※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

799 :あとがき:2009/08/03(月) 17:09:05.73 ID:44DlahB/0
「お姉ちゃんとは仲良くやってるか?」
 目の前にいる人がそんなことを言った。俺はジュースを飲みながら
「なんで、そんなことを?」
「い、いや……なんとなくだよ、なんとなく」
 相変わらず、言い訳が下手だよなあ……。
 昔から変わらないその性質。それを見て、俺はどこか微笑ましい気分になる。

825 :あとがき:2009/08/03(月) 17:28:40.51 ID:44DlahB/0
「どうせ、学校であいつが俺の話でもしたんだろ? うるさいやつ、とかさ」
 言っているうちに荒んだ気分になるのを感じる。
 なぜこんな口調になってしまうんだろう?

 きっかけは、些細なことだった。

829 :あとがき:2009/08/03(月) 17:31:33.77 ID:44DlahB/0
「姉ちゃん、テーブルには左手を出そうよ」
 食卓にて、俺はふと気付いたことを姉ちゃんに言った。
「え~、めんどくせー」
「それでも、だよ。姉ちゃんだって一応女の子だろ?」
「一応ってなんだよ、一応って!」
 ぶーぶー言いながらも、姉ちゃんは左手をテーブルに出した。

831 :あとがき:2009/08/03(月) 17:33:53.58 ID:44DlahB/0
 普段から、こういうことはよくあった。
 姉ちゃんのマナーについて、弟の俺が注意する。
 姉ちゃんは注意されたことを正し、俺は満足する。

 しかし。直した後、姉ちゃんは何かを気にするそぶりを見せた。

833 :あとがき:2009/08/03(月) 17:35:59.72 ID:44DlahB/0
「ねえ、私って女の子らしくないかな?」
 左手を出した後、えらくしんみりとした表情で俺にそう言ってきた。
「はあ? いきなり何を――」
「答えてくれ」
 俺の発言を遮り、姉ちゃんはじっとこっちを見つめてきた。

836 :あとがき:2009/08/03(月) 17:40:11.73 ID:44DlahB/0
 俺と姉ちゃんは向い合う格好となる。
(しかし、こうしてみると)
 姉ちゃんの顔立ちは整っている。きょうだいという立場からの
 贔屓目を抜きにしてもそう思う。
 しかし――
「正直、あんまり女の子らしくねえな」
「ぐっ! は、はっきり言われるとムカつく……」
 そんな乱暴な言葉の割には、姉ちゃんの表情は暗いものだった。

838 :あとがき:2009/08/03(月) 17:44:20.67 ID:44DlahB/0
「……どうした? なにかいやなことでもあった?」
 俺は姉ちゃんが心配になった。いつもだったら俺のからかいに対して
 頭を軽く叩いてきたり、ほっぺたを触ってきたりしてくるはずなのに。
「……なんでもない。ごちそうさま」
 そう言って結構な量の食事を残し、部屋へと戻って行ってしまったのだ。

840 :あとがき:2009/08/03(月) 17:47:19.12 ID:44DlahB/0
(結局、わからなかったんだよなあ)
 翌日。俺は学校からの帰り道で、まだ悩んでいた。
 当然、姉ちゃんの様子について、だ。
(あんなんでも、俺のたった一人の姉だしな)
 心配してしまう。俺に何ができるんだろう……?

842 :あとがき:2009/08/03(月) 17:51:45.77 ID:44DlahB/0
「おっ、聡じゃないか」
 声をかけられた。俺のよく知っているものだ。
「澪姉ちゃんか。久しぶりだね」
「まあな。最近、律の家に行くこともなかったからな」
 少し微笑む、澪姉ちゃん。そのたたずまいには
「女の子らしさ」が満ち溢れていた。

 それを感じて、俺はまたも暗くなる。

857 :あとがき:2009/08/03(月) 18:08:02.96 ID:44DlahB/0
ちなみに、「苦悩」と「回想」はまだできていません。すみません。
「海の記憶」の作者でした。

「どうした? 気分でも悪いのか?」
 澪姉ちゃんが心配そうな声をかけてきた。
 そうか、俺はそんなにもひどい顔を――
「……そうだな。ここの喫茶店にでも入らないか?」
 見ると、ごく普通の喫茶店があった。
「私たちも時々来るんだけどな。どうだ? おごるぞ?」
 澪姉ちゃんは、俺を気にかけてくれている。

863 :あとがき:2009/08/03(月) 18:14:26.24 ID:44DlahB/0
 そんな彼女に悪いとは思いながらも
「……行くか」
「よし、入ろう!」
 俺たちは、店の中に入って行った。

(そして、この状況……)
 俺は姉ちゃんに関しての質問に、ぶっきらぼうに返答しつづけている。
 澪姉ちゃんは、俺と姉ちゃんの関係を心配してくれているのだろう。
 表情や仕草から、それが良くわかった。

868 :あとがき:2009/08/03(月) 18:24:14.21 ID:44DlahB/0
「律? 特におかしなところとかなかったけど」
「えっ? な、なんでだ?」
 俺がこんなに悩んでるっていうのに。
 姉ちゃんは普通だった……?
「いや、なんでもなにも。いったい、何があったんだ?」
「……わかった。話すよ」 
 俺は姉ちゃんから聞いた話を包み隠さず澪姉ちゃんに伝えた。

870 :あとがき:2009/08/03(月) 18:26:24.33 ID:44DlahB/0
 澪姉ちゃんは相槌を打ちながら、真剣に聞いてくれた。
「……で、姉ちゃんの様子が気になっちまって」
 説明を終える。話しているとまた辛くなってきた。
 なんで俺こんなにあいつのこと心配してんだろ……。
「ふむ。そうだったのか……」
 澪姉ちゃんはひとりごちていた。

871 :あとがき:2009/08/03(月) 18:29:19.72 ID:44DlahB/0
「聡」
 澪姉ちゃんは俺の名前を呼んだ。
「な、なに」
 いきなり名前を呼ばれたもんだから、俺も戸惑う。
 何を言うつもりなんだろう……。
「私はな――」
 一息。

「お前たちがうらやましいよ」

 とても優しい声で、続けた。

872 :あとがき:2009/08/03(月) 18:32:01.78 ID:44DlahB/0
「はっ? な、なにが?」
 澪姉ちゃんは一体何を言いたいんだ。
 こんな風に悩みっぱなしの俺のどこがうらやましいって――
「お前と律は本当に仲がいい」
 澪姉ちゃんは嬉しそうな顔をしていた。
「い、いみわかんないよ。正直どこがうらやましいのやらさっぱりだ」
 しどろもどろになりながら反論する俺。
 澪姉ちゃんはそんな俺をじっと見つめている。

874 :あとがき:2009/08/03(月) 18:35:26.53 ID:44DlahB/0
「律は学校ではたしかに普通にしていた。いつもどおり元気一杯に
 私たちと談笑していたさ」
 澪姉ちゃんの口調はどこか謎めいていた。
「まじか……いったいどうして」
「でもな、あいつ……一回だけ表情を変えたな」
 俺の言葉を遮り、話を続ける澪姉ちゃん。
 俺はそんな彼女の話にじっと聞き入っていた。

875 :あとがき:2009/08/03(月) 18:40:11.18 ID:44DlahB/0
「部員の一人が妹の話をしたんだ。そいつと妹はとても仲良しでな」
 そこで澪姉ちゃんは微笑んだ。そんなに温かい話だったのだろうか。
「その時な、律はわずかに沈んだ表情をしていた」
「な、なんで? その時だけ……」
「わからないか?」
 澪姉ちゃんは俺を試すかのようだった。
「そ、それは。もしかして……」
「そう。お前のことを考えていたんだよ」
 澪姉ちゃんはそう断定した。

「お前の話を聞いて、確信した」

879 :あとがき:2009/08/03(月) 18:45:03.27 ID:44DlahB/0
「律は学校でも悩んでいたんだろう。でも、私たちにそんな姿を
 見せたくはなかった。だからいつもどおりにふるまっていたのさ」
 俺は、何も言えなかった。俺と同じように姉ちゃんも――?
「悩んでいたっていうのか……」
「律はおそらくお前のことを心配していたんだろう。
 いきなりおかしなことをきいて、雰囲気を変えてしまったんだから」

 そう。いつもだったら、姉ちゃんと俺のやりとりは違っていたはずだ。
 なのに、あのとき飛び出してきたのはおかしな言葉。
 俺は大いに戸惑った。

881 :あとがき:2009/08/03(月) 18:51:13.85 ID:44DlahB/0
「お前たちのどこが羨ましいかと言えばだな」
 一拍置いて
「お互い本心で向き合えるというところだ」
 そう、言った。

「律はお前にだけはホントの自分を見せている。一番友達としての
 付き合いが長い私にだって、そんな質問はしてこなかったんだから」
 ――澪姉ちゃんがされなかった質問を、俺が?
 まさか。そんなこと……
「お前は律に信頼されているんだ。心の底から、な」
 ふうっと一息つく澪姉ちゃん。
 長い長い話だった。

883 :あとがき:2009/08/03(月) 19:00:11.76 ID:44DlahB/0
話を聞き終わり、見つめ返す。俺と姉ちゃんは――

「聡、いい音楽があるぞ!」
「面白い映画やってるみたいだけど、一緒に行くか?」
「宿題? 私が教えてやるよ! 終わったら遊ぼうぜ!」
「文化祭来たんだろ? どうだったよ、私たちの演奏は!」

(ああ……)
 何で悩んでいたんだろう。
 何が悲しかったんだろう。
 俺と姉ちゃんは――
「ずっと一緒だったじゃないかっ……!」

884 :あとがき:2009/08/03(月) 19:03:26.35 ID:44DlahB/0
 気づいたら、俺は涙を流していた。
 何も考えられない、何もわからない……
「辛かったな、聡……」
 よしよしと頭を撫でられた。澪姉ちゃんの手は大きい。
「お前は姉のためにそこまで悩んであげられる優しいやつだ。
 ……ほんと、うらやましいよ」
「うっうっ……」
 しばらくの間、そのままだった。
 きっと周りからはおかしな目で見られているんだろう。

886 :あとがき:2009/08/03(月) 19:07:53.13 ID:44DlahB/0
「……落ち着いたか?」
「うん。ありがとう」
 ようやく気分が楽になってくる。澪姉ちゃんは俺の頭をずっと撫でていてくれた。
「今日、澪姉ちゃんに会えて良かった」
「そう言ってくれると嬉しいよ」
 お互い素直に思いを伝えた。

「ねえ、澪姉ちゃん」
 喫茶店を出た俺たちは、各々の家へと向かっていた。
「うん? 何だ、聡?」
「うちの姉ちゃんって……女の子らしい、かな?」
 あいつはなんでそんなことを気にしているんだろうか。
 それが分からなかった。

887 :あとがき:2009/08/03(月) 19:12:37.80 ID:44DlahB/0
 なので、訊いてみたのだ。
「うーん……たしかに、それっぽくはない、けど。
 でも、お前に言われたのがショックだったかもな」
 澪姉ちゃんは苦笑している。
「弟であり、全幅の信頼を寄せている人だからこそ、認めてほしかったんじゃないか?」
「そうかも、な」
 その点に関しては、俺も反省していた。

889 :あとがき:2009/08/03(月) 19:16:41.65 ID:44DlahB/0
「まあ、私がとやかく言えることじゃないかもしれないけど」
「いや、そんなことないよ。ほんとに感謝してるんだ」
 澪姉ちゃんがいなかったらどうなっていたことか。
「いや、私は自分の考えを言ったにすぎないよ。考え抜いたのはお前、だろ?」
 澪姉ちゃんは、あくまで謙虚な姿勢を崩さない。
 そのスタンスが、姉ちゃんとは対照的だ。

890 :あとがき:2009/08/03(月) 19:19:44.14 ID:44DlahB/0
 それを意識するやいなや、姉ちゃんの顔を見たくなった。
 とにかく会って、言いたいことがある。
「……バイバイ、澪姉ちゃん!」
「えっ? まだ帰り道同じじゃ……」
「姉ちゃんに会ってくる!」
 ダッと走る俺。家まで一目散に駆けていく。

「……ホント、いい弟を持ったな、律」
 澪姉ちゃんが何かを言っていたような気もする。
 けど、今の俺には聞こえなかった。

891 :あとがき:2009/08/03(月) 19:24:59.26 ID:44DlahB/0
 走って走って、家に着いた。
「ただいまー!」
 大声で帰ってきたことを告げ、ドタドタと階段を駆け上がり、あいつの部屋へ。

「姉ちゃん!」
 ノックする手間も惜しい。ガチャッと扉を開ける。
 そこには――

893 :あとがき:2009/08/03(月) 19:28:58.04 ID:44DlahB/0
「さ、聡……!?」
 制服姿の姉ちゃんがいた。
 しかし、いつもと違う。
 些細なことかもしれない。でも、絶対的に異なっている。
「か、カチューシャ外してたのか……」
「い、いきなり入ってくるなよ! は、ハズい……」
 クッションを顔に押し付け、恥ずかしそうな表情をした。

895 :あとがき:2009/08/03(月) 19:32:23.86 ID:44DlahB/0
「み、見せたくなかったのによ! 似合ってないじゃん、こんなの!」
 そのまままくし立ててくる。その表情は恥ずかしさが9割を占めていたが
 残り1割は……寂しさだとわかった。

「……姉ちゃん」
 俺はゆっくりと近づいていく。
「な、なんだよ。い、いいのか、こんな女の子らしくない奴に近づいて」
 もはや自分が何を言っているのかもわからないのだろう。あたふたとしている。
 だから。

896 :あとがき:2009/08/03(月) 19:37:37.40 ID:44DlahB/0

 何も言わずに、抱きしめた。

「――ッ!」
 俺の腕の中でじたばたとする姉ちゃん。しかし、俺は腕を緩めない。
 愛しさが、体中を支配する。
「――似合ってるに決まってんだろ」
 耳元で俺は囁いた。
「う、嘘だろ……嘘に、決まってる」
「俺は、弟だぞ。姉ちゃんに嘘なんてつくと思うか?」
「……」
 姉ちゃんは黙り込んでしまう。そんな仕草も愛しいと思ってしまった。

901 :あとがき:2009/08/03(月) 20:02:44.91 ID:44DlahB/0
「……昨日は、ごめん」
 俺はその機会を逃さず、きっちりと謝った。
 腕の中で姉ちゃんがピクリと体を震わせたのを感じる。
「正直、あんなこと言ったのは間違いだった。姉ちゃんも」

 女の子なんだもんな――

「気にしないわけがなかったよな。ごめん、考えが足りなくて」
 言っていて悲しい気分になってきた。
 昨日の俺にガツンと言ってやりたい。

 お前は女の気持ちがわかるのかよ! と。

905 :あとがき:2009/08/03(月) 20:07:48.39 ID:44DlahB/0
「俺、姉ちゃんの弟なのに……ひでえこと言っちまったよな」
 また泣きそうになる。けれど、踏みとどまった。
 ここは声を震わせて言うべき場面じゃない。
「俺さ……」
 一呼吸おいて

「俺さ、姉ちゃんのこと大好きだから」

 言い放った。
「だから悩んでたんだ。昨日からずっと。
 姉ちゃんが心配で心配で、俺のせいで、気に病んでたらどうしようって」
「……」
 腕の中で姉ちゃんは黙り込んでいた。

906 :あとがき:2009/08/03(月) 20:12:21.40 ID:44DlahB/0
「こんな俺でも……姉ちゃんの弟でいいのかな?」
 ずっと口を開かない姉ちゃんに問いかける。
 切実に聞きたかった。

「……お前以外に」
 姉ちゃんがぽつぽつと話しだす。
「お前以外に、私の弟がいてたまるかっ!」
 言うやいなや、俺の腕を引っぺがして――

「お帰り、聡!!」

 今度は姉ちゃんが抱きついてきた。
「……」
 気恥ずかしくなるが、姉ちゃんなりのお返しなのだろうと考えておとなしくする。

907 :あとがき:2009/08/03(月) 20:14:29.26 ID:44DlahB/0
「……ははっ」
 そんな声を漏らしたのはどちらだったか。
 しかしどちらでも関係ない。
 その呟きは伝播して

「はははははは!」
「あははははは!」
 部屋中の空気を最高のものに変えてくれたのだから。

909 :あとがき:2009/08/03(月) 20:20:10.79 ID:44DlahB/0
――エピローグ――
「姉ちゃん、ゲームをやろう!」
 俺はふと、姉ちゃんとゲームをしたくなった。
「おっ、いいぜ!」
 すぐさまテレビの前へと駆け出す姉ちゃん。
 俺もそんな姉ちゃんの後を追う。
 楽しい気分が胸一杯に広がっているのを感じながら。

 あの日を境にして、俺と姉ちゃんの絆は深まったような気がする。
 あれから数日たったある日、澪姉ちゃんと再び会った。

「……そうか、それは良かったな」
 俺の話を聞いて、澪姉ちゃんは優しい表情を浮かべながらそう言ってくれた。
「これからも仲良くしろよ」
「あったりまえ!」
 ははっと笑いあって俺達は別れた。

910 :あとがき:2009/08/03(月) 20:25:33.15 ID:44DlahB/0
「りっちゃん、最近調子いいねー」
 部室に唯のほんわりとした声が響く。
「へへっ、あったりまえ! 今の私は無敵だぜ!」
 どん、と胸を叩く私。それを見て笑う仲間。

「……律先輩。この人だれですか―?」
 見ると後輩の梓が私のバッグについたキーホルダーの中身を見ている。
「あっ、そ、それは!?」

「わー、何だろこれー?」
「もしかして、りっちゃんの……?」
「そ、そうなんですか、律先輩!?」
 部室に響く三者三様の声。
 事情を知っている澪は私と顔を合わせて、溜息をつく。

915 :あとがき:2009/08/03(月) 20:39:52.64 ID:44DlahB/0
「ほんと、仲が良いな、お前らは」
「へへん、うらやましいだろー?」
「ああ、お前たちを見ていると微笑ましい」
 澪の眼はどこまでも温かかく、私の気分を良くしてくれた。

 部室で声を上げている三人娘 それを見守る私たち

 外で吹く風はどこか穏やかで それは私たちの気分みたいで

 ――俺さ 姉ちゃんのこと大好きだから

 忘れられない言葉 忘れられない仕草

 再び 穏やかな風が吹いて

 写真の中のあいつが 微笑んだかのように感じた――

 Satoshi and Ritsu
 Congratulations!