※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

841 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/07/21(火) 01:24:58.34 ID:XTNYvcTcO
    けいおん!旅行記-序章-
    「夏休みどこ行く?」
     律の唐突な一言から事は始まる。
    「え?りっちゃん。合宿に行って、プール行って、それで……」
    「いや、まぁそうだけどさ。その合宿先をどうするって話だよ」
    「それもムギちゃんの別そ……」
     唯のボケに律のボルテージは低い沸点を越えるのは造作もなかった。
    「だーかーらー! その別荘をどうするって話だよ!」
    「去年と同じで良いんじゃない?」
     流石に埒が明かないと思った律は貸し主に話題を振る。
    「ムギー。今年の別荘って去年と同じ?」
    「うーん……去年は一番小さい別荘だったから、もう少し大きい別荘の方が良いんじゃないかしら?」
    「去年より大きいってことは例の?」
    「まだ分からないわね」

847 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/07/21(火) 01:44:06.94 ID:XTNYvcTcO
    「そかー」
    「じゃ、皆。今日ラストの練習するぞ」
     澪の一言に何とも嫌そうに顔を歪める唯と律。
    「テスト勉強教えてやらないぞ!?」
    「あーい……」
     …………
     そして練習も終わり、ソファに寝転ぶ律。
    「あー疲れた……」
     汗が光り、リボンを緩めて開いた胸元が艶かしい……が若干残念なのが二つの山。
    「疲れたのは分かるけどな、あれ程ドラムが走り過ぎだってのに」
    「あれくらいの方が良いって言ってるじゃんよ」
    「……少しは改善することを覚えてくれよ」
    「それじゃ、帰りましょ」
    「あ、皆さん待って下さい。今、ギター仕舞いますから」

855 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/07/21(火) 03:02:28.38 ID:suZajOOw0
    けいおん!旅行記-第壱章-
     そして月日は過ぎた。昼休み、唯と律が独力でテスト勉強に挑むと言ったあの日。律はガトーショコラで澪を釣り、唯は妹の憂に教わり、テストをパス。
     そして月日は過ぎた。放課後、全員で買い物に出かけたあの日。合宿の資材を買うのだと意気揚々とした梓を尻目に水着を買った。
     そして月日は過ぎた。夏休み、海も近い山の別荘に付いたこの日。けいおん部の面々はその別荘に圧巻された。
    「おおおおお! こりゃまた一段とすげえな……」
     まるで欧州の家をそのまま移したかのようなその造りは、周りの雰囲気から浮くことなく、しかし存在感を失わせない別荘としてそこに鎮座していた。
    その凄さに梓も開いた口を塞ぐごとが出来ずにいた。
    「これが去年言ってた、借りれなかった別荘だね?」
     去年は希望の別荘が借りれず、一番小さな別荘を借りるになってしまい、今回は曰くの別荘だと唯は思った。が、ムギは少し困った顔をした。
    「ごめんなさい。その別荘は今年もダメだったの」
     その一言に違和感を感じる唯。
    「え……? どゆこと?」
     苦笑いを浮かべる紬。
    「多少狭いと思うけど……がまんしてね?」
     その一言に一同は驚愕する。
    『『まだ上があるのか……!?』』
    「ま、何はともあれ。荷物片付けよーぜ。話はそれからだ」
    「そうだね」
    「あ、澪先輩。荷物多いでしょうし手伝いますよ?」
    「良いよ梓。大した量でもないし」
    「なら梓。私の持ってくれよ?」
    「律先輩、力あるんですから自分で持って下さい!」
    「冷たいなぁ……」

951 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/07/21(火) 14:36:55.39 ID:XTNYvcTcO
    「今回は中身もバージョンアップか……」
     別荘の内装はログハウス調をメインに背景色に合わせた色のモダンインテリアで揃えられており、余り目立たないように機能美を重視していた。
    「にしてもムギちゃん。毎度毎度、食料とか持って来なくても良いの?」
    「平気よ。空きの別荘の食材傷ませるくらいなら使っちゃいなさいってことだから」
    「へー……」
    「ま、荷物置いてこようぜ。ムギ、部屋はどこ?」
    「二階よ。鍵は部屋の中に置いてあるから」
    「じゃ、荷物置いてリビング集合な」
     律の一言が合図だった。荷物を置きに行くはずだというのに、荷物を置き去りにして二階へと走る唯と律。
    「端部屋は私のモンだぁぁぁ!!!」

418 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/07/21(火) 23:29:49.09 ID:suZajOOw0
     一瞬にしてその場から姿を消した二人に唖然とする梓。
    「……澪先輩。アレなんですか?」
    「気にするな。部屋が早い者勝ちなだけだから。それより……」
    「それより?」
    「私たちも部屋決めようか」
     苦笑しながら律の荷物を持つ澪。やはり幼馴染故に世話を焼いてしまうらしい。そんな姿を見た梓は改めて澪を尊敬し、紬は悶えていた。
    「あ、じゃ私は唯先輩の持っていきますね」
     そして、気遣いを知る由もないもう一方の勝負の軍配は律に上がっていた。
    「よし!今年は私がこっちの部屋だ!」
    「りっちゃんフライングして狡いよー」
    「何言ってんだよ唯。勝負の世界は常に非情なのだよ」
     勝ち誇り、胸を張る律。しかし胸を張るには二つの山は実に残念だった。
    「んじゃ、荷物取りに行こう」
    「そうだね。荷物置きっぱなしだもんね」
     まるで、タイミングを見計らっていたかのように他の面々も二人の荷物を持って二階へと昇ってくる。
    「律、唯、荷物持ってきてやったぞ。まったく、梓を見習って大人しくしたらどうだ?」
     呆れる澪から荷物を受け取り、返す言葉は御礼ではなかった。
    「良いじゃんよー澪のケチー」
     ゴン! と鈍い音が廊下に響き、律の頭には大きなコブが煙をたてながら膨らんでいた。
    「ありがとね。あずにゃん」
    「い……いえ、それよりもちゃんと荷物位持って行って下さいよ。他の先輩にも迷惑ですよ?」
    「うん、気をつけるよ」
     しかし反省の言葉は余りにも棒読みすぎた。




467 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/07/22(水) 00:07:32.42 ID:beEtg8Cx0
    「じゃ、荷物片付けたらリビングな」
     各々が自室へと入る。部屋も昨年の別荘に比べ、広くなり様々備品も置かれている。まるで一種のペンションの様だ。そして澪がリビングに戻った時、その風景に驚愕した。
    そこには、寂しげな二つ山を堂々と張った水着姿の二人が居たのだ。
    「よーし、遊ぶぞー!」
    「おーっ!!」
     無論、そこで止めない澪ではない。止めなければ遊ぶ。しかも疲れ切るまで遊んで、練習すらしないだろう。
    「うおおおおおおい!!」
    「なんだよ澪?」
     不満げに口を尖らせる唯と律。
    「遊ぶのは練習してから! まったく……去年と変わんな」
    「えー」
    「遊びたーい」
     ブー垂れる二人。この調子だと堂々巡りしかねない。ちょうど5人とメンバーは奇数。民主主義の名のもとにすることは一つ。
    「それじゃ多数決しよう。私は練習が先!」
    「「遊ぶ!!」」
     ここまでは予想通り。梓も練習をすると言ってくるだろう。紬が練習しないで遊ぶという裏切りをする可能性も低い。
    「練習がいいですっ」
     後は紬が練習と言ってくれれば、数の暴力が発動する。
    「ムギはどうす……ムギその格好は?」
     そこには確かに紬が立っていた。が、その見た目は澪の期待を裏切った。涼しい格好にしては肌の露出が多い。つまり水着だ。
    「遊びたいでーす」
     裏切り者は居たのだ。期待していただけに大きい裏切りだった。
    『まさかの裏切り!!』
     そしてけいおん部一行は海へと行くのだった。
254:目次 ◆INDEX/woDo :2009/07/24(金) 15:13:58.53 ID:giCkXzPs0
 担いできた荷物を投げ捨て少女たちは叫ぶ。
「青く広がる空! 白く気ままに浮かぶ雲!」
「青く深い海! 白く輝く砂浜!」
 ……そしておっきなおふね。
「もう船はいいって言ったでしょ! 今すぐ帰って!」
 そこはプライベートビーチと言わんばかりに人気はなく、また砂浜にはゴミの一つも落ちていないほどに綺麗な真砂だけだった。
「取り敢えずパラソルとか立てようぜ。遊ぶよりもまずは休憩場所作らないとな」
 律は投げ捨てた荷物を整理して太陽に焼けた砂浜にエクスカリバーを突き刺す。風で飛ばされない様に深々と。
「――さて、一通りこんなモンか。さぁ遊ぶぞー!」
「おー!」
 サンダルを脱ぎ捨て、マットの上から海へと駆け出す少女が二人。そんな二人に悲劇は待っていた。そう、それは夏の砂浜のお約束。
「あっつつつつ!!」
「あっちぃぃぃぃ!!」
 砂の熱さを甘く見ていた二人は飛び跳ね、事もあろうにバランスを崩した。
「おわっわわわ」
 視界に砂浜が近付く。白く光り輝き、焼くための肉はまだかまだかの垂涎してるかのようにすら思えた。無論、回避は出来ない。ましてや受け身も取れない。
 『バフ』という音と共に顔面が砂浜に埋まる。まさに焼き土下座。
「……――」
 人間という生き物は面白いもので、急激に起こる痛みは感じないようになっていたりする。
「馬鹿だな……」
「アレ、大丈夫ですか?」
「そろそろ起きるから大丈夫だ」
 ブルブルと全身が揺れ始め、次第に揺れが激しくなる。
「りっちゃん大丈夫?」
「あぁぁぁっちぃぃぃぃぃ!!!!」
 律は立ちると、まるで生きたまま首を刎ねられた鴨のように海へと猛ダッシュで飛び込んだ。
「律先輩……」
272:目次 ◆INDEX/woDo :2009/07/24(金) 15:33:01.04 ID:giCkXzPs0
「りっちゃん大丈夫?」
「あー……しばらく顔冷やさせて……」
「でも、塩水だと逆にヒリヒリするんじゃない?」
「大丈夫。火傷にまではなってないから。それよりボール持ってきた?」
「モチロン! 海と言えばコレでしょ!」
 唯の脇には確かにボールが挟まれていた。挟まれてはいたが、形がおかしい。
「なぁ唯。それボールだよな?」
「え? そうだよ?」
 球体でもない、立方体でもない、そもそもに立体ですらない。
「空気どうした……」
 挟まれた空気の入っていないボールを見、律を見つめる。
「りっちゃん……」
「唯……」
「りっちゃん……!」
「唯……!」
 笑顔で唯は答える。堂々と、反省も弁明もなく大声で高らかに答える。
「えへっ、空気入れるの忘れました!」
「……」
「りっちゃん?」
 律が唯の頭を鷲掴みにしながら冷笑する。
「ちょーっと肺活量のチェックしようか~?」
「え?」
「空気くらい入れとけェェェ!」
 鷲掴みする力を更に強め、唯の頭を水面へとダンクを決める。(たまにこれで溺れる人が居るので良い子は真似しないでね!)
「ガボガボ! ガボ!」
「少しは反省せい!」
 数秒経ったところで水上へと持ち上げる。
「ゲホゲホ……りっ……ちゃん。溺れるかと思った……」
「まったく、唯が空気入れるって言ったのにそのまま抱えてくるから悪いんだろ」
「ごめんごめん。まぁ空気入れるから、ちょっと待ってて」
296:目次 ◆INDEX/woDo :2009/07/24(金) 15:57:23.91 ID:giCkXzPs0
「ふ~っ」
 一息でボールは半分くらいまで膨んでいく。
「なー唯」
「ふ~っ……どしたの、りっちゃん?」
「肺活量どれくらい?」
「ふ~っ……」
 三回吹きこむとボールは完成していた。因みに女性の
「さぁ?」
「さいですか……まぁ遊ぶか!」


354 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/08/17(月) 23:32:45.90 ID:uKBmM1EK0
「さて、荷物置いたら下に集合な。それじゃ解散」
 律の一言で各々は解散し、宛がわれた自室へと入る。

-Riz's Room-
「おぉー! すげぇ!」
 部屋に入るなり広がるパノラマを見れば、私が言える言葉はこれしかなかった。というかこれ以外に思い浮かべる余裕がない。青い海、青い空、白い砂浜、緑色の防風林。
それらがまるで私の為だけに準備されていたような気すらする。
「……流石に私一人にこの景色は勿体ないかな。後で皆も呼ぼう」
 誰もいない部屋で独りごちる。何処か寂しい。その風景があるから尚更に大きい部屋に独りでいるような気分すらする。
「さて、水着に着替えて戻ろう」

-Yui's Room-
 部屋に入った私はギターケースからギー太を取り出す。さわちゃんが云うには普段から使うギターはギターケースに入れっぱなしにしないで外に出しておくと良いってことで、
私も一応迷信染みたソレをやるようにしている。
「ギー太。海についたよ~」
 ギー太を抱きながら海を眺める。その海はとっても青くて、とっても綺麗で、憂も一緒にこれたら良かったのにと思ってしまう程だった。
「さて、着替えるからギー太はあっち向いててね?」
 ギー太を壁側に向けてスタンドに立てる。
『唯さんの生まれた頃の姿は今回も拝めずか……』
「いやーん。ギー太ったら♪」
 私には確かにそう聞こえた


365 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/08/18(火) 00:10:18.18 ID:3zfR8nxi0
-Mio's Room-
「全く、何時になったらアイツはリーダーらしくなるんだ」
 律の責任感の薄さにはつくづく困らせる。もう少しけいおん部を背負っているという自負があればきっと良いリーダーになるのは分かっていても、
それを自覚させる方法が見つからない。
「うわぁ……凄いな……」
 部屋の中は海辺のホテルの様な内装になっていて、窓も大きく取られ、パノラマをウリにする作りになっていた。とは言え、こっち側は海と反対方向なので
薄く青い山を眺めるようになっていた。
「さて、皆を待たせないうちに戻らないとな」
 そして私は部屋を出た。

-AzuSa's Room-
 部屋は私には広すぎる位に広い部屋だった。ギタースタンドが部屋に置いてあって、チューニングやメンテナンスが出来るようにチューナーやラジオペンチが置いてあった。
「……大丈夫かな私」
 心配をかき消すように手早く片付けてよう。それで先輩たちより先に待ってよう。

 それが後輩としてすべきことだと思うから。

-Mugyuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuu's Rooooooooooooooooooooooooooom-
 今回も最初言っていた別荘に来られなくて残念。今度こそって思ったのに先に予約があるなんて思ってなかった。それでも皆喜んでるみたいだし、大丈夫かしら?
「さて、遊びの準備をしましょう」
 水着をバッグから取り出し着替える。今回の為に唯ちゃん達と一緒に選んだ水着。唯ちゃん達が触ってくれた水着。
「ハァ……ハァ……」
 恍惚としてしまう。けど平常心。私は遠くから見るだけで十分。
「さて。行きましょう」