※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 18:22:35.10 ID:O8KgH1H10
    サトシ→唯
    カスミ→あずにゃん
    タケシ→憂
    シゲル→和




     今日から私もポケモントレーナー!
     気合を入れてオーキド博士の研究所に向かいます。
    「こんにちは~!」

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 18:27:19.63 ID:O8KgH1H10

     中は相変わらず死霊でいっぱいでした。
     ちゃんと整理できてるのかな?
     そんなことを考えていると、奥の方からオーキド博士の声が聞こえました。
    「おぉ唯ちゃん、舞っておったぞ」
    「お久しぶりで~す!」
    「大きくなったのぅ」
     なでなで。
    「えへへ~」
     やっぱり頭を撫でてもらうと気持ちいいなぁ。
    「そうそう、私のパートナーはどんなポケモンですか?」
    「それなんじゃが……」

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 18:33:47.86 ID:O8KgH1H10
    ピカチュウ→あずにゃん二号



     なんだか悩んでいる風なオーキド博士。
    「どうしたの?」
     尋ねると、何かを決意したようにきっと眼を見開きました。
    「渡す予定じゃった三匹がすでに他のトレーナーに引き渡してしまってのぅ」
    「え!? そ、それじゃあ私のポケモンがいないじゃないですか!」
    「いや、いるにはいるんじゃが……」
     そう言ってオーキド博士は一つのモンスターボールを取り出しました。
    「ほれ、出て来い」
     ポワァン。
     出てきたのは、黒い毛皮が特徴的な……。
    「あずにゃん、二号?」

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 18:37:38.96 ID:O8KgH1H10
     そう、そこからでてきたのは、幻のポケモン、あずにゃん二号だったのです。
    「こ、こんな高価なポケモン、どうやって手に入れたんですか!?」
    「いや、ワシの孫と交換でロケット団とな」




    3人ってロケット団のことか今気づいた

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 18:39:50.52 ID:O8KgH1H10
     お昼ごはんを食べ終えて、海の家を出る。
    「次はどこに行きますか?」
    「う~ん、そうだね~」
     浜辺でばっかり遊んでたし、ちょっと遠くへ行ってみるのも悪くないかもしれない。
    「あそこの岩場とかどうかな?」
     私が選んだのは、ここから数百メートルほど離れたところにある小さな岩場。
     あそこなら人もあんまりいないだろうし、あずにゃんと二人っきりになれるかもしれない。
     ……あれ?
     どうしてあずにゃんと二人きりになろうとしてるんだろう。どうして――
    「あれですか、少し遠いですけどいいですよ」
     少しあっちの世界に行きかけてたところを、あずにゃんの声で呼び戻される。
    「へ?」
    「だから、岩場に行くのに賛成ってことですよ」
     なんだろう、どことなく不機嫌そうな感じだけど……。
    「あ、うん。じゃあ行こっか」
    「はい」
     ……気のせい、かな?



    「とうちゃ~く!」

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 18:42:25.54 ID:O8KgH1H10
    「ちょっと先輩、私の自転車をどうしてくれるんですか!」
    「ごっめ~ん! いつか弁償するから許して!」
    「信用できません! 返してもらうまで付き纏いますからね!」

    カスミが仲間になりました。