※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

532:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 22:37:58.02 ID:9DTd/2ZLO
麦茶「本当においしいモノ」



麦茶「ふぅ…今日も疲れたな、晩ご飯は何だろうな…ん?」テクテク…ピタッ

紬「ハッ…ハァ…ハァ…」バリッ…ボリボリ…

麦茶(何だ…?うちの娘そっくりじゃないか…むしろ本人としか思えない)

子供A「ママーあのお姉ちゃんゴキブリ食べてるよぉ」

母親「み、見ちゃいけません!…ちょっとあなた!こんなところで何をして…」

紬「……」ベタァ

子供A「うわあああん!触られたああああ!」

母親「イヤアアアア!う、うちのタカシちゃんに何をするの!」ガシッ

麦茶「奥さん、そこまでにしてやってください」
麦茶「その子のしたことは俺が謝りますから。…さぁムギちゃん、帰るぞ」

紬「………」コクッ

子供A「……やーい!ゴキブリ女ー!」
537:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 22:44:11.33 ID:9DTd/2ZLO
麦茶「なぁ…何であんなことしてたんだ?」スタスタ

紬「…………」

麦茶「だんまりか…まぁいい、ウチにきな、お茶出すから」スタスタ



麦茶「たっだいまー」

紬「お帰りなさい、お父さん!…あら、その子は?」

麦茶「はは、また拾って来ちゃった」

紬「もう…ウチの家計が大変なの、わかってるの?だいたいお父さんはねぇ…」クドクド

麦茶「ああわかったわかった…俺が悪かったよ。…で、今日のご飯は?」

紬「まだ作ってないけど、オムライスよ!さぁあなたもあがってあがって!」

紬「……おじゃまします」キョロキョロ

麦茶「遠慮しなくていいよ(…まさか、ゴキブリを探している…?)」
543:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 22:51:16.03 ID:9DTd/2ZLO
夕食のお時間
紬「ふぅ…さぁ、できましたよー」コトッ

麦茶「おお、今日もうまそうだなぁ!…ほら、君も食べな!」

紬「……!」ブンッ ガチャン

紬「キャアッ!?」

麦茶「お、おいおい…せっかく作ってくれたのに何してんだ?ふきんふきん」

紬「いいのお父さん、後片付けはやっておくから!そのまま食べてて!」タタタッ

麦茶「ああ、わかった……(カチャッ)…はい、あーん」

紬「………」バシッ

麦茶「いたっ!?……やれやれ、厄介なものを引き受けたかも知れんな…」

紬「(キョロキョロ)……いた、ゴキブリ」タッ

麦茶「!ダメだ、そんなもの食べちゃ!」バッ!

紬「!離して!」
550:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 22:57:29.47 ID:9DTd/2ZLO
紬(娘)「ふきんふきん…って何してるの二人とも!?」

麦茶「いいところに!紬、早くそいつ殺してトイレに流して!」

紬(娘)「は、はい!えいやっ!えやぁ!」ブン!バシン!

紬「ああ、私のご飯!」

紬(娘)「ふぅ、あとはティッシュに包んで流して…よし」

紬「あああ……」

麦茶「………おい君、何であんなもの食べようとした!?」

紬「うるさい、あなたには関係ない」

麦茶「関係ないわけあるか!」
557 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 23:06:33.23 ID:9DTd/2ZLO
紬(娘)「…ねぇ紬ちゃん、私の話聞いてくれる?」

紬「………何」

紬(娘)「私ね、昔レイプされて、山奥に捨てられてたの」

紬(娘)「あのときは自分に未来なんてない、ここで死んでもいいやって思ってたのね」

紬(娘)「でもお父さんが助けてくれて…いろいろな話をして、いろいろな場所に行って、いろいろなことを教えて貰って」

紬(娘)「…だから、あなたも私と同じようになれる気がするの。…ねぇ、あなたも何かされてたんでしょ?」

紬「………うるさい………関係ないわ…………」スタスタ ピシャン

麦茶「…心を、閉ざしたか…」

紬(娘)「大丈夫かしら、あの子…」

麦茶「やれることだけやってみよう。自分の精一杯をやりきることが大事だ」

紬(娘)「お父さん…うん、そうね…私も根気よくやるわ」
564:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 23:17:11.72 ID:9DTd/2ZLO
それからも、麦茶と紬は彼女の更正につとめた。
相変わらず紬の作ったものも食べず、虫を見ては食べようとする始末…


麦茶「何も食べないでもう三日目だぞ…そろそろ食べようよ、なぁ」(お粥を差し出す)

紬「ほっといてって、言ったでしょ!」ブン…ガシッ

紬「!?は、離してよ!」ブンブン

麦茶「絶対離すもんか…君が、ご飯を食べるまでは!」

紬(娘)「お願い、食べて!これ以上やせ細っていくあなたを見ていられないの…」

紬「………………くっ…………」パク

紬「………オェ………」ペッ

麦茶「吐いたらダメだよ…ゆっくり噛んで、味わうんだ」

紬「………もうイヤ…なんでこんなもの食べなくちゃいけないの…」

麦茶「そりゃあ…お節介焼きかも知れないけど、君を助けたいと思ったからだよ」

紬「…じゃあこれ以上、関わらないでよ!何もしてほしくない!」
576 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 23:25:32.45 ID:9DTd/2ZLO
紬(娘)「…!」パン!

紬「痛い!…何すんのよ!」

紬(娘)「人間って、誰かが支えないとダメになっちゃうのよ!一人でどうにかなるなんてことはないわ!」

紬「うるさい!あんたたちに私の何がわかるのよ!」

麦茶「全員、静かにしろ!」

麦茶「…ムギちゃん、明日うまいものを食わせてやるよ。ゴキブリなんかよりとびっきりうまいもんをな!」

紬「そんなの、あるわけないわ!」

麦茶「まぁ明日を楽しみにしてなよ。よし今日は解散」スタスタ

紬(娘)「お、お父さん………また明日ね」スウゥ パタン



麦茶「よし、紬…明日軽音部の皆さんを呼んできてくれないか?」

紬(娘)「ん…わかったわ」ピポパ
583:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 23:32:16.77 ID:9DTd/2ZLO
紬「よくじつ!」




唯「やっほーおじさん!また来たよっ!」

澪「みんなでご飯食べるんだって?」

律「で、何食べるの?何食べるの?」

麦茶「ん?出前だよ」

澪「えっ!?手作りじゃないの?」

紬(娘)「みんなで食べるんだもの、いいんじゃない?」

律「まぁそれもそうだけど………ところであそこのやせ細ったムギは?」

紬(娘)「お父さんがまた拾ってきたのよ」

澪「へえ…今回はどういう子なんだ?」

紬(娘)「…たぶん、ゴキブリしか食べられない子かな…」
588:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 23:38:18.59 ID:9DTd/2ZLO
配達屋「ちわー、ピザ持ってきましたー」

麦茶「ありがとうございます、はいこれ代金ね」

紬(娘)「お料理来た?」

麦茶「ああ、みんなで食べるぞ!」



律「うわぁ~ピザだ!すしだ!」キラキラ

唯「うどんにケーキもあるよりっちゃん!」キラキラ

澪「お、おじさん何かすいません…」

麦茶「いいんだ、気にするなよ。…さぁ、みんな食べちゃおうか!」

紬(娘)「そうね!ほらおいでおいで!」

紬「……………」

みんな(紬以外)「いただきまーす!」
596:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 23:44:36.43 ID:9DTd/2ZLO
キャーキャー
律「うわー、これおいしい!なぁ、ムギも食べてみなよ!」サッ

紬「…いらない」プイ

唯「好き嫌いはダメだよ?ほらほらっ」サッ

紬「~~~!いらないって言ってるじゃない……!」イライラ

澪「そう?もったいないな、こんなにおいしいのに」パクッ

紬(娘)「だよね!」パクッ

麦茶「うめえうめえ」ガツガツ

律「ちょ、おじさんがっつきすぎ!ズルいよ!」ガツガツ

澪「そういいながら律までがっつくなよ!」

紬「………(何、これ)」

紬「………(私だけ…馬鹿にされてる?)」

紬(まともに…ご飯が食べられないから?)
601:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/26(日) 23:52:39.73 ID:9DTd/2ZLO
紬(……イラつく!)パク

紬(何なのみんなして…見返してやるんだから!)パクパク

紬(もうっ!もうっ!)パクパクパク「…何か食べ物ちょうだい!…あれ?」

紬「な、何でみんなポカンとしてるの?」

律「…ぷっ、あはははは!」

紬「何で笑うのよ!?」

唯「だ、だってムギちゃんったら、急に一心不乱にご飯食べ始めるんだもん!あははは!」

澪「ふふふ、はいあげるよ」スッ

紬「あ、うん(パクッ…おいしい!?)」

麦茶「…な、うまいだろ?みんなと食べる飯は」

紬「え?」
609:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/27(月) 00:01:16.63 ID:al205gm2O
紬(娘)「お父さんね、前からちょっとこのこと考えてたのよ?」

紬(娘)「もしかしたら、心の暖かくなる食事を求めてるのかも知れない、って」

紬「え…?」

麦茶「いやぁ、何かちょっと訳ありなんだろ?だったらさ、こういうのが一番いいかなって」

麦茶「……つまり、君がほしかったのは温もりだ。ただご飯を食べるだけじゃダメだったんだ」

紬「あ…だから今まで食べてたのがおいしく感じたんだ…」

律「人との友好な繋がりは心を暖かくするもんだ。それがスパイスにだってなる」

唯「あ、憂も昔そんなこと言ってたかも!」

澪「おお、律がらしくないことを…」

律「それは酷くないかい…?」

紬「ぷっ…あははは!ふふふ!」
621:午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/27(月) 00:08:41.55 ID:al205gm2O
律「…はは!問題も解決したようだし、一杯食べようぜ!」

紬「うん、食べる食べる!」

唯「そろそろケーキ食べたいもんね!よーしがんばるぞ!」

澪「ふ、太りたくないから私は少し控えるよ」

紬(娘)「まぁまぁ、今日くらいは食べようよ~」



麦茶(ん~…いい笑顔になってるなぁ)

麦茶(何だか嬉しくなってくるな…人助けはこれだからたまらない)ニコッ

紬「!えへへっ」ニコッ

麦茶「…よーしみんな!食べ終わったことだし写真撮るよー!」

律「いぇーい!」

紬(娘)(ふふ…よかったね、ムギちゃん!)

パシャリ