※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

844 :あとがき:2009/08/07(金) 19:33:08.93 ID:LqBOitnS0
「ねー和ちゃん。あの雲、肉まんに似てないー?」
「うーん、どうかしらね……唯の発想は独特で、ついていけないわ」
「ひどーい」
 軽く頬を膨らませてすねてしまった唯に、私は「ごめんごめん」と謝る。
845 :あとがき:2009/08/07(金) 19:35:18.60 ID:LqBOitnS0
 今私たちは、桜が丘高校の屋上にいる。
 そこで寝転がりながら、空を眺めているのだ。

「きょうは、きもちいいねー」
「ええ、そうね。春爛漫、といったところかしら」
「なーに、らんまんって? まんじゅうのこと?」
「ふふっ、違うわよ」
 相変わらずの唯の抜けっぷりに、私は微笑む。

851 :あとがき:2009/08/07(金) 19:40:31.16 ID:LqBOitnS0
 隣で寝転がる唯は、「まんじゅうじゃないなら、なんだろう……どら焼きかな?」
 などと、またしても私がついていけない思考をしているようだ。
「春爛漫っていうのは、明らかに春、というような状況を指すのよ。
 他にも天真爛漫とか――」
「うーん、私には分かんないや。和ちゃんは、頭いいねー、すごい」
「そんなことないわよ。知っていることだけ、よ」
 違うよ、頭いいよ、と続ける唯を見ていると気持ちが楽になるのを感じる。

855 :あとがき:2009/08/07(金) 19:43:58.06 ID:LqBOitnS0
(そういえば……)
 言っていて、気づいたことがある。
 天真爛漫――それは、まるで。
(この子みたいね)
「どしたの、和ちゃん。私の顔に何かついてるー?」
「い、いや、別にそういうわけじゃないのよ。ただ、唯っていつもマイペースよねーって」
 思った通りのことを、彼女に伝える。
 それに対して、唯は
「うーん、まいぺーす、なのかな。そんなこと考えないしなあ」
 ゴロンと転がって、私の方に近づいてきた。

858 :あとがき:2009/08/07(金) 19:46:56.13 ID:LqBOitnS0
「私よりも、和ちゃんの方がそうなんじゃないのー?」
 私に視線を合わせながら、唯は言った。
「そんなことないわよ。毎日、生徒会生徒会……忙しいったらありゃしない」
 そこで、はあっとため息をつく。今は思い出したくないことだ。

 最近、生徒会活動が活発になってきたせいか、生徒会室の雰囲気が少し
 居心地の悪いものになっている。
 会長なんて、瑣末なミスで役員を思いっきり叱りつけていたし。

 そんな空気が嫌になっていた時に、唯に誘われたのだ。
「和ちゃーん。屋上行かない?」と。

860 :あとがき:2009/08/07(金) 19:49:14.99 ID:LqBOitnS0
(……まさかそこでゴロゴロ寝転がる羽目になるとは)
 最初、私は寝転がることに反対だった。
 制服が汚れてしまうし、高校生にもなってすることではないような気がした。

「和ちゃん、きもちいいよー。一緒に寝転がろうよー」
 ゴロゴロととても楽しそうに転がりながら唯が言うので
「……やってみるかな」
 のってしまった、というわけだ。

 多分、最近のストレスがそのような行為に駆り立てたのだろう。
861 :あとがき:2009/08/07(金) 19:53:29.43 ID:LqBOitnS0
 役員同士の軋轢、会長に対する不満――
 そういったもの全てによって、だ。

「……唯のマイペースっぷりが羨ましいわ」
 切実にそう思った。
 軽音部に入ってからの唯は、とてもいきいきとしている。
 そんな彼女と私は――

「和ちゃんだって、まいぺーすだよ」

 しかし。きっぱりと唯は言ってのけた。
「……え?」
「だって、そうじゃなきゃ私とゴロゴロ寝転がったりなんてしないでしょー?」
 笑顔で、彼女はそう告げたのだ。

865 :あとがき:2009/08/07(金) 19:59:43.86 ID:LqBOitnS0
「大丈夫だよ、和ちゃん。和ちゃんは、大丈夫だから」
 おかしなセリフだなあ、と私は思う。

 しかし、そのいつも通りのまったりとした声を聞いた時。
(……ああ)
 気持ちが楽になるのを実感した。

 唯はこういう子なのだ。だから、私は長年もの間、親友でいられるのだ。
 その笑顔。その声。その台詞……そのすべてが、限りなく安心させてくれるから。
 周りの人々を笑顔にしてくれる――そんな子、あまりいないのではないか。

――キーンコーンカーンコーン

「あっ、お昼休み終わりだ! 和ちゃん、かえろ!」
 ガバッと起き上がり、私に手を差し伸べてくれる唯。
 そんな彼女の手を掴みながら――

「……唯」
「なーに?」
「これからも、よろしくね。いつもありがとう」
「……こちらこそ」

869 :あとがき:2009/08/07(金) 20:15:58.91 ID:LqBOitnS0
 起き上がった私と唯は、しばらくの間手をつないでいた。
 そうして、友情を確かめたかった。私と彼女の、だ。

 屋上から出る際に、雲の合間から太陽がぽっかりと顔を出し……

「あったかいねー、和ちゃん」
「ふふっ、そうね」

 私たちの気分を、さらに晴れやかなものにしてくれた――。

 FriendShip is beautiful……