※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

537:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 18:16:35.69 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
唯「……だれ?おじさん…」

鳴滝「この世界の主人公か…ディケイドに襲われるとはかわいそうに」

唯「ディケイド…士先生のこと?」

鳴滝「すでに接触済みか…私はこの子だけでも保護しなければならないようだな」

鳴滝「リュウガ!」

リュウガ「ハァーッ!」ブゥウン

唯「えっ…いやあ!」タタッ

ユウスケ「女の子の悲鳴だ!あ…あれは鳴滝さん!?何やって…」

ナツミ「それより女の子を!」

ユウスケ「そうだねナツミちゃん!…変身ッ!」

ナレーター「世界の破壊者、ディケイド…九つの世界を巡り、その瞳は何を見る?」
♪みーあーげるーほっしー

542:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 18:31:29.89 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
仮面ライダーディケイド 『ライダー達の音楽会』

♪♪♪♪校庭♪♪♪♪
ディエンド「ふん、なかなか粘るね士…これならどうかな?」カメンライドゥ ヒビキ キバ

響鬼「鍛えてますから」

キバ「キバッて…いくぜ!」

ディケイド「ちっ…面倒だな」

律「な、なぁ、私たちはどうしたらいいんだ?」

ディケイド「逃げるなりなんなり、好きにしろ!…まぁ、戦っても足手まといにしかならんがな」

律「…ムギ、どうする?」

紬「…どうしましょう?」

ディエンド「まぁ、逃げても無駄だよ。僕の人形達が追いかけるから」

544:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 18:38:55.64 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
律「じゃあ、やるしかないってわけか」ヒュンヒュン パシッ

ディケイド「やめとけ、ドラムスティックが折れるだけだぞ!」

律「もう遅いよ、向こうは臨戦態勢だ」

響鬼「……」ヒュンヒュン…ジリッ…

紬「りっちゃんが相手するなら私だって!…斉藤ッ!」パチィン!

斉藤「はい、お嬢様」ザザッ

キバ「……」クイックイッ

546:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 18:53:13.28 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
ディケイド「正気かお前ら…まぁいい、やるなら勝手にやれ。いくぞ、海東!」



♪♪♪♪その頃♪♪♪♪
クウガ「フッ!ハッ!…うわぁっ!」ドサッ

鳴滝「ユウスケ君、もうやめた方がいいぞ。安心しろ、私はこの子を助けるために保護するだけだ」

クウガ「…でも、その子嫌がってるじゃないですか!嫌がってるのに連れてくなんて…どうかしてる!」

鳴滝「…リュウガ、もっといたぶってやれ」

リュウガ「フンッ!」ドガッ!

ユウスケ「ぐはぁっ!(ピキュゥン)うう…」ガクッ

ナツミ「ユウスケ君!」

548:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 18:59:56.97 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
ユウスケ「くっ、かは…そこの君、早く逃げろ!!」

唯「はっ、はい!」タタッ!

鳴滝「逃がすか!追え、リュウガ!」

♪♪♪♪校庭♪♪♪♪
律「ふっ、はっ!うわっあぶね!」ヒョイッ

斉藤「スキあり!」ズドン!

キバ「ぐっ…!?」

紬「斉藤は改造人間!だから負けるはずがないわ!」

ディエンド「何…!?めちゃくちゃだ!」

550:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 19:05:20.49 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
ディケイド「海東、これでお前の負けだな」

ディエンド「くそっ…!」アタックライドゥ インビジボゥ

律「消えた!?」

士「(バシュゥン)…もう行ったか」

紬「それより唯ちゃん、大丈夫かしら…ウチの部下に探させましょう」パチィン

士「…万能な指だな…」

552:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 19:12:05.21 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
♪♪♪♪唯の様子♪♪♪♪
唯「ハァッ、ハッ、ハッ…」タッタッ
曲がり角
梓「♪~♪~」フンフン
ドンッ!!
唯「うわっ!」
梓「きゃっ!?…いたた、だれですか…?」

唯「ご、ごめんね!今急いでるの!」タタッ

梓「…え?あの、ギター忘れて…っ!?」ビクン

リュウガ「待て…!」タッタッ

梓「ひゃああ、ごめんなさい!」

725:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 23:12:10.75 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
♪♪♪♪その頃♪♪♪♪
紬「ふぅ…見つかりませんね」

律「そうだな…むっ!?」ピキューン

士「どうしたデコッパチ」

律「デコッパチって言うなよ…まぁそれよりさ、唯の気配を感じたんだけど」

紬「あ、あれかしら?」

士「あの後ろにいるのはツインテールのガキと…リュウガか」

士「なるほど、鳴滝の仕業と言うわけだ。仕方ないな、変身!」カメンライドゥ ディケーイ!

ディケイド「一瞬でカタを付けてやる」ファイナルアタックライドゥ ディディディディケーイド
パキンパキンパキンパキン
リュウガ「何!?ぐっ…ぐはぁあ!」ドシュゥゥ
バシュゥ
士「ふぅ、一丁あがり…さて、鳴滝探しだな」

鳴滝「その必要はない」スゥ

735:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 23:21:21.92 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
唯「おじさん!?」

鳴滝「さぁ、この世界にいるとそこの男のせいで大変なことになるぞ…早くこっちに来い」

律「何でだよ!そんなわけないだろ!」

澪「うん…私もそうは思えない…唯とも、これからも音楽したいし行かないで欲しいよ」

紬「唯ちゃんがいなかったらうちの軽音部は廃部になるのよ!それだけはさせないわ!」

士「鳴滝…人の心は他人には操れない!こいつら四人の繋がりは強固な物なんだ!」

士「そして、人間を深く広く繋げるもの…それは音楽だ!変身!」カメンライドゥ ディケーイド!
ブゥゥン
ディケイド「カードが実体化したか…よし、ちょっとくすぐったいぞ」ファイナルフォームライドゥ ケケケケーオン!

745:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 23:27:41.61 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
唯「はわわっ!?」ポゥ

律「うぇっ!?」ポゥ

澪「キャッ!?」ポゥ

紬「ひゃっ!?」ポゥ

梓「わ、私も!?」ポゥ

ディケイド「…楽器、か…おい海東、いるんだろ?」
スタスタ
海東「…まさか手伝えって言うんじゃないだろうね?そうホイホイと引き受け」

ディケイド「まぁ待て、終わったら宝をくれてやる。今はメンバーが足りないんだ、入れよ」

海東「フン、宝が貰えるなら仕方ないな…(クルクル…チャキッ)変身」カメンライドゥ ディエーンド

750:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 23:34:24.60 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
鳴滝「何だ?そんな楽器で何をするつもりだ」

ディケイド「何、ちょっとしたライブをな…天才門矢士様の究極の演奏だ、タダで聴けることを光栄に思え」

ディエンド「おい士、メンバーが響鬼とキバを呼んだがあと一人足りないぞ」

ディケイド「じゃあギター一つだけ余分だから抜かせばいいだろ」

ユウスケ「ハイハイ!俺がやります!」

ディエンド「君…空気を読める力を付けた方がいいよ」

ディケイド「まぁいないよりマシだ、さっさと入れ。変身しろよ」

760:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 23:45:39.01 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
クウガ「なぁ…これでいいんだよな?」チャッ

ディケイド「ああ、さっさと定位置につけよ」シッシッ

鳴滝「ふん…くだらん、さっさと始めろ」

ディケイド「言われなくとも…」ファイナルアタックライドゥ ケケケケーオン!

guiter1:DCD
guiter2:air
drums:hibiki
bass:Kiba
keyboard:Dend


ディケイド「Chatting Now ガチでカシマシ~(唯声)」

765:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/17(金) 23:51:40.27 ID:svpPyeTaO (41) ID AA
鳴滝(なんだ…これは…)ゾクンッ
♪スカート丈2cm~
鳴滝(この…ヘタクソなのに胸を熱くさせるような音楽…!)
♪Jumping Now ガチでウルワシ~
鳴滝「止めろ…止めろぉ!」

クウガ「は、ひゃい!?」ピタッ

ディケイド「止めるなユウスケ!続けろ!」

クウガ「え、ああ、うん」ジャカジャカ

766:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/18(土) 00:00:15.42 ID:4G/NrbOxO (32) ID AA
鳴滝「わかった…今日のところは勘弁してやる!この世界はもう崩壊した!残念だったな!」ブウゥン

士「鳴滝!…演奏途中で帰るとは…マナーがなってないな」

海東「…士、ところで宝は?」

士「ああ?そんなもん…ライブが失敗したから無しだ無し!」

海東「ほう…じゃあ君はここで死ぬか?」チャキッ

唯「喧嘩はもうやめて!」

律「そうそう、仲良くしようぜ二人とも」

海東「こんな奴と仲良くしようなんて吐き気がするな。士、次の世界では邪魔するなよ」スタスタ

士「チッ、海東の奴め…まぁいい、帰るぞユウスケ」

ユウスケ「あっ、えっと、うん…?あ、ごめんねそこ通して!待てよ士ぁ!」タッタッ

768:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/18(土) 00:06:16.84 ID:4G/NrbOxO (32) ID AA
律「はぁ…何だったんだいったい…」

唯「わかんにゃい…あ、君大丈夫?さっきもぶつかったけどごめんね?」

梓「いえ、いいんですよ…ん?その制服、もしかして…」

紬「桜が丘高校よ。…もしかして、受験生?」

梓「は、はい!桜が丘に入ろうと考えてます!」

律「そのときは軽音部へ入部してくださいお願いします~損はさせませんから~」モミテモミテ

澪「こら律、無理に勧誘するな!」ガツン!

律「痛いッ!!」