※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

812 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 16:28:13.74 ID:e7TCW2WS0
「お姉ちゃん……お姉ちゃん! お姉ちゃんったら!」



うぃ「いつまでねてるの? いい加減おきてよ!」

うぃ(シャッ)「ああ、リーネの鐘があんなに気持ち良さそうに歌ってる」

うぃ「どうせゆうべ、こうふんしてねつけなかったんでしょ?
  ま、建国千年のお祭りだから無理ないけど……
  あんまり調子に乗ってはしゃぎすぎないでよ!」

うぃ「さ、いいかげん起きて!」

ゆい「んぅ……むにゃむにゃ……」

バサリ

ゆい「うーん! 気持ちいいなぁ……」

813 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 16:32:39.96 ID:e7TCW2WS0
うぃ「やっと起きたの。そうそう、あの、おさななじみの発明好きな人……
   アレ、ドわすれしちゃった。なんていったっけ、あの人?」

うぃ「そう、のどかさん!
   のどかさんの発明、見に行くんでしょ?」

うぃ「あんまり、おそくならないようにね。さ、行ってらっしゃ~い」

タマ「ニャアー」

うぃ「あ、そうそう。はい、おこづかい。お祭りゆっくり楽しんでいってね!」

ゆい(わぁ~い。200Gももらえた!)

タマ「ニャーア」

ゆい「いってきま~す」

バタン

815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 16:35:53.48 ID:e7TCW2WS0
ゆい「おじゃましま~す!」

ゆい「……あれ?」

ゆい(へんじがない。ただのしかばねのようだ)

ララ「あら、ゆいちゃん? のどかならお父さんのタバンとリーネ広場にいってるよ」

ララ「せいきの大発見を見せるんだとか言ってね」

ゆい(なんぞそれ)

ゆい「おじゃましました~」

バタン

827 :>>826かわええ:2009/08/09(日) 16:48:45.67 ID:e7TCW2WS0
少女「キャッ!」

ゆい(うわぁ……)

少女「いったー……」

鐘「カラーン、カラーン、カラーン」

少女「ゴ、ゴメンなさい! だいじょうぶですか?」

ゆい「あ、うん、だいじょ――」

少女「ア、アレ? ペンダントが……」

キョロキョロ

ゆい(この子、周りが見えないのかな? ここに落ちてるけど……)

ゆい「はい」

少女「ありがとうございます! そのペンダント私のなんです。古ぼけてるけどとっても大事な物なんです」

830 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 16:51:57.05 ID:e7TCW2WS0
少女「返してくれますか?」

 はい
ニアいいえ

少女「ガーン!」

ゆい(すっ……)

少女「キラキラ」

ゆい(……さっ)

少女「ガーン!」

ゆい(……おもろい)

少女「もう! 遊びじゃないんですよ!」

ゆい「ごめんごめん。はい」

少女「ありがとうございます!」

少女「私、お祭りを見に来たんです。あの、あなたこの町の人ですよね?
   ひとりじゃ面白くありませんし、いっしょに回りましょうよ!
   いいですよね? ね、ね?」

ゆい「うん、いいよ」

少女「わーい、やったーッ!」

832 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 16:54:39.29 ID:e7TCW2WS0
少女「あ、名前を言ってませんでしたね。え、えーと私は……」

あずさ「あずさっていいます。あなたは?」

ゆい「ゆいだよ」

あずさ「ゆいですか、いい名前ですね! よろしくお願いします、ゆいさん! さ、早く行きましょう!」

ゆい「うん」

834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 16:59:25.55 ID:e7TCW2WS0
「そのつつみはオラの母ちゃんのべんとうだ。元気モリモリ! オラまいにち楽しみにしてんだ」

ゆい「おいしそ~」

あずさ「もらいましょうか」

ゆい「そうだね」

おべんとうを食べ元気になった!!

あずさ「うふふ。ゆいさんって食いしんぼなんですね!」

ゆい「それほどでもないよぉ~」

「「あははは」」

「のどかが開発した二足ほ行ロボット、ゴンザレスとた戦いたいかたはこの奥へ! 勝てばシルバーポイントもらえるよ!!」

ゆい「おもしろそう~」

あずさ「挑戦してみましょう」

ゆい「そだね」

837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 17:04:12.91 ID:e7TCW2WS0
「あ~ゴンザ~レス♪ オ~レは強い♪
 オ~レに勝ったら15ポイント~!!♪」

ゆい「フルボッコにしてやんよ!」

あずさ「もこもこ」

けいけんち10ポイントを手に入れた!

「あ~んたは強い♪ あ~んたはす~そい♪
 だ~からあげるよ15ポイント~!!♪」

ゆい「わぁ~い」

あずさ「またお弁当をもらって元気になりましょう」

ゆい「うん!」

おべんとうを食べ元気になった!!

あずさ「ゆいさん食いしんぼ~」

ゆい「えへへ~」

ちょっと無限ループしてくる

848 :>>843かわええ:2009/08/09(日) 17:21:04.40 ID:e7TCW2WS0
ゆいが回転切りを覚えた!

あずさ「おめでとうございます」

ゆい「えへへ、ありがと~」

あずさがオーラを覚えた!

二人技、回転オーラを覚えた!

あずさ「初のコンビネーション技ですね」

ゆい「そうだね」

あずさ「うれしいです」

ゆい「おめでと~」

あずさ「そろそろ、行きましょうか」

ゆい「ん、そだね」

『ゆいとあずさ共にLv4』

853 :>>851ヘルメットですか?:2009/08/09(日) 17:30:51.74 ID:e7TCW2WS0
「わーん! わたちのネコが……」

ゆい「ねこ……?」

あずさ「さっき見ましたね」

ゆい「あの子かな?」

あずさ「面倒くさいですしほっときましょう」

ゆい「そうだね」

あずさ「道具を買いましょう」

ゆい「シェルター3つと万能薬10個、そしてポーション5つと」

「毎度あり! のどかの発明が完成したそうだぜ。この広場をずっと奥に行ったところだ」

ゆい「ありがと~」

あずさ「まってください、キャンディーを買っていきます!」

ゆい「おっけ~」

あずさ「おばさん、これください!」

「毎度あり~」

あずさ「さ、行きましょう」

855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 17:38:29.64 ID:e7TCW2WS0
タバン「さあさあ、お時間と勇気のある方はお立会い! これこそせいきの大発明!
    超次元物質転送マシン1号だ!!」

タバン「早い話がこっちに乗っかると、こっちに転送されるって夢のような装置だあ!
    こいつを発明したのが頭脳めいせきさいしょくけんびの、この俺の一人娘、のどかだ!」

ゆい「やりま~す!」

タバン「おッ? お姉ちゃんやるのかい?
    ……と思ったら、何だゆいか」

のどか「ゆい! 待ってたわよ! だーれも、このテレポッドの転送にちょうせんしないんだもの。
    こうなったら、あんたやってくれない?」

あずさ「面白そうですね! やってみてください。私見ててあげますから!」

のどか「左のポッドにのればいいのよ」

ゆい「よ~し!」

タバン「スイッチオン!」

のどか「エネルギーじゅうてん開始!」

ゆい「いぇ~い!」

一同「おおーッ!! グレイト!!」

873 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 18:12:22.64 ID:e7TCW2WS0
あずさ「面白そうですね、私もやってみます!」

のどか「へ?」

のどか「ちょ、ちょっとゆい。あんたいつの間に、こんなカワイイ子口説いたのよ」

ゆい「別に口説いたわけじゃ……」

あずさ「ね、いいですよねゆいさん? ここで待っててください。どこにもいっちゃいやですよ!」

タバン「さあさあ、ちょう戦するのは何とこんなにカワイらしい娘サンだ! ささ、どーぞこちらへ!」

あずさ「エヘヘ。じゃ、ちょっと行ってきますね!」

タバン「だいじょぶかい? やめるんだったら今のうちだぜ」

あずさ「へっちゃらです! 全然こわくなんかありませんし」

タバン「それでは、みなさん! このカワイイ娘サンが見事消えましたら、はくしゅかっさい」

タバン「スイッチオン!」

のどか「エネルギーじゅうてん開始!」

あずさ「何これ? ペンダントが……」

のどか「えッ!?」

ゆい(なにあれ……丸いゲートみたいなのにあずさちゃんが……)
874 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 18:13:06.44 ID:e7TCW2WS0
タバン「おい、のどか出て来ねーぞ?」

タバン「ハ、ハイ! ごらんの通り影も形もありません! こ、これにてオシマイ!!」

一同「ざわざわ……」

タバン「おい、のどか! 一体どうなってんだ? あのコはどうしちまったんだ!?」

ゆい(あずさちゃん……)

のどか「あのコの消え方、テレポッドの転送の消え方じゃない」

のどか「あの空間のゆがみ方……ペンダントが反応していたようにも……
    もっと別の……何かが……」

タバン「どうしたらいいんだい? 助けることは?」

のどか「あのコは…………んっ? そういえばあのコどこかで見たことがあるような?」

ゆい(……うん!)

のどか「ゆい!」

タバン「おーッ! 後を追うってのかゆい。さすがは漢だぜ!」

ゆい(女です)

のどか「そうね! あの空間の先に何があるのかわからないけど、それ以外に方法はなさそうね」

タバン「でも、都合よくまたあなが現れるとはかぎらないぜ」
875 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 18:13:47.36 ID:e7TCW2WS0
のどか「やってみるかちはあるわ! きっとペンダントがキーになってるのよ!
    ゆい! しっかりそれをにぎってて。きっと同じことが起こるはずよ!」

ゆい「うん!」

タバン「スイッチオン!」

のどか「エネルギーじゅうてん開始!」

のどか「もっと出力をあげて!」

タバン「あいさ!!」

のどか「もっと! もっと!」

タバン「あいさ!!」

のどか「ビンゴ!! うまくいきそうよ!!」

ゆい(待っててね、あずさちゃん!)

のどか「私も原因を究明したら後を追うわ! たのんだわよ、ゆい!」
876 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 18:14:36.97 ID:e7TCW2WS0
第一部、現代編完