※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

108:鶏肉 ◆KXdf4vT3Ls :2009/07/25(土) 04:38:35.72 ID:CSCgIr0NO
その生き物は身の丈1.5メートルほどであった。
大きく裂けた口を持ち、そこには鋭く醜悪な歯が並び、殊に牙の禍々しさは筆舌に尽
くしがたいものであった。
太く強靭な肢体を持ち、その先端には鋭利な爪が輝いていた。
甲冑のような体躯は、厚く焦げ茶色体毛で覆われ、その生き物の不気味さを際立たせ
ていた。
しかし、その双眸はあらゆる点で前述の事柄を超えていた。
そこから放たれる妖しい光は、吐き気を催すほど強大で醜悪な生命力を持ち、
不変不壊であるかのような瞳の姿は、無機物のように冷酷であった。
彼女はその生き物にひどく恐怖し、嫌悪感を覚えていた。
しかし、同時に深い愛情を抱いていた。
109:鶏PC ◆KXdf4vT3Ls :2009/07/25(土) 04:39:05.76 ID:k+8Uxtml0
琴吹紬がその生き物を拾ったのは、半年ほど前のことであった。
河原を歩いていた彼女は、橋の下でその生き物を見つけた。
その時、その生き物はうさぎほどの大きさであり、その姿も可愛らしいと言えるものであった。
彼女はその生き物に惹かれ、それを連れ帰り、そして、親に内緒で飼うことにした。
その生き物はひどく腹を空かせていた。
パン、野菜、ハム、卵、彼女はとにかく色々な食べ物を与えてみた。
その生き物はそれら全てを平らげた。
ひとまず、彼女は安堵した。
111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 04:39:35.35 ID:CSCgIr0NO
内緒で飼っているとはいえ、彼女はその生き物が出来る限り不自由ないようにして
やった。
彼女はその生き物に深く愛情をそそいでやった。
その生き物はそれに比例し、すくすくと育っていった。

大きく大きく、そして、醜く醜く。

四か月の時が過ぎた。
彼女はその生き物に恐怖し始めていた。
しかし、その生き物から離れる気は起きなかった。
112:鶏PC ◆KXdf4vT3Ls :2009/07/25(土) 04:39:46.74 ID:k+8Uxtml0
彼女はその生き物に愛情を抱いていた。
狂的に愛し、惹きつけられていた。
彼女には明確に果ての光景が見えていた。
しかし、彼女は離れることが出来なかった。




終わり