※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

200 :鶏肉 ◆KXdf4vT3Ls :2009/08/18(火) 18:19:24.92 ID:UilZacTrO
『虫袋』

「あなた達は一体……」
紬の周りを、十人ほどの男達が囲んでいる。
学校からの帰路、紬はこの男達にさらわれ、今は使われていない倉庫に連れてこられた。
男達は、彼女を椅子の上に縛り、取り囲んで睨み続けていた。
「私をさらって、身代金を要求するつもり?」
沈黙が続く。
やがて、一番年をとった男が口を開いた。
「そんなものは要らない」
低く湿った声で答える。
「我々はこれから君を痛めつける。そして、その写真を君のお父様に送ってあげるんだよ」
「琴吹のじじいに屈辱を、絶望を味あわせてやる」
横にいた痩身の男が繋いだ。


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/18(火) 18:20:58.73 ID:UilZacTrO
「我々の会社は君のお父様の会社との争いに負けてね」
「今はご覧の通りならず者さ」
「我々をこのような境遇へ追いやった琴吹を許すわけにはいかない」
「だから奴の大切なものを壊し、奴を再起不能に追い込んでやる」
男達が、身勝手な理屈を並べる。
「そんなのただの逆恨みじゃない!」
紬は怒り、叫んだ。
そして、それが男達の怒りを煽った。
「そうだね、君の言う通り逆恨みだね」
男の拳が紬の顔面に直撃する。
「かっ…………」
紬の鼻から、血が吹き出す。
「逆恨みでもやらなければ気がすまないんだよ」
「悪いねお嬢ちゃん」
そのまま、男達は、紬の体に殴る蹴るの暴行を加えた。
「やめ……ぐっ……!!」



202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/18(火) 18:21:59.29 ID:UilZacTrO
ようやく、暴力の嵐が治まった。
紬の顔は腫れ上がり、体中痣だらけになっていた。
左腕は折れてしまい、だらりと垂れていた。
「いい姿になったじゃないか」
男達が、紬の姿を写真に収める。
「そろそろ本番といこうか」
最年長の男が号令をかけた。
「痛い……もうやめて……」
紬は、腫れ上がった顔を、涙でぐちゃぐちゃにし、男達に懇願した。
「黙れ牝豚!!」
紬の腹に、非情な拳が振るわれた。



203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/18(火) 18:23:34.43 ID:UilZacTrO
紬のスカートと下着が下ろされる。
「いや!何をするの!」
叫んだ紬に、拳が振り下ろされる。
そして、紬の性器に拡張具が嵌め込まれた。
「何……何なの……」
紬は、恐怖のため小刻みに震える。
「始めろ」
体格の良い男が、大きな袋を持ってやってくる。
そして、拡張具を嵌め込まれた性器に、その中身を流しこんだ。
紬は、その中身を見て
「いやあああああああ」
絶叫した。
芋虫、毛虫、蛾、ゴキブリ、百足、蜘蛛、バッタ、天道虫、ミミズ、蝶、団子虫、蜂、蟷螂、蜻蛉、蛞蝓………………
色とりどり、多種多様な虫達が、紬の性器へと入っていった。


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/18(火) 18:24:50.44 ID:UilZacTrO
「はは……は……」
紬は、小刻みに震え、口からは声にもならない音が漏れている。
紬の体内では、注ぎ込まれた虫達が動き回っている。
男は、紬の性器に透明な蓋をした。
次に、小柄で禿げた男が、虫で満たされた棒状の器具を持ってきた。
「やめ……て……」
男は、紬の声を無視して、その器具を肛門に差し込んだ。
「ひぐっ……!!」
中に詰められていた虫達が、肛門から体内へと侵入していく。
そして、肛門にも透明の蓋がされた。
次に、二人がかりで押されながら、ホースのついた機械が現れた。
「次は口だ」
紬の顔が青ざめる。
必死に首を横にふる紬を無視して、ホースが口に突っ込まれた。
「始めろ」


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/18(火) 18:25:58.19 ID:UilZacTrO
機械のボタンが押された。
ホースの先から、紬の口内へと、次々に虫が入っていく。
「~~~~!!!!」
固定されたホースのため、虫を吐き出すことが出来ず、紬は虫を呑み込む続けていた。
彼女の顔は、見る見る青くなり、やがて、白目を剥いてしまった。
びくびくと体が震えていることから、何とか彼女の生存を確認出来る。
「この穴にもつめておくか」
紬の耳孔に、小さな虫が詰められていく。
そして、鼻孔にも…………







206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/18(火) 18:27:36.48 ID:UilZacTrO
少女の穴という穴に、透明な蓋がつけられていた。
そして、その先では無数の虫が蠢いている。
男達は、動かなくなった虫袋を、写真に収めていた。



終わり