※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

169 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 22:52:34.77 ID:CpOv/dFRO
澪「いいからさっさと食えよ脱糞野郎」ガッシ


律「うッ!……」


紬「澪さん、《野郎》は男の人に使うものですよ」


澪「いいよ別に。コイツ普段から男言葉使って男気取ってるから………マジきめぇ」


律「………みお…」シクシク


澪「おら、泣いてる暇があったらさっさと自分のクソを前みたいに食ってくれよ。さもないと……大便漏らした写真バラまくよ。」


律「そんな………うっうっ…………」ポロポロ


171 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 22:58:05.89 ID:CpOv/dFRO
ガララ
唯「おっはよー!」


澪「あ?………」


律「(唯……助けて…)」


紬「おはようございます唯さん」ニコ


澪「おはよう唯。何かあるのか?」


唯「ゴクリ………べ、別に……(りっちゃんには悪いけど、私には関係ないしね………)」


律「(唯……………)」


澪「ほらぁ!よそ見してる場合じゃないだろ!あと十秒だ!食うのか!食わないのか!!」ガンッ


律「はぁはぁはぁ!うッ!く……………はく……………うぅ……」むしゃむしゃ


澪「ハハハハハ!!キチンと写真に収めとけよムギぃ!!アッハハハハ!!!」

173 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 23:07:39.80 ID:CpOv/dFRO
澪「くくく……そこらにいる犬だって今のお前みたいに汚いことはしないぞ律……ハハハハハ……………くく」


律「ひどいよ澪………ひどい………」シクシク


澪「あー?………今何か言ったのは、もしかしてこのクソまみれで汚いお口かな~…律ゥ?」ガッ


律「ぐッ!……(は、吐きそうだ………)」


紬「みなさん、そんな汚いメス犬なんか放って早く練習しませんか?」
174 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 23:10:18.50 ID:CpOv/dFRO
澪「お待ちかねの監禁時間だな律……フフ」


律「もうやめてくれ……」


澪「唯!!コイツの口にガムテープ貼れ!!」


唯「わ、わかった………(ごめんりっちゃん……ごめんりっちゃん……)」ペタペタ


澪「両手足も縛って…と………………りっちゃん人形完成だな」


律「んー!んー!(許さない…………絶対ニダ…………)」


澪「うるさいぞ律」ガスッ


律「ンゴォォォォォォ!!ン"ン"ン"ン"ン"ッ!!!」ドロドロ




澪「あーあー………鼻から食ったばかりのクソをたらしてんじゃないぞ律……………」


律「フーッ!フーッ!フーッ!」

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/11(火) 23:11:38.73 ID:m21GOViE0
紬…まさかてめぇも…
チッ…仕方ねえ…俺は今から二次元空間へと潜り込む!
あんなとこ…二度と行かねえって決めてたが…もう俺は大事なものを失いたくないんだ!
うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!待ってろ律ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!
176 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 23:16:33.84 ID:CpOv/dFRO
澪「鼻から出た奴、お前のデコに塗っといてやるよ」ペタペタ




澪「じゃ、またな律」


カタン


律「……………………(>>175……)」




紬「!(奴がついに動きだしたようですね………ですが既に手は打ってあります)」


澪「ま、練習はいつも通りPCで作ったドラムに合わせたら良いよな………………絶対にミスったりなんかしないしな……フフ……」


唯「そ、そうだね!あはは………………」
177 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 23:21:08.77 ID:CpOv/dFRO
♪♪ドゥルンドゥルン♪♪



唯「ふぃ~お疲れ~……」


澪「……唯、さっき歌ってるときずっと声が震えてたな……」


唯「えッ!?そ、そうかな……あはは…………………」


澪「……………………」ギロリ


唯「ビクッ!……………(どうしようどうしよう………澪ちゃん怖いよ…………………………)」ドクンドクン


澪「一緒に帰ろうか、唯」


唯「う、うん……………(怖いよ……怖いよ……………)」


紬「私はお先に失礼します」
178 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 23:26:26.81 ID:CpOv/dFRO
―翌日


澪「やぁ律……今日は快便か?ハハハハハ!!」ガラ


律「………………………」


澪「うわ!!お前これ………完全な液体じゃないか……!!」


律「………………………」


澪「制服もグッショグショだし、ロッカーの底に溜まってる………………」


紬「………もちろん、律さん自身がお口でお掃除して下さるんですけどね」


律「!!!」


澪「そういうわけだから、律。ガムテープ剥がしてあげるから、お掃除頑張って!アッハハハハハ!!」


律「くッ……」れろれろ

181 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 23:32:03.39 ID:CpOv/dFRO
――


澪「お疲れ律」


律「ハァーハァーハァー……………」 


澪「今日は律の為に特製のヤツも用意してきたよ。これ腸ごと食べれるんだ。」


律「!?(腸………?)」


澪「まあ食べてみなよ律。私たちは『他の部分』を食べてるから」


紬「うふふ…」


律「(他の………部分…………)」

183 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 23:42:41.39 ID:CpOv/dFRO
澪「私は腕とかの方が好きなんだけどさ……紬は脳ミソが美味いって言うんだよ………悪趣味だよな」


紬「何を言ってるんですか澪さん……………澪さんだって眼球を美味しそうに食べてたじゃありませんか」




律「(何言ってるんだ……こいつら……)」




澪「ああ、とりあえずこれを見てくれよ……………頭ブチ開けて脳ミソも目ン玉もないけどさ、どっかで見たことある顔だろ?」




律「ゆ………………い…………………………?」




澪「ご名答~!さっすがりっちゃん☆」




律「……鬼畜め」

185 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 23:48:33.89 ID:CpOv/dFRO
律「なんでこんな………唯が……………」


澪「んー?あー、ほら……お前の事を誰かにバラしそうだったし……………まぁ実際に『バラ』されたのは唯本人だったんだけどな!!!ハハハハハ!!!」




紬「あらあらうふふ…」




―そのころ>>175

175「やっと………桜なんとか高校についたぞ……!!!待ってろ律――――――!!!!!!」


ダッダッダッ




175「お前らそこまでだ!」

187 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 23:53:26.24 ID:CpOv/dFRO
175「今すぐ律を解放しろォォォォォ!!!」


律「ん……?よう175!何しに来たんだ?」


紬「こんにちは、175さん」


唯「久しぶりー!」


澪「こ、こんにちは//」カァア


175「あ、あれ?律が澪達に監禁されてたんじゃ…?」


律「ははは!何言ってんだよお前!監禁するなら澪を、だろ~」


澪「余計なこと言わなくていいだろっ!」ガス


律「でっ!」

189 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/11(火) 23:59:02.99 ID:CpOv/dFRO
175「そんな……?確かに唯もバラバラに殺されて……」


律「おいおい……変な夢でも見たのか~?」


澪「なんか怖いな…」


175「あ、いや……悪い……夢か何かだったのかもな……………律さえ無事ならそれで良いんだが……」


律「お、おまっ!何言って//////」


紬「あらあらうふふ」クスクス


175「…ん?紬……………?」


紬「??」


175「いや、なんでもない……」


紬「そうですか………………」ニタァ

192 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/12(水) 00:04:56.19 ID:RbrEv60nO
―――

律「ハァハァ!(こ、このままじゃ澪達に殺される!!!)」


律「(私も唯と同じように殺されるッ!!!!!)」


律「(死にたくない死にたくない死にたくない!!!早く助けに来てくれ>>175!)」




紬「あらあらうふふ」クスクス


律「なんで来ないんた……なんで!どうして!!!」


紬「……」ニタァ


律「答えろ紬ッ!!!」




紬「175さんは……無事二次元世界へ着きましたよ……ええ…………フフ」

196 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/12(水) 00:17:51.89 ID:RbrEv60nO
律「なら、どうしてここに来てくれないんだ!!!」


澪「さあ……律の事をキライになったんじゃないか?ハハハハハ!!」




紬「175さんなら今頃きっと『別の律さん』と色々エンジョイしているんじゃないですか?」


律「なんだよ………私は今ここにいる私だけだろ!」


紬「そう……確かに『この世界の田井中律』はあなただけ……………では、もしその『世界』がいくつもあるとしたら…?」


紬「あらゆる世界の『田井中律』が居て………彼が会ったのは、こことは別の世界の『田井中律』………………あなたでは無いけれども、紛れもない本物…ですよ」


紬「彼をあえて『最も幸せな田井中律』のいる世界に飛ばしてあげましたよ………………
律さんを助けなくても、みんなで仲良く楽しく………いつまでも、これまで通り………………彼は満足でしょう……………向こうの世界では『私たちが律さんをいじめていた』という事実すらない……………
最も、彼にこちらの『不幸な田井中律』がいる世界は認識出来ませんが」


澪「ムギ、そろそろライブの時間だぞ」

199 :える☆びおれ ◆7yJOmok0Wcz7 :2009/08/12(水) 00:29:01.75 ID:RbrEv60nO
紬「最後に一つ言わせて貰いますと、たとえ彼がこの世界にやってきてあなたを助けたとしても、
世界には無限の可能性があって今の律さんより悲惨な運命の『田井中律』がいる訳で……」

紬「つまりは無駄ってことです。今もどこかであなたと同じように彼の助けを待つ『田井中律』がいる………………
なら、最初から『幸せな田井中律』のいる世界へ行かせてあげたほうが、彼だって幸せになれますよ」


澪「おいムギ!時間がヤバい!!」

紬「はーい、今行きますよ~」


律「(他にも無限の私がいるなら………私が生きてる意味ってなんなんだよ……)」ポロポロ





澪「え、えと……………今日は私たち軽音楽部のライブに来てくれて………あの……ありがとうございます…///」カァア


キャー 澪チャンカワイイ-


澪「ドラム担当もギター担当も抜けちゃったけど……私たち二人で頑張ろうと思います!」


澪「それでは『ふわふわ時間』、聞いてください!」

―完―