※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

326 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:55:06.44 ID:II/RIJOO0
【耳かきの使い方】

ある日の音楽室、唯はソファに横になっていた。
和に耳掃除をしてもらっていたのだ。

「忙しい中ごめんね、のどかちゃん」
「いいのよ。音楽やってるんだから、耳の中は清潔にしないとね」

和はやさしく唯の耳の中を掃除する。

「はわわっ、きもひいい…」
「結構たまってるわね」

和はティッシュで耳かきを拭いた。

「終わったら、のどかちゃんのやってあげるよ」
「…遠慮しとくわ」

突然、ムギが悲鳴を上げた。


330 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:57:38.24 ID:II/RIJOO0
「いやっ!いやーっ!!」
「どうしたの!?むぎちゃんっ」

思わず唯が起き上る。

「耳の中に、虫が、虫がぁぁああ」

唯は眼を疑った、小さなハエがムギの耳の中に潜り込もうとしていた。
しかも1匹だけではない。数匹確認できた。

「待ってて。今行くから」

和は耳かきを持ってムギの所へ向かった。


335 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 00:01:27.52 ID:lw+NKpPr0
「早く、早く取ってぇ」
「落ち着いて、今取るから。唯、頭押さえて」
「ほいっ」

唯がムギの頭を押さえる。
和はムギの耳に耳かきを近づける。

「…よし、1匹取れた」

耳の入口付近にいた1匹は、すぐに飛んで行った。

「じゃ、奥の取るわよ…」

そう言って、和は耳かきを耳の中に潜り込ませていった。

その時。


337 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 00:03:20.29 ID:lw+NKpPr0
「あっ」

唯が体のバランスを崩す。ムギの頭が傾く。

ズビュッ

「あ」

和は反応できなかった。

「ぎゃぁああああああああああああああああああああああ」

ムギが再び悲鳴を上げる。


339 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 00:05:57.22 ID:lw+NKpPr0
耳に耳かきが刺さったまま、ムギは暴れ始める。

「いやっ!ひひゃっ!はrtふぃえpjげgsrlg@rそpg」
「耳からへんな汁が垂れてる…」

唯はムギの耳をまじまじと見つめた。

「まずい、かも…」

和はどうすることもできなかった。

「ふぜxふぁ、じあfじょあsふぇふぁえf」

ムギは発狂し始めていた


343 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 00:08:35.65 ID:lw+NKpPr0
ムギが床に倒れる。体は細かく痙攣していた。

「あちゃぁ、結構奥まで入ってるね」

ムギの耳からは3センチほどしか耳かきが出ていない。
つまり、かなり深く刺さったということだ。

「抜いたほうがいいかな?」

和は唯に尋ねた。

「そうだねっ、ぬいちゃおっ」

唯は耳かきを抜いた。


348 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 00:11:27.64 ID:lw+NKpPr0
「あびゅっ!!!……」

ひときわ大きく痙攣したあと、ムギは動かなくなった。
耳からは沢山の虫が出てきた。

「うわぁ、のどかちゃん、気持ち悪いね、これ」
「うん…これはヤバいなぁ」
「どうしよっか…」

のどかは少し周りを見回した。

「逃げちゃおっか」
「うん!」

2人は駆けだした。遠く、遠くへ。

Fin