※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

847:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 14:50:19.37 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA

澪「パワプロやるかな…そういえばOPアニメーションって京アニが作ってるんだっけ」


852:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 15:03:09.66 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
♪♪♪♪その頃♪♪♪♪
紬「ふぅ…三回終了で1-4…内川が機能してくれないわ…」

紬「まぁ勝ってるからいいんだけど…タイペイってちょっと強いわね…」

853:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 15:11:29.59 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「五回ウラ…二番の川崎ゲッツー…」

紬「さっきの守備もエラーしたし使えないわね…」
カキーン!
紬「!!?む、麦茶さんが三塁打…!?あ、ありえない…!」

854:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 15:13:19.63 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「せっかくのチャンスを村田さんが潰した…点差つけて欲しかったのに…!」ギリッ

村田「め、面目ない」アセアセ

856:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 15:20:26.23 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「Oh…また麦茶さんがチャンス作って村田さんがそれを破壊する展開に…」

紬「…麦茶さんを二番打者にした方が良さそうね…」

858:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 15:29:43.49 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「あぁよかった、勝てたぁ…」

紬「ちょっと打順考え直さなきゃよね…次の予選は韓国だし…」

紬「ちなみに現在の戦績http://imepita.jp/20090719/557510

860:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 15:38:28.15 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
-そして、迎える韓国戦-
紬「さて、今日も勝つわよ!」

紬「とりあえず勝てたら、おいしいお茶を淹れてあげるわ♪」ニコッ

ダルビッシュ「ふふ、ばっちり押さえますから任せてくださいよ!」

村田「今日は頑張らないと…」

麦茶「ムギちゃんの淹れるお茶…ムギちゃんの淹れるお茶…」ブツブツ

862:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 15:45:27.75 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「三回終了…どっちも点が取れないわ…」

紬「カーブにきりきり舞いにされてるわね…」

864:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 15:53:33.84 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
五回ウラ 継続中
紬「田中賢さんと赤星さんのおかげで二点取ったわ!」

紬「ピッチャーも交代させたし気分がいいわね!川崎さん頑張って!」

866:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 15:55:39.62 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「Oh…一発で沈められた…」

紬「川崎さんはスタメンからはずそうかしら…」

868:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 16:00:13.95 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
-六回ウラ-
カッキィーーン!!
紬「きゃーーー!村田さんがホームランよ!」

紬「そういえば前の試合のときも打ってたから…えーと」

紬「四割二分九厘二本塁打三打点…あ、打率なら金本さんが一番ね。七割は凄いわ…」

870:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 16:08:53.56 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「おお、ランナー二人返した…ムネちゃんやる~」

紬「続く内川さんもナイスヒットでまた一点!これで0-7…勝ったわね…!」

紬「…あ、金本さんがゲッツーで終わった…さぁ八回八回」

872:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 16:17:30.46 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
ダルビッシュ「お前が弱いんじゃない…俺が強すぎるんだ!」ビシュッ バシィ!
ゲームセーット!
紬「わぁ、完封勝利だ!一番頑張ったダルビッシュさんにはクッキーあげますね♪」

麦茶「ムギちゃん!お茶お茶!」

紬「うーん、トライアルを達成できなかった麦茶さんは通常の半分ね」※ちなみに、ランナーなしで三安打の約束をしてました

麦茶「なんですって…!?オニ!アクマ!」

紬「…さて、これで予選突破か…次からが本番ね」ゴクリ

873:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 16:24:31.10 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「…ということで、来週から決戦の地ハワイへ行くことになりました♪」

律「ええっ!?凄いなムギ!」

唯「いいな~うらやましい…ムギちゃん、帰ってきたら真っ先にここに来てね?」

梓「皆さん、紬先輩がいなくて寂しがってますから…」

澪「特にさわ子先生はもの凄く苛立ってたよな…」

唯「うん、ムギちゃんの淹れるお茶はおいしいからね…早く帰ってきてね?」

律「コラコラ、負けろって言ってるようなもんだぞそれ…ムギ、絶対金メダル取って帰って来いよ!」

澪「私も期待してるよ!」

紬「みんな…うん、来週は頑張ってくるね!」

875:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 16:32:42.38 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「トーナメント表が来たわ」


紬「いきなりアメリカ戦か…勝てるかしら…」

紬「…弱気になっちゃダメよね…よし、頑張ろう!日本に帰ったらみんなに金メダル見せてあげたいもの!」グッ

878:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 16:47:29.12 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
四回終了
紬「よし…!中島さんのホームランでついに二点目…!」

紬「一回のときに赤星さんのタッチアップで一点取ったけど心配だったからよかったわ♪」

紬「六回になったらダルビッシュさんを交代しようかしら…でも無失点だし、うーん」

879:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 16:59:33.80 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「交代させないまま九回がきました」

紬「スタミナ高いと交代のタイミングつかみにくいわ…でもさすがダルビッシュさん、これはまた完封かしら?」

881:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 17:05:51.01 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
ダルビッシュ「やべぇ…自分の才能が怖くなるぜ…(ビシュッ キーン)なん…だと…!?」

紬「危ない!…あら?ショートライナーでゲッツーだった…びっくりしたわ…」
ゲームセーット!
紬「また完封で5-0…さすがダルビッシュさん…」

麦茶「赤星も凄かったな…一本フライ打った以外は全部三塁打だぜ…」

赤星「俺より早い奴いるの?どうなの?」

紬「よーし、明日も頑張りましょう!」

883:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 17:19:13.04 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「えーと…今日は、南アフリカ戦か」

麦茶「黒人って身体能力めっちゃ高いんだよな…確か…」

紬「きっと何とかなるわよ!」

麦茶「でも、中国相手に10-5だぞ」

紬「大丈夫、ウチは予選じゃ中国相手に4-10で勝ってるから!」フンッ

麦茶「予選と本戦じゃ勝手が…まぁいいや、今日も勝ちにいきますか!」

紬「よーっし!みんな頑張ってねー!」

885:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 17:27:46.28 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
麦茶「お…おいどう言うことだ、黒人が一人もいないぞ!」

麦茶「…そんなこと言いながら打ってたらピッチャーフライ…くそったれっ…」

紬「内川さんの三塁打から村田さんの得点先取でまず一点取ったわ!」

中島「うわ…続くことができなかった…」

紬「いいのよ、じっくり行きましょう!それでアメリカにも勝てたんだし!」

887:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 17:34:28.75 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
二回ウラ
カキーン アウトーチェンジ
麦茶「(´・ω・`)」

田中賢「せっかく二塁三塁だったのにな…」ヒソヒソ

矢野「俺なんかランナー返したんだぞ…マジふざけんなっての」ヒソヒソ

紬「ま、まぁまぁ!次があるわよ!」

麦茶「やめてください、虚しくなります(´;ω;`)」

889:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 17:42:50.30 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
四回ウラ
ブンスカッ バッターアウッ チェーンジ
麦茶「……………。」

田中賢「おいおい、二塁まで走ったってのに…きっちり打ってくれよおい」

麦茶「ウッ……(´;ω;`)」

紬「こ…今回は調子が悪いだけよ、次頑張って!」

麦茶「うん、僕頑張るよ!」ケロッ

田中賢「立ち直り早っ!」

890:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 17:53:24.81 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
六回ウラ
カーン バシッ アウトーチェンジ
赤星「中島さん…せっかく満塁やったのに…」

村田「どういうことだよナカジ」

麦茶「まったくだよ…満塁だったのに…」

村田「待て、二回もチャンスを棒に振ったお前が言うな」

赤星「お前…最低やな!」

中島「まったくだよ!大量に点取れるのに!」

麦茶「あれ?何で俺叩かれてんの?えっ???」
892:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 18:01:33.50 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
八回オモテ
田中「はぁ、はぁ…うっ」ビシュ カキーン!

紬「まずい…一気に三点持って行かれた!すいません審判さん!ピッチャー交代です!」
ヌゥ
和田「俺の出番か…」

紬「はい、よろしくお願いしますね?」

895:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 18:09:22.51 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
紬「やったぁ!10-4で勝利!ついに決勝戦よ!」

麦茶「あぶねえ…ギリギリで点差つけられてよかったな…」

紬「決勝戦はどこと当たるかしら…楽しみだわーッ!」

897:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 18:17:35.06 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
♪♪♪♪ホテル♪♪♪♪
紬「ふぅ…ついにここまで来ちゃった…」

紬「まさか日本代表の監督になって、しかも決勝戦なんて思いもしなかった…」
ピリリリ
紬「ん、唯ちゃんからメール…」ピッピッ

ムギちゃん、明日は決勝戦だね!
ムギちゃんなら、優勝できると信じています。
みんなで応援してるよ!帰ってきたらお茶淹れてあげるね!

紬「まぁ、唯ちゃん…」グスッ
ピリリリ
紬「あ、今度は澪ちゃん…」ピッピッ

ムギ、決戦進出おめでとう。
早く優勝して、帰ってきたら話聞かせてくれよ!
がんばれ!

紬「うん、しっかり頑張るわ!」
ピリリリ
紬「あら、今度は梓ちゃん」ピッピッ

898:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 18:25:40.98 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
まさか、紬先輩がここまでこれるとは思いませんでした!
明日はみんなで応援します!頑張ってください!
帰ってきたら、向こうでのお話いろいろ聞かせてくださいね?

紬「もちろん!精一杯頑張るつもりよ!」
ピリリリ
紬「あら、りっちゃんだ」ピッピッ

紬…これが私たちからのエールだ!

紬「ん、MP3ファイルが…どれどれ」ピッピッ

澪『♪ふでペン~FUFU~』

紬「…これは…!」
ジャーンッ♪
律『ムギ!明日の試合、絶対勝てよ!約束だからな!』キィーン
紬「ひゃっ…!……ふふ…絶対勝ってくるね、みんな…!」


903:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 18:36:48.63 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
唯「よくじつ!」

ピンポーン
律「唯ー来たぞー!」

唯「やーみんないらっしゃい!」

憂「律さん澪さん、梓ちゃんいらっしゃい♪」

澪「ふぅ、ついに決勝戦か…き、緊張してくるなぁ」ガチガチ

唯「わ、私もだよぉ」ガチガチ

律「えーと、ドミニカ共和国とやるんだっけ…唯!リモコン!」

唯「はいっりっちゃん隊長!…ポチッとな!」ピッ

梓「あ、ちょうど始まってますね!…あっムギ先輩いた!」

唯「ホントだ!わーいムギちゃん見てるー!?」

紬『……!』グッ!

律「ムギ…へへっ!」グッ!

905:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 18:43:58.21 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
一回ウラ
唯「わっわっ、ツーアウト三塁だよ!」
カキッ ボテボテ…ビュッ アウトー
律「うわっ村田おしい!」

澪「が、がんばれー!がんばれー!」

梓「澪先輩、岩隈選手ならきっと大丈夫ですよ!」

憂「みんなーご飯できたよー!」

律「うわっありがとう憂ちゃん!ほら運ぶから座って座って!」

憂「あ、はい…お願いしますね!」
908:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 18:52:10.95 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
三回終了
律「うわ、やっばい…一点取られたぞ…!」

澪「見てるだけしかできないのがもどかしい…!」ウズウズ

梓「つ、紬先輩が優勝できるのを信じましょうよ!」

唯「そうだよ澪ちゃん!私たちは応援しかできないんだから、そっちで頑張ろう?」

澪「唯…ああ、そうだな!」

909:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 18:56:45.85 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
五回オモテ
カキィィーン!!ワァアアー!!ホームラーン!
澪「!!!」ブクブク

唯「わぁっ澪ちゃんが食べ物を詰まらせた!?おっお水お水!」

律「うわああしっかりしろ澪ぉぉー!」バタバタ


911:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 19:01:51.09 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
五回ウラ
カキィィーン!!ドワアアアアーッ!ホームラーン!
律「うおおおやったぁ!ナイス田中!」

澪「ガフッ…ゴホッゴホッ」

唯「やった!澪ちゃんが息を吹き返したよ!」

憂「ホームラン記念のお赤飯炊いたよー!」

梓「憂……」

916:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 19:08:06.20 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
七回オモテ
律「うわ…今麦茶って選手がフライ落としたぞ…」

唯「さっきもチャンスだったのに村田さん打てなかったね…」

梓「お通夜みたいな空気出すのやめてくださいよ…」

憂「うんうん、野球は九回ツーアウトからだよ!」

澪「ダメだ憂ちゃん、それは何か怖い」

920:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 19:16:13.59 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
八回ウラ
唯「わーっわーっ!りっちゃんついに同点だよ!麦茶んやっるぅ!」

律「よかった…これで安心して死ねる…」ガクッ

澪「うわーっ律死ぬな!まだ終わってないぞ!」

憂「内川さん…頑張って!」

梓「打った!…けど、また村田さんがチャンスを…」

澪「村田ぁ…村田ぁ…」

922:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 19:23:33.62 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
十一回ウラ
澪「やった!さすが内川期待を裏切らない!」

律「でも…村田だぜ…?」

唯「あー!敬遠だ!」

律「なん…だと…でも安心するのはなぜだろう…」

923:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 19:26:16.30 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
十一回終了
律「…金本…打てば勝ったのに…」

憂「ま、まだ十二回が…」

澪「長い試合だな…いつまでハラハラさせるんだ…!」

924:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 19:30:21.48 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
律「引き分けちゃった…」

憂「このごちそう、どうしましょう…」

澪「仕方ない、食べるか…再試合は明日か、また集まろうな!」

唯「うん!明日は勝てたらいいね!」

925:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 19:32:34.68 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
唯「よくじつ!」

律「おっす…お、やってるやってる」

澪「四番は村田から小笠原に変えたのか…さて、どうなるか…」

926:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 19:37:52.60 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
二回ウラ
律「やった、小笠原がホームラン打った!村田なんかいらんかったんや!」

梓「律先輩、口調がおかしくなってます!」

唯「頑張れー日本!」

927:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 19:48:24.75 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
五回ウラ
律「2-1…赤星デッドボール…」

梓「チャンスになったからいいじゃないですか!ここで逆転してほしいです…」

唯「ああ…打ち取られちゃった…」

931:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 19:55:43.47 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
七回終了
唯「おおっ同点!」

梓「でも、追い越せませんでしたね…」

澪「昨日の悪夢が…」ガチガチ

律「いーや今日は勝てる!絶対勝てる!」

憂「みんなーご飯できたよー!」

律「…憂ちゃん…いつも悪いな…」


934:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 20:02:24.05 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
八回終了
梓「やった!川崎さんが二点取りました!」

唯「やったぁ!憂、ビール!」

澪「私たちは未成年だっ!」ペチン

唯「あたっ」

律「ええーいいじゃんおめでたいんだから…(ガツン)痛いっ」

律「うぅ…この扱いの違いはいったい…」シクシク


憂「後は岩隈さんが抑えたら勝ちですね…!」

936:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 20:08:12.10 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
律「ああ、岩隈!…お?ムギが…」

澪「岩瀬さんが出たぞ!これで勝つる!」

唯「ああっ打たれ…おお!ゲッツーだ!」

梓「………ってことは…」

憂「みなさーん!優勝祝いのお赤飯ですよー!」

律「ヒャッホー!やったぞ金メダルだ!」

唯「ムギちゃんはやく帰ってこないかな!金メダル見たい!」

澪「さすがに持ち込むのは無理だと思うぞ…」

937:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/19(日) 20:14:29.58 ID:1zRsZ7FsO (76) ID AA
三日後、ムギちゃんは日本に帰ってきました。
パレードでのムギちゃんは、泣いてるのか笑ってるのかよくわからない顔をしていました。
その後もムギちゃんはプロ野球の人たちとお話したりしているそうです。


おしまい