※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

457 :ゆいのどであいすのリメイクとか ◆H3B0wWBnHk :2009/07/21(火) 23:56:27.48 ID:qwjSPNFt0
 ある晴れた日。
「やっぱりぱふぇはおいし~ね~」
「そう」
 私は唯と一緒に喫茶店へと来ている。
「のどかちゃんは食べないの?」
「私はおなかが空いてないから」
 ほんとはダイエット中だからだけど。
「そうなんだ~」
 ぱくぱく。
 ほんとによく食べる子ね……。
「そんなに食べてよく太らないわね」
「うん? 私、太らない体質なんだよ~」
 えっへん。
 そう言って胸を張る。でもそんな貧弱な胸を張られてもどう反応すればいいやら……。
481 :ゆいのどであいすのリメイクとか ◆H3B0wWBnHk :2009/07/22(水) 00:21:51.41 ID:aSR+55BB0
「でも、確かにその体は羨ましいわね」
 胸が小さいのが残念だけど。
「そう?」
「そうよ……っていうか本当に太らないんでしょうね」
 確かめてみよう。
 ぷにぷに。
 あ、やわらかい。
「あふっ……のどかちゃん何してるの~?」
「や、ちょっと確認を」
 ぷにぷにぷにぷに。
562 :ゆいのどであいすのリメイクとか ◆H3B0wWBnHk :2009/07/22(水) 01:14:40.61 ID:aSR+55BB0
 やわらかい、だけど別に太っているわけじゃない。
 指にフィットするような優しいやわらかさだ。
「ひゃっ、くすぐったいよぉ……」
「あら、ごめんね」
 でもやめない。
 ぷにぷに。
「ひゃっ」
 ……んー、おなかにもちょっと飽きてきたわね……。
「こ、今度はどこを――ひゃあっ」
 すりすり。
 おお、これは……。

570 :ゆいのどであいすのリメイクとか ◆H3B0wWBnHk :2009/07/22(水) 01:33:43.81 ID:aSR+55BB0
 吸い付くような肌触り。
 瑞々しい、まさに女子高生のふとももだった。
「の、のどかちゃん……」
 うるうる。
 頬は赤く染まり、吐く息は熱っぽい。
「あんたもしかして……」
 ――その後の言葉は紡げなかった。
「むぐっ!?」
 がばっ。
 突然、唯が唇を押し付けてきたせいで。

969 :ゆいのどであいすのリメイクとか ◆H3B0wWBnHk :2009/07/22(水) 20:22:40.72 ID:aSR+55BB0
「ん……ちゅる」
「むぐう!?」
 おまけに唇を割って、口内に舌が侵入してきた。
「んっ……」
「え……?」
 だけど、それは私の舌と一回だけ絡むとすぐに離れていってしまった。
「どう、だった……?」
「どうって……」
 正直、まだもの足りな――って何考えてるのよ私!?
 どきどき。
 ああ、この感覚は久しぶりだわ……。
「その、おいしかった……?」
「――えっ?」
 そんなことを考えていたせいで、反応が遅れてしまった。
「だから、パフェおいしかったかなーって……」
「え、あ、ああ……」
 あ、ああ、パフェか……。
 そういえばそんな感じの味もしてたわね……。
「ど、どうだった?」
「おいしかったわよ」
 唯が。
「ほんと!? よかったぁ~」
 にこにこ。
 ……ま、まだこの関係で充分かしらね。



Fin