※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

135 :夏のあずにゃんとか 1 ◆a4EuUfghw6 :2009/07/14(火) 04:03:19.40 ID:iisblnGi0
 夏真っ盛りです。
 街を歩いていると、私、梓もたまらない暑さにへこたれそうになります。街の人も、打ち水をしたり日傘を差して
どうにか快適にしようと工夫していますが、皆汗だくです。
 私も、ただでさえ暑いのに、背中のギターケースが熱を吸ってしまって、もう頭の中がぐちゃぐちゃです。
 それでも、ここに来て引き返すなんて事はできません。もうすぐ、唯先輩のお家なのですから。

「あずにゃぁぁぁん」
 先輩の情けない電話が掛かってきたのは、今朝の事でした。
「唯先輩、どうしたんですか?」
「なぁ~んにもね、やる気がでないのぉ~」
 電話越しに、フローリングを転がる音が聞こえます。合宿前に先輩のお家にお邪魔した時のあの姿を思い出して、
聞こえないようにため息をこぼしました。
「もうちょっとしゃきっとしましょうよ」
「そうは言ってもねぇ~」
 声が転がる音と連動して、ますます情けなく震えます。今度は隠さずに息を吐きました。
「もう……何かないんですか? 宿題するとか――」
「あ、あずにゃんはこんなに暑いのに、宿題をしろと言うのかぁ~! 酷いよあずにゃんー!」
「ち、違いますよ! 例えで言っただけで……そ、そうだ練習! 練習しましょう!」
 慌てて私が言うと、不意に電話の先でなっていた、ゴロゴロという音が消えました。
「――れんしゅう」
 思わず、私は力いっぱいに言いました。
「そうです、練習ですよ!」
 練習、という単語に先輩が反応してくれた事が嬉しかったのです。電話先でしばらく「うーん」と先輩はうなってから、
今日一番の明るい声で言いました。
「それじゃあ、あずにゃんも一緒にやろう!」
「えっ……!?」

 私が驚いている間に、憂がスイカを切って待ってるよ、と言い、唯先輩も「あずにゃんがこないならまたゴロゴロするよ~」
なんて事を言い出して――。
 こうして、私は暑い中、ギターケースを背負って唯先輩のお家に向かうことになったのでした。

832 :夏のあずにゃんとか 2 ◆a4EuUfghw6 :2009/07/15(水) 04:28:37.48 ID:B7KUwTzX0
「いらっしゃい!」
 ようやくたどり着いた平沢家のインターホンを鳴らすと、すぐに憂がドアを開けてくれました。家の中からふわっとしたにおいが
溢れてきます。蕩けそうなくらいだった外の空気と違って、ふわふわした、平沢家独特の、不思議と暖かい空気です。
「もうとけちゃいそうだったよー」
「そうかもね、お姉ちゃんったら、扇風機占領してるのにトロトロだから」
(ああ……やっぱり)
 そう思わず声に出しそうになったのをこらえて、憂に笑顔で相槌を打ちました。

「あずにゃぁぁん」
「うわぁっ!」
 リビングについて早々、唯先輩が私に抱きついてきました。
「あずにゃん、よくきたねー」
「ほっぺをくっつけてすりすりするのはやめてください! 暑苦しいです……ってあれ、暑くない」
 唯先輩のいきなりのスキンシップには驚いたのですが、先輩の体が随分冷たくて、二度ビックリして
しまいました。
「先輩、ずっと扇風機に当たってたんじゃないですか? 体冷いですよ?」
「え? そう言われると、あずにゃん温かくて気持ちいいかも……」
 そう言って、先輩は益々体を寄せてきます。
「ずーっと当たってるのは、健康に悪いですよ」
「だってー暑いんだものー……ぎゅー」
「ひゃあ!」
「うあー、あずにゃーん。もう今日ずっとこのままでいいよー」
「えっ、先輩、えっ!?」
 思わぬ言葉に、私の色々な部分が急にドキドキしだしました。そんな、でも、私も唯先輩とベタベタするのは別に嫌じゃ――
って、そうじゃなくて!
「れ、練習に来たんですよ! 練習しましょう、練習!」
「あ、そだったねー」
 ちょっと上ずった声で先輩をなんとか引き剥がし、私は慌てて自分の準備を始めました。
 ――準備中もずっと落ち着かなくて、唯先輩がギターを取りに行っている間に、何度も小さく深呼吸をしたのは
ここだけの秘密です。