※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

126 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 21:16:46.85 ID:II/RIJOO0

【ホントの顔】


ある昼下がりのことだった。

「~♪」
「あれ、唯先輩、口笛吹けたんですか?」

梓は驚いた。唯が口笛を吹いているところなんて、聞いたことが無かったのだ。

「あっ、あずにゃんっ」

唯は驚いたようにして口笛を止めてしまった。

「先輩、どうしてやめちゃうんですか?」
「だって…恥ずかしいから」

唯は顔をほのかに赤らめていた。

「怖がらずに、もう一度やってみてださい」

梓が優しくねだると、唯はまた口笛を吹き始めた。


128 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 21:17:27.55 ID:II/RIJOO0

「~♪」
「このメロディ、どこかで聞いたことあります」

梓は唯にとなりにちょこんと座った。

「どこかで聞いたような、懐かしい感じ…」

心をくすぐられるような、そんな感じがした。
自然と梓は唯へよりかかっていく。

「はわわっ、どうしたのあずにゃんっ?」
「唯先輩って、ホントの唯先輩なんですか…?」
「えっ…?」

唯は梓の思いがけない質問に当惑する。

「人は誰でも隠れた顔を持っている」

梓は続けた。

「でも、一人きりになった時、本当の顔を見せる」

梓は唯をじっと見つめた。

「唯先輩は、見せてくれますか?」


130 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 21:18:25.02 ID:II/RIJOO0
「ホントの顔…かぁ」

唯はにっこりと笑った。

「あずにゃんには見せちゃおうかなぁ」
「えっ」
「冗談冗談。今見せてるのが本当の私。私のすべてだよ」

梓は唯に抱きついた。

「唯先輩っ、大好きですぅ」

唯は立ち上がった。

「ほら、もうみんな音楽室へ向かったよ」

階段登りながら、唯は梓に語りかける。

「さぁ、いこっ」

梓は階段から腰を上げた。

Fin