※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

596 :鶏肉 ◆KXdf4vT3Ls :2009/07/22(水) 03:26:19.04 ID:vIF3lQFsO
    ―鴨川沿いの土手―
    律「暑いな」

    澪「ああ」

    律「夕方なのに何でこんなに暑いんだ」

    澪「夏だからな」

    律「暑いな」

    澪「ああ」


597 :鶏PC ◆KXdf4vT3Ls :2009/07/22(水) 03:27:00.89 ID:vz8yzxEP0
    律「暑いな」

    澪「しつこいな。余計に暑くなるだろ」

    律「仕方ないだろ暑いんだから」

    澪「だからって暑い暑いと言っても暑くなるだけだろ」

    律「涼しくなる話ならいいのか?」

    澪「え?」

598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 03:27:54.88 ID:vIF3lQFsO
    律「怪談でもしようぜ」

    澪「ちょっ、律!!」

    律「私達がこの前行った宝ヶ池の近くに深泥ヶ池ってのがあるんだ」

    澪「おいやめろ馬鹿!!」

    律「あるタクシー運転手が雨の降る夜にそのあたりを通りかかったんだ」

    澪「やめろー!!!」ドンッ

    律「え」

    律「うわああああ」ゴロゴロゴロ


599 :鶏PC ◆KXdf4vT3Ls :2009/07/22(水) 03:28:28.59 ID:vz8yzxEP0
    気がつくと私は土手下にいた。
    全身が痛い。
    頭から血が出ている、打ちどころが悪かったらしい。
    土手の上で澪が狼狽している、無理もない。
    そこへ自動車が突っ込んだ。
    跳ね飛ばされた澪の体が宙を舞う。
    さらにその自動車に後続車が突っ込んだ。
    跳ね飛ばされた自動車が土手下へと向かう。
    そこで私の意識は絶えた。



    終わり