※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

508 :ゆいういであいすとか ◆Z/Yf8N8jXI :2009/07/23(木) 14:46:36.25 ID:OQO1NHFH0
 ある晴れた日。
「やっぱりあいすはおいしいなぁ~」
「そうだね~」
 私はお姉ちゃんと一緒に喫茶店に来ている。
「これなら何個だって食べられそうだよ~」
「あはは、お姉ちゃんほんとにアイス大好きなんだね~」
「世界で3番目に大好きなんだ~」
「あれっ、そうなんだ」
 てっきりアイスが1番かと思ってたのに……。
「それじゃ、2番目は何なの?」
「2番目はギー太だよ~」
「あはは、ほんとに大事にしてるもんね~」
 服を着せたり添い寝したりしてるし。
「それじゃ、1番目は――」
「1番目は憂だよ~」
「――えっ」
 私が言い切る前に、お姉ちゃんに告白をされた。
 どきどき。
 思いがけないお姉ちゃんの言葉に、心臓の鼓動が速くなる。
510 :ゆいういであいすとか ◆Z/Yf8N8jXI :2009/07/23(木) 14:48:24.40 ID:OQO1NHFH0
「それって、どういう意味……?」
「もちろん、憂が世界で一番大好きって意味だよっ!」
 ぎゅっ。
 そう言うと、お姉ちゃんは私を抱きしめてきた。
 どきどきどきどき。
 久しぶりの抱擁に心臓の鼓動がますます速くなる。
「お、お姉ちゃん……」
「本当に、憂が妹でよかったよ」
 ぎゅうっ。
 さらに強く抱きしめられる。
「私、何もできないだめだめなお姉ちゃんだから……」
「そ、そんなことないよ」
 お姉ちゃんと一緒にいられるだけで幸せだもん。
「でも……」
「お姉ちゃんは、ちょっと勘違いしてるんじゃないかな」
「えっ?」
 お姉ちゃんがふと顔を上げた隙に――
 ちゅっ。
511 :ゆいういであいすとか ◆Z/Yf8N8jXI :2009/07/23(木) 14:49:07.53 ID:OQO1NHFH0
「……へっ?」
「えへへ~」
「え、な、今のって……?」
「ちゅう、だよっ」
 何をされたのか理解できていないお姉ちゃんに、教えてあげる。
 すると――
「ちゅちゅちゅちゅうっ!?」
 途端に顔を真っ赤にしてあたふたとし始める。
 ……かわいい。
「そうだよ~」
「そうだよって、そんな簡単に……」
 あたふた。
「ふふっ、お姉ちゃんかわいい~」
 なでなで。
「ふしゅぅぅぅぅ……」
 あ、顔から湯気が出てる……。
「今のはお姉ちゃんに対する感謝の気持ちだよ?」
 なんだか真に受けてるような気がするから教えてあげる。
「へ?」
「私は、お姉ちゃんと一緒にいられるだけで幸せなんだ~」
 だから、お姉ちゃん――
「――これからも、私のお姉ちゃんでいてくれるよね?」
「――うんっ」



Fin