※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

60:みみかき ◆H3B0wWBnHk :2009/07/14(火) 01:59:50.53 ID:u/ZfaRJ/0
 ある日の休日
「のどかちゃーん、ちょっと耳かきして~」
「どうしたのよ急に。耳が遠くなったのかしら?」
「うーん。それもあるかもしれないけど、久しぶりにのどかちゃんに耳かきしてほしいんだぁ~」
「はぁ……。いいわよ、こっちにきて横になりなさい」
「わぁ~い」
 そして何故か私の膝の上に頭を置く唯。
「……何してるの?」
「のどかちゃんのお膝やわらか~い」
「……はぁ。耳を上に向けて」
「はーい」
 そう言って膝の上でごろんと転がる。唯の髪の毛が少しくすぐったい。
「これでいーい?」
「――おっけー始めるわよ」
「どんとこいです!」
 ふわふわとした髪の毛を掻き分けると小さな耳穴を発見。右手には耳かき棒を持って準備万端。
「それじゃ、いくわよ」
「うん――ひゃあっ」
 外耳を優しく擦ると、妙に色っぽい声を出して身を硬くする唯。
「こら、変な声出さないの」
「だ、だって――ふぁん!」
 優しく愛撫を続けていると、硬くなった身体は次第に緩くなってきて、ついに涎を垂らすようになってきたって――
「唯、涎垂らさないでよ。汚いでしょ」
「ふぇ~? ご、ごめんね~。だって、気持ちいいからしょうがないもん~」
「だからってそれは無いわよ――はい、おしまい」
 終了の合図をしたにもかかわらず、唯は頭を上げない。
「唯? どうしたの?」
「zzz」
「寝ちゃってたのね……はぁ」
 ――そして今日も一日が過ぎて行く。



Fin

128::みみかき ◆Z/Yf8N8jXI :2009/07/14(火) 03:46:05.05 ID:u/ZfaRJ/0
 ある日の平沢家
「憂ぃ~ちょっときて~」
 掃除をしていると、お姉ちゃんから呼び出された。
「お姉ちゃんどうしたの?」
「あ、憂ぃ~。ちょっと耳かきしてくれないかなー」
「耳かき? うん、いいよ」
「やったぁ!」
 喜んでるお姉ちゃんを見るのは嬉しいなぁ。棒を探さなきゃ。
「はい、憂。耳かき棒だよ」
 探そうと思ってたらお姉ちゃんが持っててびっくり。そんなにしてもらいたかったのかな……。
「ありがとうお姉ちゃん。それじゃ、膝の上に頭を置いて?」
「うん」
 お姉ちゃんの頭の重さが膝の上に感じられる。ふんわりとした髪の毛がちょっぴりくすぐったい。
「それじゃ、始めるよ?」
「うぃ~」
 お姉ちゃんはすっかり弛緩しきって私に身体を預けている。きっと信頼してくれてるんだろうな、嬉しい。
 その信頼に応えるために、優しく外耳を愛撫する。
「ふふっ。憂ぃ~くすぐったいよぉ」
「我慢我慢っ」
 優しい愛撫から次第に激しくしていくと、お姉ちゃんは身体をびくびくと痙攣させた。
「はい、お姉ちゃん終わったよー」
「…………」
 終了を告げても、なぜかお姉ちゃんは動かない。
「お姉ちゃん?」
 やっぱりやり過ぎたのかなぁ……。気絶してたりしたらどうしよう。
 おそるおそる顔を覗き込む――。
「zzz」
「な……なんだ。寝てただけか……」
 ほっ、と一息吐く。
「ふふ、やっぱりお姉ちゃんは可愛いなぁ」



Fin

332 :みみかき ◆/BV3adiQ.o :2009/07/14(火) 15:11:21.44 ID:u/ZfaRJ/0
 ある日の中野家
「あずにゃ~ん、耳かきして~」
「はい? どうしたんですかいきなり」
 いつものごとく膝の上に寝かせた唯先輩の頭を撫でていると、急に耳かきを要求されてさすがに困惑する。
「いやぁ~、なんだかいまとっても耳かきしてほしい気分なんだよ~」
「何ですかそれ」
 先輩らしいけど……。
「……はぁ、まあ良いです。してあげますよ」
「ほんとぉ!?」
 はぁ。この顔が卑怯なんだよな……。何でもしてあげようと思っちゃうんだもの。
「――はい、準備はいいですか?」
「おっけーです!」
「それじゃ、始めますよ」
 ふわふわの髪の毛をかき分けて小さな耳穴を露出させる。
 右手に耳かき棒を持って、恐る恐る先輩の耳穴に侵入する。
「……ん」
 すると、先輩の体がぴくりと硬直してしまった。
「せ、先輩?」
「ん、いいから続けて~」
 ……大丈夫かな。
 そう心配しながらも手を動かし続けると、次第に先輩の身体が弛緩してきた。
 口からもふにゃぁとかふにぃとか緩みきったときにしか出ないような声を出すようになってきた。
 ちょっと嬉しい。
「先輩? 気持ちいいですか?」
「うんー。あずにゃんは上手だね~」
 ……褒められて悪い気はしない。
「――はい、終わりましたよ」
「…………」
 返事が無い。
「先輩? どうしたんですか?」
「……………………」
 さすがに心配になったので覗き込んでみる。
 すると――
「zzz」
 ――ぐっすりすやすやと寝息を立てていた。
「……な、何だ……。心配して損した……」
 まったく、自分ひとりだけ夢の世界に旅立つなんて、恋人失格ですよ。
「んぅ……あずにゃん……」
「……」




 ――まぁ、可愛いから許しちゃおう。



Fin