※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

834 :支援代わりに澪が律に勉強を教えるも途中で律が寝てしまいry:2009/08/03(月) 17:36:12.17 ID:Ftaj8v2J0
「澪~ここどうすんだ?」
 私は今現在澪の家で勉強を教えてもらっている。
「そこはだな――」
 最初は嫌がってた澪も結局は教えてくれる。いつものパターンだ。
 澪が幼馴染でよかったぜ。
「――で、こうして終わりだ」
「おぉ、なるほどな~」
 おまけに教え方も上手だからわかりやすい。


837 :支援代わりに澪が律に勉強を教えるも途中で律が寝てしまいry:2009/08/03(月) 17:41:21.70 ID:Ftaj8v2J0
「ったく……これぐらい自分でやれよな」
「感謝してるよ澪ちゃ~ん」
「気持ち悪い声を出すな!」
 ほんと、澪はからかい甲斐がある。
 小学校のときからずっと一緒だったけど、この性格は直らないもんな。
 あの頃は男子にからかわれてる澪をかばったりで大変だったぜ。
 すぐに泣くからあやすのも大変だったしな……。
「ふわ~ぁ」
 ……ん、ちょっと眠くなってきたな……。
「どうした律? 眠いのか?」
「ん~」
 生返事しか返せない。
「おい、律――」
 そして、澪の声を子守唄にして、私は眠りに引き込まれた。


839 :支援代わりに澪が律に勉強を教えるも途中で律が寝てしまいry:2009/08/03(月) 17:45:19.83 ID:Ftaj8v2J0
 ……ここは、夢の中か。
 私と澪は二人でベッドに寝ている。
 おーおーこうして近くで見ると、やっぱりでけぇなぁ……。
 羨ましいぜまったく。
『お、おい、何する気だ律?』
 そんなでかいモノがあれば触りたくなるのが人の性。私は澪のおっぱいを鷲掴みにした。
『つっ』
 ほぉ……なんという弾力……。


841 :支援代わりに澪が律に勉強を教えるも途中で律が寝てしまいry:2009/08/03(月) 17:48:24.70 ID:Ftaj8v2J0
 澪のおっぱいは私の手を柔らかく包みながらも、押し返してきている。
『あっ……ちょっと、律……やめろよ……』
 澪はそんなことを言うけど、心なしか頬が染まってきてないか?
『澪、まさかとは思うけど……』
『な、なんだよ!』
『お前……感じてる?』
 そう言うと、澪は一気に顔を紅潮させ、
『そ、そんなことない!』
 そう叫んだ。


845 :支援代わりに澪が律に勉強を教えるも途中で律が寝てしまいry:2009/08/03(月) 17:53:20.16 ID:Ftaj8v2J0
 間違いない。こいつ感じてやがる。
『だから、ほら、止めろ!』
 おうおうかわいいですな~。
 そんな澪を見て、私はいたずらを続行することに決めた。
 もみもみ。
『あ……はぁ……』
『ほれほれ、自分には正直になれよ~?』
『だ、誰が……あっ』
 澪の痴態を見て私は我慢の限界が――


846 :支援代わりに澪が律に勉強を教えるも途中で律が寝てしまいry:2009/08/03(月) 17:55:18.66 ID:Ftaj8v2J0
「……律、ほら起きろ!」
「んぁ……?」
 ――そこで眠りから覚めた。
 隣を見ると、顔を真っ赤にした澪。
 ……まさか。
「えっと……聞いてた?」
 もしそうなら大変だ。
 はたして澪は――
「ああ、聞いてたよ」
 顔をぷるぷる震わせながらそう答えた。
「ひいぃぃぃぃ」
 これからどうなるかを想像して、私はgkbrした