※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/08(土) 15:25:27.77 ID:qLjcljl3O
澪「おつまみに沢庵も買おうかな」

唯「澪ちゃんってなんか田舎ぐさい」

澪「唯に言われるとなぜか無性に腹が立つのだが・・・」

唯「そう?」

澪「もういい さっお会計に行くぞ」

唯「あ待ってよ澪ちゃん」

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/08(土) 16:06:03.73 ID:qLjcljl3O
澪「じゃあ唯 わざわざ付き合わせちゃって悪いな」

唯「うんいいよ また誘ってね~」

澪「ありがとな じゃまた明日学校で」

唯「じゃあねー」

澪「ばいばい」
~~~~一方~~~~~
沢庵「くくく 僕はただの食される沢庵ではないことを思い知らせてやるよ」

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/08(土) 16:20:21.52 ID:qLjcljl3O
澪「さぁ晩御飯だってあれ沢庵がない」

澪母「沢庵なんてないわよ」

澪「いや私が放課後買いにいったんだ」

澪「おかしいなぁ ちょっと探してくる」

澪母「あの子高校に入学して少し変わったみたいだわ」

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/08(土) 16:33:35.99 ID:qLjcljl3O
沢庵「僕は一秒でも早くっあの方の眉毛にならなくてはならないんだ!」
澪「ないなぁ 仕方ない諦めるか」

沢庵「あの方が期待に胸膨らませて僕を待っているにちがいない」

澪「母さんごめんなかったよ」

沢庵「僕は極一般人に食べられるほど落ちぶれちゃいねぇ そうだ僕は我が主のために」

アナウンサー「只今沢庵が玄関を飛び出し全速力で逃走中です こちら2chアナウンサー午後の麦茶でした。」

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/08(土) 16:48:05.60 ID:qLjcljl3O
澪「んメールだ 唯からだ」

「黄色い 魔物が やがて むgうわっなにをするやm...」

澪「なんだこれ」

澪「まぁいい適当に返信して今日は寝よう」

沢庵「なんかビ●クラ●トが欲しいところだぜ」


343 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/25(金) 21:56:49.00 ID:88pS4Xr2O
沢庵「紬様の体温を感じたい 部活のみんなに苛められたい・・・」

紬「私の沢庵どこいったのかしら・・・」

斎藤「いかがなさいましたかお嬢様」

紬「いえ なんでもありません」

斎藤「なにかありましたら遠慮なくお申し出くださいませ」

紬「ええ ありがとう」

紬「(こまったわ・・・・・・あれがないと力が入らない)」


354 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/25(金) 23:21:25.21 ID:88pS4Xr2O
沢庵「つ、着いた!」

沢庵「あの方の事だきっと城門は簡単に通らせてはくれないよな」

沢庵「だが俺は沢庵 城門なんざ通るなんて造作もないことだ」

沢庵「よっこらしょっと・・・さぁ!急いであの方の眉毛に!」

紬「へっきしゅん 風邪引いたのかしら」


357 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/25(金) 23:44:10.24 ID:88pS4Xr2O
終わり