※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

894:ハートのキング ◆wYFB8z4udM :07/16(木) 21:10:20.43 ID:wkhyOVHO0 (43) ID AA
やっぱ食べ物は最終的には食わないとな

895:パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :sage:07/16(木) 21:11:21.85 ID:UAqM3VzV0 (47) ID AA
↑ぷぷぷ

896:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:11:43.34 ID:0PgUzAe+O (92) ID AA
↑ぷぷぷ

897:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:11:52.92 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
 >>894
つまりおまいさんと麦茶がぐふふ

898:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/16(木) 21:12:40.55 ID:MFgUZnOBO (53) ID AA
 >>887


899:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:12:53.00 ID:IwLQDGjuO (18) ID AA
どっちが攻めよ?

900:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:13:55.24 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
ここは年上のお兄様がリードしてやらないと、な?
 >>902

901:パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :sage:07/16(木) 21:14:27.61 ID:UAqM3VzV0 (47) ID AA
 >>899
気になるところだな

902:ハートのキング ◆wYFB8z4udM :07/16(木) 21:14:48.58 ID:wkhyOVHO0 (43) ID AA
どうしてこうなった どうしてこうなった(AAry

903:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:15:02.07 ID:0PgUzAe+O (92) ID AA
一番は麦茶×えろびじゃね?
それかムギ×えろび

904:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:15:42.70 ID:0PgUzAe+O (92) ID AA
 >>902
またまたおめでとう

905:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:16:02.20 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
 >>902
おまいさんなかなか乗り気だな

906:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/16(木) 21:16:15.94 ID:MFgUZnOBO (53) ID AA
 >>903
だめええ!ムギちゃんだけは!ムギちゃんだけは!

907:パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :sage:07/16(木) 21:16:22.08 ID:UAqM3VzV0 (47) ID AA
俺達の連携最強すぐるww

908:ハートのキング ◆wYFB8z4udM :07/16(木) 21:17:12.76 ID:wkhyOVHO0 (43) ID AA
 >>904
うおおおおおあああ!!!!

909:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:17:27.68 ID:0PgUzAe+O (92) ID AA
 >>906
いいじゃん
お前はハトキンのものだろ?

910:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:18:25.00 ID:IwLQDGjuO (18) ID AA
早くエロ入れよ

911:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/16(木) 21:19:25.35 ID:MFgUZnOBO (53) ID AA
 >>909
違うんだよ!
俺には琴吹紬というフィアンセが!!

912:ハートのキング ◆wYFB8z4udM :07/16(木) 21:20:38.56 ID:wkhyOVHO0 (43) ID AA
ガチホモの流れを断ち切れるのはえる☆びおれだけだ!

 >>911
あたしゃりっちゃんをもらっていくよ

913:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:20:44.27 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
 >>910
 >>913が書いてくれるそうです

917:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:25:00.84 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「な、なんだこいつら……頭沸いてるのか?」

鳩金「……」

麦茶「鳩金……?」

鳩金「……安価ならしょうがない」

麦茶「へ? 何言って……おい! 何やってんだよ!?」

鳩金「……安価行動」

麦茶「安価行動って……そんなの実行する必要ないだろ!?」

鳩金「……駄目だ。俺は誠実な人間なんだ。ここで嘘を吐くわけにはいかない」

麦茶「そんなところで誠実にならなくても――んぅ!?」

923:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:31:21.90 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……ふぅ」

麦茶「……は、鳩金……」ぽー

鳩金「まだまだ足りないみたいだ」

麦茶「へっ……?」

鳩金「……しゃぶれよ」

923:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:31:21.90 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……ふぅ」

麦茶「……は、鳩金……」ぽー

鳩金「まだまだ足りないみたいだ」

麦茶「へっ……?」

鳩金「……しゃぶれよ」


928:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:35:14.70 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「えっ」

鳩金「……だから、俺のナニをしゃぶれよ」

麦茶「なにそれひわい」

鳩金「……さっさとしろ」グイッ

麦茶「あっ」

鳩金「……さあ」

麦茶「う、うん……。ちゅぱ……」

鳩金「……」

麦茶「ど、どう……?」

鳩金「……ぜんぜん駄目だな」

931:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:38:51.74 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「そ、そんな……」

鳩金「何だそれは。お前は咥えるだけしかできないのか?」

麦茶「そ、そんなこと言われても……」

鳩金「全然気持ちよくないぞ。これならまだぱんつの方がマシだ」

麦茶「ぱ……ぱんつって?」

鳩金「……俺の弟だ」

麦茶「お、弟のほうが気持ちよかったってどういう――んっ」

鳩金「……さっさと続けろ」

937:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:43:18.03 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶(お、弟君なんかには負けてやらないんだから……!)

鳩金「……おっ」

麦茶「ちゅぱ……むぐ……ぺろ…………ん、どう?」

鳩金「……やればできるじゃないか」

麦茶「でしょでしょ? 弟君より上手いよね?」

鳩金「……かまわんつづけろ」

941:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:46:51.45 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶(……なんだかおっきくなってきた……)

鳩金「……」

麦茶「で、でるときは言ってね……?」

鳩金「……ああ」

麦茶「ん、ありがとう……ちゅぱ、ぺろ……」

がるーら「WAWAWA忘れ物――んあ!?」

麦茶「えっ?」

鳩金「……お?」

がるーら「――し、失礼しましたーー!!」

945:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:52:14.60 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「……ど、どうしよう……」

鳩金「……続けろ」

麦茶「で、でも……ここ教室だしまたあいつみたいなのが来るかも――むぐぅ!?」

鳩金「……それがどうした」

麦茶「……な、何でもありません」

麦茶(……どうしてだろう……。何だか鳩金に逆らえないや……)

鳩金「……そういえば、ふぇらは素人同士だと気持ちよくないのが定説だが、お前はどうしてそんなに上手いんだ?」

麦茶「えっ……?」

鳩金「……答えろ、誰とやったんだ?」

麦茶「……え、えろびでお屋さんと……やりました」

950:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:54:35.20 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……」

麦茶(ど、どうしよう……やっぱり、怒った……かな)

麦茶「あ、あの――」

鳩金「……何度やったんだ?」

麦茶「え?」

鳩金「……何度そいつとやったのかと聞いている」

955:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:59:56.32 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「こ、この前のオフで一度だけ……」

鳩金「……一度だけでそんなに上手くなるのか」

麦茶「し、しらないよぉ」

鳩金「……存外素質があるのかもしれないな」

麦茶「そ、素質?」

鳩金「……磨いてやれば売りに出せるかもしれない」

麦茶「う、売りにって……」

961:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:05:06.12 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……しかし、いくらなんでも上手すぎるな」

麦茶「へ?」

鳩金「……お前、それ以前にも経験したことがあるだろう?」

麦茶「な、無いよ……そんなの」

鳩金「……俺の前に嘘が通用すると思うなよ」

麦茶「……し、したことがある……です」

鳩金「……やはりな。で、いつ、誰とやったんだ?」

麦茶「中学校のときに、こま良をリーダーとする不良に輪されました」

鳩金「……全員の名前を言え」

麦茶「……こま良と焼却炉、そして鶏肉の三人です」

967:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:09:59.46 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……一気に3人とか……」

麦茶「ご、ごめんね……? 隠してた訳じゃないんだけど、嫌われたくなくて……」

鳩金「……気にするな。俺もそういう時期があった」

麦茶「へ、そ、そうなんですか?」

鳩金「……ああ、小学校のときに近所の高校生に輪されてな」

麦茶「く、kwsk聞いても、いいですか?」

鳩金「……名前だけだが」

麦茶「かまいません!」

鳩金「……なまこをリーダーとして下に人食、天倉澪の二人がついていた」

978:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:14:37.33 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「そ、その三人はどうなったんですか?」

鳩金「……どう、とはどういうことだ」

麦茶「小学生を犯したら立派な強姦罪じゃないですか。捕まってもおかしくないでしょう!?」

鳩金「……あぁ、現行犯逮捕されてたよ」

麦茶「そ、そうだったんですか……よかった……」

鳩金「……だが、その3人は二ヶ月ほど前に脱獄した」

麦茶「え!?」

983:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:19:08.96 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……したのだが、下っ端二人は一週間ほど前に急死していたな」

麦茶「急死!?」

鳩金「……ああ。詳しいことはググれば見つかるだろう。何せあいつらは有名だからな」

麦茶「わ、わかりました。……で、でも、リーダーのなまこって人は……?」

鳩金「……わからない」

麦茶「わ、わからないって……」

鳩金「……だが、少し前に範記二級に受かっているところを見つけたことはあるな」

麦茶「え!? そ、それでどうしたんですか!?」

鳩金「……どうしたもこうしたも、逃げたに決まっているだろう」

麦茶「逃げたんですか?」
995:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:24:14.59 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……当たり前だ、何せやつには一番やられたのだからな」

麦茶「すみません、軽率でした。……あれ、でも表に出ても大丈夫だったんですか? そのなまこって人」

鳩金「……おそらく、バックに機関のものがついているのだろう」

麦茶「機関?」

鳩金「……ああ。忌まわしき機関、カノッサだ」



998:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:25:13.93 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「――はっ!? ……なんだ夢か」

鳩金「ずいぶんとよく寝ていたのだな」

麦茶「えっ」



Fin