※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

722 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/14(金) 01:44:20.43 ID:xSFbKRLj0
澪「ムギ、作曲の方は順調か?」

紬「ちょうど昨日出来上がったの。これ聴いてみてくれない?」

澪「ふむふむ……こ、これは……なかなか」

律「確かに!」

唯「さっすがムギちゃんだねっ」

澪「今晩から歌詞を考えないとな……」

梓「澪先輩、頑張ってください!」

澪「とりあえず2、3日待ってくれ。それまでに書き上げるから」

725 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/14(金) 01:54:24.04 ID:xSFbKRLj0
3日後

唯「澪ちゃん、歌詞書き終わった~?」

澪「うん。今回はかなり構想を練ったから自信あるんだ。ほら」

律「見せてみろ、いや魅せてみろ!」

梓「えーと、タイトルは『りんごゴロゴロ ~己の限界に挑む男達~』……」

澪「うんうん」

紬「……」

729 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/14(金) 02:10:53.59 ID:xSFbKRLj0
律「え?よく聞こえなかったなー。梓、もう一度言ってくれ」

梓「あ、ハイ。分かりました……『りんごゴロゴロ ~己の限界に挑む男達~』……です」

律「嘘だろっ!?おいっ!!」

澪「何が?」

律「どう考えたってサブタイトルいらねーだろ!」

澪「失礼なヤツだな!ちゃんと歌詞まで見て言ってくれよな」

紬「まあ歌詞さえしっかりしてれば問題無いわよ。梓ちゃん続きをお願い」

梓「りんごごろごろ5~6個転がって 慌てて私は追いかけた」

梓「君の手が伸びたのが見えた その手は2つのりんごを掴んだんだ」

梓「3~4個のりんごは転がり続けたまま」

梓「迷わず駆け出すよ 横にいたおじさんとその部下的なポジションの人」

梓「吹きぬける風 超えられない壁 そんなの全て関係ないのさ」

律「何なんだこれは……」

734 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/14(金) 02:21:50.26 ID:xSFbKRLj0
おじさんのリミッター いきなり解除して大丈夫なのかな
足をただひたすら前へ 前へ! 前へ! 前へ!
最高速のまま坂の中腹を下って 最後のカーブの前でギリギリ追いつくか否か
負けるものか 部下っぽい人もそれに続くよ
そうさ 重たい革靴なんか脱ぎすてちゃえ
向かう先には KFC! KFC! KFC! KFC!

737 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/14(金) 02:32:55.76 ID:xSFbKRLj0
早くしないとカーネルの足にぶつかっちゃう
そもそも地面を転がったりんごなんて食べれるわけない
バッキャロウ! マンボウ!
Don't think! Feel! Just feel!
動きだした おじさんの肩 少ない稼動域で頑張って投げるだ
描け放物線 桃の天然水のペットボトルで (懐かし~)
割れたのはカーネルおじさん愛用の眼鏡 眼鏡! 眼鏡!
どうでもいいけどりんごは犬に食べられたのさ

740 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/14(金) 02:39:08.23 ID:xSFbKRLj0
梓「ありがとう 君と おじさんと その部下っぽい人と 野良犬の右側の犬歯」

唯「あははははは あははははは」

紬(唯ちゃん、何を信じたらいいのか分からなくなったのね……)

澪「自分で言うのも何だが、ふわふわ時間に次ぐ自信作だ!」

律「バッキャロウ!」ボコッ

澪「マンボウ!」


                                   おわり


758 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/14(金) 03:14:00.36 ID:xSFbKRLj0
澪「一昨日、律に殴られた所がまだ痛む」

梓「大丈夫ですか?」

律「梓よ。心配する必要は無い!変な歌詞を書いてきた澪が悪い」

梓「確かにあの歌詞はどうかと思いますけど……」

唯「あはは あはは あはははははは あはは あはは あはははははは」

紬(一昨日からずっとこんな感じだけど……唯ちゃん大丈夫かしら?)

澪「こうなったら汚名返上だ!明日までに歌詞書いてくるからそれを見て判断してくれ!」

律「また変な歌詞だったら反対側の頬を差し出してもらうからなー!」

梓(>>澪先輩 期待して舞ってます)


759 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/14(金) 03:20:23.70 ID:xSFbKRLj0
翌日

律「さぁ、歌詞を見せてもらおうか!」

梓「私今、ワクワクテカテカしてます」

唯「あずにゃん あはは」

澪「ククク……ならば見せてやろう……私の書いた渾身の歌詞をな!」

紬(澪ちゃん、何かいつもとキャラが、違う気が……)


762 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/14(金) 03:35:44.00 ID:xSFbKRLj0
少しだけ考えてみて 僕のいなくなった 世界
その日まで傍にいるけど それ以降は キミ次第
決められた日常を打破 来たれ 等間隔の未来
もがき苦しむだけなんてヤダ 叫べ 僕との誓い
飛び立てるのさ その背中の翼で ほら もうすぐ
アルプス山脈を越えていける日も近いかもね
でもライン川を沿うように歩くピクニックも捨て難い
迷うところだぜ 青春真っ只中な僕とキミの love sotry


770 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/14(金) 03:44:02.62 ID:xSFbKRLj0
梓(今度は中二かと思ったらまたイミフですか……)

唯「ハッ!今まで何してたんだろう?」

紬(唯ちゃん、気がついたのね!良かった!)

律「おい、やっぱり何かダメだぞこれ。つづりも間違えてるし」

澪「何だと?ちゃんと最後まで見たのか?」

律「最後まで見る必要性を感じないのはどうしてだろうな?」

澪「まったくもって分からないね」

律「分かるまで廊下に立ってなさい」

澪「ハイ!」

律「よろしい!」

                                    おわり