※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


181 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/20(木) 22:19:15.72 ID:OurInImK0
【けいおん×春合宿】

第5話「ムギの秘密」

「ぴ、ぴ、ぴっと」

唯は軽やかにダイヤルを始めた

「あ、もしもし~唯だよ」
『あら唯ちゃん、昨日はよく寝れた?』
「もちろんっ」

唯は憂に軽くウィンクした
憂もそれに答える

「それでムギちゃん、お願いがあるんだけど…」
『お願いって?』
「憂にも合宿来てもらうんだ」
『あら、楽しくなりそうね♪』

ムギは相変わらずのご機嫌な口調で答える

「それで、ギターとか貸してもらえたりする?」
『いいわよ。いくつかあるから、憂ちゃんの好きなの選んでもらえるといいかも』
「さ、さすがムギちゃんだね…ホントにありがとう」
『唯ちゃんの家にお邪魔した時とか、いつも憂ちゃんのお世話になってるもの、気にすることなんてないわ』
「じゃ、駅で会おうね!」

唯は電話を切った
あそこの角を曲がれば駅が見える。みんな待っているだろうか

182 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/20(木) 22:21:30.12 ID:OurInImK0
「みんなーっ!」

案の定、みんな揃っていた。唯と憂はみんなに手を大きく振った

「あれっ、憂ちゃんも来るのか?」

律は物珍しそうに憂の顔を覗き込む
ちょっと照れくさそうに憂が答える

「はいっ」
「来てくれて大助かりだよ。憂ちゃんはギターうまいもんね」
「そんなっ、みなさんの足を引っ張らないように頑張りますっ」
「憂が来てくれると、何かほっとする」

そう言って、梓は憂の手を握りしめた

「梓と憂ちゃんは同学年だもんね」

ムギがニコニコしながら二人の顔を見比べる
そこに、澪が尋ねた

「ところで、ムギ。今回は山の別荘なんだよな?」
「えぇ。でも、一応プライベートビーチも付いてますわ」
「今の時期って、寒いんじゃないんですか?」
「ふふふ、大丈夫よ。今回は南にある別荘だから」

5人は唖然とした


183 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/20(木) 22:23:23.54 ID:OurInImK0
「まさか…ハワイ?」
「ちょっとハワイは遠かったから、ここから近めの無人島にしてみたわ」
「む…無人島!?」

律が驚きから段々と歓喜の表情へと変わっていく

「やった!むじんとうだぞ、唯!」
「やったね!りっちゃん隊員!」

2人は手を取り合って喜んだ

「一応、私の家が所有している土地だから、正確には無人島とは言えないけどね」
「いや、もうとにかく感謝感激雨あられだぞっ!ムギ!」
「照れちゃうわ」

ムギは眉をハの字にして微笑んでいた
澪が再び尋ねる

「だけど、ムギ。そんな島までどうやって行くんだ?」
「あそこの公園にチャーターヘリが停まってるわ」
「ちゃーたーへり…」
「あ、安心して。旅客用だからゆったりと座れるわ」
「ムギ、やっぱりすごいんだな…」

澪は目が点になっていた


184 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/20(木) 22:25:20.24 ID:OurInImK0
6人はすぐ近くの公園に向かった。すでにヘリが到着していた
ヘリの入口には年頃の紳士が立っていた

「斉藤でございます。日ごろからお嬢様がお世話になっております」

斉藤が頭を下げたのにつられて、5人もそそくさと頭を下げる

「と、とんでもない。こ、こちらこそ」

律は早口で答えた

「では、こちらからお乗りください」

斉藤は入口の横に立ち、手招きをした。6人が乗り込み、斉藤が最後に周囲を確認をしてから乗り込んだ

「それでは、出発いたします」

バババババとプロペラ音を立てながら、ヘリは飛び立った

「すげ~!結構広いんだな」

律が驚きの声を上げる。ヘリの中はゆったりとしたバス座席のようになっていた

「ふかふかだ~」

唯はばふんと席に腰を降ろした

「ここから別荘のある島まで一直線でございます。1時間ほどかかりますので、それまで空の旅をお楽しみください」

そう言って、斉藤は前の方の席に戻って行った

185 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/20(木) 22:27:54.73 ID:OurInImK0
「それにしても…ムギの家って一体何をしてるんだ?」

澪は純粋な疑問をムギにぶつけた

「私のお父様はコトブキグループを総括している人、それだけですわ」

ムギは澪に笑いかけた

「そっかぁ、すごいんだなぁ…」

澪はムギを見つめながら、つぶやいた

「そうそう、みなさん酔わないように、これを渡しておきますわ」

ムギは小さな缶を取りだした

「これは…たくあん?」

缶から自分が取りだしたものをまじまじと見つめながら、律はムギに問いかけた

「えぇ。でもただのたくあんではないんです。食べるだけで、絶対に酔わなくなりますわ」

「へぇ~」

他の5人が次々とたくあんを口にしているのを見ながら、澪は考えていた

(ムギ…ほんとにオマエは何者なんだ…)

第6話「1hourの空の旅」 へ続く