※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

16 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/14(金) 20:52:06.37 ID:92cq8qRMO
【栄光に近道なし】

夏休みのある日。軽音部の5人は学校に来て音楽室で練習していた

「あ、りっちゃん、雨降ってきたよ」
「あちゃ~、さっきまで晴れてたんだけどなぁ」
「夕立だな。こりゃ」

澪は窓を閉めた

「傘、持ってきてないですぅ」
「あたしもっ。困ったなぁ」
「まぁ、夕立だし少し経てばやむだろ。ほら、練習再開っ」

澪はベースを構えた
他の4人も窓のそばから自分の元いた場所に戻っていった

「よっし!もう少し頑張るかぁっ!」



18 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/14(金) 20:55:39.59 ID:92cq8qRMO
その時、閃光が走った
ピカッ!

「うわっ!まぶしっ!」
「うぁああああああああああああああ」

澪はベースの弦に指をかけていた
そのため、雷からの電流をモロに受けてしまった

「みおちゃんっ!」
「澪先輩っ!あっ!」

澪の体が一瞬光った

「うぁああああああっ!」

澪の体が数回跳ねる
その後、その場にへたり込んでしまった

「はぁ・・・はぁ・・・」
「大丈夫?」
「特に見た感じは問題なさそうだけど・・・」

ムギが澪の体をサッと見渡す

19 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/14(金) 20:58:05.34 ID:92cq8qRMO
「うん、だいじょう・・・あっ!!」

喋りかけた澪が突然声を上げた

「これは・・・・!」

他の4人には何が起きたのか全く分からない
だが、澪自体には大きな変化が生じていた

「すごい・・・頭の中から色々溢れ出てくる感覚だ・・・!」

気づけば澪は一人上を向いて仁王立ちしながら、そうつぶやいていた
他の4人は澪を取り囲み唖然としてその様子を見ていた

「どうしたんだ?澪」
「雷に、打たれた」
「ビリビリしたっ?」
「うん・・・でも、今はすごく気分がいい」
「あら、それは素晴らしいですわ」
「ちょっと、1曲合わせてみないか」
「はい、澪先輩」

梓は感じていた。澪から発せられる、オーラのようなものを

(なんだろう・・・凄いパワーを感じる・・・)

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/14(金) 20:58:39.90 ID:xXLTCTmD0
見た目だけじゃ安心できない!
服を脱がさないと!

21 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/14(金) 21:00:10.18 ID:92cq8qRMO
曲が始まり、澪がベースを弾き始めた。すぐさま4人は澪が『異常に』上達した
ことに気づいた

「みおちゃん、プロみたい・・・」

最初に唯が抜け、梓が抜け、ムギが抜け、そして最後に律のドラムが止まった
みんな、澪のベースに聞き惚れていた

(ベースなのに、ここまで惹かれるって、一体・・・)

律も、幼馴染である澪の異変に気づき、戸惑い始めた
澪はベースを弾き切った

「はぁはぁ・・・なんだろう、呼吸するように弾けるようになった気分だ」
「すごいっ!楽器が体の一部になったんだね!サイボーグだっ!」
「ちょ、ちょっと違うぞ唯・・・」

律が唯に突っ込んでいる間に、梓が澪に尋ねた

「澪先輩、私と握手してもらってもいいですか?」
「握手?いいよ」

澪は梓の小さな手を少し大きめの手でぎゅっと握った

(あぁ・・・やっぱ私の手ってでかいのかな・・・・)

22 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/14(金) 21:03:08.90 ID:92cq8qRMO
心の中で悲しみに暮れていると、梓が叫び始めた

「すごいっ!何か凄い力をもらってる感じですっ!」
「あ、あずにゃんまでっ?」
「ハンドパワーだな」
「そうですね。私にもぜひいただきたいわ」
「あ、あたしも」

結局全員が澪から『力』を受け取った
それからは恐ろしいほどハイレベルな演奏が続いたのである

「これなら武道館も夢じゃないなっ!」
「自分が思ったようにギターが弾ける・・・嬉し過ぎて涙が出てきますっ」
「指が気持ち悪いほど良く動くんですけど・・・なんなんでしょう」
「やべぇ、ドラムがあたしで、あたしがドラムにあwdfんbfdbdbd」

5人は歓喜していた、が・・・そんなにうまい話は無いわけで・・・

23 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/14(金) 21:06:58.15 ID:92cq8qRMO
次の日

「ありゃ!?」

唯は珍しく朝早く起きてギー太を抱きかかえていたが・・・

「昨日みたいに弾けない・・・うっ・・・」

音楽室で5人は一同にそのことばかり話した

「何だったんですかねぇ」
「私が雷に打たれて、何かが起きたんだろうな」
「あの感覚、今思い出してもゾクゾクしますわ」
「結局、地道に練習するのが上達への道、って訳だな」
「りっちゃん、何かさびしい気もするよね・・・」
「まぁ、唯。私たちだっていつかはああいう感覚に
   なれるって事だけでも、可能性があるってことじゃないか」

澪が紅茶をテーブルに置きながらつぶやいた

24 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/14(金) 21:09:29.69 ID:92cq8qRMO
「鹿も四つ足、馬も四つ足・・・だな」
「どういう意味?」
「プロだって私たちと同じ5本の指、2本の腕で楽器を演奏してるんだ。
   私たちがそれと同じ事を出来ない訳はない。練習をしよう。っていう格言」
「澪、いい言葉知ってるんだな」
「栄光に近道なし。これも同じような意味ですよね」
「あずにゃん、それって毎日ちゃんと練習することが大切って意味でしょ?」
「そうです。唯先輩、これからは毎日ちゃんと練習しましょうねっ」
「りょーかいっ!」
「じゃぁ、ティータイムはここまでにして、練習始めましょうか」

ムギはテーブルの上を片付け始めた

「がんばるぞぉ!」

唯は一番に練習を始めた

「あっ、唯先輩、抜け駆けはずるいですぅ!」



Fin