※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

268:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/17(金) 02:06:23.49 ID:kuqFpYpN0 (107) ID AA
唯「あずにゃん、さいくりんぐに行こう!」

梓「また唐突ですね……。どこに行くんですか」

唯「どこでもいいよ! あずにゃんといっしょならっ!」

梓「はあ。よくそんなことが真顔で言えますね」

唯「うん! だってあずにゃんのことがだいすきだもんっ!」

梓「……はぁ、分かりましたよ。行ってあげます」

唯「ほんと? やったぁ!」だきっ

梓「……早く行きますよ」

唯「ああん、待ってよ~」

271: ◆/BV3adiQ.o :07/17(金) 02:11:44.60 ID:kuqFpYpN0 (107) ID AA
梓「で、まずはどこに行きますか?」

唯「うーん……。やっぱりとりあえず道を走ろう!」

梓「道、ですか」

唯「うん、そう! 道を走りながら道端のたんぽぽとか見ると楽しいんだよ~」

梓「わかりました、ではそれで」

唯「うん!」

562:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/17(金) 19:35:00.80 ID:kuqFpYpN0 (107) ID AA

唯「やっぱりきもちいいねぇ~」

梓「はぁ。これが、ですか」

唯「うん? あずにゃんはきもちよくないの~?」

梓「楽しいには楽しいですが、気持ちいいという感情は生まれませんね」

唯「えー? そうかなぁ」

梓「具体的にどういうところが気持ちいいんですか?」

唯「うーんとねー。風が気持ちいいのー」

梓「風、ですか」

唯「うん、風がたんぽぽの匂いを運んでくれて何だかいい匂いがするんだよ~」

梓「匂い、ですか。はぁ、確かにそんな感じもしますね」

唯「でしょでしょ? 気持ちいいよね?」

梓「……まぁ、少しは気持ちいいかもしれませんね」

唯「それでいいんだよ~。さあ次へ行こう!」

567:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/17(金) 19:42:51.58 ID:kuqFpYpN0 (107) ID AA
梓「次はどこに行くんですか?」

唯「次は児童公園をぐるりと一周してみよう!」

梓「児童公園ですか」

唯「うんっ」

梓「かまいませんが、どうして児童公園なんですか? 普通の公園でもいいでしょう」

唯「だって、一番童心に帰れる所でしょ? 子供の時の記憶が戻ったりするかもしれないよ~?」

梓「唯先輩はずっと子供でしょう……」

唯「うん? 何て?」

梓「いえ、何でもありません。わかりました、行きましょう」

唯「やったぁ!」

569:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/17(金) 19:47:29.39 ID:kuqFpYpN0 (107) ID AA
梓「さて、着きましたが、先輩、どうですか?」

唯「うん? 何がどうなの?」

梓「童心には帰れましたか?」

唯「うん! 何だかすっごく滑り台とかブランコに乗ってみたい気分だよっ」

梓「そうですか。……時間もありますし、少しぐらい遊んでいきますか?」

唯「え、いいの?」

梓「ええ、どうせ暇ですから」

唯「ほんとのほんとに?」

梓「はい」

唯「やったぁ! ありがとうあずにゃん! だいすきっ」

梓「人前でそういうことを言わないで下さいっ!」

572:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/17(金) 19:57:07.51 ID:kuqFpYpN0 (107) ID AA
唯「まずはどれから遊ぼうかな~? わくわく」

梓「何でもいいですが早く決めてくださいね」

唯「わかったよぅ。……よし、まずは滑り台で遊ぼうっ」

梓「滑り台ですか」

唯「うん!」

梓「かまいませんが、ちゃんとスカートを押さえてて下さいよ」

唯「どうして?」

梓「そりゃ、先輩の……下着が見えちゃうからですよ」

唯「見えて困るものなの?」

梓「あ、当たり前じゃないですか! 先輩は人に見られて平気なんですか!?」

唯「うーん……? 別に、平気かなぁ」

梓「……はぁ。とにかく、スカートは絶対に押さえてて下さいよ。じゃないとこれから先輩に一生付き合いませんから」

唯「わ、わかったよぅ……。行ってくるね~」

梓「はい、行ってらっしゃい」

575:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/17(金) 20:03:45.88 ID:kuqFpYpN0 (107) ID AA

唯「わぁ~い!」

幼女「あ、お姉ちゃんずる~いっ。私の番だったのにぃ~」

唯「え~? ごめんね~。次は先に行っていいからゆるして?」

幼女「いいよ~。あ、でも、今度は私と一緒に滑ってくれたらうれしいな~」

唯「いいよいいよ~。お姉ちゃんが一緒に滑ってしんぜようっ」

幼女「あはは、お姉ちゃんおもしろ~い」

唯「えへへ~」

梓(何だろう……この気持ちは)

972:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 15:02:24.50 ID:gAby6aW60 (50) ID AA
唯&幼女「あはは~」

梓(唯先輩……あんなに楽しそうに……)

唯「あ、ずる~いっ」

幼女「お姉ちゃんが遅いからだよぉ~」

梓(唯先輩のことを何も知らないくせに……)

唯「あ、あずにゃんも遊ぼうよ~」

梓「えっ」

唯「ほらほら~」

幼女「お姉ちゃん、その人は~?」

唯「私の相棒だよ~」

梓(えっ?)

幼女「じゃ、ぱーとなーだねっ」

唯「そうだね~。ちゃんと敬いなよ~?」

梓(相棒って……)


58:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 17:12:59.83 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
唯「あはは~」

幼女「あはは~」

梓「あはは……はあ」

唯「どうしたのあずにゃん? もっと元気だそうよ~」

幼女「そうだよ梓お姉ちゃん。げんきげんきっ」

梓「あなたたちは元気すぎます」

唯「え~? そうかな~?」

幼女「かな~?」

梓「そうですよ……はぁ」

唯「う~ん……そうだ! あずにゃん、かくれんぼしようっ」

幼女「かくれんぼ~」

梓「かくれんぼ、ですか?」

唯「うん! それならきっとあずにゃんも元気出るよ!」

梓「はぁ。まあ、かまいませんが」

唯「やったぁ!」

60:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 17:17:37.86 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
唯「じゃあ最初はあずにゃんが鬼だよ~」

幼女「だよ~」

梓「はぁ……わかりましたよ」

唯「ずるしちゃだめだよ~?」

梓「しませんよ……い~ち、に~ぃ」

唯「わわわ、かくれないと~」

幼女「お姉ちゃんこっち来ないでよ~?」

唯「わかったよ~」

梓「ご~、ろ~く」

唯「わ、わ、わ」

梓「きゅ~、じゅ~」

唯「わ、わ、――あ」

梓「唯先輩みーつけた」

唯「見つかっちゃったぁ……」

梓「あなたはばかですか」

65:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 17:21:51.82 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
梓「後は幼女ちゃんだけですね」

唯「完全に包囲されている~! 武器を捨てて出て来~い!」

ぽかっ

梓「あなたは何をやっているんですか」

唯「うぅ~。あずにゃんがぶったぁ~」

梓「自業自得ですよ。ほら、探すのを手伝ってください」

唯「わかりました教授!」

梓「今度は何のキャラですか……」

69:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 17:25:24.82 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
唯「う~ん、見つからないな~」

梓「唯先輩よりはるかにかくれんぼが上手みたいですね」

唯「そ、そんなことないもんっ。私だって本気出したらあずにゃんなんかには見つからないよっ」

梓「時間切れで見つかった人が言う台詞じゃありませんね」

唯「ぶぅ~」

梓「ほら、落ち込んでないで探しますよ」

唯「は~い!」

梓「元気なのか元気じゃないのかわからない人だ……」

70:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 17:29:02.22 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
唯「見つからないよぉ~」

梓「確かに、まったく見つかる気配が無いですね……」

唯「こうさ~んっ」

梓「あ、こら、何勝手に降参してるんですか」

唯「だってぇ~見つからないんだもん~」

梓「それでも見つける努力をしないとだめじゃないですか」

唯「したよ~したもん~」

梓(だめだこりゃ)

75:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 17:32:40.11 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
唯「幼女ちゃ~ん。出てきて~」

梓「こうさんで~す」

がさがさ

幼女「えへへ~私の勝ち~っ」

唯「あ、そんなところにかくれてたんだ~」

梓(木の上に隠れるなんて……)

幼女「えへへ、すごいでしょ~」

唯「すごいすご~い」

なでなで

幼女「えへへ~」

306:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 21:26:39.28 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
幼女「もう行っちゃうの~?」

唯「ごめんね~私たち今日はい~っぱい回るところがあるんだ~」

幼女「じゃあじゃあっ! また会えるように指きりしよ~」

唯「いいよ~ゆびきりげんま~んうそついたらはりせんぼんの~ます! ゆびきったっ」

幼女「ぜったいまたきてね~!」

唯「おぉ~うっ!」

梓「では、さようなら」

唯「ばいば~い!」

幼女「ばいば~い! またきてね~!」

308:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 21:32:37.12 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
梓「で、次はどこに行きますか?」

唯「次は幼稚園に行こうっ」

梓「幼稚園ですか……」

唯「うん!」

梓「さっきから、小さな子がいるところしか行きませんね」

唯「だって、小さな子と遊ぶと楽しいんだもん~」

梓「はぁ……わかりました、行きましょう」

唯「わぁ~い!」

梓(はぁ……この笑顔には弱いなぁ)

310:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 21:39:19.72 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
唯「こんにちは~」

女「あら、唯ちゃん?」

唯「そうだよ~」

女「おっきくなったわね~」

なでなで

唯「えへへ~」

女「ほんとに、おっきくなって……あら、後ろの子は?」

唯「私の相棒だよっ」

梓(また相棒……)

女「まぁ、そうなの? 唯ちゃんにもそんな子ができたのね~」

なでなで

唯「えへへ~」

女「大変な子だけど、良い子だからこれからも仲良くしてあげてね?」

にこり

梓「あ、はい……そのつもりですが」

312:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 21:42:37.70 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
女「あら、余計なお世話だったわね~」

唯「そうだよ~? あずにゃんは私のことが大好きなんだから~」

梓「えっ?」

女「あらあら惚気話かしら? ラブラブね~」

なでなで

唯「えへへ~」

梓「ちょ、ちょっと待ってくださいよ。私が先輩のことを好きだなんてどこから」

唯「嫌いなの?」

しょぼん

梓「う……。そういうことではないですけど……」

唯「じゃあ好き?」

梓「う……。その、嫌いでは、ないです……」

唯「それじゃよくわかんないよ~。好きなのか嫌いなのかはっきりしてよぉ~」

梓「うぅ……どちらかといえば好き、です」

唯「ほんと?」
314:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 21:45:39.41 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
梓「は、はい」

唯「わぁ~い! あずにゃん大好き~!」

抱きっ

梓「ちょ、ちょっと……人前で何してるんですか」

唯「えへへ~あずにゃ~ん」

ぐりぐり

梓「あ、頭を押し付けないでくださいよ」

唯「え~? どうして~?」

梓「苦しいんですよっ」

唯「あ、そうなの?」

ぱっ

梓「あ……」

唯「ん? どうしたの?」

梓「い、いえ……」

唯「? 変なあずにゃん」

317:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 21:51:01.91 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
女「唯ちゃん、ちょっとちょっと」

唯「な~に?」

女「こちょこちょ」

唯「わかった、やってみるっ」

女「やってらっしゃ~い」

唯「あずにゃ~ん」

梓「な、なんですか」

唯「ぎゅぅっ!」

梓「わわわっ!」

抱き抱き

唯「おぉ~よしよし」

すりすり

梓「な、何をするんですか」

唯「寂しかったんだよね?」

梓「何のことですか……」


319:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 21:55:02.24 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
唯「私が急に放したからさびしかったんだよね~?」

梓「べ、別にそんなことは」

唯「ほんとう?」

梓「うぅ……」

唯「ほんとのほんと?」

梓「ううぅ……」

唯「ほんとのことを教えてほしいな……」

梓「……さびしかった、です……」

唯「やっぱりそうだったんじゃ~ん」

だきだきっ

梓「あっぷ……せんぱい、くるひいですよぉ……」

唯「気にしない気にしな~い」

梓「気にしますよ……」

唯「やっぱりあずにゃんはかわいいね~」

梓「な、何を言うんですか急に」

327:支援終わりのゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 22:00:21.81 ID:gAby6aW60 (142) ID AA

唯「う~ん? 思ったことを言っただけだよ~?」

梓「それがだめなんですよ……」

唯「え~? どうして?」

梓「どうしてもですっ」

唯「それじゃ納得できないよ~? ちゃんと説明してよ~」

梓「恥ずかしいから、です」

唯「うん? 恥ずかしい?」

梓「いきなりそんなこといわれたら恥ずかしいじゃないですか」

唯「そんなこと?」

梓「その……かわいい、とか……」
唯「いつも言ってることじゃな~い」
梓「だから、いつも恥ずかしい思いをしてるって言いたいんですよっ」
唯「あ、そうだったの?」
梓「あ」

495:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 23:53:04.05 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
唯「そうだったんだ~」

梓「ちちち違いますよ!? 今のは口が滑っただけで……あ」

唯「やっぱり~。あずにゃんかわいい~」

梓「うううぅ……」

女「あー、おほん」

梓「!?」

唯「あ、せんせいどうしたの~?」

女「そういうことは外でやってね、この子達の注目を浴びてもいいのならかまわないけど」

梓(う、……好奇の目に晒されてる……)

唯「お~かわいい~」

梓「って、そうじゃないでしょう!」

唯「え~? 何が~?」

梓「何でも関係ありません! 早く出ますよ!」

唯「あ、待ってよあずにゃ~ん」


498:支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :07/18(土) 23:57:00.36 ID:gAby6aW60 (142) ID AA
梓「さて、そろそろ日が暮れてきましたけど、次はどこに行きますか?」

唯「最後は決めてたんだ~」

梓「最後……ですか」

唯「うん! 場所は内緒だから着いてきてね~っ」

梓「わかりました」


562:支援じゃないけどゆいあずとか終 ◆/BV3adiQ.o :07/19(日) 00:48:41.36 ID:8jFYO+MH0 (104) ID AA
「着いたよ~」
「ここは……」
 唯先輩に連れてこられた先は――
「――海、ですか」
 真っ白な海だった。
「うん! 今日は開いてない日だから誰もいないし私たちの貸切だよ~」
 ぴくり。
 貸切という言葉に、何かが反応した。
「そ、それは……」
 どういう意味なのだろうか。
「あずにゃん……」
 ざっざっざ……。
 唯先輩がこっちに歩いてくる。
「今日は、私のわがままに付き合ってくれて、本当にありがとう」
 そう言って、ぺこりとお辞儀をする先輩。
「え?」
「最初は本当に着いて来てくれるなんて思わなくって、ついついはしゃいじゃった」
 ……それで、いつもよりハイテンションだったんですか。
「でも、はしゃぎすぎちゃったよね。あずにゃん何だか疲れてるもん」
「それは――」
「ごめんね」
 そう言ってまたぺこり。
 ――違う、唯先輩は何かを根本的に勘違いしている。
「先輩……」
 びくっ。
「な、何……?」
 その顔は、今から怒られるのを待っている子供のような顔で――
「先輩は、勘違いしてますよ」
 だから、精一杯安心させるように、優しく語り掛ける。
「私は、嫌々付き合っていたわけじゃありません」

564:支援じゃないけどゆいあずとか終 ◆/BV3adiQ.o :07/19(日) 00:50:00.59 ID:8jFYO+MH0 (104) ID AA
「へっ?」
 ぽかんと口を開ける唯先輩を安心させるために――
「私は、唯先輩と一緒に過ごしたかったから、今まで付き合ってきたんですよ」
 その、小さな体を、ぎゅっと抱きしめる。
「あず……にゃん?」
「――大好きですよ、先輩」
 ぴくりっ。
 そう言った瞬間、唯先輩の体が強張ったのがわかる。
「え……?」
「最初は、気の迷いかと思いました」
 そう、最初は本当に流されてるだけだとしか思えなかった。
「でも――」
 しだいに、一緒にいるだけで幸せな気持ちになって。
「いつまでも一緒にいたいと、そう思ったんです」
 そう、これが私の素直な気持ち。
 いつまでも唯先輩と一緒にいたい。片時も離れたくない。
 ――ある種の独占欲。
「先輩は、どう思いますか……?」
 先輩も同じ気持ちだったら、すごく幸せ……だけど。
「……」
 もし、応えてくれなかったら、その時は――
「あずにゃんも、忘れてるみたいだね」

566:支援じゃないけどゆいあずとか終 ◆/BV3adiQ.o :07/19(日) 00:51:00.44 ID:8jFYO+MH0 (104) ID AA
「えっ?」
「言ったでしょ? あずにゃんは私の『相棒』だって」
 ――あぁ、そういえばそうでした。
 これはまたとんでもない思い違いをしてしまってたのか。
「だから、その問いにはこう答えるよ」
 そして、唯先輩は――
「あなたと私は一心同体」
 とても嬉しい台詞を言ってくれた。
「ありがとう……ございます」
 ぐすり。
 思わず涙ぐんでしまう。
「ほらほら、あずにゃん泣かない泣かない」
 なでなで。
 頭を撫でられる。
 いつもは恥ずかしさが勝っていたけど、今はそれよりも嬉しさが勝っている。
「唯先輩――」
 だから、伝えよう。
「うん? なぁに?」
 精一杯の気持ちを込めて。
「――これからも、よろしくお願いします」



Fin