ID:NVELq8EdO
憂「でも安心して下さい。…このサークルで先生が大学の学友と久しぶりに会って、その彼と甘く切ないラブストーリーを繰り広げるピュア☆ピュアな全年齢向けが」
さ「全部買うわ。」

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 19:14:06.98 ID:NVELq8EdO
憂「これでもう安心ですね」
澪「ああ…ありがとう憂ちゃん…」
律「うん…ありがと」
梓(なんというか…)
三人(フォローしずれぇ!)
唯「憂ってーえーと、どうじんさっかさんなの?」

律(ばっばか唯!それは禁句だ!)
澪(私たちまでもれなく二次元ザ・ワールドに誘われて…!)
梓(わっ私と澪先輩の…ちょっと気になる…

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 19:20:29.54 ID:NVELq8EdO
憂「どうじんさっか?そんな言葉は台本にはなかったですけど?」
律「…は?だいほん?」
憂「はい。実は…」

………
憂「どうしよう!お姉ちゃんが困ってる!私どうすれば…」
眼鏡「お困りのようっスね」
憂「どちらさまですか?」
眼鏡「ちょっとしたゲストっスよ!それよりも…なかなかハードな展開になりつつあるみたいっスね?」
憂「そっそうなんです!このままじゃお姉ちゃんが…」
眼鏡「ふむふむ…あの二人の趣味趣向は…こんなもんスかね?これを使うっス!」

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 19:26:30.28 ID:NVELq8EdO
憂「これは?」
眼鏡「妹さん、ここに書いた内容をそのまま読むっス!そうすればOKっスよ!」
憂「ホントですか!?」
眼鏡「バッチリっス!台本ってとこっスよ!ついでに当日よろしくっス!」
憂「あ!待ってください!せめてお名前だけでも…」
眼鏡「…ひよりっス。」
憂「ひっひよりさん…!」
ひ「世界を越えた出会いも二次の魅力っスね!!」

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 19:29:14.58 ID:NVELq8EdO
唯「その黒髪眼鏡さんのえ~っと、ひよりさんのおかげなんだー」
律「てっきり憂ちゃんがそっちに…と思ったよ」
澪「ああ、大団円ってとこだ。」
梓(憂に描いてもらおうと思ってたんだけどな…)

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 19:39:53.23 ID:NVELq8EdO
その後
律「何も変わらなくてよかったな…」
澪「ああ、ホントだな。」
唯「でも変わったとこもあるよねー」

紬「うふふ。らき☆すたは宝庫ねぇ」
さ「私が余命1ヶ月を宣告されて素敵な人と短くも幸せな生活をする悲劇ラブストーリーは制作予定がないだと…!?ないのなら作るしかないわね」
梓「先生、それなんて(ry

律「ムギの趣味が読書になったりさわちゃんが某サークルを立ち上げたり…」
澪「まあ、私たちに被害が及ばなくなってよかったんじゃないか?」
紬「そうだ!先生!澪ちゃんたちがどろどろの泥沼関係になる話なんてどうですか!?」
さ「いいわねー!」

律「…そうでもなさそうだな」
唯「ねーねーそのお話私が主人公だよねー?」

おわり