※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 18:58:51.89 ID:xsXgaQjIO]
律「ゆーいー♪」スリスリ

唯「もう、どしたのりっちゃん?なんかいつもと違うね!」

紬「うふふふふふふ…」

澪「おい律、いい加…」

和「ちょっと律!いい加減離れたらどうなの!?唯だって嫌がってるでしょ!」

澪「の、和?」
271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 19:08:39.22 ID:xsXgaQjIO]
律「えー?そんなことないよなぁ唯ー?」

唯「え、まあ嫌じゃないけど…」

和「唯…」

律「ほらな?二人で仲良くしてるんだから邪魔しないでね古女房さん♪」

和「ま、また言ったわね…だいたいそんな体密着してたら暑いでしょ?
 唯が汗かいてあせもができたらどうするのよ!」
274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 19:20:27.10 ID:xsXgaQjIO]
梓「あ…あせも…」

紬「さすが和ちゃん…心配するレベルが違うわね!」

澪「まるでマ…じゃない、お母さんみたいだな」

律「ふ、ふん!その時は私が薬つけてやるからな唯!」

唯「ホント?お願ーい」

律「へん!私たちだってこれくらい仲良いんだぞ和!」

和「う…」
275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 19:29:10.53 ID:xsXgaQjIO]
和「い…いいから離れなさい唯!」グイッ

唯「うお…」

律「あ!やめろ和!まだ座ったばかりだろ!」グイッ

唯「ひえ…」

和「もういいの!」グイッ

唯「おお…」


紬「…なんだか3人ともとってもいい雰囲気ねえ」

澪「どこが…?」

梓「あの、ところで練習は…?」
278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 19:38:38.60 ID:xsXgaQjIO]
紬「じゃあこういうのはどうかしら?
 唯ちゃんが和ちゃんとりっちゃん、どっちと仲良くしたいか決めるの♪」

律「そいつはそうだな…唯、どっちがいいんだ?」

和「唯、律みたいにうるさすぎる人は苦手よね?」

律「あん?」

唯「ど…」
279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 19:49:20.51 ID:xsXgaQjIO]
律「ど?」

和「なに?」

唯「どっちかなんて決められないよ…私、どっちも好きだから…だから二人とも仲良くしよう?」

律「う…まあ別に…」

和「いいけど…」

唯「ふう、よかったー」

紬「唯ちゃんたら、罪な子なんだから…」
281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 19:57:49.99 ID:xsXgaQjIO]
帰り道

和(…でも私より律の方が唯とスキンシップしてるのは事実よね…)

和「うーん…」

唯「どしたの和ちゃん?」

和「あ、別に…じゃあここで」

唯「あ、和ちゃん、家よって行かない?」

和「な、なんで?」

唯「あ…あの…私、今日ずっと和ちゃんに言おうと思ってたんだけど…」

和「え…?」
283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 20:05:27.32 ID:xsXgaQjIO]
唯「宿題…教えて?」

和「な…なんだ…自分でやらないとためにならないわよ?」

唯「う…そうだよね…やっぱり自分でやらなきゃだよね…」

和「え?」

唯「ごめんなさい和ちゃん、私自分で…」

和「ちょ、ちょっと待って唯!わかったわ!今日は特別に教えてあげる!」

唯「え?ホント?ありがとー!」

和(しまった…まあ、別にいいわよね…今回だけだし…)
284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 20:14:02.32 ID:xsXgaQjIO]
唯「ただいま憂!」

和「お邪魔します」

憂「おかえりなさいお姉ちゃん、和さん、こんばんは!どうしたんですか?」

和「こんばんは…今日は唯の宿題見てあげにきたの」

唯「憂ー、和ちゃんにお菓子をお出しして!命の恩人だから!」

憂「命の…?じゃあお菓子、後で持っていくので待ってくださいね?」

和「うん…ありがとう」
287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 20:29:12.48 ID:xsXgaQjIO]
和「で、今日の宿題は?」

唯「これなんだけど~全然わかんないの~」

和「えっとこれはまず…」

和(それにしても…唯の部屋で勉強教えるなんて久しぶりだな…)

唯「和ちゃん?続きは?」

和「あ、うん…ねえ唯、普段は勉強どうしてるの?」

唯「うーん、澪ちゃんとかムギちゃんに教えてもらったりしてるかな」

和「ふうん…」
288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 20:35:22.96 ID:xsXgaQjIO]
和「じゃあ今度から…」

ガラ

憂「お茶とお菓子持ってきましたよー?」

唯「わーい!」

和「あ…ありがとう憂ちゃん」

憂「いえいえ…あ、ところで和さんに一つ聞きたいことがあるんですけど…」

和「え?なに?」
291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 20:42:44.06 ID:xsXgaQjIO]
憂「昨日、私にお姉ちゃんのお昼はパンなのって聞いたじゃないですか?あれって?」

和「え、あー…その…」

和(あれ、なんで私慌ててるんだろ…?)

唯「ああ、和ちゃん、私にお弁当作ってくれたんだよ?とってもおいしかったあ!」

憂「え…そう…なんだ…」
292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 20:48:36.96 ID:xsXgaQjIO]
和「あ、別に変な意味はなくてね?毎日パンだと飽きるかと思って…」

憂「そうなんですか…まさかお姉ちゃんが頼んだの?」

唯「え?違うよ?和ちゃんが持ってきてくれたの」

憂「そう…でも悪いですよ!食費だってかかるし」

和「いいのよ!私が好きでやってるんだから…」

憂「いえ!そういうわけには行きません!今度からお姉ちゃんのお弁当は私が作りますから!」

和「え…でも…」

和(そうなったら…唯と一緒にお昼食べられないじゃない…)
296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 20:58:39.77 ID:xsXgaQjIO]
憂「それにお姉ちゃん?宿題だって分かるところは教えてあげるって言ってるじゃない!
 和さんに迷惑かけて…」

唯「だって…憂に教えてもらうのは姉としてのプライドがぁ」

憂「そういうこと言わないの!今度からは私が教えてあげるから皆さんに頼んじゃダメだよ?」

唯「ぶー…」

和「で、でも私はね…?」

憂「じゃあ和さん、明日からはお弁当大丈夫ですから!宿題も!」

和「う…うん…」

和(憂ちゃん…なにか怒ってる…?)
301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 21:07:26.51 ID:xsXgaQjIO]
憂「じゃあ私夕飯の準備があるんで…」

唯「うん、よろしくう~」

和「あ、私ちょっと憂ちゃんと話があるから…」

唯「いってらっしゃーい…あ、宿題…」

和(私、どうしても唯と一緒にお昼が食べたい…だから…)
302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 21:13:13.01 ID:xsXgaQjIO]
和「憂ちゃん?」

憂「はい?」

和「私、勝手にお弁当作って失礼だったかも…ごめんなさい!でも…」

憂「ホントですよ…和さんは失礼です」

和「え?」

憂「だってなんだか私が怠けてるみたいじゃないですか…」

和「で、でも唯は好きでパン食べてるんでしょ?」

憂「そうですけど…」
303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 21:20:00.89 ID:xsXgaQjIO]
憂「和さんって…何様ですか?」

和「…え?」

憂「お姉ちゃんのこと軽音部の皆さんに任せきりだったくせに…今さらなんなんですか?」

和「う…憂ちゃん?」

憂「なーんて…冗談ですよ!私だって和さんのこととやかく言えませんから」

和「そ、そう…ははは…」

憂「でも和さん、最近お姉ちゃんのこと気になってますよね」

和「う…うん…まあ…」
305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 21:27:21.24 ID:xsXgaQjIO]
憂「好き…なんですか?」

和「ま、まさか!そんなことあるわけないじゃない!」

憂「そうですよね!よかったー」

和「そうよ!唯はただの…」

憂「ただの…なんですか?」

和(あれ?友達?幼なじみ?なんだろう…)
306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 21:35:31.03 ID:xsXgaQjIO]
憂「あ、お鍋が…じゃあ和さん、また」

和「うん…また」

和(私…唯のことどう思ってるんだろ?普通の幼なじみ…よね?)

ガラ

唯「和ちゃ~ん、宿題~」

和「あ、うん…ごめん」

和(そうよ、私たちはただの幼なじみなんだから…やっぱり…)
307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 21:40:05.29 ID:xsXgaQjIO]
和「…唯、やっぱりできるところは自分でやりなさい」

唯「え?どうしていきなり?」

和「いいから!わかんないところは教えてあげるから」

唯「ぶー…わかったよう」

和「あと憂ちゃんの言う通り、明日からはお弁当持っていくのやめるから」

唯「ええ?まだ一日だけなのに…」

和(一日だけだから…よ…これ以上だとやめられなくなっちゃう…)
309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 21:51:37.64 ID:xsXgaQjIO]
翌日

和「はあ…」

澪「和、今日は久しぶりに二人でお昼にしよう」

和「うん…」

澪「…唯のこと気になるのか?」

和「え?べ、別にそういうわけじゃ」

澪「まあいいけど…そういえば律のヤツ、昨日なんであんなんだったのかな?」

和「す…好きだからじゃない?」

澪「え?誰が誰を?」

和「だから…律が唯を!」
311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 21:54:38.35 ID:xsXgaQjIO]
澪「あはは、まさかそんな…」

和「そうよ、律は唯のことが好きなのよ…いいじゃない、お似合いだわ」

澪「…和、その箸…逆向きじゃ?」

和「あ…」

澪「なあ和、お前は唯のことどう思ってるんだよ?」

和「だから…ただの幼なじみよ」
313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 22:00:20.26 ID:xsXgaQjIO]
澪「ただの…ねえ」

和「な、なによ」

澪「幼なじみってさ、付き合いが長くなると、逆に距離置いちゃうようにならないか?」

和「え?」

澪「私と律も…こう見えても高校に入る前よりだいぶ絡み減ったんだよ」

和「そんなの普通でしょ?みんな新しくできた友達と仲良くしたほうが楽しいわよ」

澪「和もそうなのか?」

和「……」
314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 22:10:10.51 ID:xsXgaQjIO]
澪「確かに私たちといるお前もそれなりに楽しそうだけど…唯といるお前の顔はなんか…」

和「唯といると…ただ…その…あれよ、心配で目が離せないだけ!」

澪「ふうん…ならいいけどな。あ、今日のお弁当もおいしそうだな?」

和「うん…」

和(あ、唯にミートボール食べさせたら喜ぶんだろうな…)

和「はぁ…」
316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 22:16:09.42 ID:xsXgaQjIO]
放課後

会長「真鍋さん」

和「はい?」

会長「あなた確か軽音部の人と仲良かったわよね?」

和「は…はい」

会長「悪いんだけど、このプリント持っていってくれない?
 夏休み中の部室の使用規則の説明なんだけど」

和「あ…わかり…ました」

和(結局今日も行かなきゃなのか…)
317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 22:20:28.25 ID:xsXgaQjIO]
音楽室

律「唯!ジュース一気飲み対決だ!いくぞ!」

唯「よしきたりっちゃん!」

紬「よーいスタート!」

律「ふん!ゴクゴク…」

ガチャ

和「…澪?」

唯「あ、和ちゃん!」

律「ブハッ…ゲホゲホ!どういうタイミングだよ…」
318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 22:25:38.50 ID:xsXgaQjIO]
唯「和ちゃんどうしたの?澪ちゃんに用?」

澪「ん、なんだ?」

和「…これ、生徒会からのプリント」

澪「なになに…夏休みの…」

和「じゃあ私これで…」

唯「あ、待ってよ和ちゃん!お茶飲んでいかない?」

和「…いいわ、まだ生徒会の仕事が残ってるから」

唯「ええ…そう?」
320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 22:37:50.18 ID:xsXgaQjIO]
唯「あ、じゃあ部活終わったら一緒にまた…」

和「いいって…あんたは練習頑張りなさい?」

唯「うう…ホントにいいの?」

和「いいのよ、じゃあまた明日」

ガチャ

和「……」

和(意外にすんなりいったかな…ま、これでまた前みたいな距離に戻れるわよね)
321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 22:45:57.03 ID:xsXgaQjIO]
律「じゃあぼちぼち練習するか!」

唯「……」

紬「どうしたの唯ちゃん?」

唯「なんだかさっき、和ちゃん寂しそうだった…」

律「和が?」

梓「行ってあげたらどうですか?」

唯「でも…和ちゃん、私に近づいてほしくなさそうだったし…」

澪(…二人とも、お互いのことよくわかってそうで、微妙にわかってないんだな…)
322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 22:50:36.67 ID:xsXgaQjIO]
澪「唯、行ってやれよ」

唯「え…いいのかな…?」

澪「和、なんか悩んでるみたいだし、お前なら話せばわかるだろ」

唯「うん…じゃあ行くよ」

律「あー…唯?」

唯「なあに?」
325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 22:56:10.38 ID:xsXgaQjIO]
律「昨日しつこくくっついて悪かった…あと和にも謝っといてくれ」

唯「うん、私は全然いいんだよ?和ちゃんも怒ってないって!じゃあ!」

澪「お前にしちゃ素直だな?律」

律「別に…昨日は和と唯が仲良くしてて…ムカついただけだよ」

澪「まあ、謝ったんだし、えらいえらい」

律「……」

紬「あらまあ…うふふ」

梓「唯先輩って…意外にモテるのかなあ…」
326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 23:02:23.53 ID:xsXgaQjIO]
唯「和ちゃん!」

和「あ…唯?どうしたのよ」

唯「いや、どうしたっていうか…和ちゃんこそどうしたの!?」

和「え?」

唯「なんかさっき寂しそうだったよ?またなにか悩み事があるんだったら相談して?」

和「唯…」
329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 23:29:44.52 ID:xsXgaQjIO]
和「…別に悩み事なんてないわよ」

唯「また嘘ついてる!ダメだよ?私には分かるんだって!」

和「嘘ついてるから…なんだっていうのよ」

唯「え?」

和「あんたはいつもそう!私が抱えてること聞き出したってどうもできないくせに…
 なんで私に構うのよ!」

唯「わ…私は…」
335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 23:42:00.57 ID:xsXgaQjIO]
和「私の悩みを言ったところで…あんたにはなにもできないのよ!」

唯「そんなことないよ!私…」

和「じゃあ…もう私に近づかないでよ…」

唯「え?」

和「あんたが私から離れれば…私の悩みは解決するから…」

唯「わ…私が…悪かったの…?」
338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 23:48:49.39 ID:xsXgaQjIO]
和「そうよ…あんたが私の幼なじみだから…だから…」

唯「ごめん…ごめんね和ちゃん…私、全然分からなかった…幼なじみ失格だね…」

和「……」

唯「じゃあ…私、音楽室戻るね?ホントに…ごめんね?」

和「……」

和(違う…ホントは…私は…)

和「ゆっ…」
341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 23:54:59.94 ID:xsXgaQjIO]
和(でも…呼んだら…聞かなきゃいけないんだ…あの子の気持ちを…)

和「ゆ…」

和(それは…怖い…今までの関係を全部潰しちゃうかもしれない…だったらやめる?…でも…でも!)

和「……」

和(背中を向けちゃダメ…!だって私はいつだって…)

和「ゆいっ…!」

和(背中を押されてきたんだから!)
344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/21(火) 23:57:51.10 ID:xsXgaQjIO]
唯「……?」

和「あんたに聞きたいことがあるの」

唯「なに…?」

和「私はあんたにとって…どういう存在?」

唯「え…?」

和「幼なじみだとか友達だとか、そういうのじゃなくて…今の私は唯にとってどういう存在なの?」
345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 00:01:52.44 ID:+hRB+IwpO]
唯「なに…?どういう意味かよくわからないよ…」

和「私にとってのあんたは…とにかく大切な存在なの!
 笑ってるのを見るだけで、そばにいるだけで幸せな…そんな存在なの!」

唯「和…ちゃん…」

和「あんたも聞かせて?私がどういう存在なのか!」

唯「……」
346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 00:06:59.56 ID:+hRB+IwpO]
唯「私にとっての和ちゃんは…」

和「……」

唯「私の全部を知っててくれる…私をいつも同じ風にに迎えてくれる…そんな…存在かな?」

和「そう…」

唯「和ちゃん、もしかして…これが聞きたかったの?」

和「…唯、私ね?」
348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 00:11:05.10 ID:+hRB+IwpO]
和「あんたのことが好きかもしれないの」

唯「うぇっ?」

和「もっと一緒に…もっと近くにいたい…そういう風に思ったから」

唯「う…うん」

和「でも…考えてみたらそれはもうとっくの昔からやってることなのよね」

唯「うん、そう…だよね…」
350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 00:15:30.52 ID:+hRB+IwpO]
和「だから…お互いに知りすぎちゃってるからこそ…
 あんたがホントは私のことどう思ってるか分からなかったのよ」

唯「…そう、だったんだ」

和「でも、今わかったわ…あんたの気持ちが聞けてよかった」

唯「え?それだけでいいの?」

和「うん…私はあんたの気持ちがわかれば、それだけでいいの…」
353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 00:19:53.96 ID:+hRB+IwpO]
唯「和ちゃん……」

和「変なこと聞いてごめんね?じゃあまた明日」

唯「いい加減、和ちゃんも意地張るのやめなよ」

和「え?」

唯「和ちゃん、遠慮してるでしょ?軽音部にいる私にあまり近づかないように」

和「……!」

唯「いいんだよ?もっと今までみたいに仲良くしよう?」

和「で…でも…」
355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 00:27:35.32 ID:+hRB+IwpO]
唯「だって、和ちゃんは私のこと大切に思ってくれてるんでしょ?」

和「う、うん…」

唯「だったら…和ちゃんが大切にしてくれてる私が大切にしてる軽音部は、もちろん大切だよね?」

和「え?えっと…まあ、そうだけど…」

唯「ならいいんだよ!大切にしてるなら、軽音部にいる私をもっと好きになって?」

和「唯…」
356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 00:34:20.20 ID:+hRB+IwpO]
和「…私、唯のこと、前と一緒だって思ってた…」

唯「え?」

和「唯は私がいなきゃダメなんだって…何も変わってないんだって…自分に言い聞かせてたの…」

唯「のど…」

和「あんたは強くなってるのに…皆と一緒に歩いてるのにね…
  私、あんたに頼られる立場だったのに、いつの間にかあんたを頼る立場になってた…」
359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 00:37:29.06 ID:+hRB+IwpO]
和「私、あんたに偉そうなこと言ってたけど、ホントはダメな…」

唯「そんなこと言っちゃダメだよ和ちゃん!」

和「…え?」

唯「私を頼ったらなにがいけないの?もっと頼っていいんだよ?」

和「で、でも」

唯「私、うれしいんだよ?和ちゃんに頼られるなんて」

和「うれしい…?」
360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 00:43:01.91 ID:+hRB+IwpO]
唯「前は和ちゃんに頼ってばかりで…
 情けないなあって思ってたけど、やっと頼られるようになったんだもん!うれしいよ!」

和「唯…」

唯「だからもっと私を頼って!私、今まで和ちゃんに頼った分、頑張って恩返しするからさ!」

和「うっ…う…あ、あり…ありがと…ゆい…」

唯「わ!和ちゃん、泣かないでよもう!」
362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 00:49:45.83 ID:+hRB+IwpO]
―――――――――

和「グスッ…ゆい…?」

唯「よーしよしよし…もう泣き止んだ?和ちゃん」

和「も、もうとっくに泣き止んでたけど…あんたが離さないから泣いたふりしてたのよ」

唯「はいはい、そういうことにしとこうか!」

和「…唯」

唯「ん?なあに?」
364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 01:00:20.83 ID:+hRB+IwpO]
和「あんた…大きくなったわね」

唯「え?そうかなあ…?りっちゃんに勝ってるかなー?」

和「そうじゃなくて…」

唯「え?じゃあなに?」

和「全部…かな…なんか、大人になった」

唯「え?どういうこと?よくわかんないよ」

和「わかんなくていいの!」
366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 01:15:22.02 ID:+hRB+IwpO]
唯「あ、そうだ和ちゃん」

和「なに?」

唯「生徒会の仕事…途中で抜けられない?また私たちの演奏、見てほしいの」

和「…うん。なるべく早く片付けて行くわ」

唯「ありがとう!待ってるからね?」

和「うん…あ、唯?」
368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [2009/07/22(水) 01:20:21.14 ID:+hRB+IwpO]
唯「なあに?」

和「ホントに…強くなったわね」

唯「いひひ、そう?」

和「あのね唯…私も…もっと強くなるから…だから…」

唯「ん?」

和「だから…これからもよろしくね!平沢唯!」

唯「うん!よろしく!真鍋和ちゃん!」



Fin




すばらしい作品をありがとう