※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

259 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 10:10:28.29 ID:7lYuvttzO
けいおんジャーGS
#1「新たな目覚め」



律「ふは~練習の後のお茶は最高ですな~」

唯「だよね~…あっ、これおいし~い」

澪「まったく、だらけきってるなお前ら…新歓ライブまであと少しなんだぞ?」

律「む~澪うるさ~い!お菓子食べてじっとしてろよ~…ほれっ」サッ

澪「むぐっ、んむ!?…んぐぐ!」バタバタ

紬「大変、澪ちゃんがお菓子を詰まらせたわ!」

261 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 10:21:57.97 ID:7lYuvttzO
『音楽戦隊けいおんジャー TVサイズ』
作詞・麦茶

胸の鼓動を握りしめて
新しい未来へと続け

迫る闇に 背を向けるな
勇気さえあれば どこまでも飛べる
そうさ いつだって きみのそばに
けいおんジャー!けいおんジャー!輝く五つの命!
山を駆けろ 海を越えろ 誰かが呼んでる
涙は一粒だって 落とさせやしない
夢へ向かって 走り出せけいおんジャー!
ダダッダーン!
262 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 10:28:31.30 ID:7lYuvttzO
―新歓ライブ当日―
澪「ついに来てしまったな、この日が…」

律「ああ…思えばこれまで大変な日々だったな…」

澪「いや、お茶しかしてないだろ!」

唯「澪ちゃん~また歌詞忘れちゃった~」エヘヘ

澪「お菓子ばっかり食べてるからだよ!もっと練習しようよ!」
バターン!
紬「何事!?」

さわ子「おはよう!さぁ、今回もコスチューム作ってきたわよ!」

律「おお…今日は何かまともだ…」

264 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 10:38:51.52 ID:7lYuvttzO
さわ子「ああ、あと…何も言わずにこれも持っててくれない?」

唯「ん~何これ?印籠みたい~!ひかえおろう~!」

律「お、腕に当てたらリストバンドみたいな感じになったぞこれ…なんかかっこいー!変身!…なんちゃって…」ビュルルルルル タタタン!タムタムタムタムタム…
唯「お、おぉ!?なんか音が鳴ってるよりっちゃん!…うおっまぶしっ!」

澪「い…いったい何が…?」

ゴォォオ…バシュウッ

律「………あれ?私どうなったんだ?」

唯「わぁ、りっちゃんかっこいい!なんかいいよ!」

紬「姿見があるからこっちでどうぞ♪」

律「ああ、ありがとう…うわ、全身真っ赤だな…でも何でタイツ…?」

266 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 10:47:54.84 ID:7lYuvttzO
さわ子「いや~なんかよくわかんないけど、地球が危機に陥ってるみたいなのよね~」

さわ子「で、うちの軽音部が地球防衛本部に選ばれちゃって…」タハハ

澪「ええっ!?そ、そんなぁ!」

唯「ってことは…私たちで地球を守らなくちゃいけないってこと?」

さわ子「うん、りっちゃんみたいに変身して、ね。コード名はけいおんジャーだって」

唯「わぁ~…なんだかよくわかんないけど凄そうだね!私がんばる!」

紬「けいおんジャーで、りっちゃんが赤ってことは…りっちゃんがリーダー?」

さわ子「正解!まぁ部長だもの、リーダーもやって貰わないと」

律「はぁ~…地球を守るとか何かよくわからんけど頑張るよ」

澪「……おい、そろそろ講堂行く時間じゃ…」

律「ん?……げっ、ホントだ!みんな急ぐぞ!」
267 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 10:56:58.65 ID:7lYuvttzO
律「はぁっ、はぁ…遅れてすいません!」

唯「……あれ?誰もいないよ…」

澪「ええっ!?み、みんなどこに…」

???「フハハハ、待っていたぞけいおんジャー!」

律「!誰だ!?」

フラット「私の名はフラット!地球を征服する集団、K-ONの幹部を務めている」

律「な…何だと!?」

紬「みんなをどこへやったの?」

フラット「舞台にあがってみるがいい…私のかわいい部下に暴れて貰っているからな!」

律「!?み、みんな行くぞ!」ダッ!

唯「ま、待ってりっちゃん!」タタタッ

ダダッダーン!
\CM入りまーす/
268 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 11:00:27.74 ID:7lYuvttzO
け・い・おん・チェ・ン・ジャー♪

腕にはめて君も変身!けいおんジャーと一緒に戦おう!
音が鳴る!光る!いろいろなギミックがかっこいいぞ!

八月三十日、発売予定!

270 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 11:05:30.49 ID:7lYuvttzO
唯「もうダメ~お腹すいて力が出ない~」

律「ふふふ…そんなときにはけいおんジャーソーセージだ!」

唯「わぁ、おいしそう!」

澪「カードも一枚ついてきてお得だぞ!」

紬「運がいいと珍しいカードが当たることもあるわ!」

唯「わーい!金色に輝くけいおんピンク当てちゃった!」

澪「ええっ!?もうレアカード当てたの!?」

律「…けいおんジャーソーセージ、みんな買ってね!」
271 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 11:10:05.94 ID:7lYuvttzO
五つの楽器が超合体!
これがけいおんジャーの切り札…ダイケイオンだ!
楽器状態で音も鳴らせるぞ!さぁ、君も手に入れよう!

DXダイケイオン、九月十日発売予定!

273 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 11:24:21.34 ID:7lYuvttzO
/CMあけまーす\

ダダッダーン!

律「…っと…うわ、これは酷い…!」

フラット「これが、私が生み出した戦闘員達…オトダマだ」

フラット「我々の野望を止められるなら止めてみろ…まぁ無理だがな、フハハハハ!」スゥ

澪「待てっ!…消えた…」

律「…仕方ない、みんな!いくぞ!」

唯澪紬「うん!」

律唯澪紬「チェンジ!けいおんジャー、ビートアップ!」ビュルルルル
タタン!タムタムタムギュイイインベーベーベーポロロピロリン
律「情熱のビート!けいおんジャーレッド!」
澪「蒼き重低音!けいおんジャーブルー!」
唯「桃色の絶対音感!けいおんジャーピンク!」
紬「黄色い旋律!けいおんジャーイエロー!」
274 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 11:32:53.36 ID:7lYuvttzO
律「いくぞ!ハッ!」バッ

オトダマ「キキーッ!」

唯「えいっ!やぁ!」バキッ!ガスッ!

澪「くっ…ふっ!」シュッ!ドス!

紬「はぁはぁ…ぶ、武器はないの?」

さわ子「あら、もう敵来てたの?…紬ちゃん、武器は残念ながらまだないわよ…」

紬「そ、そんなぁ!あっちだけ槍持ってるってずるくないですか!?」

さわ子「そこは後々何とかするわ!今はがんばって!」



???「キャアアアアアー!」

律「悲鳴だ!…ん?音が鳴ってる…?」タムッ…タムッ…

さわ子「新しい仲間が見つかったようね」

澪「新しい仲間?どう言うことですか先生?」

さわ子「そのけいおんチェンジャー、近くにまだ変身してない仲間がいると音が鳴る仕組みにしてあるのよ!」

276 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 11:42:05.75 ID:7lYuvttzO
唯「…ということは、あそこにいる女の子が新しい仲間なんだね!」

さわ子「そうよ!さぁこのけいおんチェンジャーを渡してきて!」ポイッ

唯「(パシッ)…うん、わかった!…オトダマさんちょっとどいて!」

梓「いやぁ!やめてください!」

唯「てやぁ!」バシッ!

オトダマ「キキィー!」シュウッ

唯「大丈夫、けがはない?」

梓「は、はい…」

唯「そうだ、何も言わずにこれつけて!」バシッ

梓「え?え?」

唯「はい、リピートアフターミー。『チェンジ!けいおんジャー、ビートアップ!』」

梓「は、はいぃ!?チェンジ!けいおんジャー、ビートアップ!」ビュルルルル ギュィイイン!ギュンギュンギュン

バシュウウウ…
梓「ひゃあああ…な、何ですかこれぇ!?」アタフタ

唯「おめでとう、けいおんジャーブラックだよ!」

梓「な、何がですか!?」
277 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/08(土) 11:46:34.19 ID:7lYuvttzO
オトダマ「キキーッ!」

唯「…来る!さぁ、立って戦おう!」

梓「わ、わかりました!何だかわからないけど戦えばいいんですね!」

唯「えいっ!やぁ!」

オトダマ「キキィ!」



その殲滅作業は一時間続いたという…
その後、梓も入部してめでたしめでたし
武器のないけいおんジャーの明日は…どっちだ!