※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『和「唯が私から離れていく…」』というスレに投下されたものです
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1248091922/

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:12:02.37 ID:R+cIfYqWO]
ある日の朝

和「あ、唯!おはよう」

唯「和ちゃーん♪おはよう~」

和「あら?今日は憂ちゃん、一緒じゃないの?」

唯「うん、今日は日直の仕事があるんだって」

和「ふーん…」

和(そういえば…こうやって二人で学校行くのなんて久しぶりね…)
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:13:26.67 ID:R+cIfYqWO]
和「最近どう?軽音部でうまくやれてる?」

唯「うん、毎日楽しいよ!昨日も澪ちゃんに上達したって褒められたんだ~」

和「へー、なんだか充実してるみたいね」

唯「してるよー?あ、そうだ和ちゃん、今日一緒にお昼食べない?」

和「え、いいの?」
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:14:18.51 ID:R+cIfYqWO]
唯「もちろんだよ!澪ちゃんも一緒に教室来て?」

和「じゃあ…お邪魔しちゃおうかしら」

唯「しちゃってしちゃって!みんなでにぎやかに食べよ!」

和「うん、楽しみにしてるわ」

和(唯とお昼か…なんだかずいぶん久しぶりな気がするな…)
6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:17:41.81 ID:R+cIfYqWO]
昼休み

澪「和、お昼にしない?」

和「あ、お昼なんだけど、唯が一緒に食べないかって」

澪「そうだな…最近律たちと昼食べてなかったし、たまにはいいかもな…じゃあ行くか!」

和「あ、私職員室に寄るから先に行ってて?」

澪「わかった、また後でな」

和「ふふ、なんだかうれしそうね?律と一緒だから?」

澪「そ、そんなことない!」

和「わかったわかった、じゃあ後でね」
8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:21:36.80 ID:R+cIfYqWO]
和「話ってなんですか?」

教師「…真鍋さん、最近成績落ちたんじゃない?」

和「え…?」

教師「生徒会のことで忙しいのは分かるけど…このままじゃ希望の大学は厳しいわよ?」

和「はい…がんばります」
9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:24:42.44 ID:R+cIfYqWO]
和(はあ…確かに最近、勉強が大変になったかも…)

和「はーあ…」

和(なんか勉強とか生徒会のこととか…色々大変だな…)

和「あ、いけないいけない、こんな辛気臭い顔してたらみんなに悪いわよね」
10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:27:08.25 ID:R+cIfYqWO]
唯の教室

和「あ、いたいた…みんな遅くなってごめ…」

唯「…でさー、りっちゃんたら居眠りしちゃったんだよ?」

律「それ以上言わなくていい!」

澪「相変わらずだなお前は…」

紬「うふふ、りっちゃんらしくていいじゃない!」

唯「だよねー、あははは!」

和「……」ズキン

和(あれ…?)
11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:30:16.38 ID:R+cIfYqWO]
和「……」

和(やっぱりいいや、戻ろう…)

和(って、なんで私こんなコソコソしてるんだろ?…みんな待っててくれてたのに…)

和「あ、そういえば…」

和(唯って…あんなにしゃべってあんなに笑う子だったっけ…?前はもっとボーッとしてたのに…)
13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:33:04.55 ID:R+cIfYqWO]
澪「和、どうして昼休み来なかったんだよ?みんな心配してたぞ」

和「あ…ごめんなさい、先生の話が長くて」

澪「そうなのか…あ、唯が放課後音楽室に来てだってさ」

和「うん、わかったわ」

和(なんの用かしら?…なんかあまり行きたくないな…)
16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:36:11.44 ID:R+cIfYqWO]
放課後

和「…唯?今一人?」

唯「あ、和ちゃーん!んもー、昼休み楽しみにしてたのになんで来なかったの?」

和「ごめんちょっとね…それで、なんの用?」

唯「うん、今日部活終わったらみんなでお茶飲んでいかない?たまにはいいでしょ?!」

和「みんなでお茶…」
19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:39:20.18 ID:R+cIfYqWO]
和「…あのさ唯、二人じゃダメ?ちょっと話したいことがあるの」

唯「えー、どうして?大勢のほうが楽しいよ!」

和「ねえ、いいでしょ?どうしても二人で行きたいの!」

唯「う、うん…そこまで言うなら…わかったよ、じゃあ玄関のとこで待ち合わせね?」

和「うん、ありがと」

和(たまには唯と色々話そう…前みたいに二人で…)
21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:44:30.30 ID:R+cIfYqWO]
生徒会長「ちょっと真鍋さん!生徒会のアンケート、2年生の分まだ集まってないの?」

和「あ…すみません、もう少しなんですけど…」

生徒会長「それから部長会議のプリント作りだってまだでしょ?しっかりしてね?」

和「す…すみません…」

和(私…こんなに仕事できなかったっけ?)
26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:48:42.44 ID:R+cIfYqWO]
和「はあ…なんか疲れちゃった…」

和(…こうなったら、唯にとことん話聞いてもらわなきゃ!そうすれば、こんなモヤモヤも…)

唯「おーい!和ちゃーん!」

和「あ!遅いわよ唯…」
32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:54:03.06 ID:R+cIfYqWO]
律「おー和、おつかれー」

澪「今まで生徒会の仕事だったのか?お疲れさま」

和「う、うん…唯?なんでみんなが?」

唯「えへへ、ごめんね?
 和ちゃんとお茶するって言ったら、りっちゃんがみんなで一緒に行こうって」

律「和ー、二人だけじゃ盛り上がらないぞー?みんなでパーッとやろうぜ?パーッと!」

和「う…ん…」
33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 21:57:04.96 ID:R+cIfYqWO]
和(…なによ唯、あんなに二人で行こうって言ったのに…ちゃんと断ってよ…)

紬「でもみんなで行って大丈夫?」

和「え、ええ、構わないわよ?」

梓「律先輩、早く行かないと暗くなりますよ?」

律「よーし!じゃ行くか!」

唯「おーう!」

和「……」
35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:01:41.31 ID:R+cIfYqWO]
唯「…でね、りっちゃんたら午後にも居眠りしちゃったんだよ?もう先生カンカン!」

律「だー!もういいだろその話は!」

澪「懲りないヤツだなお前は…」

紬「りっちゃんたら、神経が図太いのね!」

梓「…それ、褒めてるんですか?」

和「……モグモグ」
37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:07:31.50 ID:R+cIfYqWO]
和(はぁ…全然会話に混ざれない…来るんじゃなかったかな…)

唯「あ、そういえばこないだのテスト結果返ってきたんだけど」

和「……!」

唯「ちょっとだけど成績上がったんだー」

律「へえ、ゆ、唯にしちゃすごいな」

澪「お前焦ってるだろ?」

律「んなこたない!」

和(そっか…唯、成績上がったんだ…私が教えなくてもできるのね…)
40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:11:54.25 ID:R+cIfYqWO]
紬「あらあら…でも頑張ったわね唯ちゃん」

唯「いやーそれほどでもあるよー」

律「ちょっとは謙遜しろ!ところで和はどうだった?」

和「わ、私!?え、ええと…」

唯「和ちゃんだったら大丈夫だよねー?」

和「…その…」
41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:17:06.19 ID:R+cIfYqWO]
和「い…いつもと…変わらなかったわ」

唯「そっかー…でも和ちゃんは完璧だもんね!勉強なんかちょちょいのちょいやで!」

律「そうだなー、和はしっかりしてるよな」

梓「唯先輩の幼なじみには思えないですよ」

澪「確かに…まったくの正反対だな」

唯「むー、あずにゃん澪ちゃん、どういう意味!?」

紬「あらあら怒っちゃった♪」

和「……」
43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:24:14.62 ID:R+cIfYqWO]
和「勝手なこと…言わないでよ…」ボソ

律「ん?なんか言ったか?」

和「…ごめんなさい、私もう帰るわね」

唯「え、もう?まだいいでしょ~?ケーキ食べようよ~」

和「帰るって言ってるでしょ!?」

唯「…!?」
44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:26:21.27 ID:R+cIfYqWO]
澪「ど、どうした和?」

和「…なんでもない。それじゃあまた…」

律「なんだよ和のヤツ、いきなり大きな声出すなんて」

紬「なにか悪いこと言っちゃったかしら…」

梓「唯先輩?どうしたんですか?」

唯「もしかしたら私、和ちゃんを怒らせちゃったかも…ごめん、私も帰るよ」
45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:28:39.18 ID:R+cIfYqWO]
和(私、なにやってんだろ…唯に怒鳴るなんて…)

唯「和ちゃーん!」

和「あ、唯…」

唯「えっと…さっきはごめんね?私、なにか悪いこと言っちゃったみたいで…」

和「ううん、いいのよ…私こそごめんなさい」

唯「うえ?和ちゃんは謝らないでよ!」
46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:33:35.94 ID:R+cIfYqWO]
和(ふふ…なんだかいつも通りね…)

唯「それから、今日二人でって言ってたのにごめんね?つい…」

和「もういいんだって」

唯「それで、なにか用事あったの?」

和「うん…よかったら話、聞いてくれない?」

唯「うん、いいよ?」
48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:37:13.17 ID:R+cIfYqWO]
和「…ってわけでね?生徒会が色々大変なのよ」

唯「ふうん…」

和「唯、なにかアドバイスない?あまり期待してないけど」

唯「うーん…和ちゃんならいつも通りで大丈夫じゃない?」

和「そう…」

和(唯…なんか上の空って感じ…)
51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:40:39.48 ID:R+cIfYqWO]
和「そういえば唯…」

唯「…ごめんね和ちゃん、私そろそろ帰らなきゃ!憂が心配するし」

和「え…そう?」

唯「うん、じゃあまた明日ね!生徒会のことも頑張ってね?」

和「あ、ありがとう…」

和(頑張ってね…か…まさか唯に励まされるなんて…今度、ケーキでもおごってあげなきゃ)
52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:46:39.69 ID:R+cIfYqWO]
翌日

和(今日、ケーキ屋に連れてってあげよう…あの子きっと喜ぶわよね)

唯「あ、和ちゃん…」

和「おはよう唯!今日なんだけど…」

ドカッ

律「ぐっもーにんゆーい!教室まで競争だ!」

唯「おふっ…痛いよりっちゃん!まてー!」

澪「朝から元気だな…おはよう和。昨日は悪かったな」

和「うん…」
55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 22:53:30.98 ID:R+cIfYqWO]
和(あの子…前は私に会ったら絶対挨拶してきてたのに…)

教師「ちょっと真鍋さん!聞いてるの?」

和「は、はい?」

教師「今日の放課後、特別補習やるから参加しなさい?
真鍋さんは希望の大学行くなら受けないとダメよ?」

和「あ…はい…」

和(忘れてた…嫌だな…)
58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 23:00:26.61 ID:R+cIfYqWO]
和(そういえば…アンケートも今日中に集めて持っていかなきゃ…プリントづくりも…)

和「……ハァ」

和(もう…やだ…)

澪「和?今日の昼なんだけどさ、音楽室で食べるんだけど一緒に行かないか?」

和「唯もくるの?」

澪「ああ、軽音部と和で、6人でなんだけど」

和「うん…行くわ!」
60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 23:08:57.34 ID:R+cIfYqWO]
昼休み

和「それで唯って居眠りとかよくするでしょ?」

紬「うーん…あまりしてないわねえ」

唯「そうだよ和ちゃん!私は真面目だから!」

律「落書きはよくしてるけどな」

唯「あうう…」

和「へえ…そうなんだ…」

和(前は毎日してたのに…)
64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 23:30:15.19 ID:R+cIfYqWO]
和「でもみんなに色々迷惑かけたりしてるでしょ?」

澪「うーん…ドジはするけど、迷惑ってほどじゃないかな」

梓「意外としっかりしてますよね」

唯「えへへ~もっと褒めて~?」

律「意外と…だけどな?」

和「で、でも!」
65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 23:38:13.49 ID:R+cIfYqWO]
和「でも…まだ唯はダメなとこいっぱいあるでしょ?
 昔から私がいないとホントになにもできなくて…」

律「なあ和、そこまで言わないでも…」

澪「そうだよ、唯だって軽音部入ってしっかりしてきただろ?」

唯「そうだよーひどいよ和ちゃーん!」

和「だって…だって唯は…」
69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 23:46:08.00 ID:R+cIfYqWO]
和「…そうだ唯、今日二人でケーキ食べに行こう!おごってあげるから」

唯「え?でも…」

紬「今日…ケーキ持ってきちゃったの…」

梓「じゃあみんなで食べればいいじゃないですか!」

和「でも…きっとお店のほうがおいしいし…ね、いいでしょ?」

唯「和ちゃん…?」
72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 23:53:02.63 ID:R+cIfYqWO]
澪「それに和、今日補習があるんじゃないのか?生徒会の仕事だって…」

和「それは…そうだけど…」

律「唯なら大丈夫だって!私たちが責任持って面倒見るからさ!」

和「……」

唯「ねえ和ちゃん、ケーキならまた今度にしよう?だから…」

和「な…なんでよ…」

唯「え?」
75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/20(月) 23:59:16.46 ID:R+cIfYqWO]
和「なんで…あんたは…」

唯「ん?なに?」

和「なんでもない…私、先に教室戻るわ」

唯「そ…そう?」

和「またね、唯」

唯「うん…」
77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 00:02:21.00 ID:xsXgaQjIO]
律「なんだ和のヤツ…昨日からなんかおかしいな」

梓「なにがあったんでしょうか?」

澪「なんか悩み事でもあるのかな…」

紬「唯ちゃん、なにか知らない?」

唯「うーん…もしかしたら…」
80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 00:06:04.78 ID:xsXgaQjIO]
放課後

和「会長、アンケートとプリント、用意できました」

会長「あ、お疲れさま。これからはもっと早くね?」

和「はい…これから補習なので失礼します」

和(律もああ言ってたことだし、唯のことは軽音部に任せよう…だって私はもう…)
81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 00:10:51.49 ID:xsXgaQjIO]
唯「和ちゃーん!」

和「唯…部活は?」

唯「休んじゃった!」

和「休んだって…どうして?」

唯「だって和ちゃん言ってたじゃない!二人でケーキ食べようって」

和「でもケーキなら…」

唯「うん、ムギちゃんが持ってきたのおいしそうだったけど…りっちゃんにあげちゃった」

和「どうして…そんな…」
84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 00:25:27.90 ID:xsXgaQjIO]
唯「だって和ちゃん、私と遊び行きたかったんでしょ?」

和「うん、まあ…」

唯「考えてみたら、最近部活ばっかで和ちゃんと二人になれなかったもんね!」

和「そう…ね」

唯「どしたの和ちゃん?やっぱり行きたくなかった?」

和「そうじゃないの…ねえ、唯」
86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 00:30:09.33 ID:xsXgaQjIO]
和「あんた…部活楽しい?」

唯「もちろん!楽しいよ!」

和「そうよね…初めて夢中になれるものを見つけて、大切な仲間と居場所も見つけたんだものね…」

唯「うん、みんな大切な仲間だよ!」

和「じゃあもう…私は必要ないんじゃない?」

唯「え?」
93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 00:44:56.43 ID:xsXgaQjIO]
唯「な、なんで?」

和「幼稚園からずっと一緒にいたけど…軽音部に入ってからのあんたは、
 私が見たことない表情ばかりしてたわ」

唯「それはただ…」

和「あんたがいるべき場所は私の隣じゃなくて、音楽室なのよ」

唯「違うよ!和ちゃんだって…」

和「勝手で悪いけど…部活、行って?出かけるのはいつでもいいんだから」

唯「でも、でも…」

和「いいから行って!早くしないと律にケーキ食べられちゃうわよ?」

唯「う…」
106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 01:01:36.77 ID:xsXgaQjIO]
和「じゃあ私…今から補習だから」

唯「む…ダメ!」

和「え?な、なに言って…」

唯「和ちゃんは相変わらず嘘つくの下手だよ!真面目なんだから似合わないことはやめなよ?」

和「わ、私は嘘なんて…」

ガシッ

和「ちょ、ちょっと唯、動けな…」
112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 01:09:13.17 ID:xsXgaQjIO]
唯「和ちゃん、私には和ちゃんが必要だよ?」

和「だ、だって…あんたは軽音部のみんなといる方が…」

唯「確かにみんなといると楽しいけど…和ちゃんがいないと落ち着かないよ」

和「落ち着かない…?」

唯「うん、和ちゃんは…そうだなあ、もう一人のお母さんみたいだから甘えたくなるの」

和「……」
118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 01:17:34.27 ID:xsXgaQjIO]
唯「だからーん、一緒にケーキ食べにいこ~?」スリスリ

和「甘えてるのは…私よ…」

唯「え?そんなこと…」

和「あんたに甘えてるのは…私なの!」

唯「そんなことないって!だって和ちゃんは…」

和「私…ホントは最近成績下がったのよ…」

唯「そ…そうなの?」
120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 01:23:57.66 ID:xsXgaQjIO]
和「成績下がって…生徒会のことも上手くいかなくて…
 なんかモヤモヤして…それををあんたにぶつけようとしたの」

唯「そう…だったんだ…」

和「あんたは私のこと完璧だって言ったけど…そんなことない…私はあんたに甘えてるだけ…」

唯「大丈夫だよ、だって私たち幼なじみじゃない!甘えたっていいんだよ?」

和「唯…」
121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 01:28:07.70 ID:xsXgaQjIO]
唯「勉強のことはよくわからないけど…和ちゃんならきっと大丈夫!成績ならすぐ上がるよ!」

和「唯…」

唯「生徒会のことは…えーと、えーと、とにかく頑張って!」

和「プッ…なにそれ…抽象的すぎよ」

唯「ええ…そうかなあ?」

和「でも…ありがとね、唯」