※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


579 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/10(月) 22:26:19.44 ID:yHTP8dDI0
第2話 「ハワイ?グアム?春合宿はリゾート気分!?」

次の日

終業式が終わり、5人はまたいつもと同じように音楽室に集まっていた

「春合宿、どこに行こうか」
「夏は海だったから、今度は山にしようぜっ!」

律は元気まんまんだ

「りっちゃん、どうせならハワイに行かないっ?」
「唯先輩っ、話が飛躍しすぎですっ!」

梓は唯のボケに真面目に突っ込んだ

「あら、ちょうどハワイの別荘が空いてるのよ。よかったら行きましょうよ」
「ムギ・・・マジなのか?」
「えぇ、あそこなら一年中温かいですから、海で遊べますし」
「ありがとムギっ!よしっ、そこで決定だっ!」

律の頭の中はもうハワイでいっぱいのようだ
580 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/10(月) 22:27:11.37 ID:yHTP8dDI0
だが、それを澪が制した


「落ち着け律。海外に行くとなると手続きがいろいろと面倒だろ」
「え~」
「ただでさえ短い春休みなんだ、もっと手近なところのほうがいいだろ」
「やっぱり、山にしませんか」
「山も空いてますよ。この近くなら・・・ほら、あそこのふもとの!」

そう言ってムギは窓の外を指差した

「ムギちゃん!どのへん?どのへんっ?」

唯が窓を覗き込む

「ほら、あそこですわ」
「わかんないよ~」

唯は窓から身を乗り出している

「危ないですっ!唯先輩。落っこちちゃいますよ」
「落ち着け唯。まぁ、とりあえず場所は決まりだな」
「え~、やっぱり海外がいいなぁ」

律はまだまだ納得していなさそうだった
581 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/10(月) 22:27:52.25 ID:yHTP8dDI0
「おい律。まだ武道館ライブも実現しないうちに海外進出か?YMOじゃあるまいし笑わせるなよ」
「げ、さわちゃん・・・」
「い、いつのまにっ」

5人は全く気づかなかったが、さわ子は確かに音楽室の中にいた
それにしても恐ろしいほどの素早さである

「わいえむおーってなに~?」

唯はさわ子が現れたことなど気にもとめていない

「テクノポップってジャンルをはやらせたグループよ」
「テクノポップってPerfumeみたいな?」
「ん~、まぁそんな感じかな」
「日本のポップス界に大きな影響を与えたんですよ」

梓が付け加えた

「あずにゃん、詳しいんだねっ」
「お父さんがファンだったんで」
「なるほど~」

584 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/10(月) 22:37:33.94 ID:iSl3DN99O
どすん、とさわ子はソファーに腰を下ろした

「とにかく、合宿で海外に行こうなんていくらなんでも無理があるわ」
「お、さわちゃんが先生らしいこと言ってる」
「・・・・・・・ブチ」
「あ、いや、わかりました~っ!」
「それに・・・近いところじゃないと私も行けないし」
「あ・・・やっぱり来るんだ」

律はため息をもらした

「あたしがあんたたちに特訓してあげるから、覚悟しなさい!」

ビシッと音がしたような気がした。さわ子は決めポーズをとっている

「じゃ、お仕事があるから。バイバ~イ」

そう言ってさわ子は音楽室から出ていった
585 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/10(月) 22:46:04.97 ID:iSl3DN99O
音楽室にご無沙汰の静寂が訪れると、梓が口を開いた

「ふぅ・・そういえば、最近楽器屋さんに行ってませんでしたよね。
今日で学校も終わりですし、よかったらみんなで行きませんか?」
「確かにっ!ギー太も最近見てもらってなかったし」

唯はケースの上からギー太をなでていた

「そうだな。もしかしたら新しい楽器とか楽譜が入荷してるかも」
「じゃあ、行きましょうか」

5人は音楽室を後にした