※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/03(月) 23:27:35.55 ID:fLYU+4h50
押尾逮捕に驚愕して言葉を失う紬


94 :なめこ ◆k05EaQk1Yg :2009/08/03(月) 23:33:10.69 ID:DKwyqsec0
紬「まっ…学さんが逮捕…!?」

澪「うそだろ!?」

律「でも今朝のワイドショーでやってたぜー?」

紬「そんな…あんなに…お人柄も良い方でしたのに…」

澪「え?まさか会ったことあるとか?」

紬「ええ、会社のパーティでお会いしたことが…そんな…辛いことがあったのかしら…」

憂「ムギさん…」

唯「ねー憂ー。えむでぃーえむえーって気持ちいいのーー?」

憂「えっ?」

こうですかわかりません><




483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 19:16:44.26 ID:czlti9vB0
紬「止めてください!」

男「さぁこのGを食べるのだ!」

G「ゴキキ」

紬「いやああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」




ふぅ……




495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 19:45:02.74 ID:dRRpA8QuO
ふたなり唯×憂とふたなり律×澪誰書くの?


498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 19:48:57.63 ID:dRRpA8QuO
今日は四発くらい抜きたい気分だから誰か>>495を至急頼む


502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 19:54:11.74 ID:eneSuzEfO
 >>498
澪「あははははは律のおちんぽおおおお」

律「やめろ澪!そんなに強くしごくな!」

澪「あ、手が真っ赤になった」



何これ




520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 20:48:06.29 ID:czlti9vB0
「あっ、唯先輩」
 探していた人物がようやく見つかった。
 おそらくショットの走り込みをしていたのだろう。一階のスタート・ゴール地点に赤外線のセンサーが設置されていた。
 唯先輩は携帯端末の画面を険しい表情で見つけていたけど、私の声に顔を上げた。
「生徒会は終わったの?」
「はいっ。唯先輩はタイムを取ってたんですか?」
「そこのセンサーで測ったタイムがこっちに出るようになってるんだけど……」
 言いながら唯先輩は画面をこちらに向ける。
 画面には「21,58」「21.27」「22.48」という数字が並んでいた。
 それを見た瞬間、私は自分の身体が熱くなるのを感じた。唯先輩に向かって頼み込む。
「あのっ、私とショットレースをしてください!」




                                                           Fin




551 : ◆PzD3ftv2xo :2009/08/04(火) 21:35:49.71 ID:AQF5lpZlO
うんたんの巫女
博麗唯夢

普通のドラム使い
霧雨魔律沙

軽音のお菓子屋さん
八意紬琳

萌々のお姫様
蓬莱山澪夜

いやなんでもない


554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 21:43:55.52 ID:czlti9vB0
完璧で瀟洒な生徒会長(未来)
真鍋和

斬れぬものなどあまりない!
魂魄憂夢

あれ、幽々子って唯っぽい


……いやなんでも


559 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/08/04(火) 21:51:10.37 ID:4iMHZr5b0
 >>554
半人半病の妹
魂魄憂夢

いや、個人的に憂は純真無垢な良い子だと信じていますよ?



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 17:45:16.96 ID:YwKKm+rh0
唯「本当に何も書けなくなって来ました」

梓「なんというスランプ……」

唯「どうしましょう」

梓「寝てしまいましょう」

唯「そう、ねちゃお~!」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 17:57:59.08 ID:YwKKm+rh0
唯「仲間がいっぱいです」

梓「おぎゃーおぎゃー」

唯「たくさん産まれました」

梓「という名の支援」



23 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/05(水) 17:58:03.70 ID:N/N85kqLO
唯「Because I'm bad I'm bad came on」


律「You know I'm bad I'm bad you know it」




澪「………Bad、マイケルジャクソン」


紬「正解です!」




澪「私もやっと消しゴムを食べれるのか…」


27 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/05(水) 18:04:03.74 ID:N/N85kqLO
澪「もぐもぐむしゃむしゃ」




唯「マイケルジャクソン…亡くなったね」


律「あの人は世界のスターだ………」


紬「キング・オブ・ポップにふさわしい人でした」




澪「マイケル死亡で今日も消しゴムが上手い!^q^」


律「チッ……………お前が代わりに死ねばよかったのに…」ボソ


澪「え?」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 18:51:41.82 ID:YwKKm+rh0
『音楽少女』

唯「ねぇねぇ、おやつまだ~?」

梓「そう簡単に作れるわけ無いでしょう」

唯「ぶぅ~」

梓「……っと、できました」

唯「それじゃ聴かせて」

梓「はいはい――」

ジャーン

梓「――どうでしたか?」

唯「ふんふん……これは、夏においしい柚子のシャーベットのような味みたい。おいしい!」




という支援



147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:20:46.11 ID:avPYrkHN0
澪「わ、私!・・・」

律「どうしたぁ?」

澪「私・・・生理こないの・・・」

律紬唯「・・・」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:25:36.68 ID:avPYrkHN0
唯「せーり?」

律「何があったんだよ!」

澪「実は昨日・・・」


澪は昨日の出来事をみんなに話した


律「なんだwwそんなことかwww」


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:28:35.95 ID:avPYrkHN0
紬「新曲の詩が浮かばなくて」

律「それがストレスになって生理が止まっちゃった」

唯「せーり??」

澪「どうしよう・・・みんな・・・」


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 21:31:24.83 ID:avPYrkHN0
律「心配しなくても大丈夫だよ」

紬「一時的な現象ですわ」

澪「良かった・・・ありがとう、みんなww」

唯「りっちゃん!せーりって何?」


END




410 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/06(木) 18:09:08.51 ID:KeAznxnNO
つむぎ「わぁ、あたらしいひつじさんだぁ!お名前なんていうの?」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
つむぎ「さいとうさいとう、あのねっわたしねっにがおえかいてみたの!どう?」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
つむぎ「キャアアア!たすけてさいとう!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
紬「斉藤…ありがとう…私はもう、一人で世界を歩けるわ。だから…もう休んでいいのよ?」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
DQN1「ヒャハハハ、てめえみたいな老いぼれが勝てると思うのかよ!?」

DQN2「庭で茶でも飲んでな!オラァ!」

紬「さ…斉藤!!も…もうやめてぇ!!」

斉藤「お嬢様の笑顔を奪う奴は許せない…!私は何度でも立ち上がりますよ!あなたのためなら、ね!」

予告「執事斉藤の一生」 公開日未定

立ち上がれ、斉藤。愛する主人のために――――



572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 22:05:12.46 ID:o3ylLIEN0
唯「なんて謝ったらいいか」

梓「しゃぶれよ」

唯「えっ」


576 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/06(木) 22:09:23.29 ID:KeAznxnNO
 >>572
紬「………」

紬「……じゃあ二人で乳くりあってくれたら許してあげる♪」

麦茶「いややめてあげようよ!どうして今日はそんなにハジケてるの!?」


579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 22:12:26.66 ID:o3ylLIEN0
 >>576
唯「乳くりあう……?」

梓「な、な、な、なんてこと言ってるんですか!?」

唯「ね、ね、どんなことするの?」

梓「ししし知りません!」

唯「え~?」

憂「うふふ……私が教えてあげるよ」

唯「憂が?」

憂「うん!」

唯「ありがと~」

憂「えへへ~」

唯「で、どうするの?」

憂「まずはね――」


581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 22:14:45.98 ID:o3ylLIEN0
憂「――どう?」

唯「え、えっちなことなんだね……」

梓「当たり前です! そんなこと絶対させませんから!」

憂「梓ちゃん嫉妬してるの?」

梓「んな!?」

唯「そうなの?」

梓「ちちち違いますよ!?」

憂「それじゃ、私お姉ちゃんと乳くりあってくるから」

梓「ぐ……。わ、解ったよ! 私がやる!」

唯「あずにゃんが?」

憂「やっぱり嫉妬なんじゃ」

梓「うるさぁい!」


583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 22:15:44.61 ID:o3ylLIEN0
梓「ふぅ……はぁっ……せん、ぱぁい……」

唯「あずにゃん……」

憂「これでいいですか!?」




ところで乳くりあうってどうするんだ


584 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/06(木) 22:15:55.42 ID:KeAznxnNO
 >>579
紬「ワクテカ」●REC

麦茶「ハッ、ムギちゃんが恍惚の表情に!?ムギちゃんにこれは毒だ!ムギちゃん!見ちゃダメだ!」バッ!

紬「どいて!ビデオが撮れないわ!」バシッ! ●REC


585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 22:17:08.33 ID:o3ylLIEN0
 >>584
唯「もう終わりました」

梓「なんという速さ」




587 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/06(木) 22:19:26.11 ID:KeAznxnNO
 >>583
紬「もっと…もっと絡み合って!イヤらしく・艶めかしく!」●REC

紬「…そう、そうよ!さぁもっと私を満足させて!ハァハァ!」●REC

麦茶「落ち着いて、ゆっくり深呼吸して冷静になってよ!ねぇムギちゃん!」ガクンガクン

紬「うるさい」バシン●REC

麦茶「あべし」


588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 22:20:30.83 ID:o3ylLIEN0
 >>587
唯「その撮ったビデオをどうするか非常に気になりますが」

梓「どうするつもりですか!?」




593 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/06(木) 22:23:25.05 ID:KeAznxnNO
 >>585
紬「失望した…ものすごく失望した…」

麦茶「…ムギちゃん」



麦茶「あし~たがあるさ~あしたがある~ わか~いきみにはゆめがあ~る~」

麦茶「いつかき~っと~いつかき~っと~ねがいかなうだろう~」

紬「…麦茶さん」ホロリ




596 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/06(木) 22:27:09.40 ID:KeAznxnNO
 >>588
紬「私の部屋に保存されるわ、特別に棚を見せてあげる」

麦茶「うわ、デカッ!!アンタ頑張りすぎっすよ!どんだけ百合CP集めてるんすか!?」

紬「中学時代に女子全員のCPを全通り集めた私にスキはないわ!」エッヘン

麦茶「威張って言うことか!?」




598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 22:28:25.18 ID:o3ylLIEN0
 >>596
唯「マジキチ」

梓「どんびき」

和「いいすぎでしょ」


600 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/06(木) 22:31:05.42 ID:KeAznxnNO
 >>598
紬「…………」じわ…

紬「ひっ…えっく…麦茶さぁん……」シクシク

麦茶「…よしよし、俺が味方だからね」ナデナデポンポン


601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/06(木) 22:31:48.09 ID:o3ylLIEN0
 >>600
唯「あなた……おしりを撫でてますね?」

梓「通報します」



619 :夜だからイミフ:2009/08/07(金) 01:56:51.94 ID:h5gJr+9+0
唯「のどかちゃ~ん」

和「あら唯。どうしたの?」

唯「お願いがあるの~」

和「言ってみなさい」

唯「うん。あのね……」

和「うん」

唯「私のこと、罵ってくれないかな……?」

和「――は!?」




おい唯ちょっと俺と代われ



636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 02:43:11.59 ID:h5gJr+9+0
唯「本格的に文章が書けなくなってきました」

梓「これは重症ですね」

唯「どうしましょう……」

梓「とりあえず適当に書いておけば治るでしょう」

唯「そうですか?」

梓「要は気の持ちようですよ」

唯「それもそうですね」

梓「がんばりましょう」




638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 02:55:40.47 ID:h5gJr+9+0
唯「なんと……まさか本当に私しかいないのですか」

梓「私がいますよ」

唯「ありがたいです」

梓「しかし寂しい」

唯「寂しすぎて暇ですし何か書いてみますか」

梓「リハビリですね」

唯「はい」

梓「がんばってください」

唯「えっ」



774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 16:39:12.52 ID:h5gJr+9+0
唯「今日は来てくれてありがとうございました~!」

?「ふぅん……。軽音部、ねぇ……」



律「今日は大成功だったな!」

澪「そうだな。律のドラムも走りすぎてなかったし」

梓「唯先輩もミスをしませんでしたね」

唯「私はいつも完璧だよ~?」

紬「あらあらうふふ」

?「それじゃ、境界を弄くって、と……」

皆「!?」




軽音部のみんなが幻想入りしてしまったようです




822 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/07(金) 18:44:30.64 ID:d+yM5GmaO
唯「どうしてハッピーターンの粉ってこんなにおいしいんだろう~なめなめ」

憂「お姉ちゃん、粉だけ舐めてお煎餅残しちゃダメだよー」

唯「いいも~ん、私が買ってきたやつだしー」


そのご…

憂「お姉ちゃんが舐めたハッピーターン…ぱくぱく…しなしなだけど美味しい…はあはあ」

ハッピーターン食べてたら思い付いた…もちろん続きなどない



848 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 19:37:22.73 ID:h5gJr+9+0
唯「もう始まりました」

梓「なんという速さ」

唯「今回も何かやりますか」

梓「支援代わりにですねわかります」

唯「バトルしようぜ!」

梓「ポケモンですか」

唯「カセットは全て売っちゃいましたが」

梓「これはひどい」



969 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:19:10.75 ID:DkwEaK5q0
唯の目の前で憂にえろえろな事したい
とりあえず帰宅する唯を捕まえて縛っておく
で、買い物から帰ってきた憂を無理矢理えろえろな事する
憂が「きゃあ!えろえろな事なんてやめてください!」って言うけど聞かない
唯が憂がえろえろな事になってる事にえろえろな表情になってる
やっぱり唯はえろえろな顔がよく似合うなぁ
憂がえろえろな事されるのにいい加減諦めたみたいだから
存分にえろえろなえろえろを憂のえろえろにえろえろなえろえろをえろえろすることにする


971 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:22:26.13 ID:DkwEaK5q0
憂がえろえろにえろえろなえろえろが入ったからえろえろな声をあげようとしたから
俺のえろえろなえろえろで塞いでみた
でもずっとこのままにしてられるわけじゃないから
俺のえろえろなえろえろを憂の口から抜いてかわりにえろえろをはめてみた


972 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:25:32.33 ID:DkwEaK5q0
憂が何かえろえろ言おうとしてるけどえろえろが口にはまってるからちゃんと言えてない
とりあえず憂のえろえろなえろえろに俺のえろえろな手でえろえろしてみる
すると憂が途端にえろえろでえろえろな反応をしたから調子にのってしまった



980 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:32:37.73 ID:HSioId0vP
唯「おいしいねぇ、なんていったって、おいしいんだよぉ」

澪「律がおいしいって進めてきたんだ、ばか言うなって思って食べてみたら、おいしかったんだ」

律「これは普段からおいしいのがいいね」

紬「おいしいポイントはいろいろありますが、もっともおいしいのは、おいしいところですね」

梓「おいしいタイプなので、家でも外出先でもいつでもおいしいんです」

982 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:37:19.42 ID:DkwEaK5q0
俺が憂にえろえろなことをしてると紬がやってきた
どうやら遊びにきたみたいだった
とりあえず紬は捕まえて縛ってある
さっきまで憂にえろえろな事してたが紬にも憂と同じく犯してやろう


987 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:41:52.32 ID:DkwEaK5q0
憂をとりあえず部屋の角に追いやり俺は紬に覆いかぶさった
唯はまだえろえろな顔をさてえろえろ言っていた
紬はそれを見て諦めたようだった
俺はそっと紬に口づけし大事のまんまんに手を入れた


989 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:44:32.03 ID:DkwEaK5q0
「んっ…だめっ!」
紬がもぞもぞしながら手を動かし足を閉じようとしていたが縛られたままではなにもできなかった
俺は憂と同じように極太のばいぶを紬のまんまんにそっと入れた


990 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:46:36.11 ID:DkwEaK5q0
「ひぅ…やめ…あ……ふ」
「おいおい…憂ちゃんはえろえろなえろえろをえろえろにそっとえろえろしてもここまでえろえろしなかったぞ」


993 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:50:01.35 ID:DkwEaK5q0
俺はばいぶを入れたり抜いたりすると紬はびくんと体をはねさせた
「はぁ…はぁ…」
「おまえは淫乱女だ、憂はえろえろを大きくえろえろしてもいかなかった。だがおまえはばいぶを少し抜き差ししただけでいった!」
「でも…!」


996 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:51:43.70 ID:DkwEaK5q0
~~中略~~
紬「もっと!もっとぉ!」
男「ははっ!いい便器だよこいつは!」

おわり☆




:なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/07(金) 23:39:57.39 ID:d+yM5GmaO
唯「あんあんあんあん!」





唯「もっと欲しいよぉ~~~」









憂「安いからいっぱい頼めるね!」

唯「安安のカルビ美味しいー!」


…スレの終焉が近づくと変な投稿したくなるのは何故だろう…



992 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/07(金) 23:48:42.32 ID:HSioId0vP
澪「私が先だ!」

律「いや私が先だ!」

紬「二人とも、それじゃあロシアンルーレットで決めましょう」

澪「いやこれオートマ銃…」

律「よーしじゃあ私から」

澪「律、私が悪かった」




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/08(土) 03:48:39.17 ID:CatSVMI3O
唯「賢者タイム入りましたー」

憂「え、お姉ちゃんどうしたの?」

唯「いや、なんでもない」

憂「そっか、晩御飯にしようか」

唯「いや、今日はいいよ」

唯「もう寝る。おやすみ」

憂「う、うん……おやすみ」

唯「ちっ……糞妹の分際で調子づきやがって」



憂「という保守でした」

唯「噛んだら頭がパンパカパーン」



362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/08(土) 16:03:22.70 ID:KWSKdFlj0
唯「ちんちんシュッシュッポッポ しゅしゅしゅ」

憂「ど、どうしたの?」

唯「ちんちんシュッシュッポッポ しゅしゅしゅ」

憂「お姉ちゃん……大丈夫?」

唯「ちんちんシュッシュッポッポ しゅしゅしゅ」

憂「ねえお姉ちゃn」

唯「うるせえ!」

唯「どう考えてもオナニーしてるに決まってんだろ!」

憂「ひぃっ……」

唯「邪魔すんじゃねえ!」

憂「う、うん……ごめんなさい」

唯「わかりゃいいんだ……ふぅ」

唯「ちんちんシュッシュッポッポ しゅしゅしゅ」

憂「……。」




468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/08(土) 18:34:02.60 ID:iqELotcQ0
律「うぅー……」

唯「どうしたのりっちゃん?」

律「昨日の夜おでこ蚊に刺されちゃってさー」ポリポリ

澪「そんなに掻いてると跡が残るぞ」

律「だって痒いんだもーん」ポリポリポリ

紬「唾をつけると痒みが治まるらしいですよ?」

律「そうなのか。じゃあ早速」指ペロペロ

紬「ちょっと待ってりっちゃん!!」

律「ん?なんだ?」

紬「できれば……」

律「できれば……?」

紬「黒髪で背が高くてツリ目の幼馴染の唾が効果が高いと聞きましたわ♪」wktk

律「……なるほど!!」ニヤリ

澪「……お前らは私に何をさせたいんだ」


続かない


608 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/09(日) 01:52:00.05 ID:4IemyioPO
和「そういえば唯が小学生のとき」

和「クラスの男の子に『なんでおちんちんって骨ないのに硬くなるのー?』って聞いたことがあってね…」

澪「///」

和「クラスの男子は困ってたわ…」

律「そりゃ…まあな…」

和「でね、唯が私に聞いてきたからこう言ってあげたの」

和「『女に入れるためじゃん』って」

律「えっ?」

澪「//////」



ちん~が硬くなるのはどうして?と私の友人が聞いたのは事実


742 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/09(日) 13:31:59.56 ID:4IemyioPO
琴武器…彼女は確かに琴吹だった…しかし…時代が彼女を琴武器へと導いてしまった…

「ムギちゃんが…せっ戦争で人をたくさん殺しちゃうの…?そんなのヤだよぉ!」

紬に言い渡された任務は

国防


「ムギ…私も澪も…唯や梓だって何があってもムギの味方だよ…」


迫り来る他国

命…


「麦茶さん…私…こんな体になっちゃった…」

抱きしめた紬から、心臓の鼓動は聞こえなかった…

最終兵器ムギ



律「って話じゃないのか?」
梓「違うと思います」



985 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/09(日) 20:21:48.68 ID:4IemyioPO
紬「あ、地震…」

唯「わぁ~なんかけっこう揺れてるよ?」

澪「がくぶる…律ぅ…」
きゅっ

律「はいはい、そんなに強く手握らなくても大丈夫だよー」

紬「はあはあ」

梓「ようやく止まりましたね」

紬「びくびく」

唯「なのにムギちゃんが揺れてるよ?」

澪「りつーりつー、怖いよぉ」

ぎゅ

律「もうとっくに止まってるのに抱きつくなよー」

紬「びくんっ」

梓「…ムギ先輩も止まりました…」



152 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 22:31:45.75 ID:e7TCW2WS0
唯「ということで久しぶりに単発フォルダをあけてみました」

梓「書き溜めがありませんでした」

唯「また即興ですね」

梓「がんばりましょう」

唯「はい」



155 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 22:35:05.25 ID:e7TCW2WS0
唯「昨日は花火大会に行ってきたわけですが」

梓「きれいでしたね」

唯「ええ、かわいかったです」

梓「えっ」

唯「あの幼女はほんと今まで見た中で10本には入るかわいさでしたよ」

梓「なんですかそれ」

唯「もう食べちゃいたいくらいです」

梓「なにそれこわい」


158 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 22:37:28.71 ID:e7TCW2WS0
唯「もう夏休みも残り半分を切りました」

梓「早いですね」

唯「そうですね。体感時間ではまだ1週間ぐらいしか経ってないのですが……」

梓「それは一日の半分を寝て過ごしてるからでしょう」

唯「やはりそうでしたか」

梓「もっと早く起きてくださいよ」

唯「嫌ですよせっかくの休みに」

和「こうしてニートが生まれるのね……」

唯「えっ」

梓「えっ」

和「えっ」


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:39:44.27 ID:e7TCW2WS0
唯「お、すいかですか」

梓「おいしいですよ」

唯「どれどれ、私も一口」

がぶっ

梓「っ……」

唯「ちゅーちゅー」

梓「な、何を……」

唯「相変わらずのおいしさですね」

梓「そろそろ貧血で倒れそうです」


163 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 22:42:36.34 ID:e7TCW2WS0
唯「私は鳥になりたい」

梓「どうしたんですか急に」

唯「そしてあの白く大きな空へと羽ばたくのです」

梓「今度は何に影響されたんですか」

唯「いえ、私の願望です」

梓「えっ」


168 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 22:45:38.37 ID:e7TCW2WS0
唯「最近、ひとりえっちをしませんね」

梓「性欲が薄れてきたのでしょうか」

唯「おそらくは」

梓「それでは、ふたりえっちはどうですか?」

唯「えっ」

梓「わたしのほうは準備万端ですが」

唯「なにそれひわい」


170 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 22:49:00.29 ID:e7TCW2WS0
唯「単発にすらならない気がしますね」

梓「支援ネタですしそんなものでしょう」

唯「それもそうですか」

梓「そろそろ本命を完成させないと」

唯「本命だらけでどれを選べば……」

梓「私を選びましょう」

唯「えっ」

梓「えっ」

唯「SSの話ですよ」

梓「これは失礼」


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:49:37.99 ID:dbPWXzcUP
唯「地震大きかったね」

憂「でも震度3だったみたいだよ」

唯「へぇー」



律「なぁ澪、地震のたびに私にメール爆撃するのやめてくれないか?」

澪「だって怖くないのか、地面が揺れるんだぞ!?」

律「おまえは初めて日本に来て地震を体験したヨーロッパ人か」


174 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 22:51:39.80 ID:e7TCW2WS0
唯「ポケモン金銀のリメイクが発売されるそうですが」

梓「どうするんですか?」

唯「買いたいですが家計が……」

梓「では体を売りましょう」

唯「えっ」

梓「肝臓ぐらいなら大丈夫ですよ」

唯「なにそれこわい」


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:54:27.24 ID:RB72VrIM0
 >>174
けいおんグッズ諦めて買え


177 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 22:56:34.17 ID:e7TCW2WS0
 >>175
唯「そもそも私はグッズとかそういうのは買わないのです」

梓「ここにいる人たちは皆さん持ってらっしゃるみたいですが……」

唯「ほとんどが楽器なり本代に……」

梓「悲しいです」


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:57:05.90 ID:RB72VrIM0
 >>177
本売りなさい


184 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 22:58:43.54 ID:e7TCW2WS0
 >>178
唯「勘弁してください」

梓「私の命です」


216 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 23:53:15.32 ID:e7TCW2WS0 ?2BP(240)

唯「ぽけもんばとるをしましょう」

梓「いいですね」

唯「ダグトリオ、地割れ!」

梓「えっ」

唯「全部先行地割れで勝ちました」

梓「たまによくありますがこれはひどいでしょう」

唯「浮遊を入れればよかっただけの話でしょう」

梓「それもそうでした」


219 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 23:55:01.92 ID:e7TCW2WS0
唯「今日はなんだか投下が多いですね」

梓「そうですね」

唯「うれしいです」

梓「そうですね」

唯「? ……死にたい」

梓「そうですね」

唯「私は和ちゃんが好きです」

梓「許しません」

唯「えっ」


222 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 23:56:41.84 ID:e7TCW2WS0
唯「激しいのもいいですがゆっくりなのも気持ちいですね」

梓「なるほど、焦らされるのがいいのですね」

唯「えっ」

梓「えっ」

唯「曲の話ですよ」

梓「それは失礼」

228 :支援代わりに単発とか:2009/08/09(日) 23:59:58.01 ID:e7TCW2WS0
唯「0時までレスがなければ」

梓「?」

唯「のどかちゃんはわたしのよめ」

梓「ちょ」

234 :しえんがわりにたんぱつとか:2009/08/10(月) 00:04:41.16 ID:gZ9fvVK40
唯「Beというものをやってみましたが」

梓「いろいろと面倒な機能ですね」

唯「のんびりと溜まるのを待ちますか」

梓「そうですね」


239 :しえんがわりにたんぱつとか:2009/08/10(月) 00:07:29.82 ID:gZ9fvVK40
唯「投下が多くて支援が追いつきません」

梓「これはひどい」

唯「即興だと速さが足りないです」

梓「かといって書き溜めは中途半端ですし」

唯「あきらめますか」

梓「がんばりましょう」

唯「えっ」


242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/10(月) 00:09:41.29 ID:e7TCW2WS0
唯「そろそろ疲れてきました」

梓「カタカタうるさいです」

唯「近所迷惑ですか」

梓「そうおん!」