※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

626 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/08/09(日) 02:28:51.05 ID:dbPWXzcUP
梓「こんにちわ…えっ!?」
目の前の光景に驚いた。
なんで唯先輩が三人もいるのか…

唯1「あずにゃんだ~」

唯2「あずにゃんだー」

唯3「あずにゃんだ~」

抱きついてきたのを本人と思いたかったが、誰も飛びつかない。
上履きを見てみたが、三人とも同じ色だった。
これじゃあだれが本物だかわからない。

梓「ど、どれが本物!?」

唯1「どしたのあずにゃ~ん、早くすわりなよ~」

唯2「そうだよあずさちゃ…あ、あずにゃ~ん」

唯3「ムギちゃんお茶おかわり」

紬「はい、りっちゃんおかわりどうぞ」

唯3「お、おいムギ!」


630 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/08/09(日) 02:33:34.15 ID:dbPWXzcUP
梓「えっと、真ん中が憂で、右が律先輩ですね?」

唯2「やっぱりだめだなぁ、私」

唯3「ご名答!むぎぃ、ばらすなよー」

紬「あ、いつもの癖で…」

当たっていた。というかばらした本人には悪気はなかったようで。
とりあえず、なぜ唯先輩に変装したのかを聞いておかないと。

律「いや、私髪おろすと唯にそっくりだって言われてさ、ちょっとやってみたかったんだ」

憂「声までそっくりで驚きました」

律「声真似は得意だからな!」

唯「私が二人いるかと思ったよ~」

憂「おねえちゃんそれ私が似てなかったってこと?」

唯「いやそうじゃないよ~」

できるならもうこのドッキリはやられたくない。でも、もう一回くらいならいいかな、と少しだけ思った。

律「じゃあ、憂、唯、そろそろ準備するか、ムギ、今度はばらさないでくれよ」

梓「え?」

律「いや、澪がまだ来てないからさ、同じドッキリをするんだ」


631 : ◆3Y3S/FrG1k :2009/08/09(日) 02:35:01.85 ID:dbPWXzcUP
おしまい