※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

225 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 22:37:52.18 ID:II/RIJOO0
【大切なモノ】


「さわちゃん先生っ!」

唯は職員室の入口からさわ子を呼んだ。

「あら、ゆいちゃん、こっち来ていいわよ」
「は~いっ」

唯は両手に抱えたプリントの山を落とさないように、ゆっくり歩いた。

「あらあら、こんなにたくさん。ありがとねっ」
「お仕事ですからっ!」

だが、その威勢のいい声とは裏腹に、唯はバランスを崩して倒れた。

「あっ!」

プリントが宙に舞う。


229 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 22:41:26.85 ID:II/RIJOO0
唯は体勢を立て直そうとしたが、遅かった。
あちこちにプリントが飛び散ってしまった。

「まったく…唯ちゃんったら」
「ご…ごめんなさいっ!」
「とりあえず、拾いましょ」

唯とさわ子は2人で手分けしてプリントを拾った。

「ふぅ…これで全部ね」

さわ子は最後の一枚を自分の机の上に置いた。

「ホントにすいませんっ」
「もう、唯ちゃんったら。…可愛いから許しちゃう」

さわ子は唯に抱きついた。


235 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 22:47:03.33 ID:II/RIJOO0
「はうっ…先生、職員室ですよっ」
「今の時間は誰もいないわ」
「あふっ、そんな…」

さわ子は唯の胸の辺りをまさぐった。

「…大きくなった?」
「ちょこっとだけ…」

さわ子は唯の耳元でささやく

「今度、憂ちゃんのも触らせてね」
「はふん…いいですよっ…もう」



236 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 22:47:44.29 ID:II/RIJOO0
唯は悲しそうな目でさわ子を見つめる。

「さわちゃん先生は私より憂の方が好きなの?」
「私は唯ちゃんが一番好きよ」
「…よかったぁ」

唯は安堵の表情を浮かべる。

「あ、でも澪ちゃんもいいかも…」
「先生っ、大切なモノが違いますよっ!」

さわ子は照れたように笑った。

「うそうそ、大好きよ、唯ちゃん」

そう言って、そっと唯の頬にキスをした。

Fin