※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

292 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:26:10.12 ID:II/RIJOO0
【ちっちゃな手】

その日、梓は唯の家に来ていた。2人でギターの特訓をするためだ。

「あっ、唯先輩。そこはこう押さえてくださいっ」
「ありゃりゃ、間違えちゃった」

中々うまく押さえられない唯にうずうずした梓は、思わず手を出していた。

「ほら、こうやって押さえてみてください」
「あずにゃん…」
「何ですか?」

気がつくと、唯は梓の手をつかんでいた。

293 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:29:58.05 ID:II/RIJOO0
「あずにゃんの手、ちっちゃいね」
「そうですか?」
「うん。ちっちゃくて可愛い」

そう言って唯は手を絡めてきた。

「せ、先輩、何するんですかっ?」
「…きもちいこと」
「れ、練習しないと…」
「ちょっとだけ休憩♪」

いつの間にか梓は唯に押し倒されていた。


294 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:32:59.59 ID:II/RIJOO0
「ちょっとだけ、キスしよっ」
「ちょっとですよ…」

2人はそっと口を重ねた。
しばらく、2人はそのままでいた。

「うんっ…」
「んッ…ぷはぁ」

梓は苦しくなって唯から口を離した。

「だ、大丈夫!?あずにゃんっ」
「だ、大丈夫です」

2人の口の間からは細い糸が垂れていた。


298 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:35:28.49 ID:II/RIJOO0
「気持ち…よかったんだね」

唯の言葉に、梓がうなずく。

「はい…こんな気持ち初めてですっ。唯先輩ってやっぱり凄いですっ」

唯に手をひかれ、梓は起き上った。

「練習、始めよっか」
「はいっ」

2人はギターパートの合わせを始めた。


301 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:39:15.31 ID:II/RIJOO0
「さっきより、合ってますね!」
「キスしたのが、よかったのかなぁ」

唯は唇に手を当てて、つぶやいた。

「そうかも…しれませんね」

梓はほんのりと顔を赤らめた。

「この練習、2人だけの秘密にしようね」
「はいっ」

2人は再び合わせを始めた。

Fin