※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

592 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/20(月) 20:15:21.14 ID:O8KgH1H10

    唯「ばっちこ~い!」

    梓「それっ」

    ひゅんっ

    唯「わ、わ、わ、曲がったよぅ」

    ふらふら

    かっきぃん

    唯「えっ」

    梓「ホームランですか、やりますね先輩」

    唯「なにこれこわい」
----
594 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/20(月) 20:17:49.55 ID:O8KgH1H10


    唯「せっせ」

    梓「せっせ」

    唯「せっせ」

    梓「……ところで、何を作っているんですか?」

    唯「うん? 砂のお城だよ!」

    梓「そうですか……それはまた子供っぽい」

    唯「完成したらここに住むんだ~」

    梓「えっ」
----
596 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/20(月) 20:20:37.68 ID:O8KgH1H10


    唯「みてみて~!」

    梓「今度は何ですか」

    唯「ほら、ありさんだよ!」

    ありありありあり

    梓「何をしているのかと思ったら、こんなのを集めてたんですか」

    唯「こんなのとは失礼な! ちゃんとした食料だよ!」

    梓「えっ」
----
718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 22:29:56.78 ID:O8KgH1H10


    唯「梓ちゃん」

    梓「あなたは憂ですか」

    唯「ちがうもん! 唯先輩だぞ!」

    梓「では失礼して」

    むにゅ

    唯「ひゃっ」

    梓「確かに、唯先輩ですね」

    唯「胸で判断しないでよ~」

    梓「そんなところでは判断してません」

    唯「えっ」

    梓「乳首の勃起具合で判断しました」

    唯「もっとやだよ!」

----
802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 23:52:47.49 ID:uCPXqOKjP
    唯「りっぢゃ~ん」

    律「ずっげぇ枯れでんなぁゆいさん」

    澪「なんでぞんなにがれでんだ」

    紬「あの、みなさんお茶はいりましたよ」

    梓「枯れてないの紬先輩だけですか…」

    紬「そうみたい、これだとボーカルがいないわねぇ」

    律「ぞうなんだよ、むぎ、あずさ、どっちかだのむよぉ」

    梓「えっと」

    紬「梓ちゃん、お願いするわね」

    梓「え!?」

    律「ようじ、ぎまりだ!あずさ、ボーカル頼んだ!」

    唯「あずにゃんがボーカル!?」

    梓「えぇぇぇっ!?」

    声枯れてるときの声ってどう表現したらいいのか難しいな

----
821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 00:08:19.54 ID:+ugCGce70
    SP「突入準備、完了しました」
    紬「皆さん、準備はいいですか?」
    コクコク
    澪「それじゃあ梓、頼む」
    梓「はい」

    唯「んー、アマーイ」
    ?「それくらいにしておいた方がいいと思うよ……」
    カランカラーン
    唯「はっ、そうでしたっ――あ、梓だ」
    梓「み、身代金は持ってきました。唯先輩を放してください!」
    唯「あず――あずにゃん! 来てくれたんだね!」
    ?「ああ、じゃあどうぞどうぞ……って、そのアタッシュケースは?」
    梓「身代金10億です!」
    ?・唯「ぶはっ!」

    SP「今だ、アルファ、ブラボー、ゴッ!」
    ガシャーン
    パリーン
    ズダダダダ
    ピシャァッ

    ?・唯「ええええええええ!?」

----
830 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/07/21(火) 00:21:19.19 ID:PA5cGJpcO
    毎夜恒例
    こんなけいおん!は嫌だその4

    唯「あれー和ちゃん?どうして生徒会室にいるのー?」

    和「えっと…どちら様でしたっけ?」

    和の記憶力が三歳児以下だ

----

832 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 00:28:35.58 ID:DN9UbXquP
    唯「あずにゃんでは私のギー太には勝てない」

    梓「値段の差…ですか?」

    唯「違う、それはこの、平沢唯がキングだから!」

    律「部長は私だ」

    唯「キングは偉大だー!」

    律「いだいだー!」

    紬「いだいだー!」

    澪「お、おい、練習しろよ…」

    梓「練習しましょうよ…」

----
88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 17:13:28.58 ID:jp4qYv5gO
    梓「先生!こんな感じですか?」ブンブンッ

    紬「違うわ!全然腰が入ってないじゃない!」

    梓「難しいです……」

    紬「こうよ!」ガシッ

    梓「ひゃあっ!先生なにを……」

    紬「腰の使い方がなってないわ!もっと押し出すように腰を使いなさい!」グイッグイッ!

    梓「あっ、先生……あんまり腰を押しつけないでください……」

    紬「それじゃあ見てるから1人でやってみて!」

    梓「はい!」ブン!ブン!

    紬「タマをよく見て!もうひとこえ!」

    梓「はい!先生!」ブォン!ブォン!

----
126 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 18:11:08.98 ID:qwjSPNFt0


    唯「ごろごろ」

    梓「まだ夏休みにも入っていないのにごろごろしないでください」

    唯「だって短縮授業なんだも~ん」

    梓「ならギターの練習でもすればいいじゃないですか」

    唯「えっ」

    梓「えっ」

    唯「私ギターなんて弾けないよ?」

    梓「なにそれこわい」

----

131 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 18:17:08.55 ID:qwjSPNFt0


    唯「あずにゃん、脱いで」

    梓「はい」

    するっ

    唯「えっ」

    梓「先輩も大胆になりましたね」

    唯「なにそれこわい」

----
133 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 18:21:02.89 ID:qwjSPNFt0
    猫「にゃあ」

    唯「やっぱり猫はかわいいなぁ~」

    なでなで

    猫「にゃあ~」

    ごろごろ

    唯「よ~しよし」

    梓(むっ……)

    唯「よ~しよし――ん?」

    梓「にゃ、にゃあ~」

    唯「あずにゃんかわいい~」

    だきっ

    ごろごろ

    梓「や、やめてください」

    唯「や~だよっ!」

    梓「はぁ……」

----

135 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 18:25:04.99 ID:qwjSPNFt0

    唯「おっぱい」

    梓「おっぱい?」

    唯「おっぱいが飲みたい」

    梓「そうですか……はい」

    ぽろん

    唯「ありがと~……ん、ごくごく」

    梓「満足しましたか?」

    唯「うん」

----

137 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 18:31:03.07 ID:qwjSPNFt0
    唯「おはよぉ~」

    梓「お、おはようございます」

    ささっ

    唯「う~ん? 今何か隠さなかった?」

    梓「そ、そんなことないですよ」

    唯「ん、そう? ならいいや」

    梓(ほっ)

    唯「ところであずにゃん、手に持ってるのは何かな?」

    梓「先輩のぱんつです」

    唯「えっ」

    梓「あっ」

    唯「どうして持ってるの?」

    梓「おかずにしようと思って」

    唯「なにそれこわい」

----
139 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 18:33:07.43 ID:qwjSPNFt0
    唯「そろそろネタが尽きてきました」

    梓「そうですか」

    唯「どうすればいいのでしょう」

    梓「ふんっ」

    ぱこ

    唯「うひょおおおおおおおお」

    梓「どうですか?」

    唯「2個ぐらいならいけそうです」

    梓「それはよかった」
----

141 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 18:35:38.90 ID:qwjSPNFt0
    唯「ど真ん中ストレート! いっくよ~!」

    ばしゅっ

    梓「中心から0,03㍉ずれてました。やり直しです」

    唯「え~?」

    梓「文句言わない!」

    唯「わかったよぅ」

    ばしゅばしゅ……

    唯「肩が壊れました」

    梓「ご愁傷様です」

----


143 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 18:44:58.74 ID:qwjSPNFt0
    唯「ごはんがたべたいです」

    梓「わかりました、ではこれを」

    唯「これは?」

    梓「澪先輩の二の腕です」

    唯「おいしそうだね~」

    ぱくっ

    唯「んまいっ!」

    梓「それはよかった」

----


147 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 18:55:16.12 ID:qwjSPNFt0

    唯「蝉が五月蝿い」

    梓「そんな騒音も、防音壁をつけてしまえばこのとおり」

    唯「すごい! 外の音が聞こえないよ!」

    梓「これで、どれだけ声を出しても大丈夫ですよ」

    唯「えっ」

    梓「さあ、真昼間ですが夜伽を始めましょう」

    唯「なにそれこわ――きゃっ」

    梓「フヒヒ」

    唯「気持ち悪い」

    梓「えっ」

----

149 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 18:56:39.74 ID:qwjSPNFt0
    唯「……濡れて力が出ないよぉ」

    梓「なんだと」

    唯「えっ」

    梓「ちょっと失礼しますね」

    さわっ

    唯「ひゃっ!? ななな何してるのあずにゃん」

    梓「濡れてないじゃないですか」

    唯「えっ」

    梓「ああこれは今から濡らして欲しいということですかわかりました」

    唯「なにそれひわい」

----
218 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/07/21(火) 20:18:27.93 ID:ECjVjR6UO
    律「ん……?なんだ?」

    鳥「ピーピー!助けてほしいッピ!」

    律「羽を怪我してるのか……」

    鳥「手当てをしてほしいッピ!」

    律「よしよし、家に連れて帰ってやろう」ナデナデ 

    鳥「ありがとうッピ!」


223 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/07/21(火) 20:21:51.20 ID:ECjVjR6UO
    ―翌日

    律「おい梓!コレかぶれよ!」




    梓「なんですか…コレ?」



    唯「鳥の形したフード?」

    紬「すごくキモチ悪い配色ですね……それにとても臭います…」








    律「…昨日道端で拾ったんだ!」



    ―完

----
231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 20:33:51.74 ID:HsSMibMbO
    律「あなたがひらsうわっ」

    律「どうしてこんなところに羊が…」

    らむりん「メェ~」

    律「ごめん…ここ人間しか入れないんだ」

    律「それじゃあ」ガチャ

    らむりん「……帰るか…」






    唯「ここが軽音部…」
----
260 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 21:20:46.62 ID:qwjSPNFt0

    唯「お化け屋敷に行ってみよう」

    梓「いいですね」

    こつこつ

    唯「おばけさん出てこないね~」

    梓「職務放棄ですかね」

    お「あの二人何か鉈みたいなの持ってる……こわいこわいこわい」

----
275 :支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 21:39:47.17 ID:qwjSPNFt0

    唯「ありさんありさん」

    梓「そんなにありを集めてどうするんですか」

    唯「お城をつくるの!」

    梓「えっ」

    唯「完成したら一緒に住もうね~」

    梓「わかりました」

    唯「えっ」

    梓「そこで夜伽ですね」

    唯「なにそれこわい」
----
284 :支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 21:45:34.09 ID:qwjSPNFt0

    唯「またぱそこんの電源が落ちました」

    梓「またですか」

    唯「まただよぉ」

    梓「そろそろ修理に出してはどうでしょうか」

    唯「そ、そんなことしたらしばらく執筆活動できないじゃない!」

    梓「そこはほら、例の人のように紙に書き溜めるとか……」

    唯「あんな疲れることできないよ~」

    梓「ああもう! だったら頭の中に保存してしまえばいいじゃないですか!」

    唯「それだ!」

    梓「えっ」
----
374 :支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 22:46:28.15 ID:qwjSPNFt0
    唯「おっぱいが欲しい」

    梓「あるじゃないですか」

    唯「もっとほしいの!」

    梓「そうですか、それでは失礼して」

    むにむに

    唯「ひゃっ」

    梓「揉めば大きくなるって聞きますよね」

    唯「それ迷信だよ?」

    梓「えっ」
----

380 :支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/21(火) 22:56:55.07 ID:qwjSPNFt0
    唯「あたまがよくなりたい」

    梓「そうですか」

    唯「どうすればあたまよくなるの?」

    梓「性交をすればよくなりますよ」

    唯「えっ」

    するっ

    梓「さあきてください」

    唯「なにこれこわい」
----
437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 23:42:39.51 ID:HsSMibMbO
    律「澪、エメラルドソードを探しにいこう」

    律「あの門を開けるための第三の鍵を探した」

    律「そして今それは我が手中にある」

    澪「えっ」

    律「澄んだ心を持つ戦士だけが太陽に口づけをされる名誉を得るのだ」

    澪「おぉ」

    律「さあ予言にもあった血塗られた戦いがもうすぐ始まる」
    律「王のため、そして我が祖国のため、今こそ戦うときがきた」

----
465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:03:23.61 ID:+z86IZXbO
    唯「ムギちゃんの眉毛…美味しそう」

    紬「舐めてみる?」

    唯「…ペロッ」

    唯「あんまーい!」

    紬「うふふ」

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:05:09.62 ID:+z86IZXbO
    唯「ムギちゃんの眉毛あまあま過ぎてびっくりしたよ!」

    紬「原材料は砂糖のみですから」

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/22(水) 00:07:43.24 ID:+z86IZXbO
    紬「もちろん産地直送ですよ」

    紬「そして送られてきた砂糖を我が家で眉の形に加工し、毎日取り替えてるのです」

    唯「ふむ…しかし何故…?」

    紬「非常事態はいつくるかわからないじゃない」

    唯「なるほど」
----
522 :支援代わりにゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/22(水) 00:46:48.55 ID:aSR+55BB0
    唯「ゆいのどなんて書いてる場合じゃねえ!」

    梓「誰に言ってるんですか」

    唯「いや、ちょっと心の中の自分に」

    梓「そうですか……ところで、ゆいのどってなんですか?」

    唯「へ? それは、その……」

    梓「まさかまた浮気ですか?」

    唯「ち、違うよぉ」

    梓「ならいいです」

    唯「えっ」

    梓「のどかさんを拷問するだけですから」

    唯「なにそれこわい」


----
530 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/22(水) 00:51:42.76 ID:aSR+55BB0
    唯「わいは世界一やでー!」

    ばこっ

    梓「さっきからテンションがおかしいですよ」

    唯「うぅ~いたいよぅ……」

    梓「自業自得です」

    唯「うったえてやるっ」

    梓「えっ」

    唯「慰謝料請求しちゃうもんねっ」

    梓「なにそれこわい」


----
533 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/22(水) 00:54:00.16 ID:aSR+55BB0
    唯「そろそろ眠くなってきました」

    梓「寝たら死にますよ」

    唯「えっ」

    梓「それは嘘としても、リアルタイムで読めなくなりますよ」

    唯「それは困りますね」

    梓「でしょう?」

    唯「こうなったら今日は寝ません」

    梓「それはしなくていいです」

----
536 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/22(水) 00:56:34.45 ID:aSR+55BB0
    唯「イナゴが食べたいです」

    梓「そうですか、では」

    がさっ

    梓「これをどうぞ」

    唯「これは何でしょう」

    梓「見たとおり、ゴキブリですが」

    唯「私はイナゴを頼んだの!」

    梓「えっ」

    唯「えっ」

    梓「すみません素で間違えました」

    唯「つかれてるんだね……」
----


542 :支援代わりに単発ゆいあずとか ◆/BV3adiQ.o :2009/07/22(水) 01:00:13.10 ID:aSR+55BB0
    唯「監禁についてどう思いますか」

    梓「人としてやってはいけないことでしょう」

    唯「ふむ」

    梓「だいたい対象の自由を奪うなんて人権を侵害しすぎですよ」

    唯「では聞きたいのですが」

    梓「なんでしょう」

    唯「どうしてあなたは私を監禁しているのでしょう」

    梓「いやですね、ちょっとした愛情表現じゃないですか」

    唯「なにそれこわい」

----

550 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/07/22(水) 01:06:45.39 ID:064KPXqOO
    毎夜恒例
    こんなけいおん!は嫌だその5

    唯「憂~ごはんまだ~?」

    憂「もうちょっと待っててね!」

    トントントントン

    1時間後

    唯「う~い~」

    憂「もうちょっと待っててね!」

    ザクザクザク

    4時間後

    唯「ぅ…ぃ…」

    憂「もうちょっと待っててね!」

    ぐつぐつ…

    憂の手際がやたら悪い

----

555 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/07/22(水) 01:09:46.17 ID:064KPXqOO
    こんなけいおん!は嫌だその7

    唯「憂~ごはんまだ~?」

    憂「もうちょっと待っててね!」

    トントントンザク

    憂「いたっ!指切っちゃった…」

    唯「う~い~」

    憂「これ煮込んだら出来上がりだよ!…ってヤダ!焦がしちゃった!」

    唯「ぅ…ぃ…」

    憂「お待たせお姉――つるっ

    がしゃん

    憂がとにかくおっちょこちょいだ

    …あれ?なんかこれならいい気が…?

----
630 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/22(水) 07:01:21.88 ID:05EN2zhXO
    さて…保守代わりに唯紬でも


    唯「わ~、これおいし~い」モキュモキュ

    紬「唯ちゃんだめよ、おしゃべりしながら食べちゃ…ほらほら」フキフキ

    唯「んん…わ、わざとやってるんだよ?」

    紬「どうして?」

    唯「だって、ムギちゃんと触れあえるんだもん!」

    紬「………まぁ////」ポッポ

632 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/22(水) 07:08:20.25 ID:05EN2zhXO
    もちろん単発ネタなので続きはない

    紬「よいしょ、よいしょ…」ペタペタ、パンパン

    唯「ムギちゃん、またものすごいお城ができてるよ…ガウディさんみたい~」

    紬「熱中しすぎるとこうなっちゃうのよねぇ」

    唯「こんなお城に住めたらいいよね!」

    紬「うーん、でも…これは一人じゃ大きすぎるわ…」

    唯「違うよ、二人で暮らすんだよ?ムギちゃんと私で!」

    紬「…………まぁ////」ピジョン

633 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/22(水) 07:12:49.18 ID:05EN2zhXO
    唯「うーん眠たい…」ムニャムニャ

    紬「あらあら、毛布掛けてあげるわね」

    唯「ムギちゃん膝枕してぇ~」

    紬「しょうがないわね、はい」

    唯「ありがとう…うふふ、柔らかくてあったかあったか♪」

    紬「唯ちゃんったら////」

    唯「ムギちゃんの子守歌も聴きたいなぁ…ムギちゃん、だいすき!」

    紬「…………まぁ////」ピジョット

634 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/22(水) 07:31:23.49 ID:05EN2zhXO
    唯「ムギちゃんムギちゃん~」ベタベタ

    紬「もう…唯ちゃんは甘えんぼさんね」

    唯「うん!ムギちゃん大好きだもん!かわいいし!」

    紬「ほ、誉めても何も出ないわよ////」

    唯「そんなこと言いつつ、手が新しいケーキのほうにのびていってるよ?」

    紬「………唯ちゃんったら////」カァッ

----
894:ハートのキング ◆wYFB8z4udM  :07/16(木) 21:10:20.43 ID:wkhyOVHO0 (43) ID AA
やっぱ食べ物は最終的には食わないとな

895:パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :sage:07/16(木) 21:11:21.85 ID:UAqM3VzV0 (47) ID AA
↑ぷぷぷ

896:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:11:43.34 ID:0PgUzAe+O (92) ID AA
↑ぷぷぷ

897:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:11:52.92 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
 >>894
つまりおまいさんと麦茶がぐふふ

898:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/16(木) 21:12:40.55 ID:MFgUZnOBO (53) ID AA
 >>887


899:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:12:53.00 ID:IwLQDGjuO (18) ID AA
どっちが攻めよ?

900:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:13:55.24 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
ここは年上のお兄様がリードしてやらないと、な?
 >>902

901:パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :sage:07/16(木) 21:14:27.61 ID:UAqM3VzV0 (47) ID AA
 >>899
気になるところだな

902:ハートのキング ◆wYFB8z4udM :07/16(木) 21:14:48.58 ID:wkhyOVHO0 (43) ID AA
どうしてこうなった どうしてこうなった(AAry

903:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:15:02.07 ID:0PgUzAe+O (92) ID AA
一番は麦茶×えろびじゃね?
それかムギ×えろび

904:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:15:42.70 ID:0PgUzAe+O (92) ID AA
 >>902
またまたおめでとう

905:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:16:02.20 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
 >>902
おまいさんなかなか乗り気だな

906:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/16(木) 21:16:15.94 ID:MFgUZnOBO (53) ID AA
 >>903
だめええ!ムギちゃんだけは!ムギちゃんだけは!

907:パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :sage:07/16(木) 21:16:22.08 ID:UAqM3VzV0 (47) ID AA
俺達の連携最強すぐるww

908:ハートのキング ◆wYFB8z4udM :07/16(木) 21:17:12.76 ID:wkhyOVHO0 (43) ID AA
 >>904
うおおおおおあああ!!!!

909:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:17:27.68 ID:0PgUzAe+O (92) ID AA
 >>906
いいじゃん
お前はハトキンのものだろ?

910:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :sage:07/16(木) 21:18:25.00 ID:IwLQDGjuO (18) ID AA
早くエロ入れよ

911:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :sage:07/16(木) 21:19:25.35 ID:MFgUZnOBO (53) ID AA
 >>909
違うんだよ!
俺には琴吹紬というフィアンセが!!

912:ハートのキング ◆wYFB8z4udM :07/16(木) 21:20:38.56 ID:wkhyOVHO0 (43) ID AA
ガチホモの流れを断ち切れるのはえる☆びおれだけだ!

 >>911
あたしゃりっちゃんをもらっていくよ

913:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:20:44.27 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
 >>910
 >>913が書いてくれるそうです

917:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:25:00.84 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「な、なんだこいつら……頭沸いてるのか?」

鳩金「……」

麦茶「鳩金……?」

鳩金「……安価ならしょうがない」

麦茶「へ? 何言って……おい! 何やってんだよ!?」

鳩金「……安価行動」

麦茶「安価行動って……そんなの実行する必要ないだろ!?」

鳩金「……駄目だ。俺は誠実な人間なんだ。ここで嘘を吐くわけにはいかない」

麦茶「そんなところで誠実にならなくても――んぅ!?」

923:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:31:21.90 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……ふぅ」

麦茶「……は、鳩金……」ぽー

鳩金「まだまだ足りないみたいだ」

麦茶「へっ……?」

鳩金「……しゃぶれよ」

923:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:31:21.90 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……ふぅ」

麦茶「……は、鳩金……」ぽー

鳩金「まだまだ足りないみたいだ」

麦茶「へっ……?」

鳩金「……しゃぶれよ」


928:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:35:14.70 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「えっ」

鳩金「……だから、俺のナニをしゃぶれよ」

麦茶「なにそれひわい」

鳩金「……さっさとしろ」グイッ

麦茶「あっ」

鳩金「……さあ」

麦茶「う、うん……。ちゅぱ……」

鳩金「……」

麦茶「ど、どう……?」

鳩金「……ぜんぜん駄目だな」

931:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:38:51.74 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「そ、そんな……」

鳩金「何だそれは。お前は咥えるだけしかできないのか?」

麦茶「そ、そんなこと言われても……」

鳩金「全然気持ちよくないぞ。これならまだぱんつの方がマシだ」

麦茶「ぱ……ぱんつって?」

鳩金「……俺の弟だ」

麦茶「お、弟のほうが気持ちよかったってどういう――んっ」

鳩金「……さっさと続けろ」

937:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:43:18.03 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶(お、弟君なんかには負けてやらないんだから……!)

鳩金「……おっ」

麦茶「ちゅぱ……むぐ……ぺろ…………ん、どう?」

鳩金「……やればできるじゃないか」

麦茶「でしょでしょ? 弟君より上手いよね?」

鳩金「……かまわんつづけろ」

941:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:46:51.45 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶(……なんだかおっきくなってきた……)

鳩金「……」

麦茶「で、でるときは言ってね……?」

鳩金「……ああ」

麦茶「ん、ありがとう……ちゅぱ、ぺろ……」

がるーら「WAWAWA忘れ物――んあ!?」

麦茶「えっ?」

鳩金「……お?」

がるーら「――し、失礼しましたーー!!」

945:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:52:14.60 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「……ど、どうしよう……」

鳩金「……続けろ」

麦茶「で、でも……ここ教室だしまたあいつみたいなのが来るかも――むぐぅ!?」

鳩金「……それがどうした」

麦茶「……な、何でもありません」

麦茶(……どうしてだろう……。何だか鳩金に逆らえないや……)

鳩金「……そういえば、ふぇらは素人同士だと気持ちよくないのが定説だが、お前はどうしてそんなに上手いんだ?」

麦茶「えっ……?」

鳩金「……答えろ、誰とやったんだ?」

麦茶「……え、えろびでお屋さんと……やりました」

950:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:54:35.20 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……」

麦茶(ど、どうしよう……やっぱり、怒った……かな)

麦茶「あ、あの――」

鳩金「……何度やったんだ?」

麦茶「え?」

鳩金「……何度そいつとやったのかと聞いている」

955:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 21:59:56.32 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「こ、この前のオフで一度だけ……」

鳩金「……一度だけでそんなに上手くなるのか」

麦茶「し、しらないよぉ」

鳩金「……存外素質があるのかもしれないな」

麦茶「そ、素質?」

鳩金「……磨いてやれば売りに出せるかもしれない」

麦茶「う、売りにって……」

961:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:05:06.12 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……しかし、いくらなんでも上手すぎるな」

麦茶「へ?」

鳩金「……お前、それ以前にも経験したことがあるだろう?」

麦茶「な、無いよ……そんなの」

鳩金「……俺の前に嘘が通用すると思うなよ」

麦茶「……し、したことがある……です」

鳩金「……やはりな。で、いつ、誰とやったんだ?」

麦茶「中学校のときに、こま良をリーダーとする不良に輪されました」

鳩金「……全員の名前を言え」

麦茶「……こま良と焼却炉、そして鶏肉の三人です」

967:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:09:59.46 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……一気に3人とか……」

麦茶「ご、ごめんね……? 隠してた訳じゃないんだけど、嫌われたくなくて……」

鳩金「……気にするな。俺もそういう時期があった」

麦茶「へ、そ、そうなんですか?」

鳩金「……ああ、小学校のときに近所の高校生に輪されてな」

麦茶「く、kwsk聞いても、いいですか?」

鳩金「……名前だけだが」

麦茶「かまいません!」

鳩金「……なまこをリーダーとして下に人食、天倉澪の二人がついていた」

978:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:14:37.33 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「そ、その三人はどうなったんですか?」

鳩金「……どう、とはどういうことだ」

麦茶「小学生を犯したら立派な強姦罪じゃないですか。捕まってもおかしくないでしょう!?」

鳩金「……あぁ、現行犯逮捕されてたよ」

麦茶「そ、そうだったんですか……よかった……」

鳩金「……だが、その3人は二ヶ月ほど前に脱獄した」

麦茶「え!?」

983:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:19:08.96 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……したのだが、下っ端二人は一週間ほど前に急死していたな」

麦茶「急死!?」

鳩金「……ああ。詳しいことはググれば見つかるだろう。何せあいつらは有名だからな」

麦茶「わ、わかりました。……で、でも、リーダーのなまこって人は……?」

鳩金「……わからない」

麦茶「わ、わからないって……」

鳩金「……だが、少し前に範記二級に受かっているところを見つけたことはあるな」

麦茶「え!? そ、それでどうしたんですか!?」

鳩金「……どうしたもこうしたも、逃げたに決まっているだろう」

麦茶「逃げたんですか?」
995:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:24:14.59 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
鳩金「……当たり前だ、何せやつには一番やられたのだからな」

麦茶「すみません、軽率でした。……あれ、でも表に出ても大丈夫だったんですか? そのなまこって人」

鳩金「……おそらく、バックに機関のものがついているのだろう」

麦茶「機関?」

鳩金「……ああ。忌まわしき機関、カノッサだ」



998:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :07/16(木) 22:25:13.93 ID:ZNNb0V+h0 (60) ID AA
麦茶「――はっ!? ……なんだ夢か」

鳩金「ずいぶんとよく寝ていたのだな」

麦茶「えっ」



Fin
----