※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

60 :みみかき ◆H3B0wWBnHk :2009/07/14(火) 01:59:50.53 ID:u/ZfaRJ/0
ある日の休日
「のどかちゃーん、ちょっと耳かきして~」
「どうしたのよ急に。耳が遠くなったのかしら?」
「うーん。それもあるかもしれないけど、久しぶりにのどかちゃんに耳かきしてほしいんだぁ~」
「はぁ……。いいわよ、こっちにきて横になりなさい」
「わぁ~い」
そして何故か私の膝の上に頭を置く唯。
「……何してるの?」
「のどかちゃんのお膝やわらか~い」
「……はぁ。耳を上に向けて」
「はーい」
そう言って膝の上でごろんと転がる。唯の髪の毛が少しくすぐったい。
「これでいーい?」
「――おっけー始めるわよ」
「どんとこいです!」
ふわふわとした髪の毛を掻き分けると小さな耳穴を発見。右手には耳かき棒を持って準備万端。
「それじゃ、いくわよ」
「うん――ひゃあっ」
外耳を優しく擦ると、妙に色っぽい声を出して身を硬くする唯。
「こら、変な声出さないの」
「だ、だって――ふぁん!」
優しく愛撫を続けていると、硬くなった身体は次第に緩くなってきて、ついに涎を垂らすようになってきたって――
「唯、涎垂らさないでよ。汚いでしょ」
「ふぇ~? ご、ごめんね~。だって、気持ちいいからしょうがないもん~」
「だからってそれは無いわよ――はい、おしまい」
 終了の合図をしたにもかかわらず、唯は頭を上げない。
「唯? どうしたの?」
「zzz」
「寝ちゃってたのね……はぁ」
 ――そして今日も一日が過ぎて行く。

128 :みみかき ◆Z/Yf8N8jXI :2009/07/14(火) 03:46:05.05 ID:u/ZfaRJ/0
ある日の平沢家
「憂ぃ~ちょっときて~」
掃除をしていると、お姉ちゃんから呼び出された。
「お姉ちゃんどうしたの?」
「あ、憂ぃ~。ちょっと耳かきしてくれないかなー」
「耳かき? うん、いいよ」
「やったぁ!」
喜んでるお姉ちゃんを見るのは嬉しいなぁ。棒を探さなきゃ。
「はい、憂。耳かき棒だよ」
探そうと思ってたらお姉ちゃんが持っててびっくり。そんなにしてもらいたかったのかな……。
「ありがとうお姉ちゃん。それじゃ、膝の上に頭を置いて?」
「うん」

134 :みみかき ◆Z/Yf8N8jXI :2009/07/14(火) 04:01:19.48 ID:u/ZfaRJ/0
お姉ちゃんの頭の重さが膝の上に感じられる。ふんわりとした髪の毛がちょっぴりくすぐったい。
「それじゃ、始めるよ?」
「うぃ~」
お姉ちゃんはすっかり弛緩しきって私に身体を預けている。きっと信頼してくれてるんだろうな、嬉しい。
その信頼に応えるために、優しく外耳を愛撫する。
「ふふっ。憂ぃ~くすぐったいよぉ」
「我慢我慢っ」
優しい愛撫から次第に激しくしていくと、お姉ちゃんは身体をびくびくと痙攣させた。
「はい、お姉ちゃん終わったよー」
「…………」
終了を告げても、なぜかお姉ちゃんは動かない。
「お姉ちゃん?」
やっぱりやり過ぎたのかなぁ……。気絶してたりしたらどうしよう。
おそるおそる顔を覗き込む――。
「zzz」
「な……なんだ。寝てただけか……」
ほっ、と一息吐く。
「ふふ、やっぱりお姉ちゃんは可愛いなぁ」



Fin