※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

706 :ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 00:54:52.34 ID:Lz1bye8y0
「ねえ、梓ちゃん」

「ん~?」

四時間目が終わってからの昼休み。
待ちに待ったお弁当の時間に、私は梓ちゃんへと質問を投げかけた。

「人を好きになるって、どういうことなのかな?」

「・・・急にどうしたの? 憂らしくないよ」

梓ちゃんは口にくわえていたエビフライをもぐもぐと動かしながら、不思議そうな顔をする。
そう、私らしくない。けど、ずっと抱えていた疑問。

「うん、梓ちゃんには彼氏さんがいるし・・・どういうことなのかわかるかなって」

「難しいよ・・・それ」

うーん。と、腕を組んで頭を捻っている梓ちゃんは、私から見てもすごくかわいらしい。
だから、お姉ちゃんに好かれているのかな・・・
私は、ずっと一緒にいたからもう飽きられてしまったのだろうか。
最近は以前よりも抱きつかれる回数が減っているし、なにより梓ちゃんへのお姉ちゃんの接する態度が、『姉』としての態度のように、私は見えてしまう。

それが、私にはすごく羨ましくて、すごく悲しい。
715 :ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 01:03:21.79 ID:Lz1bye8y0
「やっぱり、一緒にいて安心できる、っていうか・・・無償で信頼できるような人が、好きって言えるんじゃないのかな」

「そうか・・・そうだよね」

その答えは、何となくわかっていたこと。でも、聞かずにはいられなかった。
自分の気持ちを確かめると共に、それが家族に向ける愛情ではなく、好きな人に向ける愛情と確信するために。
私は、お姉ちゃんのことが好きだ。
家族としてではなく、一個人として、人として大好きだ。

「憂も、誰か好きな人ができたの?」

「うん・・・私は昔からずっと好きなんだけど、向こうは私なんか・・・」

「そんなことないよ! 憂なら絶対大丈夫だって」

「うん、ありがとう。梓ちゃん」

梓ちゃんの励ましが、私にはすごく辛い。
だって、梓ちゃんが想像しているのは、私が男の人と歩いている姿。
でも、現実は、お姉ちゃんと私が二人で歩いている、今までと同じ光景。
そのギャップ。その普通とはズレている感性が、私を苦しめる。
家族でなくとも、私が選んでいる道は、簡単な道ではなく、茨の道。
719:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 01:11:23.42 ID:Lz1bye8y0
「私もできるだけ応援するから・・・そうだ、今日の放課後ゆっくり聞くよ」

「そう、だね。少し、話したいかも」

喩え話す内容が、少しばかりの嘘を含んでいたとしても。
話す相手が、もしかしたら私がとても羨み妬んでしまう立ち位置の人であっても。
私は誰かに話さないと、とてもじゃないけど心が潰れてしまいそうだから。

「それじゃあ放課後・・・あ、部活があるんだった・・・終わってからでいい?」

「うん。あ、それじゃあ家に来て、ご飯食べていってよ」

「え、いいよいいよ。わざわざ申し訳ないし」

「大丈夫だよ。二人分作るのも三人分作るのも変わらないから」

「うーん、わかった。それじゃあ、ごちそうになるね」

「うん。おいしいの作るから、楽しみにしててね」

梓ちゃんは二本目のエビフライを口に運びながら、元気よく頷いた。

 ・・・やっぱり梓ちゃんはかわいい。本当、あずにゃんって呼ばれるのもわかる気がする。

 ・・・にゃー。
729:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 01:23:50.30 ID:Lz1bye8y0
「それじゃあ、また明日ね。ごはんすごくおいしかったよ」

「お粗末様でした。それじゃあ、バイバイ」

梓ちゃんを見送ってから、小さくため息をつく。
やっぱり・・・本当のことは話せないな・・・
梓ちゃんが誰かにこのことを喋ってしまうとか、そういうことじゃなくて、これはきっと、気持ちの問題。

「あれ~? あずにゃん帰っちゃったの?」

家の中からすごく寒そうにお姉ちゃんが出てくる。
最近は寒いせいか、パジャマの上に半纏を羽織っているのが定番のファッションになりつつある。
あとは炬燵でカタツムリとか、とてもかわいらしいことばかりやってくれる。
そこが大好きなんだけどなぁ・・・どうやら他人にはよくわからないらしい。

「ん? どうしたの憂? 私の顔になにかついてる?」

「ううん。なんにも。ほらお姉ちゃん、寒いから中はいろ? お茶いれるから、炬燵で飲もうよ」

「おぉ! さすが憂~。気が利くね~」

そういって、急に私を抱きしめる。半纏と、お姉ちゃんの柔らかさがとても心地いい。

「もう~、早く入ろう? 風邪引いちゃうよ」

「は~い」

離れるのももったいないが、本当に風邪をひいてしまいかねないぐらい外は寒かった。泣く泣くお姉ちゃんから離れ、背中を押して家の中に入る。
これで、いいんだ。これで。
731:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 01:27:51.53 ID:Lz1bye8y0
私の気持ちは、一方的で、誰からも受け入れてもらえない。

お姉ちゃんは、お姉ちゃん。その区切りからは、絶対に抜けれない。

でも、それでも、お姉ちゃんが笑っていてくれるなら、それで幸せ。

本当に好きならば、その人の幸せを第一に願う。そう誰かが言っていた。

だから私はお姉ちゃんの幸せを願った。だから私は身を引いた。

でも、

それでも、

悲しいものは、悲しいんだよ?

      • お姉ちゃん。
734:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 01:35:18.12 ID:Lz1bye8y0
気がつくと、私は道路の上に立っていて、気がつくと、目の前に明かりがあって。

ああ、時間が遅く感じってのは、こういうことを言うんだな、って感じる時間もあって。

鉄の塊が、あと数メートルまで目前に迫っている状況で、妙な冷静な部分があった。

走馬燈が、私の頭の中を駆ける。

お姉ちゃんがくれたホワイトクリスマス、打ち上げでやった人形劇。

ああ、楽しかった。

楽しかった・・・でも、

何で私は泣いているんだろう?

ああ、

「死にたくなかったんだ、私」
743:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 01:45:59.33 ID:Lz1bye8y0
「危ない!」

声が聞こえると同時に、誰かが私を抱きしめて跳んだ。
冷たいアスファルトに、受け身もとれないまま体が投げ飛ばされる。
さっきまでゆっくりだった時間が急に流れはじめ、車がものすごいスピードで目の前を通り過ぎていった。
なぜか平気だった恐怖心や体の震えが今更になって襲ってくる。
怖い。何でさっきまでこんなに怖いのに、それすら感じていなかったのか。

でも・・・生きてる。

「な、なにやってたんだよ!」

私を助けてくれた人が、声を荒げて私に問いただす。
      • あれ?

「死ぬつもりだったの・・・か・・・って」

向こうも、どうやら気づいたようだった。
      • 何から何まで厄日みたいだ。こんなものすごく格好悪いところを、知り合いに見られちゃうなんて。

「憂だよな・・・憂・・・なにやってんだよ!」

「・・・ごめんなさい。律先輩」
124:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 22:42:23.56 ID:Lz1bye8y0
二四時間営業のファミレスの一番隅の席。
今私は、律先輩と二人で無言のまま向き合っている。

「お待たせしました。カプチーノです」

店員さんが二人分のカプチーノを置いて、席から離れる。
そのタイミングを見計らっていたのか、律先輩が話を切り出す。

「で、なんであんなことをしてたのか話してもらおうか。そうじゃないと帰さないからね」

律先輩は、いままで見せたことのない真剣な表情で、私から目を離さない。
何をしていたのか、自分でもよくわからない。
ただ、何をしたかったのかはわかっている。

「もう、嫌だったんです。なにもかも」

「・・・もっと具体的に言ってくれないとわからないよ」

「そうです、ね。じゃあ、たとえば律先輩は好きな人がいて、その人が自分の事なんて全く眼中になかったらどうします?
 自分から向かっていきます? それとも身を引きますか?
 ・・・私は、どちらでもなかった。ただ、見てただけ。気づいてほしかっただけ」

少しずつ、私は語りだす。時々詰まりながらも、自分の胸の内を吐き出していく。
今まで、誰にも話せなかった、固まってしまった私の心を。
128:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 22:49:46.16 ID:Lz1bye8y0
「怖かったんです。向かっていけば、今まで通りにいられないのはわかっていたから。
 だけど、自分の気持ちも捨てきれないで、ずっと、ずっと、ずっと見ていたあの人から離れられない」

「・・・」

「生まれてからずっと一緒で、でもその向ける感情が家族に対してのものじゃなくて、一人に向けてのもの。
 ふふ、私、女の人が好きなんですよ。律先輩」

ああ、言ってしまった。もう、戻れない。

「それだけだったら、まだ隠して過ごせたかもしれません。けど、私はお姉ちゃんが好きなんです。
 誰にも渡したくない。私だけのお姉ちゃんになってほしい。・・・けど、それは無理ってわかってる」

そう、無理なんだ。それがわかってて、何年も何年も諦められなかった。
その結果が、さっきのひどい現実。

「だから、逃げ出したんです。現実から。私の気持ちが救われないこの世界は、私には辛かった」

私が気持ちを打ち明けたら、お姉ちゃんとはいままで通りにはいられない。
お父さんやお母さんにはなんて説明したら? 友達には? そんなことばかり考えてしまう。
私の異常な恋愛嗜好に、他人を巻き込むのはごめんだ。それが好きな人ならなおさら。
131:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 22:57:15.94 ID:Lz1bye8y0
「でも、逃げ出せなかったんですよ・・・律先輩。先輩が助け出しちゃったから。
 どうやってこれから生きていけばいいんでしょうね。死ぬのは、怖いです」

自嘲気味に笑う。もう、私はあんなことをする勇気はない。
だって、あのときの私は泣いていた。きっとそれは怖いのと、まだ生きていたいという醜い執着があったから。

「・・・私、家を出ます。たぶん、お姉ちゃんの顔をまっすぐ見れないと思うから」

お姉ちゃんがお兄ちゃんだったら、と何度願ったか。
それは何の解決にもなっていないけど、私の異常さの一つが減るから、そこに逃げたかった。
けど、一つ減っても結局はおかしいのだ。だって、勝手に追いつめられて勝手に自殺しちゃうんだから。
ああ・・・本当に、これからどうしたら。

「・・・それで、全部?」

さっきまで黙って聞いていた律先輩が、ようやく口を開いた。
あくまでも無表情で、冷たい軽蔑の目を私に向けている。ほら、やっぱり現実はーー

「ええ、これで全部です。気持ち悪いですよね、私」

「ああ、気持ち悪い」

 ・・・面と向かって言われると、やはりこたえる。
泣きたくもないのに、視界が揺らいでしまう。
現実なんて、やっぱり・・・
133 :ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 23:04:31.85 ID:Lz1bye8y0
「なんでそんなにウジウジしてるのかが、私にはわからないんだけど」

「・・・律先輩は、私じゃないからわからないんです。律先輩は、お姉ちゃんがいないから。
 それに、女の人よりも、男の人の方がーー」

「誰もそう言ってないじゃん」

「え・・・?」

「誰もそう言ってないだろ。私が男の方が好きだって、だれもそう言ってない。
 そもそも、憂。あんた唯に一回も自分のこと話してないのに、なんで気に入ってもらえるなんて思ってんのさ」

「ちょ、ちょっと待ってください! 律先輩、さっきなんてーー」

「だから、私は男だろうが女だろうが関係ないの。その人個人として見て、好きだったら好き。それで通す。
 たとえそれが兄弟だろうと、誰だろうと、私はそこを変えるつもりはない」

律先輩は、私の目をしっかりと見据えて、そう言い切った。
律先輩も・・・私と似ているんだろうか。
でも、なんでこの人はこんなに自信に溢れているのだろう。
私なんて・・・こんな風にクサることしかできなかったのに。
136:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 23:08:12.48 ID:Lz1bye8y0
「ああもう、こんなこもった場所じゃあ気分も沈んじゃう。
 憂、ちょっとあたしに付き合いな。ちょっと場所変えるよ」

律先輩は一気にカプチーノを飲み干し、席を立つ。そして私の隣に来て、強く私の手を握った。

「あんまり遠くないからさ、用件だけすませたらさっさと帰るよ。唯も心配するだろうし」

そして、私の手を引いて、歩き出す。
その手の暖かさが、何故だかすごく心地よくて、私の心が少し暖まったような気がした。
140:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 23:16:11.42 ID:Lz1bye8y0
「さあ、早く乗った乗った」

律先輩は私の背中を押して、私を観覧車の中に押し込んだ。
律先輩も中に入り、ゆっくりと、観覧車は動き出す。

「さて、じゃあ私の話でもしようか」

二人で、向かい合って腰を下ろす。夜の外気で冷たく冷えた腰掛けは、座り心地のいいものではない。
その冷たさに耐えながら、私は律先輩の話に耳を傾けることにした。

「私が最初に自分の感情に気づいたのは、小学生の頃だったかな。
 クラスにさ、すごく可愛い女の子がいたんだ。最初はふつうに友達として過ごしてたんだけど・・・
 いつの間にかさ、自分の気持ちが変わっていたことに気づいた。胸がドキドキして、顔が熱くなるんだ。
 その時に、ああ、あたしって女の子が好きなんだって」

少し気恥ずかしそうに頭をかきながら、律先輩は話を続ける。

「でも、その時にあたしは別の男の子も好きだったんだ。そりゃ相当悩んだよ。
 女の子に向けている感情と、男の子に向けている感情が完全に一緒だったんだから、病気かと思ったぐらい」

「・・・それで、律先輩はどうしたんですか」

「ん? どうしたんだっけな。あんまり覚えてないけど・・・たぶん、二人とも諦めたんじゃないかな。
 まだ小さかったし、気持ちを伝えられるほどまだ成長してなかったし」
144:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 23:22:46.61 ID:Lz1bye8y0
「でも、さ。その時の影響かどうか知らないけど、私は今でもそういう気持ちになることがよくあるんだ。
 私は、その気持ちが間違っているとは思いたくない。好きなものは好きなんだからさ」

「律先輩は強いですね・・・私なんて」

そう、私なんて・・・伝えもせず、話もせず、逃げてばかり。

「強くなんてないさ。そういう経験もあんまりないし・・・なにより、今もすごくドキドキしてる」

「ドキドキ・・・?」

「ああ、今まで気になっていた子が、目の前にいて、しかも二人っきり。
 こうやってまだ緊張してるんだから、まだ私はぜんぜん強くなんかない。
 ・・・ねえ、憂。今のこのタイミングでこういうこと言うのは卑怯だと思うけどさ・・・」

律先輩が立ち上がって、私の肩をつかむ。
腰を屈め、視線が二人とも同じ高さ。お互いの吐息が感じられるほどの距離感。
目の前に、とても凛々しい表情の律先輩がいた。

「私じゃ・・・ダメなのかな?」
147:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 23:27:57.89 ID:Lz1bye8y0
「あ、え・・・え?」

急に言われたそのセリフが、私の頭の中をかき乱した。
お姉ちゃんの友達の律先輩が、私のことを・・・?
でも、私はお姉ちゃんが好きで・・・でも、私も女の人の方が好きで・・・

「ねえ、憂。どうなのさ?」

「わ、私は・・・」

考えなければ。冷静さを取り戻して、もっと急いで考えなきゃ。
律先輩が、私に。
私は・・・

「・・・律先輩は、卑怯です」

「うん、自分でもそう思う」

「さっきまで泣いていた女の子に、急に告白するなんて、ひどいです。
 今だって、私の頭はぐるぐるしてるのに、いきなりそんなこと・・・」

「・・・ごめん」

「・・・でも、嬉しかった」
150:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 23:32:05.75 ID:Lz1bye8y0
心が、何かをほしがっている。ぽっかりと空いてしまった隙間。
そこを何かで埋めたいと、叫んでいる。

「律先輩・・・私は、先輩を誰かと重ねているのかもしれません」

きっとそれは、何かを失った空間。だから、なにかで埋めないと絶対に埋まらない。
それはきっと、好きな人という存在でないと、埋まらない。

「でも・・・それでも・・・今は誰かがほしい。暖かさがほしい」

「・・・うん」

だから、私はーー

「・・・律先輩、私で、いいんですか」

「憂じゃないと嫌だ」

「私、重いですよ」

「平気だよ」

「すぐ嫉妬しちゃいますよ」

「大丈夫。だからさーー」
150:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 23:40:20.04 ID:Lz1bye8y0
すっ、と私の頬に先輩の手が添えられる。そして顔をしっかりと先輩の方に向けられた。

「もう、泣かないでよ」

その先輩の一言が、私の堤防を壊した。

「うっ・・・ぐ・・・せん、ぱい・・・せんぱぁい!」

何とかこらえていた涙が、急に溢れてくる。ああ、悲しい。けど、暖かい。
誰かに抱きとめられて流す涙は、どれくらいぶりだろう。とても、安心できる。

「辛かったね・・・憂」

「う”ん・・・う”ん・・・」

頷くことしかできない。とても、こんなグシャグシャな顔なんて見せれない。
この涙は失った悲しみなのだろうか。それとも何かを得た嬉しさなのだろうか。
その一番大事な部分すらわかっていないのに、私はただ泣き続けた。

「よしよし。好きなだけ泣きな」

律先輩が、優しく頭を撫でてくれる。それが、好きだった『誰か』と被って、また涙が溢れてくる。

「ごめん、なさい・・・ごめんなさい・・・!」

ごめんなさい、と。誰に向けて謝っているのかもわからず、ただ謝り続ける。

夜に浮かぶきらびやかな観覧車の頂上。
優しい先輩の胸で泣きながら、私の初恋は終わった。
153:ぽんじゅーす ◆dmeDqVUA961G :2009/07/27(月) 23:44:44.25 ID:Lz1bye8y0
エピローグ

「恋人が」

「できました!」

「へぇ、二人同時に彼氏ができるなんて、すごいタイミングじゃん。で、どんな人?」

「えっと・・・だな。その・・・」

「なんだよ、もったいぶらなくてもいいじゃないか」

「そうですよ。おめでたいことなんですから。でも私と澪ちゃんしかいないのはもったいないですね・・・」

「えっと・・・実は彼氏じゃなくて・・・」

「え? なに? 声小さくて聞こえないよ律」

「じゃあ、憂ちゃんから発表してもらいましょうか」

「はい! 私の恋人は・・・この人です!」

「・・・え?」

「・・・女の子同士って、ステキ・・・」

~fin~