※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

606 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/09(日) 01:48:08.06 ID:VTPxA362O
唯「ペット飼いたい!」



唯「憂~ペット飼いたいよぉ~」ゴロゴロ

憂「突然またどうしたの?お姉ちゃん…」

唯「うん…だってほら、テレビで特集やってるじゃない」

唯「だから欲しくなっちゃって~」

憂「お姉ちゃんったら…世話は誰がするの?」

唯「わ、私がやるよ!ちゃんと頑張るもん!」

憂「…ほんとうに、ほんとう?」

唯「ほんとうのほんとうのほんとうだよ!だからお願い、飼おうよ~」バタバタ

憂「…もう、しょうがないなぁ~…絶対に世話してよね?」

唯「わーいさすが憂、話がわかる~!」

憂「えへへっ…(はぅ~お姉ちゃんかわいいよぉ)」

609 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/09(日) 01:57:24.98 ID:VTPxA362O
唯「よくじつ!」



憂「というわけで、ペットショップにやってきました」

律「キキィ!ウキキッ!」ピョンピョン

唯「わぁ、リスザルだぁ!かわいい~!」

憂「お姉ちゃん、あっちにウサギさんがいるよ!」

澪「ビクビク…」プルプル

唯「あ、ほんとだ!かあいいよぉ~!ぎゅ~!」

澪「ミミ゙ィ…」グググ

憂「ウサギさん、何だか嫌がってるみたい…」

唯「そんな………あ、あっちにワンちゃんがいる!わーい!」

紬「アン!アンッ!」

憂「まだ子犬なんだね!ちっちゃくて元気いっぱいだなぁ」

唯「うふふ~よーしよしよしよし」

紬「くぅ~ん」ゴロゴロ

614 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/09(日) 02:08:57.28 ID:VTPxA362O
唯「わ~かわいい!お手~!」

紬「アンッ」ポム

憂「さすが、よく懐いてるねぇ」

唯「うーん、この子にしようかなぁ~…おっ?」

梓「…………」クルクルペロペロ

唯「はっきゅう~~~ん!!か、かわいい!」

憂「わぁ、猫さんだぁ!おいでおいでっ」

梓「ニャー」プイッ

唯「おお、生意気な…!憂、この子にしよう!」

憂「え、どうして?ワンちゃんでいいんじゃ…」

621 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/09(日) 02:20:01.59 ID:VTPxA362O
唯「だって、懐かない子を懐かせるって魅力的じゃない?」

憂「そ、そう?」

唯「そうだよ!そっちのほうが絆があるかわかりやすいと思うし」

憂「さ、さすがお姉ちゃん…天才!」

唯「でへへ…!というわけで、この子にするよ!」グイッ
梓「ニャッ!?」

憂「よろしくね、猫さん!…ごめんねワンちゃん、いい飼い主さんに拾われてね…」

紬「きゅうん…」
ガーッ
麦茶「ああ、ペットショップはやっぱいいなぁ…心が癒されるよ…!」

紬「わふぅ…」コロン

麦茶「ん………んんっ!!!!か、かわいい!」

麦茶「店員さん、この子ください!」

さわ子「はい、ではこちらへ」

紬「アン!アンッ!」パタパタ

憂「さ、さっそく飼われていっちゃった…よかったねワンちゃん!」

唯「憂~は~や~く~」

629 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/09(日) 02:32:38.14 ID:VTPxA362O
唯「おうちに帰ってきました!」

梓「…ニャーン」ペタン

憂「いらっしゃい、梓ちゃん!ここが新しいおうちだよ!」スッ

梓「フー!」バシッ!

憂「あいたっ!…お姉ちゃん、梓ちゃんが…」

唯「こら、あずにゃんダメでしょ!めっ!」ペチン!

梓「フニャッ!…フー!フウゥー!」

唯「あ…あずにゃんどうしたの?お、落ち着いて」

梓「ニャアッ!」バリバリィ!

唯「いたたっ!…うわーん憂~!」

憂「こ…こらぁ!お姉ちゃんを泣かせちゃ…」

梓「ニャッ!」ヒュッ!

憂「わわっ、危ない!」

唯「…もう怒った!あずにゃんは反省するまでご飯抜きです!」

梓「ニャアッ!?」

633 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/09(日) 02:40:52.58 ID:VTPxA362O
唯「…さぁあずにゃん、ハウス」

梓「ニャア…ニャアッ」ダッ

唯「あっあずにゃん!?ま、待って!」

梓「ニャンニャンニャン!」タッタッタッ

憂「ああっ、は、早い!…どうしよう、見失っちゃった…」

唯「………ああ………あずにゃん…………」ガクッ

憂「………もう、諦めちゃおっか…」

唯「うん、そうだね…」

―その頃―
梓「ニャンニャンニャン…ニャアアアン!」タシタシタシ…ピョンッ

さわ子「あら、梓ちゃんじゃないの…また戻って来ちゃったのね」

梓「ナーオ」スリスリ

さわ子「…まったく、この子も困った子ねぇ…よしよし」