※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:05:33.10 ID:jNpGLKSS0
唯「でも、まずなにをすればいいんだろう……」

澪「うーん、こんなの病院いってもわからないだろうしな」

紬「切るとか?」

唯「ひぃ!い、痛い!」

律「おいおい……」

澪「急に生えたんだし、何かすればまた消えるんじゃないか?」

律「よーし、それならまずアレをやってみるか!」

唯「あれ?」
174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:15:06.39 ID:jNpGLKSS0
律「潰すんだよ!」

唯「え、えぇ!?」

律「澪!」

澪「ごめんな、これも梓のためだ」ガシッ

唯「い、いやぁ!!」

律「それじゃあいくぞー、えいっ!」グニ

唯「あふ!?」

紬「えいっ♪」グニィ

唯「ひぎぃ!」
175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:18:31.01 ID:jNpGLKSS0
律「踏むの初めてだけど、なかなか柔らかいな!」グニグニ

紬「そうですね、あら?固くなってきた」

唯「ふあぁ……」ビクビク

澪「おいおい、踏まれてるのに興奮してるぞ」

唯「だ、だってぇ……前にあずにゃんにやられて……」

律「梓は軽いからなぁ、私たちなら梓よりは重いし、潰せるかもな!」

紬「そうですね♪」グニグニ

唯「ひああ!」
179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:21:34.32 ID:jNpGLKSS0
そして

唯「ふあ……もうらめ……」ビクンビクン

律「うーん、結局射精しまくって終わりか」

紬「唯ちゃんマゾだったのね」

澪「他の手を考えないとな」

唯「き、今日はもういいよ……」

律「だめだ!一刻も早く梓を戻さないと!」

紬「そうね、やっぱり切るしか……」

澪「あ、そうだ!アレなんてどうだ?」
187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:29:08.43 ID:jNpGLKSS0
澪「引っこ抜いてみよう!」

唯「も、もう痛いのは嫌だよう……」

律「梓のためだ、ムギ!」

紬「我慢してね、唯ちゃん♪」ガシッ

唯「うぅ……」

澪「いくぞ?えい!」グイッ

唯「い、痛い!ホントに痛いから!」

律「澪は力ないんだよ、私にまかせろ!」

唯「ひえぇ……」
188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:31:18.23 ID:jNpGLKSS0
律「えいや!ふん!」グイグイッ

唯「も、もげる~!」

澪「もげていいんだよ」

律「う~ん……澪!手伝ってくれ!」

澪「あぁ、いくぞ!」グイー

唯「あぐぅー!」ビュルルル

紬「何されても出ちゃうのね」

律「ぷへっ!口に入った……!」

澪「取れないなぁ」
190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:34:02.28 ID:jNpGLKSS0
唯「ほ、他の方法にしようよ、ね?」

澪「そうだな、このまま取れても病院送りだ」

律「他に手はあるか?」

唯「もう痛いのはやだよ?」

澪「うーん……」

紬「じゃあ、アレしましょう?」
200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:38:53.68 ID:jNpGLKSS0
紬「澪ちゃんに入れてみましょう♪」

澪「は、はぁ!?なんでそうなる!!」

律「ここは梓のために耐えてくれ……」

唯「そういえば憂とあずにゃん以外に入れたことないや!」

澪「やだやだ!は、初めてなんだよ!」

律「唯ならいいだろ、さぁ!」ガシッ

紬「足開いて♪」

澪「いやぁあ!」
201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:41:07.66 ID:jNpGLKSS0
唯「澪ちゃん!いくよ!」

澪「やだぁ!」

唯「よい、しょ……」グニグニ

澪「ひぃ!?」

唯「入らない……」

律「そっか、濡れてないもんな」

紬「まず前戯ね♪」

澪「ちょ、なにするんだ!」

唯「おまんこもほぐさないとね」
204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:44:44.48 ID:jNpGLKSS0
唯「ほら澪ちゃん、気持ちいい?」

澪「や、やだ……!」

律「流石に梓のいじってただけあって慣れてるな!」

紬「じゃあ私は胸を……」プチプチ

澪「ぬ、脱がせないでぇ……」

律「まったく、うらやましい胸だよ」ムニ

澪「や、律ぅ……」

紬「きれいな乳首♪」プニプニ

澪「む、ムギまで!」
206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:46:38.66 ID:jNpGLKSS0
唯「澪ちゃん、濡れてきたよ!」

澪「い、言うなぁ!」

律「じゃあそろそろ入れるか」

紬「そうね、唯ちゃん」

唯「うん!」

澪「ま、まって!」

唯「澪ちゃん?」

澪「先に……ちゅーがいい……」

律「まったく……ほら唯、ちゅーだってよ」
207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:48:41.85 ID:jNpGLKSS0
澪「ち、違くて……律の……」

律「わ、私!?」

紬「あらあら♪」

澪「いいでしょ……律……」

律「ま、まぁ……澪にこんなことさせてるんだし……いいぞ」

唯「まだー?」

澪「んっ……」チュッ

律「ふぅ……これでいいか?」

澪「うん……律、手握ってて」
210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:51:07.90 ID:jNpGLKSS0
律「……わかったよ」

澪「えへ、律だと思えば怖くないから……」

律「へ、変なこと言うな!まったく……」

紬「唯ちゃん、いいわよ」

唯「いくよ……」ズプリ

澪「い、いたっ……!」

律「大丈夫か?」

澪「う、うん……続けて」

唯「ふわぁ……久しぶりのおまんこ……それも初めての」
211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:53:33.57 ID:jNpGLKSS0
澪「んっ……!んあ……!」

唯「気持ちいいー……」パンパン

律「……」

澪「り、つ……!気持ちいいか……?」

律「へ?あ、あぁ……たぶん」

澪「よか、った……!あぁ……!」

紬「どうしてこうなった」

唯「そろそろ出すよー」

澪「律……!きて!」
214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:57:25.98 ID:jNpGLKSS0
唯「うっ」ドビュルルルr

澪「ふあ……出てる……」

律「がんばったな、澪」

澪「うん……」

唯「ふぅ~、気持ちよかった~」ズル

紬「取れないわねぇ」

律「まぁ、これで取れるんならとっくにないだろうな……」

澪「そ、そんなぁ……なら私はなんで……」

唯「運命だよ!澪ちゃん!」
216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 10:59:38.72 ID:jNpGLKSS0
唯「う~ん、他に手は……」

律「澪はダウンしちゃったし」

紬「どうしようかしら……」

ガチャ

さ「話は聞いたわよ!」

唯「さわちゃん!?」

律「なにかアイディアがあるのか?」

さ「ふっふっふ……アレよ!」

律唯紬「!?」
223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:05:19.89 ID:jNpGLKSS0
さ「性転換で男になっちゃえばいいじゃない!」

律「それじゃ意味ないだろ……」

唯「バカだなぁ、おちんぽを取る話してるんだよ?」

紬「ホント、使えませんね」

さ「……」

ガチャ

和「失礼……って唯、なにしてるの!?」

唯「あ、和ちゃ~ん!」
224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:10:13.47 ID:jNpGLKSS0
和「い、いいからおちんぽしまいなさい!」

律「そうだ和、おちんぽを消す方法を考えてるんだけど、なにかいいアイディアないか?」

和「え?うーん……そうね」

紬「潰そうとしても引っ張ってもだめでした」

唯「痛いのはやだよ~」

和「……そうね、アレをしてみましょう」
239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:20:16.12 ID:jNpGLKSS0
和「……噛み切りましょう」

唯「痛いのやだっていったのに!?」

律「しょうがない、手段は選んでられないよ」

紬「そうね、我慢してね?」

唯「うぅ……」

律「……で、誰がやるんだ?」

紬「私は遠慮しておきます……」

和「わ、私も忙しいし、帰るわね……」

律「ちょっとまて~い!」
243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:24:06.50 ID:jNpGLKSS0
和「な、なに!?離して!」

律「お前が言ったんだからお前がやれ!」

和「い、いやよ!」

紬「唯ちゃんと梓ちゃん……そして軽音部のためです、頑張ってください」

和「知ったこっちゃないわよ!」

律「抵抗するな!おりゃ!」ガポ

和「むぐっ!?」

唯「あ……和ちゃんのお口……」

紬「さ、噛み切ってください!」
245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:27:13.26 ID:jNpGLKSS0
和「ん~っ……!」ガリガリ

唯「い、痛!?痛い痛い!」

律「我慢だ唯……!」

紬「すぐに終わるわ……」

和「ん……!」カリッガリ

唯「い、いたいー!」

和「……!」ガリッ!

唯「あああああああああ!!」ドビュルビュビュビュル

和「……!?」
246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:29:30.41 ID:jNpGLKSS0
和「ぷはっ……!ゲホッ!」

唯「はぁ……はぁ……」

律「和!出して柔らかくなった今がチャンスだぞ!」

紬「がんばって!」

和「うっ……」チラ

唯「うぅ……痛いよう……やだよう……」ポロポロ

和「……で、できないわ……」

律「和!?」

和「こんな痛そうな唯見れない!!」タタタ
248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:31:47.99 ID:jNpGLKSS0
律「い、行っちゃった……」

紬「じゃあ……」チラ

律「う……こ、この方法はやめておこう……」

紬「そうね……」

唯「痛いよう……歯形ついちゃったよ……」

律「他に方法は……」

紬「そうだわ、憂ちゃん呼んでみましょう」

律「そうだな、唯呼べるか?」

唯「うん……ちょっとまってて」
249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:35:04.59 ID:jNpGLKSS0
憂「お姉ちゃん呼んだ?」

律「はやっ!?」

紬「憂ちゃん、唯ちゃんのおちんぽを消す方法を考えていたんだけど……」

憂「……なんですって」

唯「おちんぽ消したいんだよ~」

憂「なんで!?そのままでいいじゃない!」

律「う、憂ちゃん?」

憂「嫌だよ!おちんぽがなくなったらお姉ちゃんとセックスできないじゃない!」

唯「憂……」
250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:37:41.13 ID:jNpGLKSS0
憂「私はもうお姉ちゃんのおちんぽミルクなしじゃ生きていけないの!」

憂「最近はしてくれないから……朝お姉ちゃんが起きる前にしてたんだよ……」

唯「そ、そうだったんだ」

律「なんてこった……」

紬「調教されきってるわね……」

憂「とにかく!私は協力しないからね!」

唯「憂……お願いだよ……」

憂「そ、そんな顔してもダメ!」
253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:41:05.82 ID:jNpGLKSS0
唯「じゃあ……明日1日だけ、ずっと憂としてあげるから!」

唯「それならいいでしょ……?」

憂「う……で、でも……」

律「憂ちゃん、唯のお願いきいてあげてくれないか?」

紬「お願い、憂ちゃん……」

憂「……わかりました、そのかわりお姉ちゃん、約束だよ……」

唯「うん!」

律「それじゃあ今日はこの辺にしとくか」

唯「うん、今日はみんなありがとう!」
255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:46:25.25 ID:jNpGLKSS0
翌日

憂「お姉ちゃん起きて!」

唯「う~ん……いま何時……?」

憂「朝の4時だよ」

唯「ふぇ……?なんでそんな時間に……」

憂「お姉ちゃんのおちんぽはもう今日1日しか味わえないんだから、今から日付変更ギリギリまで付き合ってまらうよ」

唯「うぅ……でも眠いよ……」

憂「じゃあ眠気覚ましにまず……」
266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:52:40.56 ID:jNpGLKSS0
憂「おいしょ、まずお姉ちゃんをマングリさせて……」

唯「……zzz」

憂「いっくよー」シュッシュッ

唯「うーん……んん……」

憂「それそれ」

唯「あ……あふ……」

憂「もうちょっとかなぁ」

唯「あ、あうう!」ドビュビュルルビシャア

唯「ぷはぁ!?」
267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:55:08.13 ID:jNpGLKSS0
憂「おはよう、お姉ちゃん♪」

唯「うーん……ひどいよ憂ぃ……」

憂「お姉ちゃんが起きないからだよ」

唯「それでも……ふわぁ……」

憂「さ、起きてお姉ちゃん!」

唯「もう、少しぃ……」

憂「もー!起きてー!」

唯「うーん……」
268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 11:59:21.32 ID:jNpGLKSS0
憂「ほら、ちゃんと付き合ってくれないと協力しないよ?」

唯「うん……わかってるー……」

憂「もう!こんなんだから寝てる間にされても気づかないんだよ」

唯「ごめんー……」

憂「ほら、まず顔洗おう?」

唯「うん……もうちょっとしたらね……」

憂「待ってたら乾いてカピカピになるよ?」

唯「……zzz」

憂「……よーし、こうなったら……」
276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 12:07:39.25 ID:jNpGLKSS0
憂「ふふ、入れちゃうもんね……」

唯「……zzz」

憂「って、いつもと変わらないじゃない……」

憂「まぁいいか……んっ」ズブリ

唯「うーん……?」

憂「んっ……!あは……ほら、お姉ちゃん……!起き、て……!」

唯「はぁ……はぁ……」

憂「あん……!はぁ……!」

唯「うーん……ガバガバ……」
277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 12:10:52.07 ID:jNpGLKSS0
憂「……」ピクッ

憂「……なんですってー……」

唯「うぅ……ゆるいよぉ……」

憂「ゆ、許せない!」

憂「こうなったのはお姉ちゃんのせいなのにー!!」

憂「きついお仕置きが必要みたいだね……」

唯「……zzz」

憂「お、起きてどうなってても知らないんだから!」
287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 12:15:26.86 ID:jNpGLKSS0
憂「おいしょ、ベッドに縛り付けてっと……」

憂「ふふ、動けないでしょ?」

唯「……zzz」

憂「ふ、ふん!ホントにやっちゃうからね!」

憂「って、なにすればいいんだろう……」

憂「じゃあ……叩いてみよう」

憂「えーい!」バシン

唯「あうぅ!」ビクン

憂「ひっ!お姉ちゃんごめんなさい!」
290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 12:19:11.44 ID:jNpGLKSS0
唯「ふあ……」

憂「お、お姉ちゃん怒らないで……!」ビクビク

唯「……っと……」

憂「ひっ……」

唯「もっと……叩いてぇ……」

憂「……お姉ちゃんもマゾだったんだね」

憂「いいよ!叩いてあげる!」バシッバシ

唯「あう!あん!」
293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 12:22:27.32 ID:jNpGLKSS0
唯「あ、あずにゃーん!」

憂「……」

憂「こ、この……」

憂「ばか!お姉ちゃんのバカ!」バシバシバシ

唯「ふいぃ……!」

憂「はぁ……はぁ……」

唯「うーん……あぁ……」ビクンビクン

憂「……ふぅ、お姉ちゃん感じちゃってるんじゃお仕置きにならないね」

憂「もういい、お仕置きは終わり」
297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 12:25:26.95 ID:jNpGLKSS0
唯「うぅ……あれ?憂?」

憂「あ、起きたねお姉ちゃん」

唯「うん……あれ、動けない?」

憂「起きないから、縛っちゃったよ」

唯「ど、動機がよく分からないけど……ほどいてよう」

憂「だめだよ、今日はずっと私の言うこと聞いてもらうんだから」

唯「う、うん……・わかった」

憂「さて、次はなにをしようかな……ん?」

唯「な、なに?」
300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 12:27:47.51 ID:jNpGLKSS0
憂「お姉ちゃん……なにもじもじしてるの?」

唯「は、裸だから寒いんだよ!」

憂「……嘘」

唯「嘘じゃないよ……」

憂「お姉ちゃん、トイレでしょ?」

唯「……!」

憂「お姉ちゃん起きたらまずトイレいくもんね……」

唯「わ、わかってるならほどいてほしいなー……なんて」

憂「だめだよ」
303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 12:30:46.69 ID:jNpGLKSS0
憂「決めた!お姉ちゃんがおもらしするまで、観察してよう!」

唯「そ、そんなぁ……」

憂「こんなチャンス、滅多にないもんね♪」

唯「うぅ……」

憂「うふふ、楽しみ~」

唯「ま、まだまだ平気だもん!見てる間に一日が終わっちゃうかもよ?」

憂「それならそれでいいよ~」

唯「うっ……ほどいてよ~!」

憂「暴れたら漏れちゃうよ?私は構わないけど♪」
306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 12:36:44.43 ID:jNpGLKSS0
そして

唯「うぅ~……」モジモジ

憂「お姉ちゃんまだ~?」

唯「ま、まだまだだもんっ……!」

憂「……う~ん、流石に時間ももったいないなぁ」

唯「そ、そうでしょ?ならほどいて……」

憂「出させちゃおう!」

唯「へ……あの、憂さん……」

憂「いくよ~」
310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 12:45:10.91 ID:jNpGLKSS0
憂「それ、こちょこちょ~」

唯「うひ!?や、やだ!あはは!」

憂「さ、出しちゃっていいよ~」

唯「や、やだもん!ひひ、むむむ……」

憂「しぶといなぁ、えいっ」

唯「ふあ!膀胱押さないで……!」

憂「それそれ」

唯「げ、限界ぃ……!」

プシャアァァァ
325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 13:36:24.01 ID:jNpGLKSS0
唯「ふわぁ……」チョロチョロ

憂「んむ……」ゴクゴク

憂「ぷは……すっごく濃いよ、お姉ちゃんのおしっこ」

唯「ば、ばかぁ……ナチュラルに飲まないでよう」

憂「ふふ、じゃあ汚れちゃったし、2人でシャワー入ろうよ」

唯「うん……・」

憂「はい、ほどけたよ、痛くない?」

唯「うん、大丈夫」

憂「よかった……じゃあ行こっか」
326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 13:38:48.61 ID:jNpGLKSS0
憂「じゃあ洗ってあげるよ、お姉ちゃん」

唯「え?い、いいよー」

憂「だめ、私の言うこときいて?」

唯「……わかった」

憂「じゃあまず背中からね」ゴシゴシ

唯「ふあー……気持ちいいよー」

憂「力加減大丈夫?」

唯「うん、ちょうどいいよ!」

憂「えへへ~」
327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 13:43:43.90 ID:jNpGLKSS0
憂「それじゃあ腕ね」

唯「なんか洗ってもらうっていいな~」

憂「頼めばいつでもしてあげるよ……はい、次お腹、バンザイして」

唯「ばんざーい……あはっ!くすぐったいよ~」

憂「我慢して、はいおっぱい」

唯「くふふ……くすぐったい……」

憂「はい、足伸ばしてー」

唯「はーい」

憂「……よし、それじゃ最後は……」ゴクリ
331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 13:48:32.80 ID:jNpGLKSS0
憂「お、おちんぽ、スポンジじゃない方がいいよね……」

唯「う、うん……私は手に泡つけて洗ってるよ」

憂「そ、そうなの……じゃあ私もそうするね」

唯「うん、お願い……」

憂「じゃあ触るよ?」

唯「……」

憂「……」コシコシ

唯「う、憂?そんな……擦んなくてもいいんだよ?」

憂「そ、そうなの?ごめんね、ほとんど大きい時しかいじんないから……」
338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 15:14:11.02 ID:jNpGLKSS0
憂「こ、こうかな……」

唯「うん、そんな感じ」

憂「……」コシコシ

唯「そ、そんなに念入りに洗わなくても……」

憂「そ、そうだよね!はは……」

憂「……それじゃ流すよ」ザバー

唯「ふぅー、気持ちよかった!」

憂「えへへ、良かった」

唯「それじゃあ次は憂を洗ってあげよう」
339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 15:17:06.46 ID:jNpGLKSS0
憂「えぇ?私はいいよ……」

唯「いいから!お姉ちゃんにまかせなさい」

憂「わ、わかった……」

唯「~♪」ガシガシ

憂「ちょ、ちょっと痛い、かな?」

唯「ご、ごめん!……こんな感じ?」ゴシゴシ

憂「うん、ちょうどいいよ」

唯「う~ん、憂みたいに上手く出来ないや」

憂「ふふ……」
340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 15:20:48.27 ID:jNpGLKSS0
憂「ホント、気持ちいいね」

唯「でしょー?はい、バンザーイして」

憂「ば、ばんざーい……」

唯「む……憂おっぱい大きくなった……?」

憂「え!?そ、そんなことないよ……」

唯「私よりもみごたえがあるような……」

憂「き、気のせいだよ~」

唯「そうかな……」

憂「そうそう!」
343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 15:22:57.48 ID:jNpGLKSS0
唯「まぁいいか……よし、だいたい終わったね」

憂「ま、まって!」

唯「うん?どっか洗ってなかった?」

憂「うん……一番大事なところ……」

唯「あ、あれ?どこだっけ……」

憂「ここ、だよ……」くぱぁ

唯「そ、そこは自分で洗って!」

憂「お姉ちゃんが洗って!」

唯「う……でも人のなんて洗ったことないし……」
344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 15:25:14.90 ID:jNpGLKSS0
憂「いい方法があるよ……」

唯「な、なに?」

憂「ほら、おちんぽに泡をつけて……」

唯「ま、まさか……」

憂「はい、入れていいよ……これで奥まで洗えるよ」

唯「やっぱり~……!」

憂「お姉ちゃん、はやく……」

唯「う、うん……」

唯「でもあんまり意味ないような……」ズブリ
345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 15:28:31.93 ID:jNpGLKSS0
憂「お姉ちゃん……!そこ、もっと洗って!」

唯「こ、ここ?」ズブズブ

憂「うん……!くぅ……!」

唯(やっぱり緩い……)

憂「お姉ちゃん……?」

唯「ちょっとまっててね?」

憂「う、うん……」


唯「おまたせ、ほらっ♪」

憂「なにそれ……」
346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 15:34:04.17 ID:jNpGLKSS0
唯「バイブだよ」

憂「な、なんでそんなものを……」

唯「うん、憂はガバガバだから2本くらい入れれるかと思って……」

憂「む、無理だよ!裂けちゃう!」

唯「やってみなきゃわからないよ!」

憂「わかるよ!って……やめてぇ!」

唯「よし、バイブは入ったね、んじゃ私も入れるよー」

憂「む、無理だってぇ!」

唯「ほっ」ズブ……
349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 16:02:55.66 ID:jNpGLKSS0
憂「はっ……!く、くるしい……」

唯「うーん、ちょっと微妙だけど、緩くはなくなったね」

憂「お姉ちゃん……抜いてぇ……」

唯「だめだめ、洗わなきゃね!」

憂「だ、だめぇ……」

唯「えいえい」ズップズップ

憂「ほ、ホントにもう無理ぃ……」

唯「もうちょっと頑張って!」

憂「あぁ……!」
352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 16:17:59.35 ID:jNpGLKSS0
唯「ん……あ、中で出しちゃまずいよね、どうしよう……」

憂「あう……!」

唯「じゃあ憂、飲んで!」

憂「え……?きゃあ!」

唯「うっ……」ビュルルルル

憂「んぐっ……」ゴクゴク

唯「ふぅ……、じゃあそろそろ出ようか」

憂「う、うん……ちょっと待ってね……」

唯「ご、ごめんね、やりすぎちゃった?」
354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 16:26:56.14 ID:jNpGLKSS0
憂「ちょっと苦しかったけど……無理やりされるのは気持ちいいから……」

唯「えへ、憂も変態だね」

憂「もう!お姉ちゃんのせいなんだよ!」

唯「ごめんごめん、それよりおなかすいたよー」

憂「あ、そういえば何も食べてないね、ちょっと待ってね!」

唯「パンよりお米がいいな~」

憂「ふふ、わかったよ」

唯「あ、でもパンもいいなー」

憂「もう!」