※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

124 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/21(火) 18:09:45.66 ID:F7Llbh4hO

    「うおおおおおっ!」
    闇夜にとどろく声が一つ。
    それは、お姉ちゃんの叫び声でした―――
    何事かと思い、私はお姉ちゃんの部屋へ駆けていきます。
    「お姉ちゃん、うるさい!何時だと思って――――」

    そこには、お姉ちゃんの姿はありませんでした。
    窓は破られ、ギターもありません。
    どこに行ったんでしょう…?


129 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/21(火) 18:13:52.60 ID:F7Llbh4hO
    こんばんは、平沢唯です!
    今日の私はなんだか違う!体中の血がたぎってくるの!
    「ひゅ~…さっぶぅい!でも足が止まんない!」ダッダッダッ
    いてもたってもいられなくて、冷たい夜を駆け抜ける私。
    相棒のギー太も一緒です。

132 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/21(火) 18:19:44.89 ID:F7Llbh4hO
    しばらく走っていると、雨が降ってきました。
    「あ、雨だ!負けてらんないね、ギー太!」
    今は夢へ一直線。とりあえず練習がしたい気持ち。
    「まずはりっちゃんちだ!いっくぞー!」

    「ふぅ…そろそろ寝るか」
    そして、寝ようとしてみる。なにやら外が騒がしい…
    すると、玄関が叩かれる音がした。
    ドンドン!ドンドンドン!


136 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/21(火) 18:30:48.78 ID:F7Llbh4hO
    「な、何だ!?新手の強盗か!?」
    掃除機を分解して、筒を武器にして降りる。
    「こ、こわくなんかねーぞ!つ、通報してやり(いてっ、噛んだ)」
    「はぁーーーっ!!」ドォオオーーン!
    「うわあああ!?破られたぁ!」
    …そこに立っていたのは、手が血だらけの唯だった。
    「りっちゃん!練習しようよ練習!血がたぎって仕方ないんだ!」ハァハァ!
    「お、おい待て何で興奮してるんだお前は?」
    「りっちゃんもこれを聞けばわかるよ!」
    唯にイヤホンを渡されたので、聞いてみることにした。
    ♪…熱くなーれ!夢見た明ー日ーをー!
    必ずいつか捕ーまえる!
    走り出ーせ!振り向くことーなーくー!

    …私の中で、ぷちんと何かがはじけた。

140 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/21(火) 18:35:22.22 ID:F7Llbh4hO
    「…おい唯、上がれよ」
    「ふふ、さすがりっちゃん。血がたぎるでしょう?」
    ああ、最高の気分だ―――
    そして、私は階段を駆け上がる。
    一段、二段。いつしか三段跳びで駆け上がっていた。
    「うっしゃあ唯!飛び出すぞうおおあああ!!!」ダダダダダ!
    「りっちゃん隊長!どこまでもついて行きます!」ダダダッ!
    ガッシャァァアーーーン!!!
    …こうして、私は初めて空を飛んだ。

142 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/21(火) 18:44:48.10 ID:F7Llbh4hO
    ―――眠れない。
    私、秋山澪は夜の繁華街に繰り出していた。
    なんだか、眠れないのだ。体中がなぜか火照っている。
    自由って何だろう。私が眠れないのはどうしてだろう。
    ビルの隙間で考えたりしてみたけど、わからなかった。
    のどは渇いている。いっそ、荒野でも目指すか?
    「…いや、無茶な考えだな」
    そのとき、一陣の風が吹いた。
    「欲望なんて解き放てばいいんだよ、澪ちゃん!」
    な…んだと…?なぜ唯がここに―――――
    「誰にも止められないんだろ?そのあふれる胸のざわめきは」
    律…ああ、そうか―――私が眠れないのは…
    「クックックッ…」
    と、私は笑う。不気味なほどに。
    「練習だ。練習がしたいぞ律ぅうーーー!!」
    冷たい夜の繁華街に、私の叫びが響いた。


145 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/21(火) 18:54:28.72 ID:F7Llbh4hO
    部屋中に響くピアノの旋律。
    ベートーベンは私の憧れだった。
    いつか私もこんな曲を弾いてみたい―――そんな思いで、私はピアノを始めたのだ。
    だけど―――――
    「まだ、足りない…何かが…!」
    「ムギちゃんに足りないもの…それは燃える心だよ!」
    ハッとして振り返る。
    「唯ちゃん!?」
    「ほら、動き出せよ。その程度じゃ満足できないんだろ?」
    「ハヤク、レンシュウ、シヨウ………!!!」ハーッハーッ
    りっちゃん、澪ちゃん…
    そうか、この子たちも何かが足りないと思ったから、練習を―――
    「ふふ…やるわ、私やるわよ………!音楽の教科書にも載ってやる……!!!!」
    パリィイイン!!!
    強化ガラスを体一つで打ち破り、私は宙と一つになった―――――





    こうして生まれたのが、ふわふわ時間である。