※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

63 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/18(火) 06:41:09.65 ID:FRXOnBMFO
梓「99%」



卒業まであとわずかとなった軽音部に、梓が来ないようになってしまった。
次の日も、そのまた次の日も。

そして一週間がたったある日、私たちは梓の家に行くことになった――――――



唯「あずにゃん、出ておいで~…あれ、鍵がかかってる」ガチャガチャ

律「おい梓、どうしたんだよ!部屋に閉じこもってても前には進めないぞ!」ドンドンッ

澪「……きっと、私たちが卒業するのがつらいんだろうな…」

紬「うん…(その気持ちは私たちも同じなのよ…梓ちゃん、どうして…?)」

唯「…あずにゃん、明日の朝もくるからね!またねっ!」

65 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/18(火) 06:53:41.62 ID:FRXOnBMFO
梓(みんな、帰ったのかな…)

梓「…わかってるんです、隠れててもどうにもならないことは…ひっく、グスッ」

唯「それじゃあ何で、部屋にこもってるの?」

梓「…せん、ぱい…?まだいたんですね」

唯「そりゃいるよ、あずにゃんの事が心配だもん。…ねぇ、鍵を開けて?」

梓「ヤダ、怖い…先輩たちに会うと悲しくなってきますから…」

唯「大丈夫大丈夫、ほら出ておいで。ぎゅって、してあげるから」

梓「………………」ガチャ

唯「…よしよし、つらかったんだね…私たちも、あずにゃんと別れると思うと、結構つらいんだよ?」

律「ああ、梓がいないと部活が楽しくないよ。…誰か一人が欠けてると、私にとってはすごく楽しくないと思う」

澪「うん…みんな、梓のことが大好きなんだよ」
66 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/18(火) 07:04:47.48 ID:FRXOnBMFO
梓「律先輩…澪先輩も…」

紬「ほら、梓ちゃん顔を上げて?元気がないと梓ちゃんらしくないわ」

梓「紬先輩…そうですよね、私…ちゃんと部室に行きます!」

唯「やった…あずにゃ~ん!ごほうびのちゅ~」ムチュ~

梓「ひゃっ、ゆ、唯先輩やめてくださいよ!………今回だけですからね」ボソッ

唯「?あずにゃん、何か言った?」

梓「いいえ、なんにも。…明日からバリバリ頑張りますから、唯先輩も真面目に練習してくださいね?」

唯「うん!……でも、やっぱりお茶もさせてください…」

澪「まったく…ふふっ」

律「唯の手にかかるとみんなこうなっちゃうな」

紬「そうね、ふふ…唯ちゃんと梓ちゃん、姉妹みたい」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
憂「くしゅん!…ん~?風邪ひいたのかな…?」ピトッ