※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

65 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/07/31(金) 02:58:58.55 ID:CfxiuPALP
梓「主導権を握られないためにはどうしたらいいか」

結論からいえば、唯先輩に先に行動されるから私は後手に回ってしまう。
ならば先に唯先輩を抱き締めてしまえば…

「こんにちわー」
「おーう梓、今日は早いなぁ」
「先輩達が早すぎるんです!」
「それもそっか、あははは」
部室を見渡してみると、唯先輩が居ない。好都合すぎる。
いつも通り席に座って、紬先輩のお茶と菓子をもらう。
そして練習そっちのけでティータイムとなるわけだ。

10分後、唯先輩は来た。

「みんなごめーん」

皆が振り向くより早く、私は動いた。

「あずにゃ、うわぁっ!?」

唯先輩より、早く、抱きついた…いや、勢いをつけすぎて押し倒していた。
66 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/07/31(金) 02:59:46.35 ID:CfxiuPALP
周りの空気がなんだか止まって感じる。

やってしまった…まさにその言葉どおりかもしれなかった。

そんな中で唯先輩が、ゆっくり立ち上がって口を開いた。

「やっとその気になってくれたんだね、あ~ずにゃん♪」

「え、どういう、んむっ!?」
理解する間もなく唇をふさがれた。

唯先輩の舌が私の口内をなめていく。

舌で押し返そうとしても逆に舌をなめられてしまう。

むしろ、私の舌を唯先輩の舌になめられようと動いていた。

体が熱くなってる、目の前の唯先輩のことしか考えられない…
67 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/07/31(金) 03:00:41.71 ID:CfxiuPALP
「はいはいそこまでなー」

律先輩が私と唯先輩を引き離した。

「あ、あれ…」

引き離された私は床にお尻がついてしまった。

足に力が入らなくて立てなくなってしまったのだ。

まだあの舌で舐めまわされた感覚が残っている。

心臓がどきどきいってとまらない。

そんな私に唯先輩は近づいて肩を貸してくれた。

そして私に耳打ちした。

「続きはあずにゃんの家で、ね」



Fin