※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:31:56.21 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
寒い冬の日だった。

深い眠りについている唯に憂が話しかける。

憂「お姉ちゃん…」

唯「………」

憂「ごめんね……」

唯「………」

憂「辛かったでしょ?…でももう苦しまなくていいよ?」

唯「………」

憂「お姉ちゃん…ありがとう……また会おうね」

唯「………」


憂「あっ」


憂は唯が笑ったように見えた。
憂も微笑み、別れを告げた。


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:32:42.23 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
話は唯がまだ元気だった時に遡る


ある夏の日
うるさいセミの鳴き声が響き渡る中、軽音部は夏合宿をしていた。


律「右!もうちょっと右!」

唯「ん~…(スイカ…スイカ…)」


紬「唯ちゃん!そこよ!」

唯「えいっ!」

ペシッ

見事に唯はスイカまでたどり着いたが、力がなくて割ることが出来なかった。


律「あー!おしい!」

唯「スイカ…スイカ…」


バンドの練習そっちのけで海辺で遊んでいた。



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:33:25.41 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
紬「皆さん!スイカ切り分けましたよ」

唯「むぎちゃん!ありがと~」

律「やっぱ夏と言えば海とスイカだよな~」

唯「だよね~」

澪「おい!みんな!?合宿しにここまで来たんだぞっ!」

律「もう澪はマジメだな~!澪も本当はスイカ食べたいんだろ?」

澪「あ………うん」コクッ

律「はい、あー…ん」

澪「あ~…ん」

律「やっぱあげない!」パクッ

澪「あ!いたずらはやめろよ!バカりつ!」

律「顔真っ赤にしちゃって。そんなに食べたかったのかよ~?」

唯&紬「あははははっ」


澪「もぉ~っ!」

154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:35:51.95 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA

澪「パクパク…」

律「なんだかんだ言ってスイカ食べてるじゃん」

澪「こ、これ食べ終わったら練習にするからなっ!」

唯「むぎちゃんスイカ~」

紬「もう半玉も食べてるよ?」


4人は海へと沈む夕日を見ながらスイカを食べた。


セミの鳴き声、入道雲、潮の匂い、全てが夏の思い出に刻まれた。


澪「じゃあスタジオに戻るぞ!」


唯&律&紬「おぉーっ!」


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:37:52.51 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
スタジオ
律「はぁ~スタジオは涼しいなぁ」

唯「だね~じゃあそろそろ寝……」

澪「こらーっ!何のために合宿に来たのか忘れたのか!」

唯「はっ!そうだった!」


唯は夏休み明けライブがあるのを忘れていた。

唯「練習しなきゃね!」

律「よーしっ!まずは最初の曲行くぞー!」

「1、2、3、4っ!」のかけ声で全員は練習を始めた。

160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:39:59.47 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA

ジャジャ♪ジャジャーン♪

澪「今日はみんな調子いいな!次の曲も……」

ぐぅ~~…

唯「ごめん…おなか空いた…」グッタリ

律「しょうがないな…今日の練習はこれで終わりにしてご飯にしようぜ!」

紬「今夜は私の知り合いのコックに来てもらったの♪」


唯「やった~!」シャキーーン

澪「まだまだ元気じゃないかっ」

唯「『腹は減ってはギターは弾けぬ』だよ」キリッ



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:42:29.42 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA

4人「ごちそうさまでしたー」


4人は美味しい料理を食べた後、お風呂に入り寝室に集まった。


律「唯っ!明日は早起きして海行こうな!」

唯「うんっ!」

澪「練習しなさい!」

紬「ちょっとくらい良いじゃないですか?せっかくの夏休みなんですし……」

澪「…そうだな」


律「じゃあ明日は8時からねっ!」

唯「おやすみ~」

澪&律&紬「おやすみ~」

168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:43:39.30 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
次の日の朝

唯「わぁ…こんな早い時間も人がいるんだ~」

澪「何して遊ぶんだ?」

紬「うーん、もうスイカは無くなっちゃいましたからね…」

律「みんなみんなー!新しい声真似聞いて!」

律「…ごっつぁんでごわすっ!」

唯&紬「栃東だぁー!」

澪「あははははっ」

律「どうだー!凄い似てるだろっ」


こんなどうでもいいことが楽しく思った。

こんなどうでもいいことがずっと続いて欲しいと思った。



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:44:49.50 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
律「みんなー!ビーチボール借りてきたよ!」

唯「ありがとーりっちゃん!」

澪「いくよー!」ポンッ

紬「えいっ!」ポンッ

律「スマーシュッ!!」バシッ

唯「あうっ!」ビシッ

律の強い打球が唯に当たりボールが遠くにいってしまった。

澪「おい律、あんまり強く打つなよ!」

律「唯~ごめんね!」

唯「えへへ~ボール取ってくるね!」タタタッ…


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:46:15.86 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA

ボールは波打ち際まで飛ばされていた。

唯「りっちゃんのスマッシュ強いな~っ」

唯「あ」


ボールを取りに行った唯は波に飲み込まれてしまった。

離岸流という強い流れに飲み込まれたのだ。


澪「唯…遅いなぁ…」

紬「そうですね…」

律「心配しすぎだって!私のスマッシュが強くて遠くに行っちゃったんだよ!」


唯はまだ戻ってこない。

173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:47:14.73 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
あまりにも唯が戻ってくるのが遅いので、さすがの律も心配し始めた。


律「何かあったのかな……ちょっとライフセイバーの人に聞いてくる!」タタッ


3人は先ほどまでは暑さで汗をかいていたが、今は冷や汗に変わっていた。


ライフセイバーは律に言われ、唯の捜索を始めた。


しばらく捜索し、海岸で倒れている姿が発見された。



唯は息をしていなかった。

176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:48:48.47 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA


唯「………」

律「おいっ!唯!目を覚ませよ!」

紬「唯ちゃん!」

澪「唯……唯……」


全員が心肺蘇生を受けている唯に声をかけた。


3人の声に反応したのか、唯は息を吹き返した。


その後救急車で運ばれた。



楽しいハズの海には救急車のサイレンだけが響いていた。



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:50:28.16 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
病院
憂「お姉ちゃん!」

憂は律たちの連絡を受け、すぐに駆けつけた。

唯はまだ眠っている。

医者「この中で平沢唯さんのご家族をいらっしゃいますか?」


憂「唯の妹です…」

医者「平沢唯さんの体の事ですが……」

憂「…………」


医者「…このまま目を覚まさないでしょう……つまり植物状態に……」


病院にいる憂、律、紬、澪は何も言葉出なかった。

医者「溺れた時に……無呼吸状態が続いて……」


憂たちは医者の言葉なんか聞こえていなかった。
179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:52:40.41 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
数日後

ピッピッピッピッ


唯は体中に管を繋がれて生きていた。

『ピッピッピッ』
この音が今の唯の生きている音となっている。

憂「お姉ちゃん…目を覚まして…」

憂は唯が目を覚ますまで世話をすると決めた。
憂は寝ている唯に話し続けた。

憂「お姉ちゃん?今日学校のテストで100点取ったんだよっ!」

唯「…………」

憂「お姉ちゃん?退院したら何食べたい?」

唯「…………」

憂「お姉ちゃん?今から体拭くね?」

唯「…………」

唯は無言の返事をし続けた。

181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:53:39.45 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
唯が眠ってから2回季節が変わり冬の季節となった。


ピッピッピッピッ

憂「お姉ちゃん?今年はサンタさん来るかな?」

唯「………」

唯は未だに無言の返事をする。


憂「お姉ちゃん……お姉ちゃん……」


憂は唯の看病に専念するために学校を辞めていた。


憂「お姉ちゃん…目を覚ましてよ!」

泣きながら呼びかける。

憂の涙が目から唯の頬に流れ落ちた。


唯「…………」



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:54:27.29 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA

コンコン… ガチャ
医者「唯さん、憂さん、こんにちは…」

憂「こ…こんにちは…」

唯「…………」

医者「実は今日……唯さんの事について話しがあるんだ」

憂「なんですか?」

医者「臓器移植って分かるかな?…今、世界中には健康な臓器を必要とする人がたくさんいるんだ…」

憂「いやだ!お姉ちゃんの体を傷つけないで!」

医者「いいかい?憂さん……唯さんはこのまま何年いや、何十年も眠ったままなんだ……」


憂「…………」


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:55:46.87 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
医者「こんな狭い病室で人生を終えるより、誰かの役に立ったほうが……」

憂「なんでよ!その『誰か』って全然知らない人じゃない!?

唯「………」

憂「そのために何でお姉ちゃんが犠牲にならなきゃいけないの!?」

憂は泣きながら言った。
医者も声を震えさせながら説明を続ける。

医者「でも…唯さんのおかげでその人達は助かるんだよ?……それに唯さんはその人の体の中で生き続けることができる。……」

医者「この病室で過ごすより、そっちの方がいいと思うんだ」

憂「………」

医者「返事はまた後でいいから、しばらく考えていてほしい…じゃあまた後で」ガチャ

憂「…………」


憂「お姉ちゃん……」

189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 00:59:18.63 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
憂「お姉ちゃん?…お姉ちゃんはどうしたい…?」

唯「…………」

憂「私には分からない…分からないよ……」

唯「…………」


憂は泣きながら考えた。




憂は唯の痩せこけた体を見て、憂はさらに泣いた。



そして憂は決めた。

192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 01:00:22.37 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
次の日

医者「憂さん…決めてくれたかい…?」


憂「はい…決めました。」

憂「お姉ちゃんは今、こんなに管に繋がれて生きていて苦しいと思います……」

憂「だから……だから、誰かの役に立って、その人の中で生き続けることが出来れば……」


憂「お姉ちゃんも嬉しいんじゃないかと思います。」


医者「そうか……ありがとう。………憂さん?」

憂「……はい?」

医者「いいお姉ちゃんで良かったね……」


憂「はいっ!」

194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/17(金) 01:01:35.57 ID:Efy4TpBHO (36) ID AA
寒い冬の日だった。

深い眠りについている唯に憂が話しかける。

憂「お姉ちゃん…」

唯『憂……ごめんね?私、頑張ってよくなるよ!』

憂「ごめんね……」

唯『え…?』

憂「辛かったでしょ?…でももう苦しまなくていいよ?」

唯『嫌だよっ!私まだ生きたい!…元気になりたいよ!』

憂「お姉ちゃん…ありがとう……また会おうね」

唯『やめて……!!』


憂「あ…」


憂は唯が笑ったように見えた。
憂も微笑み、別れを告げた。



おしまい。